不動産

いえらぶ不動産転職ってどう!?口コミ評判、料金、求人の質と年収、特徴

【2021年10月の転職市場動向】

10月に入り緊急事態宣言も解除され経済が活発に動き出すことに伴い、良い条件の求人が大量に出回ることが予測されます。

業績の良い企業はすでに人材確保に動いており、特に大手転職エージェントであるリクルートエージェントは求人件数がすでにコロナ禍前の水準にまで回復。

有効求人倍率も右肩上がりです。

リクルートエージェントは31万件以上の求人を保有しており、各業界や職種・地域に絞ってもそれぞれの分野を専門とする転職エージェントよりも求人が充実しています。

転職活動を行うのであればリクルートエージェントの求人は必ず確認をしておくべきでしょう。

特に20代〜35歳向けの求人は例年よりも好条件のものが多くなっており、今年に入って最も良い状況になっています。

来月に入ると採用枠が埋まってしまい、良い条件の求人が少なってしまうことが予測されます。

今登録をしたら1週間後には書類選考、2週間後には面接に進み、3週間後には内定を得られているかもしれません。

早めに登録を済ませておくと、今の状況からより早く抜け出すことができますよ!

\公式サイト/

※リモートカウンセリングを実施しているため、家にいながら短時間で転職活動の第一歩を踏み出すことができます!

サイト管理人
サイト管理人
こんにちは!上場企業の人事部で10年以上責任者として勤務し、100名以上の採用に関わってきたサイト管理人です!

いえらぶ不動産転職は不動産業界の転職に特化した転職エージェント。

本記事では、いえらぶ不動産転職について口コミ評判・求人を収集し、メリットやデメリット、料金などについて詳しく解説していきます!

\まずは結論!/

いえらぶ不動産転職の口コミ評判は集めることができず、その実態が掴めませんでした

いえらぶ不動産転職の求人を集計したところ求人件数が4,031件と多くはなく、年収も高くはないのが難点です。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、不動産関係の求人件数は6,000件以上。

不動産業界での経験と知識が活かせる建設業界の求人も22,000件以上。

不動産・建設業界以外の業界では20万件以上の求人を保有しています。

リクルートエージェントであればあなたの知識と経験を最大限評価してくれる優良企業が見つかることでしょう。

>>リクルートエージェントに優良企業を紹介してもらう

いえらぶ不動産転職の基本情報

サービス名 いえらぶ不動産転職
特徴 不動産業界に特化
公開求人件数 4,031件※2021年10月6日
主な取扱地域 全国
主な取扱業界 不動産全般、賃貸仲介、売買仲介、その他
主な取扱職種 営業、事務、設計、施工管理、その他
利用料金 無料
運営会社 株式会社いえらぶGROUP

いえらぶ不動産転職の口コミ評判

当サイトで独自アンケートを実施しましたが、いえらぶ不動産転職を利用した方の口コミ評判を集めることができませんでした

またツイッターやGoogleマップ、Yahoo!知恵袋でもいえらぶ不動産に関する情報を見つけることはできませんでした。

引き続き、いえらぶ不動産転職の口コミ評判を募集しますので、集まり次第掲載します。

いえらぶ不動産転職のメリット・特徴

不動産業界に特化している

いえらぶ不動産転職は、不動産業界を中心に求人を扱っているため、不動産に関連した仕事を探している方が希望の職に就くのに役立つことでしょう。

いえらぶ不動産転職を運営する、いえらぶGROUPは、求人サイトを立ち上げる前から不動産に関係する様々な事業を展開してきました。

不動産分野の多角的な経営経験を活かして、不動産業界の仕事内容や必要とされる人物像などをくみ取ることができます。

そのため、求人情報を掲載する場合も、不動産会社と求職者それぞれにミスマッチが起こらない仕方で情報提供することが、可能になっているようです。

メール、電話、LINEで転職相談ができる

いえらぶ不動産転職では、様々な方法で転職の相談ができるので、現職で忙しくしている方や手軽に相談したい求職者が使いやすさを感じるようです。

昨今では、現職に就きながら転職先を探すことが一般的になりました。

仕事をしながら転職先を探す場合、デジタルツールを活用すると、転職活動期間を短縮する助けになります。

また、転職するかどうか迷っている人は、メールやLINEなどで相談できる方が、初めの一歩を踏み出しやすいと感じることでしょう。

対面で相談しない場合であっても、いえらぶ不動産転職では求職者の転職活動を丁寧にサポートしているので、安心して相談できるはずです。

新卒向けの求人も扱っている

いえらぶ不動産転職では、新卒向けの求人も扱っているので、卒業前に求人を探している人も活用できます。

不動産業界では、業務経験が求められることも多いですが、宅地建物取引主任者やファイナンシャルプランナーなど、資格取得者を対象にした求人も多々あります。

特に資格を取得している方をターゲットにした求人では、経験がなくても、また新卒であっても、将来性を見込んでポテンシャル採用するケースがあるようです。

不動産業界に役立つとされる資格を持つ新卒の方は、いえらぶ不動産転職の求人情報をチェックしてみると良いでしょう。

いえらぶ不動産転職のデメリット・利用時に気をつけたいこと

大手転職エージェントの方が不動産・建設系の求人が多い

大手転職エージェントが扱う不動産や建設業界の求人数の方が、いえらぶ不動産転職よりも多いため、求人の数の点で見劣りすると感じるかもしれません。

いえらぶ不動産転職は、いえらぶGROUPの求人サイトとして2015年に設立されました。

大手転職エージェントと比べると歴史が浅く、認知度も高いとは言えないようです。

そうなると、求人を出す側としても、知名度が高く、求職者がよく使っている求人サイトを利用したいことでしょう。

ただし、いえらぶ不動産転職では、募集内容や雇用形態などの基本的な条件に加え、賞与の有無といった細かい条件でも求人を探すことが可能です。

条件を絞って検索するには便利なサイトということができるでしょう。

年収600万円以上の高年収求人が少ない

いえらぶ不動産転職では高年収の求人数が限られるため、年収の基準を高く持っている方、高収入が必要な人は、希望に合う仕事を見つけられないかもしれません。

いえらぶ不動産転職では、不動産業界の転職に特化した求人情報を掲載していますが、求人を出す会社の事業規模は様々です。

大手の不動産会社もあれば、町の小さな不動産屋さんもあります。

事業規模が小さくなると、高い給料を提示できなかったり、大手の会社に比べて待遇面で見劣りするケースが目立つのは致し方ありません。

いえらぶ不動産転職は、不動産関係の仕事がどうしてもしたい人、仕事内容にこだわりたい人が利用する傾向にあるようです。

不動産業界以外の求人がない

いえらぶ不動産転職は、自社のネットワークを活かし、不動産業界に絞って求人情報を載せています。

そのため、不動産以外の業界も視野に入れて転職活動をしている人は、バラエティに富んだ求人が見つけられないと感じるかもしれません。

いえらぶ不動産転職で求人を探す場合、一見すると狭い世界での転職活動になりそうだと思えます。

ですが、実際にいえらぶ不動産転職の求人サイトから職種別に求人を探そうとすると、不動産業界では多くの職種が求められていることが理解できるでしょう。

不動産業界では、IT関係など、今までは考えもしなかったような仕事も登場しています。

いえらぶ不動産転職で職種や仕事内容を確認して求人選びをすると、今までは不動産業界に興味がなかった人でも、自分の希望に合う仕事に出会えるかもしれません。

いえらぶ不動産転職の利用方法

いえらぶ不動産転職の利用方法は一般的な転職エージェントと同じです。

  1. 会員登録
  2. 求人検索機能を利用するか、求人紹介サービスを利用して応募する企業を決める
  3. 書類選考
  4. 面接
  5. 内定
  6. 入社

いえらぶ不動産転職の料金

いえらぶ不動産転職は完全無料で利用することができます。

なぜなら、いえらぶ不動産転職の運営費用は求人を掲載している企業が成果報酬制で費用を支払っているから。

あなたは、いえらぶ不動産転職に登録をしても、求人紹介のサービスを利用しても、途中で退会しても費用を請求されることはありません。

いえらぶ不動産転職の求人の質と年収

いえらぶ不動産のホームページの求人検索機能で集計した結果をグラフ化しました。

総求人件数は3,859件です。

※2020年29日調べ

地域別求人件数

東京を中心とした「関東」で2,404件(61%)を占めています。

名古屋を中心とした「東海」で592件(15%)、大阪を中心とした「関西」が449件(11%)と続きます。

この3大都市以外は求人件数が少ないので、他の転職エージェントを必ず併用しましょう。

職種別求人件数

TOP5は「賃貸仲介」832件(22%)、「事務職」373件(10%)、「売買仲介」335件(9%)、「建築施工管理」277件(7%)、「営業(新築・注文住宅)」259件(7%)です。

雇用形態別求人件数

「正社員」3,569件(92%)、「契約社員」17件(0%)、「業務委託」27件(1%)、「アルバイト」283件(7%)です。

年収(月収)別求人件数

「400〜449万円」「350〜399万円」「300〜349万円」の順に多くなっています。

年収別で検出される総求人件数は323件だったので、このグラフの傾向が全体に当てはまるとは思いません。

しかし年収別で検索する際の最高項目が700万円で合ったことから、年収700万円あたりがいえらぶ不動産が扱う求人の中で最高年収に近いと思われます。

求人を個別に見ていると年収1000万円のものもいくつか確認できましたが、おそらくはさほど数は多くないでしょう。

いえらぶ不動産転職の運営会社

会社名 株式会社いえらぶGROUP
設立 2008年1月
所在地 〒163-0224 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル24階
資本金 38,250,000円
従業員数 433名
事業内容 クラウドサービス事業、システム事業、コンサルティング事業、メディア事業、ホームページ制作事業、採用支援事業、WEB広告事業、アライアンス事業、賃貸保証事業

まとめ

いえらぶ不動産転職の口コミ評判は確認することができず、その実態を掴むことはできませんでした

いえらぶ不動産転職の名前が示す通り、求人は不動産に特化しており関東を中心に全国の求人を扱っています。

しかしながら不動産業界は大手転職エージェントも力を入れるほどの超巨大転職市場。

不動産業界の求人が最も充実しているのは、転職エージェント最大手のリクルートエージェントです。

不動産業界だけではなく、建設業界、不動産に関わるメーカーや商社など、不動産業界での知識や経験を活かすことができる求人も万単位で保有しています。

不動産業界で転職をする場合はまずはリクルートエージェントに登録しておきましょう。

\公式サイト/

絶対に条件の良い転職を成功させるならリクルートエージェント

いえらぶ不動産はその名の通り不動産業界に特化しているのに対して、リクルートエージェントには全ての業界・職種・地域・年代向けの求人が揃っており総合型転職エージェントと呼ばれています。

こちらではいえらぶ不動産に対するリクルートエージェントの優位性を解説します。

不動産業界の高年収の求人が多い

いえらぶ不動産の総求人件数が3,859件で、年収700万円以上は5件です。

一方リクルートエージェント の不動産業界の求人は6,600件以上、このうち年収700万円を超える求人は1,800件以上と桁違いです。

不動産業界を専門とするいえらぶ不動産よりも、リクルートエージェントの方が不動産業界の求人の量も質も良いということができます。

不動産業界の経験を活かせる異業界・異職種求人が多い

リクルートエージェントはいえらぶ不動産が扱っていない建設業界の求人を22,000件以上保有しています。

建設業界の求人の中には不動産業界の経験を活かす事ができる者が多数あります。

また建設業界でなくても、不動産業界で営業職や事務職・総務職など、全くの異業界でも一般的な職種であれば異業界への転職が可能です。

不動産でも建設でもない異業界の求人は20万件以上あるので、十分な選択肢を得る事ができます。

リクルートエージェントは特化している業界がないからといって中途半端なわけではなく、どの業界の求人も特化型転職エージェントに負けないほどの求人の量と質があります。

オンラインで最終面接前まで進めることができる

新型コロナウイルス感染拡大の影響でリクルートエージェントは対面面談を電話面談に切り替えています。

この対応は緊急事態宣言前に実施されており、他のどの転職エージェントよりも早いものでした。

いえらぶ不動産転職のホームページを見る限りはコロナウイルスに関する対策に関する記載は確認できません。

またリクルートエージェントはWEB面接を取り入れている企業の求人を32,000件以上扱っており、アプリも充実しているため遠隔でのサポートが可能です。

いえらぶ不動産転職もWEB面接の求人を扱っていますが、63件と件数は多くありません。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、最終面接以前まではWEB面接で対応するという企業も多くなってきており、リクルートエージェントであれば家にいながら多くの企業と面接ができます。

>>今すぐリクルートエージェントで転職活動を始める!

\公式サイト/
有効求人倍率が急上昇中!業界最大手リクルートエージェントへの登録はお済みですか?
無料登録はこちら!
\業界最大手!/
リクルートエージェントに無料登録