マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’sを退会したい!再登録方法についても解説!

今年の7月は今年最大の転職チャンスになっています!

なぜなら今までで最もコロナが明けてきた雰囲気があり、転職市場も盛り上がっているから。

今求人を出している企業はコロナ禍で勝ち組となった企業のため、安定した企業に就職できる可能性が高いくなっています。

特に20代〜30代前半の人材の取り合いになっておりリクルートエージェントに優良求人が溢れています。

求人を紹介してもらったら、あとは今の会社と条件を見比べるだけ。

条件を見てみないことには、あなたが本当に転職活動を本格化させるどうかの最終判断もできないじゃないですか!

また感染が拡大したら転職市場が冷え込んでしまうかもしれません。

今すぐ求人を確認して、本当にあなたが転職する価値があるのかを見極めましょう!

>>今すぐリクルートエージェントに優良求人を紹介してもらう!

マイナビジョブ20’sの退会方法を知ってから登録したい!
マイナビジョブ20’sを利用しているけど、すぐにでも退会したい!

マイナビジョブ20’sは退会すべき時に退会をしなければ、不要なメールや電話などが来て時間を無駄にすることになってしまいます。

私は500を超える転職サービスの利用方法を調査してきました。

そこで本記事ではマイナビジョブ20’sの退会方法と再登録について詳しく解説します。

最後まで読めば、より安心してマイナビジョブ20’sを利用できるようになります。

マイナビジョブ20’sを退会する方法

マイナビジョブを退会するためには退会フォームに必要事項を記入し送信をします。

気まずく退会しないために

もしかしたらまたマイナビジョブにお世話になる可能性があるかもせれません。

退会する際にはお世話になった担当者のキャリアアドバイザーに退会する旨と謝意を電話で伝えるようにしましょう。

退会フォームにも退会の理由を記載する項目がありますが、担当者にも同様の理由を伝えるようにしましょう。

普段からコンタクトを密にしておくと、退会の際の気まずさを和らげることができます。

タイムリーに転職の進捗と気持ちを伝えておけば、退会の際に極端に驚かれることはないでしょう。

  • 他の転職エージェント経由で紹介してもらった求人が最終面接まで進んでおり、内定が出たら決めるつもりでいる
  • 転職すること自体をやめようかと思い始めている

最後に連絡を取った時には、「こんな求人があったら紹介してください!」と言っていたのに一週間後に「他で内定が出たので退会します!」では担当者報われません。

>>退会方法が分かったのでマイナビジョブ20’sに登録する

マイナビジョブ20’sを退会した後に再登録できるの?

マイナビジョブ20’sを退会した後でも、再度登録を行えばまた利用することができます。

登録は数分で終わる作業ではありますが、二度手間には変わりありませんので、対先する際には近い将来マイナビジョブ20’sを使うことが本当にないのかをよくよく考えましょう。

マイナビジョブ20’sを退会した後も転職活動をつつけるのであれば!

マイナビジョブ20’sを退会した後も転職活動を続けるのであればウズキャリです。

以下の3点においてウズキャリの方がマイナビジョブ20’sよりも優れています。

  • 担当者が全員元既卒か第二新卒
  • 個別サポートと集団サポートを選択できる
  • 自社基準でブラック企業を徹底排除


マイナビジョブ20’s自体は2011年から始まった比較的新しいサービスですが運営会社は1973年設立のマイナビグループが運営しています。

一方ウズキャリは2012年設立の(株)UZUZが運営する転職エージェントで今までにない新しいサービスを提供しています。

その一つが担当者が全員元既卒か第二新卒であるということ。

担当者がウズキャリに登録している求職者と同じ状況を経験していることから、より親身で悩みに共感してもらえるサポートが期待できます。

また個別サポートと集団サポートが選択できるのもウズキャリの特徴。

集団サポートを選択すれば転職仲間ができます。

さらに自社の厳しい基準を元にブラック企業の求人を徹底排除するとも公表しています。

マイナビジョブ20’sで良い求人が見つからなかったり、サポートが自分に合わなかったと感じた人はウズキャリを試してみてください。

ベンチャー企業のサービスであるウズキャリであれば、いまいち前に進まなかった転職活動が一気に進んでいきますよ!

ウズキャリ
公式サイト

ボーナス前の7月はライバルが少なく優良求人が多い!
マイナビジョブ20's
7月はライバルが少なく優良求人が多い!
公式サイト