enエージェント

メール例文付|エンエージェントを退会できない!?退会・個人情報削除・再登録方法を解説!

【2021年9月中旬以降の転職市場動向】

9月中旬になりワクチン接種率が50%を超え感染者数も減少していることから、10月以降に消費意欲が一気に爆発することが予測されています。

多くの業界で業績が回復し、株価も上昇していくことでしょう。

コロナ禍で勝ち組となった企業はこの状況を見据えて、人材確保に躍起になっています。

転職エージェントでも勝ち組と負け組ははっきりと分かれており、特に最大手のリクルートエージェントにはコロナ以前と同等の求人件数が戻っています。

特に20代〜35歳向けの優良求人が激増しており、コロナ禍になって最大の転職チャンス!

10月になると採用枠が埋まることが予測されるので、今のうちにリクルートエージェントに登録することを検討してみてください。

\公式サイト/

※リモートカウンセリングを実施しているため、家にいながら短時間で転職活動の第一歩を踏み出すことができます!

サイト管理人
サイト管理人
こんにちは!専門商社の人事部で10年以上責任者として勤務し、100名以上の採用に関わってきたサイト管理人です!
  • エンエージェントの退会方法を知ってから登録したい!
  • エンエージェントを今すぐ退会したい!
  • エンエージェントを退会した後に利用すべき転職エージェントを知りたい!

本記事はこのように考える方のために、エンエージェントの退会方法について解説、退会する前に知っておくべきことや、エンエージェントの退会理由、エンエージェントを退会した後に利用すべき転職エージェントなどについて徹底解説します!

\まずは結論!/

エンエージェントの退会方法、退会専用フォームなどはホームページで確認することができませんでした。

よって担当者にメールか電話で退会申請することで退会できるものと予想します。

あらかじめ退会方法を知っておけば、安心してエンエージェントを利用することができますね。

エンエージェントを利用するにしろ、エンエージェントを退会するにしろ、2つ以上の転職エージェントに登録をしておくのは転職活動の基本。

ここからはエンエージェントと一緒に利用して相乗効果のある転職エージェント、エンエージェントにはない特徴を持っており退会後に利用すると良い転職エージェントを厳選しました。

複数の転職エージェントに登録をすると、多角的に様々な情報を効率よく集めることができます。

自分に合っていると思えば登録することを検討してみてください。

リクルートエージェント
・業界最多の求人件数
・全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有
・全国16都市に拠点
マイナビエージェント
・20代30代に特化
・全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有
・全国9都市に拠点
パソナキャリア
・年収アップ率67.1%
・全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有
・47都道府県全てに拠点
マイナビジョブ20’s
・入社3年以内の第二新卒がメインユーザー
・全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有
・東京・大阪・名古屋に拠点
就職Shop
・ニートフリーターなど社会経験がない20代がメインユーザー
・首都圏・関西圏の求人を中心に保有
・首都圏と関西圏に拠点

エンエージェントの退会方法

エンエージェントの公式ホームページには、退会の方法についての記載がありません。

退会専用のフォームなどがある場合は、そのことをホームページに記載する転職エージェントが多いことから、退会専用のフォームなどは無いものと予想します。

公式ホームページの問い合わせフォームで退会の申請を行うこともできますが、記録に残すためにもメールで退会申請をすることを推奨します。

メールで退会する場合

メールで担当者に退会申請する場合は、退会の理由を正直に伝え、個人情報の削除の申請を行うと同時に、転職活動をサポートしてくれたことに対しての感謝を伝えましょう。

参考までに退会のメール例文を掲載します。

メール例文①:他の転職エージェント経由で転職が決まって退会する場合

エン・ジャパン株式会社
(担当者名)様

お世話になります。(あなたの名前)でございます。

この度、他の転職エージェント経由にて転職することが決まりましたので、ご報告させていただきます。

つきましてはエンエージェントを退会させていただくと同時に、個人情報の削除をお願いいたします。

(担当者名)様には大変お世話になり感謝しております。

御社経由での転職に至らなかったこと申し訳ございません。

何卒、ご理解ご容赦いただけますようお願い申し上げます。

今後とも(担当者)様のご活躍をお祈り申し上げます。

どうぞよろしくお願い致します。

(あなたの名前)

メール例文②:転職活動をやめて退会する場合

エン・ジャパン株式会社
(担当者名)様

お世話になります。(あなたの名前)でございます。

この度、転職活動を取りやめ今の会社で勤務し続けることを決めましたので、ご報告させていただきます。

つきましてはエンエージェントを退会させていただきたくと同時に、個人情報の削除をお願いいたします。

(担当者名)様には大変お世話になり感謝しております。

転職に至らなかったこと申し訳ないと思っておりますが、どうかご容赦・ご理解いただけますようお願い申し上げます。

また転職を検討する際にはぜひ御社にお世話になりたいと考えておりますので、その際はまたよろしくお願いいたします。

今後とも(担当者)様のご活躍をお祈り申し上げます。

どうぞよろしくお願い致します。

(あなたの名前)

サイト管理人
サイト管理人
伝えるべきことは伝えた上で、ドライな感じにならないように感謝の気持ちも伝えましょう!

電話で退会する場合

電話で退会する場合も伝えることは基本的にメールでの退会申請する場合と一緒です。

  • 退会の意思
  • 退会する理由
  • 個人情報の削除の依頼
  • 担当者とエンエージェントへの感謝の気持ち

電話で話しにくいのであれば、簡単にメモにまとめておいて、それをみながら話をすればスムーズに退会できるでしょう。

しかし電話では退会したエビデンスが残らないため、メールでも退会するとを連絡しておくことを推奨します。

サイト管理人
サイト管理人
エンエージェントの担当者もお仕事なので可能な限り自社経由の転職につなげられるよう食い下がってくる可能性があります。
そのため特に転職理由については「他社経由で転職しようと思います」などではなく「他社経由で転職します。」などとはっきりと言い切ることが大切です。

問い合わせフォームから退会する場合

どうしても担当者に連絡ができない事情がある場合は、問い合わせフォームから退会申請を行いましょう。

問い合わせフォームから退会申請する場合は、問い合わせ内容の中に退会する人の情報を入れる必要があるので、エンエージェントに登録した際の登録内容を記載する必要があります。

問い合わせフォームから退会申請する場合の、例文を記載します。

エン・ジャパン御中

お世話になります。エンエージェントを利用させていただいている(あなたの名前)でございます。

この度他社経由で転職することが決まったため、退会および個人情報の削除を申請させていただきます。

【登録内容】
氏名:(登録した氏名)
電話番号:(登録した電話番号)
メールアドレス:(登録したメールアドレス)

御社経由での転職とならなかったこと申し訳ございません。

どうぞよろしくお願い致します。

(あなたの名前)

サイト管理人
サイト管理人
できれば担当者に直接メールで退会申請をするようにしましょう!

エンエージェントを退会する前に確認すべき3つのこと

退会すること自体はメールを1通送るだけで完了するのでそんなに手間はかかりません。

退会すると万が一後戻りするときに大変ですし、退会以外にも手段があるかも知れません。

ここではエンエージェントを退会する前に確認すべき3つのことについてまとめました。

退会したら再登録が面倒

エンエージェントを退会した後に、またエンエージェントを利用したい、となるとまた1から登録し直す必要があります。

登録作業自体はほんの数分で済みますが、一度入力した内容をまた入力するのは二度手間です。

サイト管理人
サイト管理人
絶対にもう二度とエンエージェントを利用しないと確定している場合のみに退会するようにしましょう。

担当者の変更で対応できないか

エンエージェントを退会したい理由が担当者と合わない、というものなのであれば担当者の変更を依頼してみましょう。

合う合わないというのは理屈ではありませんし、エンエージェントもその辺りは理解しているでしょう。

担当者の変更はなかなか言い出しにくい部分もあるかも知れませんが、目的はあなたの転職を成功させること

そのためにできることは全てやっておきましょう。

サイト管理人
サイト管理人
エンエージェントの担当変更についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
エンエージェントの担当変更方法を解説!しつこい、うざいキャリアアドバイザーを変える前に知るべきポイント 本記事ではエンエージェントの担当変更方法についてお伝えします![/chat] \まずは結論!/ 担当変更依頼の際には...

休会で対応できないか

エンエージェントのホームページには休会というような記載はないのですが、一旦転職活動を取りやめるのであれば退会ではなく休会というような形が取れないか相談をしてみましょう。

半年後・1年後にはまた転職を検討するかも知れない、いい求人が出たら転職活動を本格化したい、という場合などです。

担当者には、また転職活動を再開する気になったらこちらから連絡する、と伝えておけば不必要な電話やメールが届くこともありません。

サイト管理人
サイト管理人
個人情報が残り続けることが気になるのであれば退会した方がいいですね。

エンエージェントを退会する理由ベスト3

当サイトで独自アンケートを実施した結果、以下の3つの理由に大別できました。

それぞれの理由と対処法について解説していきます。

担当者と合わない

担当者と合わなくて退会に至ってしまう方がいるようです。

これは担当者を変更したら問題解決する可能性があるのでちょっと勿体無いですね。

担当者とは合わなくても、エンエージェントの求人やサービス内容はあなたに合っている可能性は十分にあり得ます。

担当者と合わないのであればまずは担当変更を実行しましょう!

サイト管理人
サイト管理人
中には気まずくて不本意ながら音信不通になってしまった方もいるようです。退会するのであればしっかりと退会申請を行いましょう。

サービスが合わない

エンエージェントともう1社以上を利用している方からは、他社のサービスの方が合っていた、優れてたと感じたという方が一定数いらっしゃいます。

エンエージェントも大手人材紹介会社の一角ではありますが、業界のトップクラスのリクルートエージェントなどに比べるとアプリや拠点やセミナーなど、不足しているサービスがあります。

サイト管理人
サイト管理人
エンエージェントよりも大手のサービスと比べると、どうしても物足りないと感じる方は一定数出てくるでしょう。

思うような求人がない

エンエージェントがホームページ上で公開しているのは2,000件代、非公開求人を含めると15,000件と公表しています。

そしてこの求人件数は大手転職エージェントの中では少ないと言わざるを得ません。

最大手のリクルートエージェントは常時20万件以上、業界2位のdodaで10万件以上で、そのほとんどを求人検索することもできます。

そのため、エンエージェントだけを利用して転職活動を行うと、機会を失ってしまう可能性があります。

他の転職エージェントを利用していたらもっと条件の良い企業に転職できていたかも知れない、という可能性を無くすためにも他の転職エージェントにも登録をしておきましょう。

サイト管理人
サイト管理人
求人件数は転職エージェントを利用する上で最も重要といっても過言ではありません。必ず大手にも登録をしておきリスクヘッジをしておきましょう。

エンエージェントの個人情報の削除

個人情報については、退会の申請をした時点で同時に削除を申請しておけば、担当者が削除の手続きを進めてくれます。

もし担当者に連絡が取れないなどの自事情があるのであれば、以下の個人情報に関する専用の問い合わせ連絡先に問い合わせると対応をしてくれます。

参考までにエンエージェントのプライバシーポリシーの個人情報の作事に関する記載を掲載します。

【エンエージェント プライバシーポリシー】

6.プライバシーポリシーの変更
お預かりした個人情報につきましては、個人の権利を尊重し、登録情報の開示、訂正及び削除等を求められた場合は、ご要望に応じた措置を取らせていただきますので、担当コンサルタントへご連絡ください。その他個人情報に関するお問い合わせにつきましては、下記窓口までご連絡ください。
【個人情報に関する問い合わせ連絡先】

エン・ジャパン株式会社 個人情報に関する苦情・相談窓口
E-mail:enagent-info@en-japan.com

また参考までに個人情報に関する苦情・相談窓口宛に個人情報の削除を依頼する場合のメール例文も掲載しておきます。

エン・ジャパン株式会社
個人情報に関する苦情・相談窓口御中

お世話になります。エンエージェントを利用させていただいている(あなたの名前)でございます。

この度、エンエージェントを退会をさせていただきました。

つきましては個人情報の削除を実施していただいた上、完了しましたらご連絡をいただけますようお願い致します。

【登録内容】
氏名:(登録した氏名)
電話番号:(登録した電話番号)
メールアドレス:(登録したメールアドレス)

御社経由での転職に至らなかったこと誠に申し訳ございません。

どうぞよろしくお願い致します。

(あなたの名前)

サイト管理人
サイト管理人
問い合わせフォームから退会や個人情報の削除を行うことは滅多に無いでしょう。
しかし担当者と連絡が取れないなど特殊な事情がある時にもホットラインがあるということはエンエージェントを利用する上での安心感につながります。

エンエージェントの再登録

一旦退会をしても、またインターネットから登録を行えば再度登録することができます。

エンエージェントの再登録は対して時間はかかりませんが、再度登録の作業を行うのは二度手間です。

退会するのであれば、本当に二度と使うことがないのか、よく考えから退会するようにしましょう。

サイト管理人
サイト管理人
一旦転職活動を辞めるのであれば、その通り事情を担当者に伝えれば良いでしょう。
アカウントは消さずにおいて、必要があればあなたから連絡する、と伝えておけば何かしらの対応をしてくれると思います。

エンエージェントの退会時の違約金

エンエージェントを退会するにあたり違約金がかかるという記述や口コミ評判は確認することができませんでした

他の転職エージェントでも、退会に伴って違約金がかかるというようなことは聞い方ことがありません。

結果的に他社経由で転職しようが、転職すること自体を取りやめようが、そのようなことはエンエージェントも想定しているでしょう。

サイト管理人
サイト管理人
自分が選んだ選択を信じて進んでいけばエンエージェントの担当者も応援してくれると思います!

まとめ

エンエージェントの退会方法は明記されていませんでしたが、担当者にメールか電話することで退会できると推察します。

また退会を申請する際には個人情報の削除も同時に申請しておきましょう。

万が一、担当者に連絡ができない状態でも問い合わせフォームより退会申請と個人情報削除申請が可能です。

転職活動を継続するのであればこのサービス!

エンエージェントは転職後のアフターフォローも充実しているのが特徴で、利用者からのいい口コミ評判も多いですが、求人件数が少ないのが玉に瑕。

そもそも転職活動の際には2つ以上の転職エージェントに登録をしておくのは基本中の基本です。

ここからはエンエージェントと一緒に利用して相乗効果の見込める、またエンエージェントを退会した後に利用すると効果のある転職エージェントのを厳選しました。

様々な状況に応じた転職エージェントをご紹介しますので、自分に合っていると思えば登録を検討してみてください。

リクルートエージェント|業界最大手!

求人件数 30万件以上
拠点 東京都・札幌市・仙台市・宇都宮市・さいたま市・千葉市・西東京市・横浜市・静岡市・名古屋市・京都市・大阪市・神戸市・岡山市・広島市・福岡市
メインユーザー 全年代

リクルートエージェントはニートフリーター以外の転職希望者が全て登録すべき転職エージェント

全業界・職種・年代・地域向けであらゆる年収帯の求人を保有しています。

多くの正社員転職者はリクルートエージェントを軸に必要に応じて自分に合った転職エージェントに登録をしています。

業界最多の求人件数

リクルートエージェンの求人件数はダントツトップの30万件以上。

他の転職エージェントで30万件を越す求人を保有している転職エージェントはありません。

コロナ禍で世の中全体の求人件数が減った時でも、唯一20万件以上の求人件数を保っていました。

求人件数が多いということは、あなたの選択肢が多いということでもあります。

全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有

転職エージェントには業界や職種、地域や年代に特化した転職エージェントがありますが、ほぼ全ての特化型転職エージェントよりもリクルートエージェントの方が求人が充実している場合がほとんどです。

ただ求人件数が多いだけではなく、年収300万円から1000万円以上まで各年収帯をバランスよく保有しています。

もしあなたが特定の領域に特化した転職エージェントも登録して言える場合、そのジャンルの求人をリクルートエージェントでも検索してみてください。

きっといい求人が見つかります。

全国16都市に拠点

大手の転職エージェントはどこも日本全国に拠点を持っていますが、リクルートエージェントは意外と他社が手薄な千葉市・さいたま市・宇都宮市・神戸市・京都市にも拠点を持っています。

首都圏は東京で、関西圏は大阪で集中管理しているところが多い中、ちゃんと拠点を持っています。

地元のことを理解している担当者がいるのはもちろんのこと、地元企業や地元に拠点のある大手企業とのネットワークがあることも期待できます。

\公式サイト/

マイナビエージェント

求人件数 57,895件
拠点 東京都・横浜市・札幌市・仙台市・名古屋市・京都市・大阪市・神戸市・福岡市
メインユーザー  20代30代

マイナビエージェントは総合型転職エージェントで、幅広い年収の求人を扱っていますが、どちらかというと年収300万円〜400万円台あたりの求人の割合が多くなっています。

キャリアアップというよりかは、未経験で異業界や移職種への挑戦というような方に向いています。

20代30代に特化

マイナビエージェントは大手の中でも20代30代に特化しています。

特に社会人になって3年以上で、ビジネスマナーを身につけており、仕事も一通り1人でできる人に向いています。

専門的な経験やスキル、人脈を持っている人にはちょっと物足りないかもしれません。

全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有

マイナビエージェントは総合型転職エージェントのため全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有しています。

特にホワイトカラーの求人が多く、各業界の営業職や事務職、またITエンジニアの求人が充実しています。

全国9都市に拠点

北海道と北関東以外の地域はほぼ拠点があります。

また首都圏はリクルートエージェントに比べると少ないですが、東京に拠点が2つありそこで管理しています。

拠点がない地域では、他の大手転職エージェントの方が良いでしょう。

\公式サイト/

パソナキャリア

求人件数 36,165件
拠点 47都道府県に各1箇所以上
メインユーザー  全年代

大手転職エージェントの中では求人件数が少なくなりますが、年収アップ率67.1%と拠点の多さで存在感を出している転職エージェントです。

現在の年収が300万円〜400万円台で年収アップを考えているのであれば、パソナキャリアが向いています。

年収アップ率67.1%

大手で年収アップ率を公表しているのはパソナキャリアのみです。

3人に2人以上が年収アップしているというのはかなり心強いですね。

しかし高年収に限るとリクルートエージェントの方が総求人件数は多いので、ハイクラス転職なのであればリクルートエージェントへの登録も必須です。

47都道府県全てに拠点

パソナキャリア最大の特徴は47都道府県全てに1箇所以上の拠点があることでしょう。

面談場所は東京・大阪・名古屋・静岡・広島・福岡の5箇所ですが、運営会社の拠点が日本全国にあることで、大手企業の各拠点や地元企業とのネットワークもより構築しやすいことが想像されます。

特に他の大手が拠点を持っていない地域での求人には期待が持てます。

全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有

パソナキャリアも他の大手転職エージェントと同じく全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有しています。

特に首都圏・関西圏・東海圏などの都市部を中心に、ホワイトカラーの20代30代向けの求人が多くなっています。

この傾向はどの転職エージェントでも一緒です。

パソナキャリアも他社と同じく求人検索機能があるので、まずは自分の希望する領域の求人が豊富にあるそうかどうかを確認しておきましょう。

\公式サイト/

マイナビジョブ20’s

求人件数 2,300件
拠点 東京・大阪・名古屋
メインユーザー  第二新卒

マイナビジョブ20’sはマイナビエージェントと同じくマイナビグループ。

その名前の通り20代、特に入社3年以内の第二新卒がメインユーザーです。

入社3年以内の第二新卒がメインユーザー

メインユーザーはマイナビエージェントと多少重複する部分もあるのですが、マイナビジョブ20’sが特にメインとしているのが入社3年以内の第二新卒です。

ニートやフリーターに合う求人もあるのですが、ニートフリーターはまたそれ専用の就職エージェントがあります。

入社した会社で各種研修やOJTなどをして、多少なりとも1人で仕事をした経験がある20代の方に向いています。

全業界・職種・地域・年代向けの求人を保有

第二新卒など社会経験の少ない20代向けの転職エージェントの多くは東京や大阪などの都市部の求人を集中して持っている場合が多いのですが、マイナビジョブ20’sは日本全国の第二新卒向け求人を持っています。

たとえ地方での転職であってもマイナビジョブ20’sであれば、求人が見つかることでしょう。

東京・大阪・名古屋に拠点

日本全国の求人を持ってはいますが、拠点は東京・大阪・名古屋の3箇所です。

地方在住の場合は電話やネットを利用してのリモートでの転職サポートとなります。

\公式サイト/

就職Shop

登録企業件数 10,000件以上
拠点 新宿・銀座・北千住・横浜市・さいたま市・千葉市・西東京市・大阪市・京都市・神戸市
メインユーザー  ニートフリーター

紹介された求人は全て面接に進めるという画期的なサービスを展開。

履歴書に自信がない、面接まで行けばどうにかしてみせる!という方には就職Shopが向いています。

ニートフリーターなど社会経験がない20代がメインユーザー

就職Shopは第二新卒でも対応ができますが、そのサービスはニート、フリーターに向いています。

保有している求人は就職Shopのスタッフが実際に足を運んで取材をしていますので、あなたが入社した後にどんな感じで働くのかイメージがしやすくなります。

このサービスは特に社会経験の無い方にとっては大きな安心となります。

首都圏・関西圏の求人を中心に保有

就職Shopの拠点は首都圏と関西圏。

そして扱っている求人はこれらの拠点の周辺の企業です。

拠点周辺の求人を扱っていることから就職Shopと扱っている求人の企業のネットワークがあることが予想されます。

履歴書不要でいきなり面接

また先述の通り履歴書不要でいきなり面接に進めるので、社会経験がなくても経歴に自信がなくても正社員になれるチャンスが十分にあります。

同じようなサービスを展開している就職・転職エージェントはいくつかありますが、紹介してもらった前求人が面接に進めるというのは当サイトが調べた限り、就職Shopのみ。

人物重視で見てくれるので、チャンスが広がります。

\公式サイト/

\公式サイト/
有効求人倍率が急上昇中!業界最大手リクルートエージェントへの登録はお済みですか?
無料登録はこちら!
\業界最大手!/
リクルートエージェントに無料登録