コラム

仕事はやりがいよりもお金が大事!今より年収の高い会社に転職すべき3つの理由

【2021年9月の転職市場動向】

9月はワクチン接種率が50%を超え、感染率がダウンし、消費意欲が一気に爆発することが予測されています。

多くの業界で業績が回復し、株価も上昇していくことでしょう。

コロナ禍で勝ち組となった企業はこの状況を見据えて、人材確保に躍起になっています。

特に20代〜35歳向けの優良求人が激増しており、コロナ禍になって最大の転職チャンス。

10月になると採用枠が埋まることが予測されるので、今のうちにあなたに合った転職エージェントに登録をして求人を紹介してもらいましょう!

就職Shop
正社員経験無しの20代向け
首都圏・関西圏に強い。
・紹介された求人は全て書類選考無しで面接に進める

マイナビジョブ20’s
正社員経験3年以下の20代向け
首都圏・東海圏・関西圏に強い
入社後数ヶ月の利用者も多い

リクルートエージェント
正社員経験3年以上の社会人向け
日本全国に強い
・求人件数業界最多

※どのサービスもリモートカウンセリングを実施しているため、家にいながら短時間で転職活動の第一歩を踏み出すことができます!

私がブラック企業で働いていた時には仕事のやりがいなんてものは考えたこともありませんでした。

入社間もない頃はパソコン叩いて事業提案書を作り飛び込み営業に行ってたまに契約が取れるサイクルが楽しかったのですが、あまりに少ない給与と休みがほとんどないことから余裕が無くなったため半年もしないうちに気分は沈んでいました。

そんな私は転職してから仕事にやりがいを感じるようになりました。

それはお金の余裕ができ、休もうと思えばいつでも休める状態になったことが大きな要因だと考えています。

あなたが仕事でやりがいを感じるためにはまずはまともな収入が必要です。

あなたが仕事にやりがいを感じるためにも、まずはお金が大切な理由を解説します!

①まずはお金が無いとやりがいが生まれない

あなたは今十分な収入がありますか?

世の中お金が全てではありませんが、お金がないと衣食住をはじめ始まらないことだらけです。

衣食住を十分に賄う収入があってこそ余裕が生まれます。

衣食住も十分に賄えないと、それ以外のことの出費があるとつい、この出費がなければもっといいご飯が食べられるのにな・・・という発想が出てきてしまいます。

余裕がない状態ですね。

余裕がない状態では仕事にやりがい、なんて言ってられません。

衣食住で精一杯の状態でやりがいがあるなんて言ったら世間知らずか負け惜しみです。

自分の状態はカッコつけずに冷静に受け入れなければステップアップができません。

確かに世の中にはお金がなくてもその人自身の信用で奢ってもらったり泊めてもらったりして人生を謳歌している人もいます。

お金がなくても楽しい人生を送っている人がいることは事実です。

でもあなたにそれができますか?やりたいですか?やりたいのであれば今すぐに始めればいいのですが、少なくとも私にはできませんしやる度胸もありませんしやりたくもありません。

多分会社勤めをしている時点で、普通の生活を楽しいと思う人間です。

であれば普通の生活を送れる経済力を身につけられる会社に転職する必要があります。

今の職場にい続けて収入が上がる見込みはありますか?

私は収入が上がる見込みがなかったので転職を決断し、その結果年収は劇的に上がりました。

転職前は20代後半にもなって20万円にも遠く及ばない手取りだったので、転職エージェントを正しく利用していればおそらくはほとんどの場合年収が上がっていたと思います。

年収が上がったというよりかは元々の年収が低すぎたと言うべきかもしれません。

ではあなたは転職によりいくら年収が上がる可能性があるのか。

それはあなたの年齢や経験によりますが、年齢別や業界別の平均年収は厚生労働省や転職エージェントが調査結果を公表していますので参考になります。

②休もうと思えばいつでも休める状態が余裕を生む

今のあなたの職場は休みが取りやすいですか?

  • 今日はちょっと夜遊びに行く予定があるから定時で帰ろう。
  • 今週はちょっと余裕があるから水曜日の午前中だけ半休にして火曜日の晩に遅くまで遊ぼう。
  • 連休に休みをつなげて海外旅行に行こう

これを実現できる会社にあなたが転職できると思いますか?

転職活動を開始すれば転職できる可能性はありますが、転職活動を行わなければ可能性はゼロのままです。

そもそも仕事は決められた時間内のみに行うものであり、有給は労働者の権利です。

「そんな綺麗事言っても現実はそうじゃないよ」と言う意見もありますが、現実がそうなのではなく、あなたの職場がそうなだけであり、現実には定時の時間で帰っている会社もも有給をフルで使っている会社もたくさんあり、あなたはその会社に転職できる可能性はあります。

早く帰ってもいい日は早く帰る、有給休暇をいつでも使えると言う気持ちがあれば普段の仕事が忙しくても頑張れます。

定時は17:30なのになんとなく18:00まで会社にいると週に2.5時間、1ヶ月で10時間もオーバーワークしていることになります。

1日30分でも結構なロスになることが分かります。

これが日に1時間、2時間だとその何倍もの時間をロスしています。

でも周りの人が残っていると帰りづらかったりしますよね?

でも世の中には18:00になってもみんな黙々と仕事をしているので帰る雰囲気ではない。

18:30を過ぎるとみんな帰りだしなんとなく帰っていい雰囲気になるから帰る。

そんな職場は残念ながらまだたくさんあると思います。

しかし一方で定時になるとみんな一斉に帰り、定時を15分も過ぎるとすごく遅くまで仕事をしている雰囲気になる会社もあります。

早く帰ることはいいことです。

よく休みよく仕事する会社で働きたくありませんか?そんな会社で働くことはそんなに難しいことではありません。

③収入アップの転職ができるかどうかはやってみないと分からない

もしお給料が今よりも月に3万円高かったら生活は変わりますか?

5万円だったらどうですか?

月に3万円だと年収で36万円、月に5万円だと60万円アップすることになります。

これくらいの年収アップは400万円近辺の年収だと意外にあるものです。

同じ業界であっても、業績の良い会社と悪い会社であれば仕事内容は大して変わらないのに年収ベースで見ると何十万円、時には100万円以上給与が違うと言うことが実際にあり得ます。

転職に挑戦した結果年収が大して変わらない、と言うこともあり得ますが転職エージェントを使えば転職前に確認することができます。

転職エージェントは毎日のように転職者と面談しており転職に導いています。

数多い転職者を見ているのであなたが年収アップできる人材なのかどうかを今までの実績と比べて判断してくれるのです。

切に年収アップを願うのであればまずは転職エージェントに登録し、あなたの担当者となるキャリアアドバイザーに話を聞いももらうことをおすすめします。

転職後年収アップ率67.1%の転職エージェントパソナキャリアについて『年収アップに自信あり!『パソナキャリア』の特徴、評判、口コミは!?求人の質と年収について37人に聞いてみた』にまとめてありますので、参考になれば幸いです。

最後に

転職の際に好きなことで生きて行くことを選択肢に入れることはおすすめしません。

世の中には好きなことで生きている人もいます。

しかし好きなことで生きて行くことと楽しいことは別。

苦労する過程も楽しいと思える人もいれば、過程で投げ出す人もいるでしょう。

プロスポーツ選手で生きていこうと思えば、プロを維持するだけの基礎能力を確保・維持するためのトレーニングが欠かせません。

基礎能力を確保・維持するためのトレーニングを行った上でそのスポーツで生活が成り立つ保証がないのです。

肉体的強さもそうですが、精神的強さも半端ではありません。音楽にしろ芸術家にしろ芸人にしろ同じことです。

今の職場でやりがいかお金かと悩んでいるのであれば好きなことで食って行くのは向いていないでしょう。

どうしても夢を捨てきれず挑戦したいのであれば夢に向かって邁進すればいいと思います。

お金かやりがいかではなく、まずはお金です。

余裕が生まれた時にやりがいについて考えれば良いと思います。

もしかしたらあなたは仕事にやりがいは求めておらず、ある程度お金が稼げて休みが充実していれば満足なのかもしれません。

その答えは以外と、素直になるだけで出てくるものです。

大きく稼ぐには経験とスキルが必要ですが、いまの年収よりも数十万円多くもらいたいのであれば転職エージェントに相談することで解決する場合もあります。

今の会社にいて将来にわたって年収が上がる見込みがないのであれば、将来が明るい業界や会社に転職することをおすすめします。

\公式サイト/
有効求人倍率が急上昇中!業界最大手リクルートエージェントへの登録はお済みですか?
無料登録はこちら!
\業界最大手!/
リクルートエージェントに無料登録