関東

富士ヒューマンテックってどう!?口コミ評判、料金、求人の質と年収、特徴

「転職活動を始めようかどうか迷っている」
「転職して今より条件や人間関係が悪い企業に入ってしまったらどうしよう」

という方は、まず転職エージェントに求人紹介だけしてもらってください。

転職エージェントに登録をすると3営業日以内にオンラインでカウンセリングが実施され、その結果に基づき求人を紹介してもらうことができます。

特にリクルートエージェント無理強いも無く、途中で利用を辞めても料金を請求されることもなく、安心して利用できると評判です。

最大手であり、全業界・職種・地域・年収の求人が取り揃えられているため「他の転職エージェントだったらもっといい求人を紹介してもらえたかもしれない!」ということもありません。

自分がどんな会社のどんな条件で転職できるのかを知らずに、闇雲に転職活動を始めてしまったり、会社を辞めてしまったりすると、どんどん泥沼にハマっていき自己肯定感が下がってしまいます

まずは転職エージェントに求人を紹介してもらって、今あなたが転職活動を本格化する価値があるのかどうかを判断してくださいね。

今すぐリクルートエージェントに登録する>>

サイト管理人
サイト管理人
こんにちは!上場企業の人事部で10年以上責任者として勤務し、100名以上の採用に関わってきたサイト管理人です!

富士ヒューマンテックは東京都と埼玉県に特化した転職紹介サービス。

本記事では富士ヒューマンテックについて口コミ評判・求人を収集し、メリットやデメリット、料金などについて詳しく解説していきます!

\まずは結論!/

富士ヒューマンテックのコンサルタントは全員金融機関出身者です。

そのため、金融機関時代からの人脈による紹介求人が中心となっており、経営層に近い独自案件も豊富です。

問題点は、埼玉と東京の求人しかないことと、求人数が少なく選択肢が限られること。

富士ヒューマンテックが向いている人は、埼玉・東京で金融系の管理職以上を目指している人だけです。

それ以外の大多数の人は、全ての業界に対応しているリクルートエージェントを使ってください。

リクルートエージェントの求人数の多さ、求人の質がどこよりも優れているのは、転職活動をしている人の間では常識です。

たくさんの人に支持されているリクルートエージェントを使えば、あなたも希望通りの仕事を見つけられますよ。

\公式サイト/

富士ヒューマンテックの基本情報

サービス名 富士ヒューマンテック
特徴 ここに説明文を入力してください。
主な取扱地域 埼玉県、東京都に強い
主な取扱業界 製造、IT、サービス、物流、建設、その他
主な取扱職種 管理職、営業、事務、講師、生産技術、バイヤー、その他
利用料金 無料
運営会社 富士ヒューマンテック株式会社

富士ヒューマンテックの口コミ評判

当サイトの独自アンケートで集まった口コミ評判を掲載します。

Sさん 42歳
Sさん 42歳
コンサルティング会社 システムコンサル →
ITサービス企業 基幹系システム開発責任者

富士ヒューマンテックで見つけた、開発実務ではなくプロジェクトの立ち上げ責任者という求人に興味を持って応募しました。

担当の方が日程調整や書類に関するサポートをしてくれたので、自分は業務内容に関することだけに集中して転職活動できました。

転職後にも様子を聞いてくれたりと、丁寧なサポートがありがたかったですね。

Aさん 32歳
Aさん 32歳
証券会社 融資担当 →
フードサービス事業会社 M&A担当

金融系なら富士ヒューマンテックがいいと聞き登録しましたが、なかなか希望通りの求人が見つからなくて…。

結局、担当さんにお願いして年収アップ交渉をしてもらって今の会社に決めました。

休みが少ないところに不満が残りますが、それ以外は希望通りの条件にしてもらえたのでトータル的には良かったと思っています。

Nさん 37歳
Nさん 37歳
マンション管理事業会社 経理 →
不動産事業会社 経理マネージャー

前職よりも良いポジションで働ける求人を富士ヒューマンテックさんで紹介してもらえました。

マネジメント職は初めてですが、手探りで色々と試してみるのも楽しいものですね。

富士ヒューマンテックのコンサルタントは経理に詳しく、こちらの要望に対しての受け答えも的確でしたよ。

Wさん 30歳
Wさん 30歳
大規模病院 事務職 →
地域中核病院 地域医療連携担当

富士ヒューマンテックで事務職の求人を探したのですが、紹介されたのはたった1件だけ。

しかも勤務地は東京を希望していたのに埼玉の求人でした…

同時に登録していたリクルートエージェントでは10件以上の求人を紹介してもらえて、地域医療連携を任される憧れの仕事に就けました!

転職するなら求人数の多いエージェントを使うべきですね。

Oさん 31歳
Oさん 31歳
建設関連エンジニアリング商社 法人営業

転職したいと思ったものの、富士ヒューマンテックで紹介してもらった求人を見る限り動かない方が賢明なのかな…という感じ。

担当さんの熱意もなかったし、だんだん転職へのやる気がなくなってきました。

このままではどこにも転職できないから別のエージェントを使おうかと思ってます。

富士ヒューマンテックのメリット・特徴

埼玉県の地元企業が運営しており、埼玉県、東京都に特化している

富士ヒューマンテックの運営元は地元企業であるため、大手転職エージェントにはないような独自の求人の案件を見つけることが出来ます。

富士ヒューマンテックは、埼玉県や東京都の企業の求人情報を提供する転職サービスです。

富士ヒューマンテックの運営会社は、さいたま市に本社を置く富士ヒューマンテック株式会社。

平成14年に埼玉ヒューマンパワー株式会社として設立され、平成19年に富士倉庫運輸株式会社の子会社となっています。

人材紹介以外にも人材派遣や業務請負、採用代行と幅広く事業を展開しており、実績は埼玉県内ではトップクラス。

埼玉県内や東京都内で独自のネットワークを作り上げています。

埼玉県の地元企業が運営しているからこそ獲得できる、地元に根ざした企業の求人が期待されます。

様々な雇用形態があるので、状況に合わせた働き方ができる

富士ヒューマンテックでは派遣の求人情報についても提供しているので、自身のライフスタイルや目標に合わせて働きたい方に向いています。

富士ヒューマンテックでは正社員としての求人を多く取り扱っていますが、人材派遣の事業も展開しています。

長期にわたって安定した収入を得たい場合は、正社員。スキルアップを目指す場合や子育てしながら働きたい場合は、派遣社員。

求職者それぞれが求める条件に合った働き方を選ぶことが出来るでしょう。

さらに、派遣スタッフとして働き正社員としての採用を目指す「紹介予定派遣」を選ぶことも可能です。

熟練の担当者からのサポートが期待できる

富士ヒューマンテックのコンサルタントは全員が金融機関の出身者であるため、幅広い人脈と豊富な情報量をもとにしたサポートを受けることが出来ます。

富士ヒューマンテックの担当者は自身の銀行でのキャリアを通じ、東京都と埼玉県の企業や経営者らとの人脈を確保しています。

長年のキャリアを生かした人脈と情報量は、大手には簡単に真似が出来ません。

求人情報の提供や履歴書の添削、面接の練習と立ち合いといったサービスを提供するのは、他の転職サービスと同じです。

富士ヒューマンテックのデメリット・利用時に気をつけたいこと

大手に比べると公開求人件数が少ない

富士ヒューマンテックの公開求人は数が十分でないため、多くの求人を見て比較検討したい求職者には向いていません。

富士ヒューマンテックが扱う求人情報は外部の4つの転職サイトに掲載されています。

4つのサイト全て合わせた求人数は2,700件ほど。

一方、大手転職エージェントのリクルートエージェントに掲載されている、埼玉県と東京都の公開求人数は56,500件以上です。

富士ヒューマンテックが扱う求人数は、大手の20分の1以下ということになります。

なるべく多くの求人を比較して自身の条件に合うものを見つけたい場合は、大手転職エージェントを利用した方がいいでしょう。

埼玉県、東京都以外の求人は少ないので、他の地域と比較検討できない

富士ヒューマンテックで紹介されている求人は埼玉県や東京都のものがほとんどであるため、他の地域の求人も候補として考えている転職者には向いていません。

富士ヒューマンテックの求人情報が掲載されている4つの転職サイトの内、「ミドルの転職」での全体の求人数は520件ほど。

430件以上が埼玉県または東京都の求人であるため、埼玉県と東京都以外の求人数は90件程度になります。

富士ヒューマンテックだけを利用して転職活動を行うと、埼玉県内や東京都内の求人だけを見て比較検討することになります。

埼玉県や東京都以外の求人も確認しておきたい場合は、富士ヒューマンテック以外の転職サービスも合わせて利用することをお勧めします。

求人検索は外部の転職サイトを利用しており、自社の検索システムがないため分かりにくい

富士ヒューマンテックの求人情報を閲覧するためには外部の4つの転職サイトを利用する必要があるため、他の転職サービスよりも手間がかかってしまいます。

富士ヒューマンテックの求人情報は「マイナビ転職」や「日経転職版」などの4つの転職サイトに掲載されており、それぞれ扱う求人数が異なります。

一方、他の転職サービスは独自の検索システムを持つ場合が多く、外部の転職サイトを確認する必要がありません。

よって、求人検索の手軽さや分かりやすさを求める場合は、他の転職サービスを利用することをお勧めします。

富士ヒューマンテック(FUJI HUMAN TEC)の利用方法

富士ヒューマンテックの利用方法は、自分で求人検索する方法と登録を先に済ませて求人を紹介してもらう方法の2つ。

自分で求人検索する場合には、ホームページの「お仕事情報」から希望条件に一致する求人を探してエントリーします。

先に登録してから求人紹介してもらう場合には、ホームページの「新規登録」で手続きを行いましょう。

富士ヒューマンテックは無料で利用できますが、登録手続きが少し面倒です。

入力する項目が多く、自作した履歴書と職務経歴書のレジュメを添付しなくてはいけません。

そのため、先に求人検索をしてどんな感じの案件があるかを把握し、自分に合っていると思えてから手続きをしたほうが無駄な労力を使わずに済みます。

検索して気に入った求人を見つけたら仮登録手続きを行い、富士ヒューマンテックのキャリアコンサルタントから連絡があったら面談日程の相談をしてください。

その後、富士ヒューマンテックに出向いてキャリアカウンセリングを受けますが、かかる時間は1~2時間ほどで、経験やスキルに応じたスキルチェックがあります。

コンサルタントと相談しながら応募する企業を決めたら、富士ヒューマンテックが企業への推薦、レジュメの添削、面接対策などのサポートを行ってくれます。

転職活動で重要なことは、企業が求める人材への理解を深めることです。

優れた能力があっても、企業が求めている人物像と一致しないと「うちには必要ない」と思われて内定がもらえません。

そのため、応募する求人が決まったら、面接で好印象を与えられるアピールの仕方をコンサルタントに聞いてください。

そうすれば、実力があるのに面接で落とされる…という結果を予防できます。

面接後に内定が出たら、条件交渉、入社日調整、退職準備などを行いますが、ここでも富士ヒューマンテックのコンサルタントがサポートしてくれるので安心です。

コンサルタントが企業とのやり取りを代行してくれるので、給料に関することなど言い出しにくい質問はお任せできます。

ハイクラス求人を狙っている方は、転職先を決定する前に給料だけでなくリスクも確認しておきましょう。

何千万もの年収を出すポストは外資系企業や新興企業からの求人が多く、転職後に期待されている成果を出せないと賃下げ、降格される可能性が高いです。

最悪の場合には解雇されるかもしれないので、転職前に十分に考えてから結論を出してくださいね。

富士ヒューマンテックの料金

富士ヒューマンテックは完全無料で利用することができます。

『富士ヒューマンテック(FUJI HUMAN TEC)』の求人の質と年収

富士ニューマンテックの求人は、正社員と派遣の2種類に分かれているのが特徴です。

正社員求人は、管理部門系の職種が中心で営業職、技術職、経営層に近い求人もあります。

派遣求人のメインは事務系で、ライフスタイルに合わせて働きたい方に最適です

派遣社員として働く場合には、富士ヒューマンテックと雇用契約を結び、派遣先企業には労働力を提供するだけです。

だから、お給料は「派遣先企業→富士ヒューマンテック→派遣社員」という流れで、富士ヒューマンテックから支払われることになります。

派遣先とのトラブルがあった場合には富士ヒューマンテックが間に入ってくれるので、安心して働けるのがメリットです。

そして、正社員も派遣社員も埼玉と東京の求人がほとんどで、群馬や神奈川など他の都道府県の求人はごく少数のみ。

地域が限られているので、埼玉と東京以外の人は別の転職エージェントを使ってください。

また、求人検索は外部の転職サイトを通して行う仕組みです。

正社員求人は「ミドルの転職」に掲載されているものが約470件、「マイナビ転職」に約430件、「エージェントサーチ」に約250件ですが、重複している求人が多いと考えられます。

求人内容は、

  • 企画営業職で年収400万円~549万円
  • 大手企業の経理事務で年収500万円~649万円
  • 上場企業の法務担当で年収500万円~749万円
  • 半導体・電気機器メーカーの部長職で年収1,000万円~1,300万円
  • 金融コンサルティング会社の事業投資担当で年収1,500万円~ など。

富士ヒューマンテックに登録している人の経験職種は、管理部門、営業、スペシャリスト(公認会計士など)、技術系(SE、1級建築士など)とのことなので、大手上場企業の管理職から未経験可のエンジニア職まで色々な種類の求人があります。

派遣求人は時給1,300円の大手銀行の金融事務、時給1,700円の経理事務などで、公開されている派遣求人数は60件弱です。

どちらも求人数が少ないので、他の転職エージェントと併用して使いましょう。

富士ヒューマンテックの運営会社

会社名 富士ヒューマンテック株式会社
設立 2002年9月6日
所在地 埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-5-5 北浦和大栄ビル 3F
資本金 50百万円
事業内容 人材紹介
人材派遣
業務請負
採用代行その他

確実に条件の良い転職を実現するために!

富士ヒューマンテックの魅力は金融業界に強いことで、コンサルタント全員が金融機関出身者です。

経営層とのつながりが深く、独自のネットワークや人脈による特別案件を保有しているので、金融業界で管理職以上のポジションを目指す人に向いています。

しかし、それ以外の人はリクルートエージェントを使ったほうが良いです。

リクルートエージェントなら金融だけでなく全業界の求人が揃っていて、求人数は比べ物にならないほど多く、管理職以外の一般社員の求人も豊富にあります。

求人数の少ない富士ヒューマンテックだと、限られた選択肢の中からしか選べないのが問題です。

それに、富士ヒューマンテックのコンサルタントは金融系企業で30年以上の勤務経験がある人など、金融業界でのキャリアが非常に長い人が多いです。

つまり、金融のプロではありますが転職のプロではありません。

そのため、転職活動をするのなら、あらゆる業界の転職支援実績があるリクルートエージェントのアドバイザーに相談したほうが安全です。

転職のプロであるリクルートエージェントのアドバイザーの力を借りれば、あなたの良さが120%発揮できる職場が見つかりますよ。

>>リクルートエージェント公式サイト

2022年に始まる新規プロジェクトに向けて優良求人急増中!
無料登録はこちら!
リクルートエージェントに無料登録