ワークポート

ワークポートを退会したい!退会・個人情報削除・再登録方法を解説!

【2021年9月の転職市場動向】

9月はワクチン接種率が50%を超え、感染率がダウンし、消費意欲が一気に爆発することが予測されています。

多くの業界で業績が回復し、株価も上昇していくことでしょう。

コロナ禍で勝ち組となった企業はこの状況を見据えて、人材確保に躍起になっています。

特に20代〜35歳向けの優良求人が激増しており、コロナ禍になって最大の転職チャンス。

10月になると採用枠が埋まることが予測されるので、今のうちにあなたに合った転職エージェントに登録をして求人を紹介してもらいましょう!

就職Shop
正社員経験無しの20代向け
首都圏・関西圏に強い。
・紹介された求人は全て書類選考無しで面接に進める

マイナビジョブ20’s
正社員経験3年以下の20代向け
首都圏・東海圏・関西圏に強い
入社後数ヶ月の利用者も多い

リクルートエージェント
正社員経験3年以上の社会人向け
日本全国に強い
・求人件数業界最多

※どのサービスもリモートカウンセリングを実施しているため、家にいながら短時間で転職活動の第一歩を踏み出すことができます!

こんにちは!専門商社の人事部で10年以上責任者として勤務し、100名以上の採用に関わってきたサイト管理人です!

  • ワークポートの退会方法を確認してから登録したい!
  • ワークポートをいますぐ退会したい!
  • ワークポートを退会した後に利用すべき転職エージェントを知りたい!

本記事はこのように考えているあなたのために、ワークポートの退会方法をお伝えします。

またワークポートを退会するにあたり知っておいた方がいいことや、ワークポートを退会した後に登録することをお勧めする転職エージェント、ワークポートと併用して相乗効果の見込める転職エージェントについてご紹介します!

\まずは結論!/

ワークポートの退会方法は担当者にメールか電話で退会申請をします。

エビデンスを残すためにもメールで退会することを推奨します。

eコンシェルを利用した退会方法については記事本文に記載をしています。

>>今すぐワークポートに登録する

転職活動の際は2つ以上の転職エージェントに登録をするのが基本です。

こちらではワークポートには無い特徴を持った転職えーエントを厳選してご紹介します。

あなたに合った転職エージェントが見つかればぜひ登録を検討してみてください。

リクルートエージェント
・業界最多の求人件数
・全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有
・全国16都市に拠点
マイナビエージェント
・20代30代に特化
・全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有
・全国9都市に拠点
パソナキャリア
・年収アップ率67.1%
・全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有
・47都道府県全てに拠点
マイナビジョブ20’s
・入社3年以内の第二新卒がメインユーザー
・全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有
・東京・大阪・名古屋に拠点
就職Shop
・ニートフリーターなど社会経験がない20代がメインユーザー
・首都圏・関西圏の求人を中心に保有
・首都圏と関西圏に拠点

ワークポートの退会方法

ワークポートを退会方法はホームページ等で確認できませんでした。

ワークポートの退会方法を一般的な転職エージェントの退会方法から推察すると以下の3つとなります。

  • 担当者にメールか電話で退会申請する
  • お問い合わせフォームから退会申請する
  • 専用サイト(eコンシェル)から退会申請する

それぞれの退会方法について解説をしていきます。

担当者に退会申請する

担当者に退会申請する場合は、電話かメールで退会申請をすることになります。

ワークポートとあなた両方の手元にエビデンスを残すためにもメールでの退会を推奨します。

退会の際に伝えることは以下の4点です。

  • 退会の意思
  • 退会の理由
  • 個人情報削除の依頼
  • 登録内容
  • 感謝の気持ち

ネットで見る限りは退会後も担当者からメール連絡が来るという情報もありますので、万が一退会後も不必要な連絡が来るようであれば、以下の対応をしましょう。

  • 以後連絡しないよう要望する旨を返信する
  • ワークポートからのメールを迷惑メールに分類するか受信拒否設定にする

参考までにメールで退会したい旨を担当者に連絡する際の例文を記載しておきます。

【件名】

ワークポート退会と個人情報削除のお願い

【内容】

株式会社ワークポート
(担当者名)様

お世話になります。(あなたの名前)でございます。

大変恐縮ではありますが、他転職エージェント経由にて内定をいただき転職することを決めました。

つきましてはワークポートを退会させていただきたく存じますので、退会手続きを行っていただけますようお願いいたします。

また個人情報の削除も併せてお願いいたします。

今回は御社経由での転職に至らなかったこと、誠に申し訳ございません。

(担当者名)様のますますのご活躍をお祈り申し上げております。

よろしくお願いいたします。

(あなたの名前)

お問い合わせフォームから退会申請する

何らかの事情でワークポートの担当者に連絡ができないのであれば、お問い合わせフォームから退会申請を行いましょう。

こちらも参考までに例文を掲載しておきます。

株式会社ワークポート御中

お世話になります。(あなたの名前)でございます。

この度、転職活動自体を取りやめて、今の会社に残ることになりましたので、ワークポートの退会申請をさせていただきます。

つきましては退会の手続きと、個人情報の削除をしていただけますようお願いいたします。

【登録内容】
氏名:(登録した名前)
電話番号:(登録した電話番号)
メールアドレス:(登録したメールアドレス)

この度は転職に至らなかったこと、申し訳ございません。

よろしくお願いいたします。

(あなたの名前)

専用サイト(eコンシェル)から退会する

大変申し訳ないのですが、当サイトで未確認の退会方法です。

ワークポートを利用している方はeコンシェルというワークポート登録者専用サイトを利用しているかと思います。

専用サイトでマイページを持つことができる転職エージェントでは、概ね退会専用フォームや退会ボタンがあるもの。

マイページの設定、登録情報、FAQ、その他、などで退会につながるリンクがないかを探しましょう。

サイト内検索があれば「退会」で検索をするのもオススメです。

ワークポートを退会する前に確認すべき3つのこと

ワークポートを退会するのは簡単ですが、一度退会すると後戻りが大変です。

退会を実行する前にここに書いてある3点は必ず確認をしておきましょう。

ワークポートを退会したら再登録がめんどくさい!

ワークポートを退会した後にまたワークポートを利用するとなると、最初に登録したのと同じ手順を踏む必要があります。

ワークポートを退会するのであれば確実にもう二度とワークポートを使わないと確信できた時のみにしておきましょう。

ワークポートの休会ができないか

ワークポートのホームページに休会という記載は確認できませんでしたが、すぐに転職する可能性はなくても、半年後数年後などに転職する可能性があるのであれば休会のような形を取れないか確認をしてみましょう。

そもそもワークポートという名前には「キャリアの港のようなインフラを創りたい」という想いが込められています。

一度ワークポートに紹介してもらった企業に転職して、その後またワークポートに戻ってきて転職する、というキャリアの港。

一度転職することをやめたとしてもワークポートであれば待ってくれると思います。

休会を申し入れる際は、転職する気になればあなたから連絡をする、と伝えておけば不必要な連絡に時間を取られることもないでしょう。

ワークポートの担当者を変更することで対応できないか

もし退会理由が、ワークポートの担当者と合わないから、というものなのであれば担当者を変更することを検討してみてください。

ワークポートは最大手には及ばないものの、大手転職エージェントと言って差し支えないほどの求人件数と拠点を有しています。

運営会社の設立は2003年と大手転職エージェントの運営会社に比べると新進気鋭で非常に勢いがります。

そのためか、担当者が非常にアグレッシブ、温度差がある、というような口コミ評判も見られます。

しかしもしかしたらそれは一部の人のみで、あなたの合う担当者がいるかもしれません。

他の転職エージェントに登録をしなおすとまた登録からやり直しなので、一度は担当者変更をしてみて、それでもダメなら他の転職エージェントを利用してみましょう。

ワークポートを退会する理由ベスト3

当サイト独自アンケートによりワークポートを退会した理由を集めたところ、その理由は3つに大別されました。

それぞれの退会理由と計活法について解説します。

ワークポートの担当者と合わない

既出ですが、担当者と合わない場合は退会の前に担当者変更を申請してみましょう。

ワークポートに登録をしたということは、あなたがそのサービス内容や求人内容に興味を惹かれていたということ。

担当者を変更するだけで問題が解決する場合があります。

ワークポートの利用規約にも以下のように記載されており、担当者の変更があり得ることはワークポートの担当者も理解しています。

[苦情処理に関する事項]

弊社サービスに対する、ご意見などございましたら、以下までご連絡願います。
・Eメールアドレス:objection@workport.jp
【例】担当転職コンシェルジュより選考結果のご連絡が無い場合
担当転職コンシェルジュの変更を依頼したい場合・・・等

ワークポートのサービスが合わない、他社のサービスの方が向いている

特に20代で社会経験が少ない方からは「他社の履歴書なしで面接に進めるサービスが良かった」「ワークポートは自分にはちょっと早かった」というような意見も見られました。

社会経験が無かったり社会経験が少ない場合はそれ専用のサービスを利用した方が良かったという場合があるそうです。

また単純にワークポートよりも他の大手転職エージェントの方が良かったと感じる方も確認できました。

サービスの合う合わないは、登録してサービスを体感した後でないと判断できません。

同時に2つ以上のサービスを利用すると、どのサービスが自分に合っているのか比較検討できるので、自分に合っているサービスを選定して2つ以上を登録しましょう。

ワークポートに思うような求人がない

ワークポートには公開求人が4万件以上あり決して少なくはないのですが、業界トップのリクルートエージェントに比べると1/7以下、業界2位のdodaの半分以下です。

求人件数はそのまま求職者の選択肢に直結します。

求人件数トップクラスの大手転職エージェントと併用した方の中には、求人が十分ではないと感じた方がるようです。

これの解決方法は大手の転職エージェント、それも求人件数最多のリクルートエージェントに登録をすることが解決できます。

ワークポートの個人情報の削除

ワークポートを退会する際に、担当者に個人情報の削除も申請しておけば、対応をしてもらえるでしょう。

しかし何らかの事情で個人情報の削除が確認できない場合は、「ワークポートグループの個人情報苦情及び相談窓口」に個人情報の削除の依頼をします。

ワークポートの個人情報保護方針には以下のように記載がされています。

【ワークポート 個人情報保護方針】

6. 当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談への適切かつ迅速な対応に努めます。また、当社が保有する開示対象個人情報の開示等の求め(利用目的の通知、開示、訂正・追加又は削除、利用又は提供の停止)を受け付けます。

件名:個人情報削除依頼の件
本文:
ワークポートグループ
個人情報苦情及び相談窓口御中

お世話になります。○月○日にワークポートを退会をさせていただきた(あなたの名前)でございます。

表題の件の通り個人情報の策ををお願いいたます。

【登録内容】
氏名:(登録した氏名)
電話番号:(登録した電話番号)
メールアドレス(登録したメールアドレス)

どうぞよろしくお願いいたします。

(あなたの名前)

ワークポートの再登録

退会した後に今一度ワークポートを利用したいのであれば、最初にワークポートに登録したのと同じくネット上から登録をします。

登録は数分で終わるとはいえ再登録は二度手間になってしまうので、退会するのであれば以後ワークポートを利用することがないかどうかをよくよく考えて退会するようにしましょう。

ワークポートの退会時の違約金

ワークポートを退会する際に違約金がかかると言ったような記載はホームページでも口コミでも見つけることはできませんでした。

当サイトでは800以上の転職サービスを調査してきていますが、退会に伴い違約金がかかると言ったようなサービスは確認したことがありません。

あんしんしてワークポートを利用することができます。

まとめ

ワークポートを退会するには、担当社に直接メールか電話で退会申請をする必要があります。

エビデンスを残すためにもメールでの退会を推奨します。

またワークポートの独自サービス、「eコンシェル」でも退会作業ができる可能性が高く、マイページから設定、登録情報、FAQ、その他などで退会につながるリンクがないかを確認してください。

転職活動を継続するのであればこのサービス!

転職の際にはリスクヘッジのため、2つ以上の転職サービスを利用するのが鉄則です。

ここからはワークポートにはない特徴を持った転職サービスをご紹介します。

ワークポートを退会した後でも、ワークポートと併用をしても効果のあるサービスを厳選しましたので、あなたに合っていると思えば登録を検討してみてください。

リクルートエージェント|業界最大手!

求人件数 30万件以上
拠点 東京都・札幌市・仙台市・宇都宮市・さいたま市・千葉市・西東京市・横浜市・静岡市・名古屋市・京都市・大阪市・神戸市・岡山市・広島市・福岡市
メインユーザー 全年代

リクルートエージェントはニートフリーター以外の転職希望者が全て登録すべき転職エージェント

全業界・職種・年代・地域向けであらゆる年収帯の求人を保有しています。

多くの正社員転職者はリクルートエージェントを軸に必要に応じて自分に合った転職エージェントに登録をしています。

業界最多の求人件数

リクルートエージェンの求人件数はダントツトップの30万件以上。

他の転職エージェントで30万件を越す求人を保有している転職エージェントはありません。

コロナ禍で世の中全体の求人件数が減った時でも、唯一20万件以上の求人件数を保っていました。

求人件数が多いということは、あなたの選択肢が多いということでもあります。

全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有

転職エージェントには業界や職種、地域や年代に特化した転職エージェントがありますが、ほぼ全ての特化型転職エージェントよりもリクルートエージェントの方が求人が充実している場合がほとんどです。

ただ求人件数が多いだけではなく、年収300万円から1000万円以上まで各年収帯をバランスよく保有しています。

もしあなたが特定の領域に特化した転職エージェントも登録して言える場合、そのジャンルの求人をリクルートエージェントでも検索してみてください。

きっといい求人が見つかります。

全国16都市に拠点

大手の転職エージェントはどこも日本全国に拠点を持っていますが、リクルートエージェントは意外と他社が手薄な千葉市・さいたま市・宇都宮市・神戸市・京都市にも拠点を持っています。

首都圏は東京で、関西圏は大阪で集中管理しているところが多い中、ちゃんと拠点を持っています。

地元のことを理解している担当者がいるのはもちろんのこと、地元企業や地元に拠点のある大手企業とのネットワークがあることも期待できます。

\公式サイト/

マイナビエージェント

求人件数 57,895件
拠点 東京都・横浜市・札幌市・仙台市・名古屋市・京都市・大阪市・神戸市・福岡市
メインユーザー 20代30代

マイナビエージェントは総合型転職エージェントで、幅広い年収の求人を扱っていますが、どちらかというと年収300万円〜400万円台あたりの求人の割合が多くなっています。

キャリアアップというよりかは、未経験で異業界や移職種への挑戦というような方に向いています。

20代30代に特化

マイナビエージェントは大手の中でも20代30代に特化しています。

特に社会人になって3年以上で、ビジネスマナーを身につけており、仕事も一通り1人でできる人に向いています。

専門的な経験やスキル、人脈を持っている人にはちょっと物足りないかもしれません。

全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有

マイナビエージェントは総合型転職エージェントのため全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有しています。

特にホワイトカラーの求人が多く、各業界の営業職や事務職、またITエンジニアの求人が充実しています。

全国9都市に拠点

北海道と北関東以外の地域はほぼ拠点があります。

また首都圏はリクルートエージェントに比べると少ないですが、東京に拠点が2つありそこで管理しています。

拠点がない地域では、他の大手転職エージェントの方が良いでしょう。

\公式サイト/

パソナキャリア

求人件数 36,165件
拠点 47都道府県に各1箇所以上
メインユーザー 全年代

大手転職エージェントの中では求人件数が少なくなりますが、年収アップ率67.1%と拠点の多さで存在感を出している転職エージェントです。

現在の年収が300万円〜400万円台で年収アップを考えているのであれば、パソナキャリアが向いています。

年収アップ率67.1%

大手で年収アップ率を公表しているのはパソナキャリアのみです。

3人に2人以上が年収アップしているというのはかなり心強いですね。

しかし高年収に限るとリクルートエージェントの方が総求人件数は多いので、ハイクラス転職なのであればリクルートエージェントへの登録も必須です。

47都道府県全てに拠点

パソナキャリア最大の特徴は47都道府県全てに1箇所以上の拠点があることでしょう。

面談場所は東京・大阪・名古屋・静岡・広島・福岡の5箇所ですが、運営会社の拠点が日本全国にあることで、大手企業の各拠点や地元企業とのネットワークもより構築しやすいことが想像されます。

特に他の大手が拠点を持っていない地域での求人には期待が持てます。

全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有

パソナキャリアも他の大手転職エージェントと同じく全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有しています。

特に首都圏・関西圏・東海圏などの都市部を中心に、ホワイトカラーの20代30代向けの求人が多くなっています。

この傾向はどの転職エージェントでも一緒です。

パソナキャリアも他社と同じく求人検索機能があるので、まずは自分の希望する領域の求人が豊富にあるそうかどうかを確認しておきましょう。

\公式サイト/

マイナビジョブ20’s

求人件数 2,300件
拠点 東京・大阪・名古屋
メインユーザー 第二新卒

マイナビジョブ20’sはマイナビエージェントと同じくマイナビグループ。

その名前の通り20代、特に入社3年以内の第二新卒がメインユーザーです。

入社3年以内の第二新卒がメインユーザー

メインユーザーはマイナビエージェントと多少重複する部分もあるのですが、マイナビジョブ20’sが特にメインとしているのが入社3年以内の第二新卒です。

ニートやフリーターに合う求人もあるのですが、ニートフリーターはまたそれ専用の就職エージェントがあります。

入社した会社で各種研修やOJTなどをして、多少なりとも1人で仕事をした経験がある20代の方に向いています。

全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有

第二新卒など社会経験の少ない20代向けの転職エージェントの多くは東京や大阪などの都市部の求人を集中して持っている場合が多いのですが、マイナビジョブ20’sは日本全国の第二新卒向け求人を持っています。

たとえ地方での転職であってもマイナビジョブ20’sであれば、求人が見つかることでしょう。

東京・大阪・名古屋に拠点

日本全国の求人を持ってはいますが、拠点は東京・大阪・名古屋の3箇所です。

地方在住の場合は電話やネットを利用してのリモートでの転職サポートとなります。

\公式サイト/

就職Shop

登録企業件数 10,000件以上
拠点 新宿・銀座・北千住・横浜市・さいたま市・千葉市・西東京市・大阪市・京都市・神戸市
メインユーザー ニートフリーター

紹介された求人は全て面接に進めるという画期的なサービスを展開。

履歴書に自信がない、面接まで行けばどうにかしてみせる!という方には就職Shopが向いています。

ニートフリーターなど社会経験がない20代がメインユーザー

就職Shopは第二新卒でも対応ができますが、そのサービスはニート、フリーターに向いています。

保有している求人は就職Shopのスタッフが実際に足を運んで取材をしていますので、あなたが入社した後にどんな感じで働くのかイメージがしやすくなります。

このサービスは特に社会経験の無い方にとっては大きな安心となります。

首都圏・関西圏の求人を中心に保有

就職Shopの拠点は首都圏と関西圏。

そして扱っている求人はこれらの拠点の周辺の企業です。

拠点周辺の求人を扱っていることから就職Shopと扱っている求人の企業のネットワークがあることが予想されます。

履歴書不要でいきなり面接

また先述の通り履歴書不要でいきなり面接に進めるので、社会経験がなくても経歴に自信がなくても正社員になれるチャンスが十分にあります。

同じようなサービスを展開している就職・転職エージェントはいくつかありますが、紹介してもらった前求人が面接に進めるというのは当サイトが調べた限り、就職Shopのみ。

人物重視で見てくれるので、チャンスが広がります。

\公式サイト/

\公式サイト/
有効求人倍率が急上昇中!業界最大手リクルートエージェントへの登録はお済みですか?
無料登録はこちら!
\業界最大手!/
リクルートエージェントに無料登録