葬儀

グラフで解説!葬祭ジョブの口コミ評判|求人の質、特徴、年収は?

6月は今年最大の転職チャンスになっています!

なぜなら今までコロナ禍で抑えられていた優良求人が溢れ出ているから。

今採用を出している企業はコロナ禍で勝ち組となった企業がほとんどのため、安定した企業に就職できる可能性が高いでしょう。

特に20代〜30代前半の人材の取り合いになっておりリクルートエージェントに優良求人が溢れています。

求人を紹介してもらったら、あとは今の会社と条件を見比べるだけ。

条件を見てみないことには、あなたが本当に転職活動を本格化させるどうかの最終判断もできないじゃないですか!

また感染が拡大したら転職市場が冷え込んでしまうかもしれません。

今すぐ求人を確認して、本当にあなたが転職する価値があるのかを見極めましょう!

>>今すぐリクルートエージェントに優良求人を紹介してもらう

サイト管理人
サイト管理人
こんにちは!サラリーマン時代に転職と採用担当者の経験を持ち、現在は独立。700以上の転職サービスの口コミや求人情報を収集・比較・分析しているしんすけです!

葬祭ジョブは葬儀業界に特化しており特に葬祭ディレクターの求人が充実している転職エージェント

  • 葬儀業界での転職しか考えていない!
  • 葬儀業界の知識と経験を活かしてキャリアアップ転職を実現したい!
  • 未経験だけど葬儀業界に転職したい!

という方は葬祭ジョブに登録しておくことをオススメします!

本記事では葬祭ジョブについて口コミ評判・求人を収集し、メリットやデメリット、料金などについて詳しく解説していきます!

\リスクヘッジ!/

転職活動の際には総合転職エージェントのリクルートエージェントにも登録をしておきましょう。

なぜなら2つ以上のサービスに登録をしておくと、万が一担当者や求人が合わなくても、すぐに切り替えることができるから。

登録したものの

「担当者と合わない…」
「他の転職エージェントの方が良い会社に転職できていたかも…」

などという口コミも寄せられています。

リクルートエージェントには質の高い担当者と、全地域・業界・職種の優良求人が集まっています。

特化型の転職エージェントだけ利用するのではなく、総合型転職エージェントも併用してリスクヘッジをしておきましょう!

>>今すぐリクルートエージェントに登録する

葬祭ジョブの基本情報

サービス名 葬祭ジョブ
特徴 ここに説明文を入力してください。
公開求人件数 418件
主な取扱地域 全国
主な取扱職種 ここに説明文を入力してください。
利用料金 無料
運営会社 ここに説明文を入力してください。

葬祭ジョブの口コミ評判

当サイト独自のアンケートを実施しましたが、葬祭ジョブを利用したという方の回答は得られませんでした

新たに回答を得られ次第掲載予定です。

葬祭ジョブのメリット・特徴

葬儀ジョブのメリット・特徴はなんといっても葬儀業界に特化していることです。

日本全国の葬儀業界の求人を扱っており、特に都市部の葬祭ディレクター、納棺師・湯濯師、営業職が特に充実しており、全体の9割以上がこれらの職種です。

葬儀業界に特化している転職エージェントは他にもいくつかありますが、葬祭ジョブは葬祭ディレクターの求人件数が最も充実しています。

また求人検索でお環境面や待遇面、会社の雰囲気など他の葬儀業界の転職エージェントでは見かけない検索項目があり、かなり詳しい条件で検索することができます。

葬祭ジョブのデメリット・利用時に気をつけたいこと

葬祭ジョブは葬儀業界専門の転職エージェントなので当たり前ですが、葬儀業界以外の求人がありません

葬儀業界での知識と経験は、冠婚葬祭をはじめ、接客や営業など非常に幅広い業界や職種に需要があります。

葬祭ジョブだけで転職活動をすると、他の業界や職種であればもっと好条件であったり、将来的に年収がよくなる求人を見逃してしまう可能性があります。

葬祭ジョブの料金と利用方法

葬祭ジョブは完全無料で利用することができます。

葬祭ジョブの利用方法は以下の通りです。

  1. ホームページから登録
  2. 電話または対面でカウンセリング
  3. 求人紹介
  4. 面接準備(履歴書添削・模擬面談)
  5. 面接(必要に応じて同行)
  6. 内定
  7. 入社

葬祭ジョブの求人の質

総求人件数

葬祭ジョブのホームページの求人検索機能を利用して集計したところ418件でした。※2021年7月11日

当サイトの調査によると、葬儀業界専門の転職エージェントとして2番目の多さです。

初回調査時よりも100件近く増えており、検索項目も増えているため、今後さらに求人内容が充実してくることが期待できます。

地域別求人件数

関東、中部・東海、関西と都市部の求人が多く、地方の求人は少なくなっています。

地方の道府県でさらに地域・職種・その他条件を絞るとほんの数件もしくは0件しか残らない可能性があります。

職種別求人件数

「葬祭ディレクター」「納棺師、湯濯師」「営業」で全体の90%を占めています。

葬儀業界専門の転職エージェントはいくつかありますが、葬祭ディレクターの求人件数が最も多いは葬祭ジョブです。

おすすめポイント別求人件数

おすすめポイント別に詳しく検索できるのが葬祭ジョブの大きな特徴の一つです。

経験や学歴の有無、年代や勤務体系、さらには会社の雰囲気まで検索までできます。

年収別求人件数

葬祭ジョブは年収別で求人検索ができないため、年収の傾向が分かりません

目視で確認する限りは、月収20〜30万円台+賞与というところが多いように見受けられるため、年収200〜400万円台がほとんどを占めるものと思われます。

また求人によっては「年収500万円も可能!」と記載されている求人おあるため、年収500万円(月収42万円)が葬祭ジョブにおける高年収であることが分かります。

まとめ(葬祭ジョブが向いている方・向いていない方)

【葬祭ジョブが向いている方】
関東・東海・関西で葬祭ディレクターに転職したい方

【葬祭ジョブ向いていない方】
葬儀業界でも葬祭ディレクター以外に転職したい方
葬儀業界とそれ以外の業界の求人も比較検討したい方
関東・東海・関西以外で転職したい方

葬祭ジョブは都市部の葬祭ディレクターに転職したいと考えているからであれば登録必須。

しかし葬祭業界でも葬祭ディレクター以外の転職を考えているのであれば、他の転職エージェントも併用した方が良いでしょう。

6月は今年最大の転職チャンスになっています!

なぜなら今までコロナ禍で抑えられていた優良求人が溢れ出ているから。

今採用を出している企業はコロナ禍で勝ち組となった企業がほとんどのため、安定した企業に就職できる可能性が高いでしょう。

特に20代〜30代前半の人材の取り合いになっておりリクルートエージェントに優良求人が溢れています。

求人を紹介してもらったら、あとは今の会社と条件を見比べるだけ。

条件を見てみないことには、あなたが本当に転職活動を本格化させるどうかの最終判断もできないじゃないですか!

また感染が拡大したら転職市場が冷え込んでしまうかもしれません。

今すぐ求人を確認して、本当にあなたが転職する価値があるのかを見極めましょう!

>>今すぐリクルートエージェントに優良求人を紹介してもらう

今月がチャンス!6月はライバルが少なく優良求人が多い!
マイナビジョブ20's
6月はライバルが少なく優良求人が多い!
公式サイト