パソナキャリア

パソナキャリアは第二新卒に強い!?口コミ評判まとめ

パソナキャリアは求人件数業界第3位の大手の総合型転職エージェントです。

業界第3位ということは1位か2位を利用したほうがいいのでは!?と思いますが、パソナキャリアの強みは年収アップ率67.1%。

第二新卒で年収アップを狙いたい人はパソナキャリアを利用しましょう。

パソナキャリアの第二新卒向け未経験可の求人は約700件

パソナキャリアの第二新卒、未経験向けの求人は以下の通りです。

求職者属性 求人件数
第二新卒 1,293件
未経験可 6,315件
第二新卒
未経験可
763件

※2019年1月30日調べ

パソナキャリアの求人は5万件以上であり、メインユーザーは20代〜30代の一般転職層のため全体からすると第二新卒向けの求人は少なく見えます。

しかし第二新卒にターゲットを絞ったマイナビジョブ20’sの求人数が1,500件以上で第二新卒エージェントneoも公表している求人数は数百件であることを考えると件数としては少なくはないでしょう。

求人件数5万件を抱える総合型転職エージェントであるが故に第二新卒向けの求人の割合は少なくなる、というのが正確な表現です。

また一般求人も抱えているパソナキャリアは社会経験豊富な求職者から社会経験が少なくともポテンシャルのある第二新卒まで幅広く転職を求めている企業からの求人も存在します。

これは第二新卒に特化している転職エージェントでは獲得が難しい求人ですね。

パソナキャリアを利用した第二新卒者からの評判

Uさん 25歳 男性
Uさん 25歳 男性
入社して2年間何の問題も疑問もなく働いていました。

しかしある日、大学の同級生と飲んでいた時にお互いの年収の話になった時に状況が変わります。
みんな「年収は300万ちょいかな」とか「350万円かな」とか言っていたのですが、自分の年収を把握していなかった私は話を合わせて自分の年収を「300万ちょっと」と言っておきました。

年収という言い方はあまり言い慣れていなかったので年収という言葉を口にした時に違和感があったのを覚えています。

しかし家に帰ってから自分の年収を確認して愕然とします。

250万円だったのです。

月平均にすると20万8千円。

確かにそんなものでした。

いつも所属の部長が赤字赤字と言っておりボーナスはありません。

それから私は年収に関して調べまくりました。

dodaのサイトには世代、業界、職種ごとの年収が書いてあり、いずれも平均以下、というか最低値でした。

転職後に厚生労働省の調査が適切でなかったと大きなニュースになったので、何が本当かは分かりませんが。

調べている過程でdodaに登録。

その後年収アップ率67.1%を好評するパソナキャリアにも登録をして転職活動を開始しました。

doda、パソナキャリアのキャリアアドバイザーから言われたのは、「Uさんの年収は確実に上がります。」

嬉しかったですが、それは私がどこに転職しても年収が上がるほど今の年収が悪いことを示していました。

dodaの事務所で会社説明会を受けたり、両キャリアアドバイザーから紹介してもらった求人に応募したりの日々が始まりました。

その最中にいかに自分が就職活動を不真面目にやっていたかを認識させられました。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーからは「ビジネスマナーがなっていない」と率直に指摘があり、本を読んだりユーチューブを見たりしてビジネスマナーを徹底的に学びなおしました。

すると面接の通過率が上がりました。

パソナキャリアから紹介してもらったM&Aのコンサルタントを行う会社より内定が出ました。

ビジネスマナーもろくにできていなかった私がコンサルタントとは自分でも笑ってしまうような転身ですが、パソナキャリアのキャリアアドバイザー曰く「ビジネスマナーを指摘してから日々の成長が見られた」と言われたのが嬉しかったです。

入社後に上司からは、「Uさんは第二新卒でビジネスマナーを勉強中だが、経歴と人柄が御社にあっている」と紹介されたそうです。

どれだけビジネスマナーができないのかなと思って面接したら、付け焼き刃なのはすぐ分かったが短期間で必死に勉強して身につけたのであろうと感じることができ、必要に応じて短期集中で物事を身につける力を評価した部分もある、とのことでした。

年収はまさかの100万円近くアップ。

前職は給与以外は悪くなかったと思いますが、悪いように言えば安く使われていたのかもしれません。

年間100万円の違いは大きく、転職していなかった自分との差はこれからどんどん開いていくと思われます。

Tさん 24歳 男性
Tさん 24歳 男性

平日の晩も土日も無い仕事仕事の毎日が入社以来ずっと続いていましたが、入社2年目に友人の誘いや彼女も作れない日々にこれでいいのかと自問自答するようになりました。

仕事は楽しいのですが、一生この状態で満足かと言えば満足とは自分で答えられなかったのです。
周りの友人は連休にキャンプに行ったり、海外に行ったり、彼女と遊んだりしています。

正直なところ遊びよりも彼女が欲しかったです。

彼女がいる同期もいましたが、私はこれだけ時間がない中でどうやって彼女を作っていいのか全くわかりませんでした。

まず出会う時間すらありませんし、出会ってもデートを重ねることができません。

同期は出会ってすぐ付き合ったなどと言っていましたが、そんな付き合い方は私にはどうしても理解できませんした。

一生今の会社だと仮に彼女ができても遊ぶことすらロクに出来ません。

転職当時はワークライフバランスだなんだと色々言って転職活動していましたが、今こうして文字化したら私は彼女が欲しかったから転職したんだとハッキリ認識しました。笑

まず在職中にリクルートエージェントに登録。

平日の晩にカウンセリングをしてもらって色々教えてもらいました。

しかし転職活動は在職しながらでは出来なかったので、リクルートエージェント のキャリアアドバイザーからはお勧めできないと言われながらも思い切って退職。

パソナキャリア、マイナビジョブ20’sにも登録して転職活動の日々が始まりました。

仕事づくしの日々からすると転職活動の日々はものすごく時間を持て余しました。

無職ってやることないんですね。

激務が嫌だったのに早く働きたい、と焦る気持ちになり転職活動を加速。

マイナビジョブ20’sの求人は時間の余裕がある求人もありましたが給与面であまりいいのが見当たらず、途中からリクルートエージェントとパソナキャリアに絞って転職活動を行いました。

パソナキャリアに紹介してもらった求人の中で製薬会社のMRに興味を持ち、応募しました。

私の出身学部が薬学部であることと営業経験が2年あることからパソナキャリアのキャリアアドバイザーが紹介してくれたのでした。

MRもそれなりに激務とは聞いてはいましたが、まだ入社間もないからか正直前職と比べると大したことはないと感じています。

これから毎週末は彼女作りです。笑

パソナキャリアと一緒に利用すべき転職サイト

総合型転職エージェントは一般転職に加え第二新卒の求人も豊富に揃えています。

転職エージェント名

特徴

リクルートエージェント 求人件数No.1転職エージェント
面接力向上セミナーなど第二新卒向けサービスがも充実
doda 求人件数No.2転職エージェント
年収査定、レジュメビルダーなどのサービスが充実
エンエージェント 総合型転職エージェントの中では求人件数は少ない
転職後のアフターフォローが充実

第二新卒特化型転職エージェントはすべて第二新卒向けの求人です。

転職エージェント名

特徴

JAIC 無料の就職支援講座を受講できる
マイナビジョブ20’s 様々な転職サービスを展開するマイナビグループの中で第二新卒を専門にする転職エージェント
第二新卒エージェントneo 第二新卒、フリーター、ニートなどの20代前半の求職者を専門にする転職エージェント

まとめ

第二新卒は未経験業界に転職できる最大のチャンスです。

なぜならまだ20代半ばと社会経験の少ない第二新卒は実績よりもポテンシャルを重視されるからです。

第二新卒はビジネスマナーさえ身についていれば、あとは誠実・謙虚・熱意でポテンシャルをPRしましょう。

あなたの転職活動がうまくいくよう祈っています。

※パソナキャリアの求人などについては「年収アップに自信あり!『パソナキャリア』の特徴、評判、口コミは!?求人の質と年収について37人に聞いてみた」にまとめています。

\公式サイト/
有効求人倍率が急上昇中!業界最大手リクルートエージェントへの登録はお済みですか?
無料登録はこちら!
\業界最大手!/
リクルートエージェントに無料登録