リクルートエージェント

もう無理!リクルートエージェントの担当者の変更方法|しつこい、うざい、使えないキャリアアドバイザーを変更する前に知るべき3つのこと

【2021年9月の転職市場動向】

9月はワクチン接種率が50%を超え、感染率がダウンし、消費意欲が一気に爆発することが予測されています。

多くの業界で業績が回復し、株価も上昇していくことでしょう。

コロナ禍で勝ち組となった企業はこの状況を見据えて、人材確保に躍起になっています。

特に20代〜35歳向けの優良求人が激増しており、コロナ禍になって最大の転職チャンス。

10月になると採用枠が埋まることが予測されるので、今のうちにあなたに合った転職エージェントに登録をして求人を紹介してもらいましょう!

就職Shop
正社員経験無しの20代向け
首都圏・関西圏に強い。
・紹介された求人は全て書類選考無しで面接に進める

マイナビジョブ20’s
正社員経験3年以下の20代向け
首都圏・東海圏・関西圏に強い
入社後数ヶ月の利用者も多い

リクルートエージェント
正社員経験3年以上の社会人向け
日本全国に強い
・求人件数業界最多

※どのサービスもリモートカウンセリングを実施しているため、家にいながら短時間で転職活動の第一歩を踏み出すことができます!

サイト管理人
サイト管理人
こんにちは!専門商社の人事部で10年以上責任者として勤務し、100名以上の採用に関わってきたサイト管理人です!
  • リクルートエージェントの担当者変更方法を確認してから登録したい!
  • リクルートエージェントのサービスや求人はいいんだけど、どうしても担当者と合わないから変更したい!
  • 担当者を変更しても状況が変わらなかったらどうしよう…

本記事はこのような悩みを持つあなたのために、リクルートエージェントの担当者変更方法、担当者変更をする前にしるべきことなどについて徹底的に語り尽くします。

最後まで読めば、迷いが晴れて、転職に向けて突っ走ることができますよ!

リクルートエージェントの担当者(キャリアアドバイザー)変更方法

担当変更を申請する場合はリクルートエージェントのホームページにある「お問い合わせ」から申請を行うと2営業日以内に回答が来ます。

実際に担当者に変更を伝えなくてもいいので、気まずくなくて良い仕組みですね。

>>担当変更の方法が分かったのでリクルートエージェントに登録する

【お問い合わせフォーム】

もし前の担当者者(キャリアアドバイザー)に一言伝えたい場合のメール例文

やむを得なく担当変更した場合には前任者に一言連絡したい場合もあるでしょう。

そのような場合は、メールで感謝の気持ちを伝えると良いと思います。

伝えるべきことは、以下の3つです。

  • 担当変更の意思
  • 担当変更の理由
  • 感謝の気持ち

参考までにメールの例文を記載しておきます。

件名:担当者変更申請の件
本文:
株式会社リクルート(担当者名)様

お世話になります。(あなたの名前)でございます。

大変申し上げにくいのですが、担当者変更を申請したのでご報告させていただきます。

(担当者名)様にはご熱心に対応していただいたことは重々承知致しておりますが、私が期待しているサービスとご提供いただいているサービスに乖離があるため、大変恐縮ではありますが担当変更を申請させていただくこととなりました。

詳細につきましては「お問い合わせ」に記載させていただきます。

何卒ご理解、ご了承いただけますようお願いいたします。

(担当者名)様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

よろしくお願いいたします。

(あなたの名前)

リクルートエージェントの担当者者(キャリアアドバイザー)を変更する前に知るべき3つのこと

担当者の変更を実行してしまうと後戻りすることはできません。

担当者の変更を実行する前に押さえておくべきことを3つにまとめました。

担当変更する基準を考えておく

担当者を変更するというのは余程の状況ですよね。

「担当者を変更する!」という最後の決断をするのも難しいと感じる場合もあるかもしれません。

そこで担当者に違和感を感じたら、担当変更を申請する基準を数字を使って自分なりに考えておきましょう

  • カウンセリングで伝えた内容がマッチしていない求人をあと3件以上紹介してきた場合
  • レスポンスが1営業日以上遅れることがあと3回以上あった場合
  • 言葉使いや態度などでどうしても受け入れられないと強く感じることがあと3回以上あった場合

などです。

後で詳しく解説しますが、担当変更する際は次の担当者に伝えることを明確にする必要があります。

そして担当変更の際には、次の担当者に求めることを具体的にリクルートエージェントに伝えないと、また合わない担当者に当たってしまうかもしれません。

担当者変更をする基準を数字を使って基準かしておくと、リクルートエージェントに担当変更の理由と次の担当者に求めることがより具体的に提示することができます。

担当変更申請しても代わりの担当者(キャリアアドバイザー)がいない可能性がある

担当者変更申請を実行する前に、代わりの担当者がいるか確認をしておきましょう。

もしあなたが住んでいる地域が地方だった場合、または転職する業界や職種が非常にニッチな場合は、十分な数の担当者がおらず、担当変更ができない可能性があるためです。

担当変更申請したものの、今の担当者以外に対応できる人がいない、という状況になると、担当者と気まずくなって以後の活動に支障がでてくるかもしれません。

リクルートエージェントのホームページには27名人の担当者が紹介されているので、変更前にあなたに合った担当者がいるか調査ができます。※2021年8月14日調べ

おそらくはホームページに掲載されていない担当者もいるものと予想されます。

ホームページで確認ができない場合は、お問い合わせフォームから、あなたが転職を希望する地域・業界・職種に詳しい担当者が複数人いるかを確認してみましょう。

複数の転職エージェントを2つ以上併用する

転職エージェントは自分が管理できる範囲であれば何社登録しても構いませんので、リスクヘッジのためにももう1社に登録をしておきましょう。

リクルートエージェントの担当者を変更しても、同じ会社の担当者ですので他どうしても前の担当者と似通っている部分があります。

そこで運営会社が違う転職エージェントを利用すれば、全く別の社風で育った方に担当してもらうことができるので、違う対応が期待できます。

\リスクヘッジ!/

参考までにリクルートエージェントにはない特徴を持った転職エージェントをご紹介しておきます。

自分に合いそうだと思えば登録を検討してみてください。

ただ登録する数はリクルートエージェントを入れても最大3つです。

4つ以上になると4人の担当者とやりとりをすることになり、管理できなくなる可能性があります。

マイナビエージェント
20代後半〜30代を得意とする転職エージェント。「今の業界や会社ではないところでゼロから頑張りたい!」「駆け出しではあるけど更なる高みを目指してキャリアアップ転職したい!」という方に向いています。

パソナキャリア
47都道府県全てに拠点があり地方の転職に強い大手。年手アップ率67.1%を公表しており、年収アップしたいのであれば登録必須。

JACリクルートメント
ハイクラス専門の転職エージェント。日本全国9都市に拠点、海外11カ国に関連会社があり、グローバルな転職が可能。

マイナビジョブ20’s
社会人になって3年以内の第二新卒の20代専門の転職エージェント。仕事の実績はさほど必要とせず、ビジネスマナーを身につけてやる気のある20代向け。

就職Shop
紹介してもらった求人は全て面接に進むことができる。フリーターやニートなど社会経験が少ない、もしくは社会経験が無い20代向け。

リクルートエージェントの担当者(キャリアアドバイザー)を変更する際に気をつけること

全章の「リクルートエージェントの担当者を変更する前に知るべき3つのこと」を踏まえた上で、担当者の変更を実行するのであれば、この章に書いておあることを意識してみてください。

あなたの転職がいい方向に加速するはずです。

次の担当者者(キャリアアドバイザー)で転職完了までたどり着くと決意する

担当者の変更は2回でも3回でもできますが、変更が多いとあなたにとっては時間のロスとなります。

担当者の変更をしたら、人間関係をまた1から作り直さないといけませんからね。

あなたの目的は、転職を成功させること。

あなたに合った担当者に巡り会うことではありません。

担当者の変更グセがついても嫌ですし、正直担当者は転職が終わって数年〜10年もしたら顔も忘れてしまいます。

ただでさえ時間と手間のかかる転職活動。

できれば1人目の担当者で転職でたどり着きたいものです。

それでもどうしても担当者変更という結論に辿り着いたのであれば「次の担当者で絶対に転職を完了させる!」という強い意志を持ちましょう。

次の担当者者(キャリアアドバイザー)に求める知識や人物像について具体的に伝える

担当変更の際は、お問い合わせフォームに前任者の合わなかった点や、次の担当者に求める点を具体的に記載するようにしましょう。

担当者が変わったもののまた同じような担当者が付いてしまったり、前任者よりも合わない担当者に変更されてしまっては元も子もないからです。

【後任者に求めることの例】
・あなたの転職したい企業・業界・職種・地域の専門的な知識と経験があること
・1営業日以内のレスポンス
・落ち着いた雰囲気の方

前任者については決して悪口は書かず「期待していたサービスと乖離があった」という表現にしておくことをお勧めします。

リクルートエージェントに次の担当者に求めることについて伝えることで、リクルートエージェントは最もあなたに相応しいと考える担当者を付けてくれます。

もうこれで合わなければ次はないと考え、転職活動を一気に終わらせてしまいましょう。

担当者を変更しても状況が変わらないのであれば退会を検討する

2人目の担当者で転職すると心に決めて、リクルートエージェントに次の担当者に求めることを伝えてもどうしてもあなたに合わない担当者がきた場合は退会するほかありません。

2回目の担当者変更にを実施したとしても、リクルートエージェント側にも心象は良くありませんし、3回目も合わない担当者が来たらそれはもう担当者ではなくリクルートエージェントと合わないという可能性が高くなります。

リクルートエージェントの退会は退会専用フォームから退会することができますので、担当者に直接伝える必要はありません。

退会についてはこちらの記事で詳細に解説しています。

スクショで解説!リクルートエージェントの退会方法|個人情報削除・再登録方法も解説! 直接担当者に連絡する必要がないのがいいですね! 個人情報の削除は別途申請する必要があり、再登録は最初に登録した時と同じ手順...

リクルートエージェントの担当者者(キャリアアドバイザー)に関する口コミ評判

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーに関する悪い口コミ評判は、他社に比べて極めて集まりにくかったです。

ここに掲載する悪い口コミは1〜2ヶ月に一件有るか無いかというペースで集まったもので、リクルートエージェントの担当者に満足している人が多いことが予想されます。

Hさん 28歳
Hさん 28歳
電機メーカー 営業職 →
自動車部品メーカー 営業職

3つ転職エージェントに登録しましたが、リクルートエージェントのカウンセリングではすでに登録した内容を口頭で確認するような時間が長く、カウンセリング前に私の登録内容を見てくれていなかったのかなと感じました。

出てきた求人も年収などは悪くないのですが、労働条件や勤務地がどれも今ひとつでした。

他の転職エージェントでは、私が事前に送った職務経歴書をよく読んでくださっていたようで、カウンセリングはリクルートエージェントに比べると濃密な時間に感じました。

出てきた求人も、どれも良くて迷うほどでした。

サイト管理人
サイト管理人
リクルートエージェントには珍しいレベルの低さですね。

カウンセリング開始までに登録内容に目を通しておいてくれなければ、面談の内容が希薄になってしまいます。

もう1社に登録をしてリスクヘッジしておいたのが吉と出ましたね!

Sさん 25歳
Sさん 25歳
女性のキャリアアドバイザーでとても良くしてくださったのですが、私が転職を希望する業界についてはそこまで詳しくはありませんでした。

もちろん全体像などは把握されているのですが、業界特有の慣習やごく最近の動きなどに関しては他社の方が良くご存知でした。

担当の変更も考えたのですが、申請するのが申し訳なく思い、申請をせずにいたところで、他社での選考が進み、他社経由で転職しました。

サイト管理人
サイト管理人
Sさんの担当者は経験かスキル、もしくはその両方が不足していたようですね。

こちらも他社に登録をしておいてよかったパターンです。

他者にも登録をしておけば転職という目標を見失わないで済みますね!

リクルートエージェントの担当者者(キャリアアドバイザー)変更方法まとめ

リクルートエージェントで担当変更する場合は、ネット上から問い合わせフォームに担当変更申請をするだけでOK。

担当者に直接伝える必要がないので、ストレスなく変更することができます。

担当者変更際にはあらかじめ担当者変更をする基準を決めておき、代わりの担当者がいることを確認し別の転職エージェントへの登録も検討しましょう。

担当変更を実行する際には、2人目の担当者で転職を成功させると心に決め、後任担当者に求めることをリクルートエージェントに伝え、それでも合わない担当者に当たってしまった場合には退会することをお勧めします。

リクルートエージェントと併用して相乗効果のある転職エージェント

リクルートエージェントは転職エージェント業界で最多の求人件数を誇り、担当者も優秀です。

よってリクルートエージェントを利用することが転職成功への近道であることは間違いありません。

しかしながら担当者との相性というのはどうしても発生します。

転職エージェントによって社風も異なりますし、どの転職エージェントがあっているのか、どこの担当者があなたにあっているのかは実際に登録をして利用をしてみないと分かりません。

また2つ以上の転職エージェントを利用する際は、登録時期はなるべく近い時期の方が比較がしやすくなるのでお勧めです。

こちらではリクルートエージェントと併用をすると相乗効果のある転職エージェントを厳選しました。

もし自分に合っていると感じた転職エージェントがあれば登録することを検討してみてください。

マイナビエージェント

求人件数 57,895件
拠点 東京都・横浜市・札幌市・仙台市・名古屋市・京都市・大阪市・神戸市・福岡市
メインユーザー 20代30代

マイナビエージェントは総合型転職エージェントで、幅広い年収の求人を扱っていますが、どちらかというと年収300万円〜400万円台あたりの求人の割合が多くなっています。

キャリアアップというよりかは、未経験で異業界や移職種への挑戦というような方に向いています。

20代30代に特化

マイナビエージェントは大手の中でも20代30代に特化しています。

特に社会人になって3年以上で、ビジネスマナーを身につけており、仕事も一通り1人でできる人に向いています。

専門的な経験やスキル、人脈を持っている人にはちょっと物足りないかもしれません。

全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有

マイナビエージェントは総合型転職エージェントのため全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有しています。

特にホワイトカラーの求人が多く、各業界の営業職や事務職、またITエンジニアの求人が充実しています。

全国9都市に拠点

北海道と北関東以外の地域はほぼ拠点があります。

また首都圏はリクルートエージェントに比べると少ないですが、東京に拠点が2つありそこで管理しています。

拠点がない地域では、他の大手転職エージェントの方が良いでしょう。

\公式サイト/

パソナキャリア

求人件数 36,165件
拠点 47都道府県に各1箇所以上
メインユーザー 全年代

大手転職エージェントの中では求人件数が少なくなりますが、年収アップ率67.1%と拠点の多さで存在感を出している転職エージェントです。

現在の年収が300万円〜400万円台で年収アップを考えているのであれば、パソナキャリアが向いています。

年収アップ率67.1%

大手で年収アップ率を公表しているのはパソナキャリアのみです。

3人に2人以上が年収アップしているというのはかなり心強いですね。

しかし高年収に限るとリクルートエージェントの方が総求人件数は多いので、ハイクラス転職なのであればリクルートエージェントへの登録も必須です。

47都道府県全てに拠点

パソナキャリア最大の特徴は47都道府県全てに1箇所以上の拠点があることでしょう。

面談場所は東京・大阪・名古屋・静岡・広島・福岡の5箇所ですが、運営会社の拠点が日本全国にあることで、大手企業の各拠点や地元企業とのネットワークもより構築しやすいことが想像されます。

特に他の大手が拠点を持っていない地域での求人には期待が持てます。

全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有

パソナキャリアも他の大手転職エージェントと同じく全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有しています。

特に首都圏・関西圏・東海圏などの都市部を中心に、ホワイトカラーの20代30代向けの求人が多くなっています。

この傾向はどの転職エージェントでも一緒です。

パソナキャリアも他社と同じく求人検索機能があるので、まずは自分の希望する領域の求人が豊富にあるそうかどうかを確認しておきましょう。

\公式サイト/

JACリクルートメント

求人件数 11,431件
拠点 東京都・さいたま市・横浜市・名古屋市・静岡市・大阪市・京都市・神戸市・広島市、アジア8ヵ国・イギリス・ドイツ
メインユーザー 全年代

JACリクルートエーメントはハイクラス転職の老舗。

リクルートエージェントに紹介してもらった求人が物足りなかったという方におすすめです。

ハイクラス求人だけで1万件以上!

一般的なハイクラス専門の転職エージェントは、特定の業界・職種・地域に特化しているが故に求人件数は多くないのですが、JACリクルートメントはハイクラス求人を包括的に扱っています。

特定の業界のみでのキャリアアップしか考えていない方に、思いも寄らない業界でのハイクラス求人が紹介されることもあります。

日本全国に拠点

ほぼ全てのハイクラス専門の転職エージェントは関東、それも東京にしか拠点がありませんが、JACリクルートメントは日本全国9都市に拠点があります。

そのため東京以外でのハイクラス求人も豊富に取り揃えられています。

世界10ヵ国に拠点

JACリクルートメントは海外拠点も豊富にあるため、海外への転職も可能です。

求人は外資系企業はもとより、日系グローバル企業まで豊富に取り揃えられています。

\公式サイト/

マイナビジョブ20’s

求人件数 2,300件
拠点 東京・大阪・名古屋
メインユーザー 第二新卒

マイナビジョブ20’sはマイナビエージェントと同じくマイナビグループ。

その名前の通り20代、特に入社3年以内の第二新卒がメインユーザーです。

入社3年以内の第二新卒がメインユーザー

メインユーザーはマイナビエージェントと多少重複する部分もあるのですが、マイナビジョブ20’sが特にメインとしているのが入社3年以内の第二新卒です。

ニートやフリーターに合う求人もあるのですが、ニートフリーターはまたそれ専用の就職エージェントがあります。

入社した会社で各種研修やOJTなどをして、多少なりとも1人で仕事をした経験がある20代の方に向いています。

全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有

第二新卒など社会経験の少ない20代向けの転職エージェントの多くは東京や大阪などの都市部の求人を集中して持っている場合が多いのですが、マイナビジョブ20’sは日本全国の第二新卒向け求人を持っています。

たとえ地方での転職であってもマイナビジョブ20’sであれば、求人が見つかることでしょう。

東京・大阪・名古屋に拠点

日本全国の求人を持ってはいますが、拠点は東京・大阪・名古屋の3箇所です。

地方在住の場合は電話やネットを利用してのリモートでの転職サポートとなります。

\公式サイト/

就職Shop

登録企業件数 10,000件以上
拠点 新宿・銀座・北千住・横浜市・さいたま市・千葉市・西東京市・大阪市・京都市・神戸市
メインユーザー ニートフリーター

紹介された求人は全て面接に進めるという画期的なサービスを展開。

履歴書に自信がない、面接まで行けばどうにかしてみせる!という方には就職Shopが向いています。

ニートフリーターなど社会経験がない20代がメインユーザー

就職Shopは第二新卒でも対応ができますが、そのサービスはニート、フリーターに向いています。

保有している求人は就職Shopのスタッフが実際に足を運んで取材をしていますので、あなたが入社した後にどんな感じで働くのかイメージがしやすくなります。

このサービスは特に社会経験の無い方にとっては大きな安心となります。

首都圏・関西圏の求人を中心に保有

就職Shopの拠点は首都圏と関西圏。

そして扱っている求人はこれらの拠点の周辺の企業です。

拠点周辺の求人を扱っていることから就職Shopと扱っている求人の企業のネットワークがあることが予想されます。

履歴書不要でいきなり面接

また先述の通り履歴書不要でいきなり面接に進めるので、社会経験がなくても経歴に自信がなくても正社員になれるチャンスが十分にあります。

同じようなサービスを展開している就職・転職エージェントはいくつかありますが、紹介してもらった前求人が面接に進めるというのは当サイトが調べた限り、就職Shopのみ。

人物重視で見てくれるので、チャンスが広がります。

\公式サイト/

\公式サイト/
有効求人倍率が急上昇中!業界最大手リクルートエージェントへの登録はお済みですか?
無料登録はこちら!
\業界最大手!/
リクルートエージェントに無料登録