ハイクラス・外資系

グラフで解説!フィスターの評判口コミ|求人の質、年収、特徴は?

【2021年9月中旬以降の転職市場動向】

9月中旬になりワクチン接種率が50%を超え感染者数も減少していることから、10月以降に消費意欲が一気に爆発することが予測されています。

多くの業界で業績が回復し、株価も上昇していくことでしょう。

コロナ禍で勝ち組となった企業はこの状況を見据えて、人材確保に躍起になっています。

転職エージェントでも勝ち組と負け組ははっきりと分かれており、特に最大手のリクルートエージェントにはコロナ以前と同等の求人件数が戻っています。

特に20代〜35歳向けの優良求人が激増しており、コロナ禍になって最大の転職チャンス!

10月になると採用枠が埋まることが予測されるので、今のうちにリクルートエージェントに登録することを検討してみてください。

\公式サイト/

※リモートカウンセリングを実施しているため、家にいながら短時間で転職活動の第一歩を踏み出すことができます!

サイト管理人
サイト管理人
フィスターは主にコンサルティング、製造、IT、金融といった業界を中心に大手・優良企業を紹介しているハイクラス転職エージェントです。

本記事ではフィスタの口コミ評判、ホームページの求人検索機能を利用して集計した結果をグラフ化してお伝えします。

◆確実にハイクラスの転職を成功させるために!◆

ハイクラスの転職であれば『リクルートエージェント』の方がおすすめです。

フィスターの公開求人件数は1,000件強で経典は東京と大阪のみですが、リクルートエージェントの求人件数は28万件で拠点は日本の主要16都市にあります。

また求人件数が多いだけではなく、年収700万円以上の求人を10万件、年収1000万円以上の求人を3万件以上扱っているので、まさに桁違いのハイクラス求人を保有しています。

『フィスター』の口コミ・評判

Eさん 30歳
Eさん 30歳
自動車部品メーカー 品質保証 →
電機メーカー 品質保証

自動車部品メーカーの品証で働いてきたんだったら、他のどの業界でもやっていける!と自信を持って挑んだ転職活動でしたが、フィスターの担当者から業界ごとの特徴を教えてもらい、合う合わないということがあることを認識できました。

自動車業界と常識が全く異なる業界に転職すると苦労するので、お隣の業界である電機業界に転職することに決めました。

Wさん 27歳
Wさん 27歳
外資系化学品メーカー 開発 →
日系化学品メーカー 開発

前職は人員整理が多く、結婚の予定もできたことから転職を検討することにしました。

外資系に慣れていると、日系の会社の堅苦しいところに苦労するかと思ったのですが、フィスターの担当者は各求人の内情をよくご存知で、入社前にイメージができたので安心して転職できました。

Aさん 32歳
Aさん 32歳
自動車部品メーカー 回路設計 →
自動車部品メーカー 回路設計

もっと生産技術や製造のことも考えて設計をしたかったのですが、これを実行しても全く評価されないことが分かり、どうしても実現させたいため転職することにしました。

フィスターの担当者は私のやりたいことを実現できる求人を2つ紹介してくれました。

正直少ないと思ったのですが、他の転職エージェントは求人件数が多いだけで、私の要望から微妙にずれており、結局フィスター 経由で転職しました。

Yさん 29歳
Yさん 29歳
IT企業 システムエンジニア →
IT企業 システムエンジニア

システムエンジニアに限ったことかもしれませんが、フィスターよりもエンジニア専門の転職サイトよりもリクルートエージェントの方が求人が充実していました。

リクルートエージェントの担当者もIT業界のことをよくご存知だったので何の不安もなく転職できました。

Uさん 24歳
Uさん 24歳
食品メーカー 営業 →
証券会社 営業

入社後に全く自分のやりたいこととは違うと思い、食品会社を2年半で辞めてしまいました。

フィスターはもっとハイクラスの転職かと思ったのですが、第二新卒向けの求人もあるということが求人検索機能で分かったので高望みするためにもフィスターに登録しました。

フィスターの担当者は「20代前半であれば何にでもなれる」と背中を押してくれたので、自分にできることよりもやりたいことを優先して考えた結果、証券会社に転職することになりました。

【その他口コミ】

[su_accordion][su_spoiler title=”Gさん 42歳
自動車部品メーカー 生産技術部 エンジニア →
自動車部品メーカー 生産技術部 エンジニア” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]

Gさん 42歳
Gさん 42歳
自動車部品メーカー 生産技術部 エンジニア →
自動車部品メーカー 生産技術部 エンジニア

入社以来自動車部品メーカーで働いていましたが、保守的な部分が強く、日経の自動車部品メーカーとはどこもこんなものなのだと思い込んでいました。

しかしあるときに仲の良い商社の営業と飲みに行った時に、顧客名は明かしてもらえませんでしたが、他社の生産技術部について色々と教えてもらいました。

特に印象的だったのは、より安くより性能の良い部品を採用するための信頼性試験の時間と費用を最小限化するために、取引先を大きく巻き込んでいる会社の話でした。

私の前職では、絶対にOKが出ないようなことを取引先との信頼関係のもとで実行している会社があると知った時、そんな会社に自分の会社は勝てないと思いました。

その話が終わった頃には私の会社は保守的な部分が強い自動車業界の中でも特に保守的なんだと認識せざるを得ませんでした。

また海外では一台で電気自動車の会社を築いてしまうイーロン・マスクような人もいます。

イーロンマスクとまではいきませんが、もっとクリエイティブな抜本的な生産技術の改善案をどんどん実践していくような仕事がしてみたいと思うようになり、『フィスター』を含むいくつかの転職エージェントに登録をしました。

どの転職エージェントもいろんな求人を紹介してくれましたが、フィスターが強く勧めてきたのはたった一つだけでした。

他にもこんなのもありますが、Gさんの経験とスキルが活かせて希望を叶えることができるのはこの求人です、と言い切って紹介をしてくれたのです。

確かにその求人はとても魅力的で、書類選考を通って面談に行った時にさらに入社したいという気持ちが強くなりました。

どの自動車関係の会社もT社が採用している部品や試験方法となると飛びつく状況で、T社に追いつけるはずがない、とT社に追いつく気満々な面接官に衝撃を受けました。

その後、内定をいただき、刺激的な毎日を送っています。

面接の時に私が断言したことを実践して結果を残さなければ、転職した意味もありません。

転職して生産技術の仕事がいかにクリエイティブで楽しい仕事かというのかを実感しています。

[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”Hさん 28歳
機械商社 営業 →
繊維専門商社 営業” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]

Hさん 28歳
Hさん 28歳
機械商社 営業 →
繊維専門商社 営業

新卒で入社した会社がいわゆるブラック企業だったのですが、なまじ結果を出してしまったがために居心地は悪くなく5年間も勤めてしまいました。

転職活動を始めたきっかけは、大学の同級生と集まった時のこと。

私は社内でも悪くない成績を出していて、それなりに給料をもらっていると思ったのですが、とある大手企業の総務部の友人の方が年収が高かったのです。

年収が全てではありませんが、その友人は確かに優秀でしたが、定時に帰る日が多く、そんなに仕事を毎日頑張っているわけでもないとのこと。

その場では平静を装いましたが、毎日朝から晩まで外回りをして土日も仕事をしている私からすると衝撃的すぎる話でした。

ビジネスの最前線にいるはずの営業職である私が安く使われているのでは、何がビジネスマンか分かりません。

その後私は『フィスター』と20代向けの転職エージェント、大手の転職エージェントの3つに登録しました。

20代向けの転職エージェントは未経験OKの求人が多く、5年の社会経験がある私にはちょっと不向きだと思い、面談に行くことなく利用を停止。

大手の転職エージェントは色々紹介をしてくれましたが、カウンセリングで何を聞いていたんだろうと思うような求人を紹介してくることもありました。

その点『フィスター』が紹介してくれたのは機械商社と繊維商社の2社。

両方とも私の経験を活かすことができる求人でした。

業界の経験よりも、営業という職種の経験を浮かして別の世界に挑戦をしたかったので繊維商社を第一希望にしました。

履歴書も職務経歴書も作成するのには全く問題ないと思っていたんですが、転職のプロにかかると訂正しなければいけないところだらけ。

書類選考も面接も終わり、無事内定を得ることができました。

今は年収も私の世代の平均よりももらうことができ、労働時間も減っています。

しかし社内の同僚や先輩・上司のレベルが前職よりもはるかに高く、築いていくのに必死です。

前職であればいくらでも残業して量でカバーしていたのですが、今の職場では時間内に仕事を終わらせることを指導されるため、量でカバーすることを許されません。

本当の意味でのレベルアップが求められているので、毎日苦しいですが、やりがいと成長を感じながら仕事をしています。

[/su_spoiler][/su_accordion]

『フィスター』の求人の質と年収

『フィスター』のホームページの求人検索機能を利用して検索結果をグラフにまとめました。
※2019年5月26日調べ

『フィスター』の拠点

社名 株式会社フィスター
設立 2007年12月
資本金 5,000,000円
本社所在地 〒171-0014 東京都豊島区池袋2-60-11 ともビル9階
電話番号:03-6272-4795
関西支社  〒532-0003 大阪市淀川区宮原2-14-4 MF新大阪ビル2階
電話番号:06-6195-7831

『フィスター』と一緒に使いたい転職エージェント

フィスターはコンサルティング、製造、IT、金融の転職に強いですが、他のハイクラス専門の転職エージェントには別の強みがあります。

2つ以上の転職エージェントに登録をしてなるべく多くの求人に触れ、よりあなたに合った担当者にめぐり合い、転職エージェント同士を競合させることにより、転職活動をより有利に進めていきましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの求人件数は270,127と件日本最多で、人材紹介市場大手の(株)リクルートが運営する転職エージェントです。

メインユーザーは20代後半〜40代の年収400万円〜600万円の一般転職者ですが、年収600万円以上の求人も139,344件、1000万円以上の求人も29,239件と高年収の求人数だけでも一般の転職エージェント並みの数を保有しています。

リクルートエージェント公式サイト

\公式サイト/
有効求人倍率が急上昇中!業界最大手リクルートエージェントへの登録はお済みですか?
無料登録はこちら!
\業界最大手!/
リクルートエージェントに無料登録