グラフで解説!A・ヒューマンの評判口コミ|求人の質、年収、特徴は?

サイト管理人

サイト管理人
A・ヒューマンは経営幹部・ミドルマネジメントに特化した転職エージェントです。

本記事ではA・ヒューマンの口コミ評判、ホームページの求人検索機能で集計したグラフをご紹介します。

◆確実にハイクラス転職をするために!◆

ハイクラスの転職であれば先発で出ている『JACリクルートメント』の方がおすすめです。

外資系でありながら1988年に日本法人が設立され30年以上ものあいだ日本のハイクラスと海外勤務の転職に特化したサービスを展開してます。

また日本の主要8都市、世界11カ国に拠点がありハイクラス求人のネットワークを持っています。

『A・ヒューマン』の口コミ・評判

Eさん 42歳

Eさん 42歳
電機メーカー 課長 →
自動車部品メーカー 部長代理

大手電機メーカーでリチウムイオン電池に関わってきました。

A・ヒューマンにはこの知識と経験を活かすことができる電気自動車関連の部品を製造しているメーカーや商社をいくつか紹介してもらいました。

Aヒューマンの担当者は念のための確認と言いながら電機と自動車の業界の違いをかなり詳しく教えていただき目からウロコのことがたくさんあり、面接で役立ちました。

Sさん 38歳

Sさん 38歳
材料商社 営業職 →
転職検討中

チームマネジメントに興味があるのですが、今の会社では数年単位で関われそうにないので、転職を検討しています。

A・ヒューマンに相談をしたのですが、転職をごり押しすることはなく、親身になって様々な選択肢を示してくれました。

半年後を目処に必要な知見を身につけて、転職先も見つけていくことになりました。

Tさん 38歳

Tさん 38歳
製薬会社 営業部 →
医療薬品商社 課長

長年MRとしての実績を積んできましたが、個人商店の集まりのような会社であり、残り20数年の社会人生活を考えて転職することにしました。

A・ヒューマンに紹介してもらったプレイイングマネージャーの仕事に興味を持ち応募

今は若い商社マンを教育しながら数字も持って奔走しています。

Hさん 45歳

Hさん 45歳
中国企業レストラン →
レストランチェーン 課長

中国で8年働いていたのですが、家庭の事情で帰国することになりました。

A・ヒューマンに紹介してもらったのは中国進出を促進させている日系大手レストランチェーン。

中国戦略を策定し実行する部署に転職できました。

Kさん 29歳

Kさん 29歳
広告代理店 営業 →
ASP 営業

前の会社では顧客と広告主の担当が分かれており、十分なサービスが提供できないと思っていました。

JACリクルートメントとA・ヒューマンに登録したのですが、JACリクルートメントに顧客と広告主の両方を担当できるネット広告会社を紹介してもらい内定を得ました。

A・ヒューマン経由の求人よりも条件が良かったためJACリクルートメント経由の会社に転職しました。

【その他口コミ評判】

Gさん 39歳
自動車部品メーカー 開発 →
自動車部品メーカー 開発
Gさん 39歳

Gさん 39歳
自動車部品メーカー 開発 →
自動車部品メーカー 開発

自動車部品を製造するメーカーで開発をしていましたが、兼ねてよりブレーキかパワステ関係の部品に携わりたいという思いがありました。

自動車の中でも人の命を守る部品の設計・開発で力を発揮したいとの思いがあったのです。

40歳手前であったことから、転職は難しいしリスクが大きいと考えていましたが、物は試しで大手の転職エージェントに登録をしてみました。

すると、以外にも転職できる可能性があり、しかも年収もさほど下がることはないのではないかという結果が出て驚きました。

転職エージェントも商売でやっているので、「転職するかわからないけれど、とりあえず自分の市場価値を知りたい」という感じで問い合わせた私に対して、当たり前の対応かもしれません。

しかし実際に求人を目の当たりにしてしまうと(一生今の会社にいるよりも、あと20年以上ある社会人人生挑戦してみたい!)と思うようになってしまいました。

転職エージェントの思うがままかもしれません。

セカンドオピニオンを求めるためにも『A・ヒューマン』ともう1社の計3社に登録。

転職活動を本格化しました。

特に『A・ヒューマン』の担当者は元自動車業界出身で、最初の打ち合わせの時から(よく業界のことを知っているな)という印象で、非常に頼りになりました。

打ち合わせで自動車業界の専門用語を問題なく使えるので、ストレスなく転職の相談ができました。

他の転職エージェントだとティア1ティア2などと言っても、言葉が通じず、どうしても『A・ヒューマン』よりになっていきました。

その後『A・ヒューマン』に紹介してもらった、重要部品で世界シェアを持つ老舗車載部品メーカーから内定を得ることができました。

引っ越しが必要になりましたが、子供も大学で一人暮らしを始めるタイミングで、4月から家族がそれぞれ新天地で生活を始めることになりました。

日本屈指の老舗メーカーで古臭い会社かと思いきや、私が配属された部署の周りはベンチャー企業かと思うようなスピード感のある人ばかり。

会社どころかグループ企業全体を牽引するような部署で、非常にやりがいを感じているとともに、ゆっくりしていた前職が若干懐かしくなることもあります。

Kさん 44歳
産業用機器メーカー 技術営業 →
産業用機器メーカー 営業
Kさん 44歳

Kさん 44歳
産業用機器メーカー 技術営業 →
産業用機器メーカー 営業

新卒で入社して以来産業用機器メーカーで勤めていましたが、メイン顧客である自動車業界や電気業界でのシェアが落ちてきて、会社の勢いが失速しているのを感じていました。

特に昇給やボーナス額などを以前と比べると、その傾向は顕著でした。

前職の商品はさほど複雑な機械ではなく、薄利多売の商売だったので、海外メーカーにコピーされたりでシェアを奪われつつあったのです。

しかし海外の展示会や顧客の動向でシェアを奪われているのは確実なのに、会社の戦略は守り一辺倒でした。

コピー品の対策もそうですが、コピーが難しいような製品の開発や、海外製品の価格に負けないような廉価版商品が必要だとか、様々な提案や実践方法を会社に提案をしましたが、危機感の薄い人に反対をされて一切前に進みませんでした。

そんな意味のない会議へはそのうち出席もしなくなり、次第に転職を検討するようになりました。

40半ばにさしかかってからの転職は厳しいとも思いましたが、このままこの会社で50代を迎えるかと思うとさらに厳しい状況になるのは目に見えていると思い、一念発起で転職活動を開始。

『A・ヒューマン』と大手の転職エージェントの2社に登録をしました。

両社ともに良い求人を紹介してもらいましたが、『A・ヒューマン』の担当者の話がとても印象的でその会社に応募をしてみたくなりました

先ほどの、改善案を会社で出した話を最初のカウセリングでしたのですが、まさに私と同じような改革を実践したいと考えている人がとある産業機器メーカーにいるというのです。

その会社は私は知りませんでしたが、前職のような簡単な機械ではなく、まずベースとなる機械があり、さらに顧客ごとにカスタマイズするような機械でした。

しかし海外製品に押されるるあり改革の真っ最中で、改革を実践する営業職を一人募集しているとのことだったのです。

他にも数社受けましたが、その会社を第一志望に転職活動を開始し、内定を得ることができました。

どこの会社でも新しいことをしようと思うと反対派はいるものですが、今の会社は黙り込む人がおらず議論と実践のしがいがあります。

『A・ヒューマン』の求人の質と年収

『A・ヒューマン』のホームページの求人検索機能を利用して集計した結果をグラフ化しました。

※2019年5月25日調べ

【業界別求人件数】

【職種別求人件数】

【年収別求人件数】

【地域別求人件数】

『A・ヒューマン』の運営会社の会社概要と拠点

会社名 株式会社A・ヒューマン
本社所在地 〒107-0062 東京都港区南青山1-3-3 青山一丁目タワー4階
設立 2000年11月1日
資本金 3,000万円
営業拠点 大阪支店
〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-1-5 ザイマックス梅田新道ビル10階(1009号室)
TEL:06-6136-8410

確実にハイクラス転職をするために!

ハイクラスの転職であればJACリクルートメントをおすすめします。

JACリクルートメントはハイクラスと海外勤務の求人を中心に30年以上実績のある転職エージェント。

日本に9拠点(東京・埼玉・横浜・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・広島)と海外(シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ・香港・中国・韓国・ベトナム・インド・イギリス・ドイツ)にグループ会社を持ちます。

A・ヒューマンは2000年設立で、拠点は東京と大阪の2箇所であることからJACリクルートメントの方が一日の長があり、地方や海外在住の人も利用しやすいでしょう。

JACリクルートメント公式サイト