しろくま介護ナビの口コミ・評判!求人の質や年収、特徴は?(旧ハートフル介護士)


The following two tabs change content below.

しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

今回紹介するのは、ホワイトな求人しか扱わない!というこだわりのある「しろくま介護ナビ」です。

本記事ではしろくま介護ナビの口コミ評判を紹介し、その特徴を解説します!

『しろくま介護ナビ』公式サイト

『しろくま介護ナビ』の口コミ・評判

まずは、しろくま介護ナビを利用した人の口コミを紹介します。

Aさん 39歳

Aさん 39歳
介護士 グループホーム →
ケアハウス

やはり直接会って面談できるので安心感がある。

電話だと声だけしか分からないし、どんな人なのか分からない。

求人の詳細な情報を得られたし、各施設の雰囲気など教えてくれてとても参考なった。

即決を求めず親身に相談に乗ってくれたので、初めて転職を経験する人なら、心強いサービスかもしれない。

Bさん 38歳

Bさん 38歳
介護福祉士 有料老人ホーム →
特別養護老人ホーム

私の転職軸は、健全な会社、それ一つしかありません。

嫁も一人息子もいて、家族を養っていかなければならない立場。

内部留保なんかせず、残業代、資格手当はもちろん、ボーナスや昇給といった形で社員に還元する、それが当たり前に出来る会社であればどこでも良かった。

転職して良かったと感じたことは、役職手当があること。

すずめの涙程度ですが毎月10,000円は地味に嬉しい。

Cさん 31歳

Cさん 31歳
介護士 有料老人ホーム →
特別養護老人ホーム

内定が決まるまでに色々と状況が変わり、長期にわたってアドバイザーを振り回してしまったが、相談すれば嫌な顔せず丁寧に一緒になって考えてくれるので安心して相談出来た

他の紹介会社は、職探しが時期尚早だと言われ、紹介出来る求人があまりないと対応が大雑把。

しろくま介護ナビは、そのようなことは全くなくとても親身にこちらの話を聞いて、迅速に対応してくれた。とても感謝している。

一番、相談して良かったと感じたことは私の状況を汲んでくれたこと。

子供が保育園に通い始めて通勤が大変だったので、実際に通勤で必要になる時間やアクセス方法を求人紹介とは別に提案してくれた。

他の紹介会社と比較して私の希望をより汲み取って頂き、本当に興味のある求人をご紹介して頂いたので非常に満足。

直接会って話すので、いろいろと伝えられたと思う。 相手の顔も見えるので信頼できる。

Dさん 30歳

Dさん 30歳
介護士 特別養護老人ホーム →
特別養護老人ホーム

他社よりずば抜けて対応、サービスが良かったです。

求人を紹介されるスピードや親身な対応がよく、説明がわかりやすい。

求人票にない情報量が多く、どの施設も魅力的に感じ、逆に迷ってしまったくらい。

面談の対応が良かったので、 周りで転職予定の友人がいれば、ぜひしろくま介護ナビを紹介したい。

『しろくま介護ナビ』の特徴

人手不足で仕事内容がハードな介護業界はブラック比率が高いと言われていますが、しろくま介護ナビを利用すればホワイトな施設に転職できます。

なぜかと言うと、約30項目もの自社基準を設けて、スタッフ同士が笑顔でコミュニケーションをとっているか、などを審査し、ホワイトだと認定された施設の求人だけを扱っているからです。

しろくま介護ナビのスタッフが直接足を運んで調査しているだけでなく、実際に働いている人からのフィードバックももらっているので信用できる情報ですよ。

その結果、しろくまホワイトナビにある求人は「時間外労働ほぼなし」「有給休暇を取得しやすい」「お給料の充実度も優秀」といった条件を満たすものだけになっています。

「ホワイトな職場じゃなければ転職したくない!」という希望がある人は、しろくま介護ナビで求人を紹介してもらいましょう。

また、しろくま介護ナビに登録すると、転職活動の最初から最後まで同じ担当者のサービスを受けられます。

求人紹介だけでなく、提出書類や面接に関することまで全て相談に乗ってもらえるので、しろくま介護ナビを使えば初めての転職でも安心して転職活動を進めることができますね。

年間利用者数23,500人以上、利用者満足度96.3%と高評価を受けているしろくま介護ナビですが、ホームページから簡単に登録でき、全てのサービスが無料で受けられます。

求人を見るだけでもOKなので、「どんなホワイト求人があるか見てみたい…」と思ったら、しろくま介護ナビを試してみてくださいね。

『しろくま介護ナビ』公式サイト

『しろくま介護ナビ』の求人の質と年収

ブラックな職場を徹底的に排除してホワイトな施設の求人だけを扱っているのが、しろくま介護ナビの特徴です。

しろくま介護ナビの職員が施設に出向いて働く環境や研修体制、施設長の人柄、スタッフ間の雰囲気などをチェックし、入職した人からもどんな職場かのヒアリングを行っています。

でも、本当にホワイトなのかどうかの判断は誰がするの?と思いますよね。

しろくま介護ナビでは約30項目もの社内基準を設け、基準に沿って内部の状態をチェックしているので、新人スタッフでもポイントを押さえて求人先の状態を把握することができます。

さらに、社内基準ミーティングを開き、社員同士で意見交換を行って扱う求人を厳選しています。

ここまでの取り組みがあれば、ブラックな施設を紹介されることはまずないでしょう。

ホワイトだと認定する時には、お給料の充実度という条件もあるので、年収に関しても相場以上の求人があると期待できます。

しろくま介護ナビの年間利用者数は23,500人以上、利用者満足度は96.3%と、多くの人が満足できる転職を実現させている実績があります。

いくら労働条件が良くても給料ダウンしたら、しろくま介護ナビの利用者満足度が低くなってしまうはずですから、利用者満足度が高いということは年収に関しても満足できる額を満たしているということでしょう。

求人は非公開なので具体的な求人数は分かりませんが、ホワイトな職場だけに限って取り扱いをしているせいか求人数はそこまで多くはないようです。

紹介してもらえる求人の数が少なくなるのはしろくま介護ナビのデメリットですね。

求人をたくさん見て比較してから職場を決めたい人は、求人数で物足りなさを感じるかもしれません。

『しろくま介護ナビ』公式サイト

『しろくま介護ナビ』の利用方法

しろくま介護ナビを使いたい人は、ホームページから登録手続きを行ってください。

登録した後にしろくま介護ナビの担当者から電話がかかって来て、希望する転職時期やどういった転職先を探しているかなどを聞かれるので、正直に答えましょう。

直接会って面談を受けたい人は、この電話で面談の日にちや時間を決めます。

電話で求人紹介を受ける場合には、最初の電話から数日後にもう一度しろくま介護ナビから電話がかかってきます。

面談を受ける場合には、面談会場で話をしながら色々な求人を紹介してもらえるでしょう。

しろくま介護ナビは、ホワイトな求人だけを扱っていますが、残業はあってもいいから有休をたくさんとりたい、多少忙しくてもいいから早く昇給したいなど、求める条件は人によって違うと思うので、細かな点まで確認してくださいね。

面接を受けてみたい求人が見つかったら、担当者に求人先へ連絡をとってもらいましょう。

面接前には履歴書の書き方や、転職先に合わせた面接対策を行ってもらえるので、初めて転職活動をする人でも安心して面接にのぞめますよ。

面接が終わって内定をもらえたら、入職日などの話し合いになりますが、これもしろくま介護ナビの担当者が代行してくれるので、あなたは希望する条件を担当者に伝えるだけでOKです。

介護の現場は人出不足なので、できるだけ早く入職してほしいという要望が多いのですが、予定よりも入職日を早めてしまうと今働いている職場の退職時期で揉める可能性があります。

退職したいと伝えても、人が足りないからという理由で退職時期を強引に遅らせる介護施設は珍しくありません。

今の職場が人出不足ですんなり退職させてもらえなさそうな雰囲気があるなら、入職日は慎重に決めたほうが良いですよ。

最悪の場合、入職日までに退職できない…となり、気まずい転職初日を迎えなくてはいけなくなるので、余裕を持って日程決めをしてくださいね。

『しろくま介護ナビ』が向いている人、向いていない人

しろくま介護ナビが向いている人は、自分ではホワイトな職場を見つける自信がない人です。

しろくま介護ナビの求人は、残業少な目、有休をとりやすい、パワハラなしなどの条件を兼ね備えた求人ばかりなので、「ブラックは避けたいけれど、ホワイトかどうかの見極めができない…」という人は、しろくま介護ナビを使えば安心してホワイトな職場に転職できます。

ただ、厳選された求人だけになっているので、選択肢は少なくなってしまうかもしれません。

例えば、残業があってもいいから残業手当がしっかりとつく職場が良い、有休取得率が高いだけでなく年間休日日数も多い職場を探したい、といった場合には、数多くの求人を保有している転職エージェントを使って自分自身で求人を見比べて転職先を探したほうが希望通りの職場が見つかります。

「そういった細かいことはよく分からないから、とにかくホワイトだと言われている職場だったらいい!」という人は、しろくま介護ナビを使ってみてください。

しろくま介護ナビが向いていない人は、一都三県(東京、神奈川、埼玉、千葉)以外に住んでいる人です。

しろくま介護ナビは全国の求人があるとはいえ、総求人数が少な目で一都三県が中心となっているので、一都三県以外で介護の仕事探しをている場合には不向きです。

一都三県以外で転職活動をする人は、全国対応の転職エージェントを使ったほうが良いでしょう。

最後に

過去に別のエージェントを使って転職に失敗してしまった人は、「どうせ転職したって環境は変わらないし…」と転職に期待できなくなっているかもしれません。

だけど、残業が少なく、有給休暇がとりやすいホワイトな求人だけを紹介してくれるしろくま介護ナビを使えば、次こそはちゃんとホワイトな職場で働けるようになりますよ。

ホワイトな職場で働くことを諦めてしまわずに、最後の転職活動だと思ってしろくま介護ナビを使ってみてください。

残業少な目で有休がとれる生活を手に入れたいと思いませんか?

「今日もサクッと仕事終わらせてアフターファイブを楽しもう!」と、ワクワクしながら働ける職場を見つけてくださいね。

『しろくま介護ナビ』公式サイト

最後までご覧いただきありがとうございました。