ハイクラス・外資系

プロフェッショナルバンクの口コミ評判、悪評|メールは怪しい?無視してもいい?

【2021年9月の転職市場動向】

9月はワクチン接種率が50%を超え、感染率がダウンし、消費意欲が一気に爆発することが予測されています。

多くの業界で業績が回復し、株価も上昇していくことでしょう。

コロナ禍で勝ち組となった企業はこの状況を見据えて、人材確保に躍起になっています。

特に20代〜35歳向けの優良求人が激増しており、コロナ禍になって最大の転職チャンス。

10月になると採用枠が埋まることが予測されるので、今のうちにあなたに合った転職エージェントに登録をして求人を紹介してもらいましょう!

就職Shop
正社員経験無しの20代向け
首都圏・関西圏に強い。
・紹介された求人は全て書類選考無しで面接に進める

マイナビジョブ20’s
正社員経験3年以下の20代向け
首都圏・東海圏・関西圏に強い
入社後数ヶ月の利用者も多い

リクルートエージェント
正社員経験3年以上の社会人向け
日本全国に強い
・求人件数業界最多

※どのサービスもリモートカウンセリングを実施しているため、家にいながら短時間で転職活動の第一歩を踏み出すことができます!

サイト管理人
サイト管理人
こんにちは!
専門商社の人事部で責任者として10年以上勤務し、100名以上の採用に関わったサイト管理人です!

プロフェッショナルバンクは技術職・専門職・経営層などのハイクラス人材に特化した転職支援サービス。

ハイクラスに特化しているためか、求人情報はほとんどオープンいされてはいませんが、公開されている具体的な情報としては取扱求人の平均年収は1000万円以上技術職のヘッドハンティングに強い、ということが挙げられます。

  • 技術職・専門職・経営層の転職しか考えていない!
  • 経験と知識を一番高く評価してくれる会社にキャリアアップ転職したい!
  • ハイレベルで経験豊富なコンサルタントにお世話になりたい!

という方はプロフェッショナルバンクに登録しておくことをオススメします!

本記事ではプロフェッショナルバンクについて口コミ評判・求人を収集し、メリットやデメリット、料金などについて詳しく解説していきます!

\まずは結論!/

プロフェッショナルバンクは本来の意味でのヘッドハンティングを生業にするハイレベルな人材紹介会社。

しかしどれだけハイレベルな人材紹介会社であろうとも、ハイクラスの転職は条件が厳しいため通常の転職よりも時間がかかります

少しでもあなたに合った転職先を見つけるためにも、ハイクラス転職エージェントの老舗であるJACリクルートメントにも登録をしておきましょう!

\公式サイト/

Contents
  1. プロフェッショナルバンクの基本情報
  2. プロフェッショナルバンクの口コミ評判
  3. プロフェッショナルバンクからのメールが怪しいのか考察
  4. プロフェッショナルバンクのメリット・特徴
  5. プロフェッショナルバンクのデメリット・利用時に気をつけたいこと
  6. プロフェッショナルバンクの料金
  7. プロフェッショナルバンクの求人と年収
  8. プロフェッショナルバンク利用の流れ
  9. プロフェッショナルバンクが向いている方
  10. プロフェッショナルバンクが向いていない方
  11. プロフェッショナルバンクの運営会社
  12. プロフェッショナルバンク まとめ
  13. プロフェッショナルバンク その他口コミ評判・悪評

プロフェッショナルバンクの基本情報

サービス名 プロフェッショナルバンク
特徴 技術職のヘッドハンティングに強い
公開求人件数 771件
主な取扱地域 全国
主な取扱職種 技術職・専門職・マネジメント・経営層
利用料金 無料
運営会社 株式会社プロフェッショナルバンク

プロフェッショナルバンクの口コミ評判

当サイト独自調査でプロフェッショナルバンクの口コミ評判を募集しましたが、集まりませんでした

Yahoo!知恵袋とtwitterで確認できた口コミ評判を掲載、解説していきます。

Yahoo!知恵袋での口コミ評判

【質問者】

プロフェッショナルバンクという会社からヘッドハンティングしたいという手紙がいきなり届きました。私はこの会社になんの覚えもなく、仕事で特に優秀というわけでもありません。どこから情報が漏れたかはわかりませ んが、やはり怪しい話でしょうか?

【回答者】

プロフェッショナルバンクと言う、スカウト会社は実在します。 ヘッドハンターからのスカウトと言うのは、 詐欺じゃないか?と正常な感覚なら疑うようなくらい、 突然に連絡があります。 しかも、相手は薄気味悪いくらいに、こちらの個人情報を知っています。 私も、別の会社でしたが、突然連絡があった時は気味が悪くて 仕方ありませんでした。 あなたの業界で、近々、外資大手が日本進出するような、 噂はありませんか? ヘッドハンターが動くときの最も、高い可能性は、 このような外資の日本進出時のスタートメンバー集めの際ですよ。

出典元:Yahoo!知恵袋

年単位で特定の業界で仕事をしている人材は、人材を求めている企業から見ると魅力的なスペシャリストに映ります。

プロフェッショナルバンクは創業17年以上でホームページ上で会社情報も開示しており、怪しい会社ではありません。

興味があれば連絡、興味がなければ無視をすれば良いでしょう。

外資系の日本進出のほか、日系企業でも異業界からの進出や競合他社での人材補填も考えられます。

twitterでの口コミ評判

会社のメールアドレスにプロフェッショナルバンクからメールが届くという悪評はtwitter上で5件以上確認できました。

なぜ会社のメアドに送ってくるのかは不明ですが、おそらくは最も効率が良いからではないかと想像します。

興味があるのであればプライベートのヘールアドレスから返信、興味がないのであれば無視をして問題はありません。

twitterでの口コミ評判は記事末尾にまとめて掲載します。

プロフェッショナルバンクからのメールが怪しいのか考察

Yahoo!知恵袋やtwitterではプロフェッショナルバンクからヘッドハンティングのメールや手紙が届いたという口コミ評判が散見されます。

プロフェッショナルバンクからヘッドハンティングの連絡が来た場合にどのように対処したらいいのか、人事部の採用担当者の目線で解説していきます。

結論から言うと、興味があれば返信、興味がなければ無視をして構いません。

しかしいくつか注意点があるので詳しく解説していきます。

会社のメールに連絡が来た場合の対処法

まずtwitterの口コミ評判で、会社のメールアドレスにプロフェッショナルバンクから連絡が来たという事例が確認できました。

もし会社のメールにプロフェッショナルバンクから連絡が来たのであれば、絶対に会社のメールから返信してはいけません

会社のメールアドレスは会社の監視下にあり、管理職以上の人であればメール内容を確認できると考えておきましょう。

もし興味があったとしても、プライベートのメールから返信すべきです。

興味本位で「話を聞きたい」とでも返信をしてそれが会社に知られてしまえば、その会社での出世は難しくなります。

あなたは興味本位なので特に大ごとではない、会社に知られていない、と考えていても会社からするとあなたは「転職を検討したことがある社員」です。

一度でも疑いの目で見られてしまうと、それを払拭するのは大変。

その会社に同期や後輩に追い抜かれてしまうかもしれません。

会社にとって社員の転職は死活問題なので、あなたの転職活動は興味本位であれ一ミリたりとも会社にバレてはいけません

無視をしても特にペナルティは発生しない

プロフェッショナルバンクからのメールを無視をしても特にペナルティは発生しません。

プロフェッショナルバンクの重要な仕事の一つは、企業の求めに応じて転職市場にいない人材に声をかけて転職させること。

転職なんて頭の片隅にも無い人に声をかけて転職させるのですから、企業の求める能力を持っている人が見つかれば矢継ぎ早にコンタクトをとっているものと思われます。

実際に私も専門商社の人事部時代にスカウト会社から連絡を受けたことがありますが、会社の携帯電話、会社のメール、会社の固定電話とありとあらゆる手段でとりあえず話をしようとしてきます。

拙僧が無いとは思いましたが、お仕事の性質上まずは数を当たらなければいけないのでしょう。

プロフェッショナルバンクからすると、あなたは何人か声をかけた中の1人。

万が一後々、あなたがプロフェッショナルバンクを利用することになったとしても、過去にメールや電話を無視したことを理由に利用を断られることはないでしょう。

必要があれば返信、必要がなければ無視で構いません。

転職に興味がある場合

プロフェッショナルバンクからの誘いに興味が出たのであれば、素直に連絡を返せば良いでしょう。

しかし先述の通り会社のメールを利用してはいけません。会社の携帯電話もいけません。

あなたのプライベートのメールアドレスか電話を利用して連絡することをお勧めします。

筆者のヘッドハンティングメール・電話 体験記

先ほど少し書きましたが、私が専門商社に勤務していた時代は、プロフェッショナルバンクではありませんでしたがよくヘッドハントの連絡が来ました。

最初はヘッドハンティングと聞いてかなり嬉しかったのですが、あるタイミングから連絡の回数が多くなり邪険に扱うようになります。

どこから個人情報を獲得しているのか分かりませんが、個人の電話番号にもかかってきたことがあります。

基本的にメールは無視、電話は取り込み中ということですぐに切るようにしていました。

また私の上司や部下にもスカウトの連絡はたまに来ていたようです。

おそらくは同じ業界の外資系であったり、大手企業が同じ業界に進出するためのヘッドハンティングなのでしょう。

時期などにもよるのですが、英語のメールのやりとりをしている人、海外出張の多い人は声がかかる頻度が高いような印象を受けました。

プロフェッショナルバンクのメリット・特徴

ヘッドハンティング事業を17年以上継続してきた実力

プロフェッショナルバンク最大のメリット・特徴は、本来の意味でのヘッドハンティングを17年以上行っていることです。

ヘッドハンティングとは、企業が求める人材をピンポイントでスカウトすること。

転職する気のないハイクラス人材は、ちょっとやそっとの交渉では首を縦に振ってくれないでしょう。

プロフェッショナルバンクの会社としての信用力、コンサルタント一人一人の実力が相当ハイレベルでないと成り立たない事業。

すでに求人サイトに登録している人を対象にスカウトをすることをヘッドハンティングと称する転職エージェントも多い中、プロフェッショナルバンクは本来の意味でのヘッドハンティングを生業にしています。

ハイクラス求人が揃っている

プロフェッショナルバンクが扱っている求人は平均年収1000万円以上であり、ハイクラス求人のみです。

ハイクラス専門の転職エージェントでは年収700万円以上をPRすることが多い中、平均年収が1000万円というのはかなりレベルが高いということができるでしょう。

転職実績を見ると中には年収が下がっている人もいますが、ほとんどの事例で年収が上がっています。

年収が下がった事例は、年収よりも希望を優先した結果であるため、プロフェッショナルバンクは必ずしも年収を全面に押し出して転職を進めてくるわけではありません。

登録前にコンサルタントの専門領域や実績が確認できる

プロフェッショナルバンクのホームページには、24名以上のコンサルタントの詳細な経歴と得意分野そして実績が明記。

登録前に自分を担当する可能性のあるコンサルタントの情報を知ることができます。

指名はできないようですが、希望をすれば検討してくれるでしょう。

プロフェッショナルバンクのデメリット・利用時に気をつけたいこと

ハイキャリアでないと利用できない

プロフェッショナルバンクが扱っている求人はハイクラス限定のため、そこそこのキャリアが無いと求人を紹介を受けられない可能性が高くなります。

特定の業界や職種で専門的な知識や人脈、実績が無いのであれば利用はお勧めできません。

しかしながら転職実績を見ると20代30代の実績も確認できますので、キャリアとはただの年数ではありません。

社会経験が少なくても他人よりも抜きん出た努力で実力と実績を身につけたのであれば、十分にプロフェッショナルバンクを利用することはできます。

自分がプロフェッショナルバンクを利用するキャリアなのか分からないという場合は、まずは登録して見れば良いでしょう。

スカイプでの面談を実施してくれるので家にいながら判断することがでいます。

得意とする業界や職種が分からない

プロフェッショナルバンクのホームページでは求人検索をすることが可能ですが、検索できる公開求人は全体の10%以下。

各コンサルタントの紹介ページで担当する業界や職種、転職実績なども後悔はされていますが、どの業界や職種の求人が多いなど強みがあるのかは分かりません

プロフェッショナルバンクの得意とする業界や職種について詳しく知りたいのであれば、登録をしてコンサルタントに聞いてみるほかありません。

プロフェッショナルバンクは扱っている求人がハイクラス専門であることもあり、しょうがないのですが登録後でないと得意分野が明確に分からないのは手間がかかります。

ホームページには技術職・専門職・経営層のヘッドハンティングを行うとの記載はありますが、業界などについてはどの分野が多いなどの記載がありません。

他の転職エージェントであれば求人検索をすることで大体の傾向を掴むことができます。

求人件数が多くはない

プロフェッショナルバンクが扱っている求人件数は常時10,000件強。

平均年収1000万円のハイクラス求人がメインのため、他の転職エージェントと比べて求人件数は多いということができます。

しかしながら求人件数最多のリクルートエージェントでは4万件以上、求人件数N0.2のdodaでは1.5万件の年収1000万円以上の求人が検索結果で出てきます。

年収1000万円以上にこだわるのであれば、プロフェッショナルバンクよりも年収100万円以上の転職エージェントがあることを知っておきましょう。

\すべてのハイクラス!/

JACリクルートメントは日本で23年以上ハイクラス求人を専門にしてきた転職エージェント。

ハイクラスの転職エージェントとしてはプロフェッショナルバンクよりも一日の長があります。

数多くの転職エージェントが得意な業界や職種を限定して得意分野にのみ力を発揮している中、JACリクルートメントは国内9拠点、海外10ヵ国に拠点を持ち、幅広いハイクラス求人を保有しています。

ハイクラス転職を考えているのであれば、ハイクラス転職市場全体を把握しているJACリクルートメントにも登録をしておきましょう!

\公式サイト/

プロフェッショナルバンクの料金

プロフェッショナルバンクは完全無料で利用することができます。

プロフェッショナルバンクに限ったことではありませんが、費用は人材を採用する企業が成果報酬制で支払います。

プロフェッショナルバンクの求人と年収

プロフェッショナルバンクは公開求人件数が常時600~800件。

非公開求人が92%とのことなので求人件数は常時10,000件以上ということになります。

しかし求人検索で検索に引っかかってくるのはほんの数百件。

全体を表しているとはいえなさそうですが、扱っている業界や職種、年収や年齢は参考になるかと思います。

年収別求人件数

年収別求人件数は500万円から1,500万円まで100万円単位であるのですが、どの年収帯を検索しても771件と出るのでグラフは割愛します。

ホームページには平均年収1000万円以上と明記されています。

ホームページの転職事例では最大250万円アップ

ホームページには年収アップした利用者は70%と公表されています。

参考までにプロフェッショナルバンクのホームページに掲載されている転職事例を掲載しておきます。

プロフェッショナルバンクのホームページに掲載されているだけあって、大幅年収アップの事例が多くなります。

また年齢別公開求人件数では求人自体が無かった51歳以上で実績があることが分かります。

【ホームページに掲載されている転職実績8例】

  1. 29歳
    総合科学メーカー 事業開発・推進 年収650万円

    外資系情報産業サービス コンサルタント 年収840万円
  2. 30歳
    監査法人 会計監査 年収1000万円

    証券会社 投資銀行業務 年収1200万円
  3. 31歳
    総合情報メディア 人事担当 800万円

    医療・介護情報メディア 人事部長 年収950万円
  4. 37歳
    コンサルティング会社 戦略コンサルタント 年収1500万円

    テレマーケティング会社 チーフ戦略アナリスト 年収1300万円
  5. 39歳
    ゲームソフト開発会社 デザイナー 年収550万円

    ソーシャルゲーム開発会社 アートディレクター 年収800万円
  6. 45歳
    中小製造業 管理部門 年収900万円

    中小企業オーナー起業 CFO 年収900万円
  7. 57歳
    大手製造 工場長 年収1800万円

    中小製造業 子会社社長 年収1200万円
  8. 55歳
    大手製造業 営業担当役員 年収1500万円

    中小オーナー企業 社長 年収1000万円

※出典元:プロフェッショナルバンク

\確実に高年収!/

確実な年収アップを目指すのであれば、より多くの優良求人にアクセスする必要があります。

JACリクルートメントは日本全国のハイクラス求人が集結している老舗の転職エージェント。

必ず登録をしておきましょう!

\公式サイト/

業界別求人件数

検索で出てくる業界別求人件数が144件。

TOP3は「インターネット付随サービス」68件、「コンサルティング」24件、「情報サービス」14件です。

職種別求人件数

検索で出てくる職種別求人件数が141件。

TOP3は「経営企画」36件、「マネージメント層(その他管理職)」20件、「法人営業」19件です。

年齢別求人件数

年齢別で求人検索できるのはプロフェッショナルバンクの特徴の一つです。

検索で出てくる職種別求人件数が753件。

TOP3は「25歳」224件(30%)、「30歳」110件(15%)、「27歳」104件(14%)です。

ハイクラス向けの転職エージェントなので若くても30代が多いかと予想していたのですが、結果は25歳向けの求人が最も多かったです。

非公開求人はまた違う結果になるのではないかと思います。

プロフェッショナルバンク利用の流れ

プロフェッショナルバンクを利用して転職する方は、ヘッドハンティングを受けた方と自分から登録した方の2パターンに分かれます。

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングを受けた方は、まずはプロフェッショナルバンクのヘッドハンターと面談を行い、そこ結果を元にあなたを求めている企業と打ち合わせを行うこととなります。

この打ち合わせは面接というよりかは、お互いを知るための情報交換の場であり、その後転職に関する条件の交渉を実施することになります。

オファーがあってから入社までの期間の融通が効く場合も多く、途中で辞退をしても問題ありません。

登録

自分からプロフェッショナルバンクに登録をして利用する場合は、一般的な転職エージェントを利用する場合と変わらず以下のような流れとなります。

  1. 登録
  2. キャリアカウンセリング
  3. 求人の紹介
  4. 応募
  5. 面接
  6. 内定

プロフェッショナルバンクが向いている方

プロフェッショナルバンクが向いている方は、仕事を通じて高いレベルの自己実現を達成したい方、そして年収アップを目指したい方です。

特定の業界や職種で専門的な知識・実績・人脈を構築して、さらにワンステップもツーステップも上を目指したいのであればプロフェッショナルバンクに登録すべきでしょう。

「将来的に経営に関わってみたい」など高い志を持っているものの、まだ年齢だけが追いついていない方も十分に利用することができます。

プロフェッショナルバンクが向いていない方

社会経験が少ない方、特定の業界や職種で専門的な知識・実績・人脈を持っていない方がプロフェッショナル版をに登録をしても、求人を紹介してもらえない可能性が高くなります。

また全くの異業界にゼロから挑戦したい!という方も向いていません。

異業界に挑戦するにせよ、前職で高いレベルの業務をこなし困難を何度も乗り越え高度な実力が身に付いている必要があります。

プロフェッショナルバンクの運営会社

会社名 株式会社プロフェッショナルバンク
設立 2004年8月
所在地 東京本社、大阪支店
資本金 1億円
事業内容 人材紹介事業
組織診断事業
コンサルティング事業

プロフェッショナルバンク まとめ

プロフェッショナルバンクは、本来の意味であるヘッドハンティングを長年生業としており、高いレベルの信頼と実力が期待できます。

技術職への自信は垣間見えるものの公開されている求人が少ないため、得意とする業界や職種について明確にはわかりませんでした。

プロフェッショナルバンクの求人検索項目を確認し、その検索項目があなたの業界や職種に深く関わるものであれば登録をしておいて損はないでしょう。

\ハイクラス転職は時間がかかる!/

プロフェッショナルバンクであれば、自社が持っている求人にあなたが希望する求人がなくても探してくれるでしょうが、ハイクラス人材の転職は時間がかかります。

限られた業界、職種、ポジションであなたに合った求人が出るのは半年に一回、1年に一回、さらに少ないかもしれません。

だからこそいくつかの転職エージェントに登録をしておき、アンテナを貼っておく必要があります。

JACリクルートメントは日本全国に支店があり、海外ネットワークも豊富。

口コミ評判は良いものが多く、求人も幅広いハイクラス求人が取り揃えられていますので登録しておきましょう。

\公式サイト/

プロフェッショナルバンク その他口コミ評判・悪評

クラウドソーシング大手の「クラウドワークス」でプロフェッショナルバンクの利用者の口コミ評判を募りましたが集まらず、当サイトにも寄せられていません。

またホームページに転職事例はあっても、利用者の声のようなページはありませんでした。

ツイッターでは以下の口コミ評判を集めることができました。

いずれもネガティブな口コミ評判ですが、ツイッター上には基本的にネガティブな口コミが出回ることが多いため、100%真に受ける必要はないでしょう。

怪しいメールは無視!?延々とメールが送られてくる

会社のメールアドレスは、会社がメール内容を見ようと思えば見れる場合がほとんどですので、人材紹介会社のプロフェッショナルバンクからメールが届くのはよくありませんね。

もしかしたら自動的に送られてくるメールの登録アドレスが会社のアドレスになっているう可能性もあるので、プロフェッショナルバンクの担当者か問合せ窓口からメール送信を止めるよう早々に連絡する必要があります。

またプロフェッショナルバンクをもう利用しないのであれば、退会してしまいましょう。

\公式サイト/
有効求人倍率が急上昇中!業界最大手リクルートエージェントへの登録はお済みですか?
無料登録はこちら!
\業界最大手!/
リクルートエージェントに無料登録