グラフで解説!Ties(タイズ)の口コミ評判|求人の質や年収アップ、特徴は?

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

特定の地域や業界、職種に特化した転職エージェントというものは数多くあるのですが、『Ties』は関西のメーカーに特化している異色の転職エージェントです。

勤務地は関西を中心に全国の求人があり、技術職の求人がほとんどのため年収は高めの500万円以上のものが充実しています。

本記事では『Ties(タイズ)』の口コミ評判、ホームページの求人検索機能を利用して集計した結果をグラフ化してお伝えします。

タイズ公式サイト

『タイズ』の口コミ・評判

Kさん 32歳

Kさん 32歳
モーターメーカー 開発 →
産業用機器メーカー 開発

新卒以来働いていた電機メーカーがモーターメーカーに買収され、会社の雰囲気がガラッと変わり、転職を検討し始めました。

他の転職エージェントは開発職の求人を横並べに紹介してくれたのに比べ、タイズの担当者は私の回路設計技術をピンポイントで欲しがっている求人を紹介してくれました。

サイト管理人

サイト管理人
製造系技術職の転職は営業や事務などの転職に比べると転職先が限られています。

よって技術者の転職は時間がかかる傾向にあるのですが、すぐにピンポイントの求人が見つかったのは転職活動を開始したタイミングが良かったのと、タイズが良い求人を持っていたからでしょう。

技術者に対して求人を横並びで紹介してくる転職エージェントで転職しなくて正解だったと思います。

 

Hさん 30歳

Hさん 30歳
自動車メーカー 施設管理 →
電機メーカー 施設管理

メーカーの求人が本当に充実していました。

dodaも登録して紹介された求人は良かったのですが、最終的にタイズに紹介してもらった求人の方が私の求める条件に合っていました。

サイト管理人

サイト管理人
条件にあった求人が見つかって何よりです。

自動車業界での経験があるのであれば、電機業界でも十分にやっていけるでしょう。

新天地で頑張ってください!

 

Iさん 27歳

Iさん 27歳
自動車部品メーカー 生産技術 →
自動車部品メーカー 生産技術

タイズとメイテックネクストの両方を利用しました。

タイズに紹介してもらった求人も良かったのですが、メイテックネクストに紹介してもらった名古屋の自動車部品メーカーの求人の方が私の経験を活かせつつ条件も良かったです。

サイト管理人

サイト管理人
関西にも自動車関係の会社はありますが、どちらかというと電機メーカー寄りです。

名古屋には世界一の自動車会社があるので、自動車関係だったらメイテックネクストも利用して求人を探す方がいいですね。

 

Gさん 24歳

Gさん 24歳
大手電機メーカー 購買 →
中堅電機メーカー 総合職(営業)

入社2年で大した経験も積んでいないので「転職なんかできるんだろうか?」と思いながら始めた転職活動でした。

しかしタイズの担当者に大手電機メーカーでの研修と購買部での経験を欲しがる中小企業があると教えてもらい自信が出ました。

短い期間でも大手企業出身であることが転職のメリットになるとは知りませんでした。

サイト管理人

サイト管理人
大手企業は新卒で入社したばかりの社員に対して、中小企業では受けさせることのできないような研修を受けさせます。

その研修を受けた若手社員と受けていない若手社員では前者にメリットがあるのは明白です。

もちろん研修を受けただけではいけませんが、転職においてプラス材料であることは間違いありません。

 

Oさん 31歳

Oさん 31歳
塗料メーカー 開発 →
化学品メーカー 開発

塗料メーカーでOEMのような形で生産している塗料の開発を担当していましたが、昔からのルーティーンを繰り返すばかりで面白みがなく、転職することになりました。

タイズは製造系の求人が多いのかと思いきや、化学品メーカーの求人も十分にありました。

タイズに紹介してもらった日系大手化学品メーカーとロバートウォルターズに紹介してもらった外資系化学品メーカーの2択で迷いました。

安定の日系か年収の良い外資系か悩みましたが、最終的に日系の化学品メーカーに決めました。

サイト管理人

サイト管理人
外資系企業は化学品メーカーに限らず、日本企業に比べると人員整理が多くあります。

外資系は年収が良い場合が多いですが、どの仕事人生を選ぶかは求職者次第ですね。

納得のいく転職ができたのであれば何よりです!

【その他口コミ】

Yさん 25歳
電機メーカー 開発課 →
電池メーカー 開発課
Yさん 25歳

Yさん 25歳
電機メーカー 開発課 →
電池メーカー 開発課

大学の物理学科を卒業し、そのまま流れで家電メーカーの技術職に就職しました。

私が配属されたのは洗濯機の開発で、いかに日本品質を保ちながら海外メーカーの価格に対抗するか、ということが課題でした。

しかし入社3年して凄まじい不安感に襲われることになります。

中国上海で開催される展示会の説明要員で出張した時に、中国メーカーの製品の完成度の高さを目の当たりにして、今の会社の先行きが不安になったのです。

それまでの中国製品のイメージは安かろう悪かろうだったのですが、デザインすら洗練されていました。

中国の家電量販電では日本製品は隅に追いやられており、まさかと思い帰国後に日本の家電量販店でも確認をすると、そのまさか。

中国製品が一番いい場所に置いてありました。

「なんで入社3年もしてこんなことに気づかなかったんだろう」とも思いましたが、もう家電製品の製造技術は中国メーカーにとっては難しくなく、日本よりも人件費や工場敷地代が安く、勝てる要素が見当たりませんでした。

家電量販電の洗濯機売り場が、「20代半ばでこの業界に身を置くのは厳しい」と思った瞬間でした。

その後私は大手転職エージェント2社に登録して転職活動を開始。

転職活動を進めるにつれ、電気自動車の技術開発に徐々に興味を持ち始め、電池の技術になりたいと思うようになりました。

その後ネットで色々調べていると、電池メーカーは関西に多く、また関西のメーカー専門の「Ties」という転職エージェントがあることも知り登録。

その後、Ties経由で希望する電池メーカーへの転職が決まりました。

全くの畑違いの技術職(開発)ではありますが、私が25歳という年齢であったことから転職できたとのことでした。

Yさんの抱いた危機感は今の日本の家電業界を表しています。

日本の家電メーカーは品質にこだわりすぎて価格を下げられずにいます。

大胆に価格を下げるためには、原材料を安いものに変えたり、製品の構造を大幅に変更したり、為替を見ながらより人件費の安い国で製造する必要があります。

そのためには品質保証部の承認が必要になるのですが、もし品質保証部がOKした改革案で市場トラブルが起きれば品質保証部の責任となります。

となると品質保証部のベストチョイスは現状維持となり、ますます海外メーカーに置いていかれることとなります。

まだ20大半ばで駆け出しの技術職のYさんが、まさにこれから市場が拡大し日本が強い電池メーカーに転職したのは良い選択ですね。

Aさん 28歳
照明メーカー 技術職(開発部) →
産業用機器 技術職(設計部)
Aさん 28歳

Aさん 28歳
照明メーカー 技術職(開発部) →
産業用機器 技術職(設計部)

京都の大学を卒業して、そのまま大阪の照明メーカーに就職しました。

就職活動をしていた時には何も考えておらず、入社後に知ったのですが日本の照明メーカーは微妙です。

LEDの技術は難しいものではなく、西日本にはベンチャー企業が山のようにあり、海外メーカーも数え切れないほどあります。

あまり将来に希望が持てない業界なのではないかと、就職してから思うようになりました。

というか就職活動の時は何も考えていませんでした。

ある日、営業さんが、大型案件が価格の問題で他社に取られたという話を聞かせてくれました。

お客さんからの評価は同性能で価格は他社が1/3だったそうです。

他社が日本企業なのか海外なのかは分かりませんが、私の中に危機感が募ってきました。

開発職だからこそ思うのですが、その製品を1/3の価格で作れというのは無理難題を超えた問題だと思ったのです。

その後、私は「Ties」に登録をして転職活動を開始しました。

まずは自分の市場価値が知れればいい程度で面談を受けたのですが、その場で紹介してもらった求人に興味を持ち、転職活動が加速することになります。

若手社員を一人募集しているという産業機器のメーカーの求人が私が面談した日に公開されたというのです。

その産業機器は世界でも独自の技術があり、高い利益率を保持したままとのことで、応募することにしました。

面接の時にその会社の製品のだいたいの利益率を聞いた時には本当にびっくりしました。

同じ技術職でも何の製品の開発をするかによって、その給料は大きく変わるんだなろうな、と感じました。

滅多にないチャンスだと思い、一生懸命PRして無事内定。

入社1ヶ月の現在は製品についての基礎知識を学ぶ研修の真っ最中です。

タイズには大変お世話になり感謝しています。

タイズに登録したからこそ出会えた求人だと思ったと同時に、転職はタイミングも大事なんだとつくづく思いました。

確かにLEDは他の電機製品などに比べて難易度が低く日本のみならず世界中でメーカーが乱立しています。

特に中国メーカーの数は極めて多く、中国の地方都市では高額の補助金を出して企業を誘致するような動きもあります。

今の海外の電機メーカーは安いだけではなく品質も上がってきており、日本品質だけで立ち向かっていくのは難しいものがあります。

自社に将来性が見出せなかったのであれば転職は成功だったかもしれませんね。

転職活動をすると、転職でしか入社できない優良企業に出会うことがあります。

儲かっている中小企業の中には適材適所で優秀な人材を中途採用で採用する企業が少なくありません。

そしてこのような求人に出会えるかどうかはタイミングとご縁次第としか言いようがありません。

Aさんはまさにこのパターンで勇気を持って一歩踏み出したのがいい結果に結びついたようですね。

タイズ公式サイト

『タイズ』の拠点

タイズは大阪にのみ拠点を持っています。

関西一の歓楽街「北新地」のすぐ横ですね。

ヒヨやん

ヒヨやん
地方の人でタイズを利用したい場合は電話面談やスカイプ面談をお願いしてみましょう。

大阪本社
【拠点】
〒530-0004 大阪市北区堂島浜1-4-19 マニュライフプレイス堂島4F

【電話番号】
06-6343-9391

【アクセス】

  • JR「大阪」駅 徒歩9分
  • JR 「北新地」駅 徒歩5分
  • 阪神「梅田」駅 徒歩5分
  • 京阪「渡辺橋」駅 (7番出口)より徒歩5分
  • 大阪市営地下鉄 御堂筋線「淀屋橋」駅( 7番出口) より徒歩9分
  • 大阪市営地下鉄 谷町線「東梅田」駅 (7番出口 )より徒歩12分
  • 大阪市営地下鉄 四つ橋線「西梅田」駅 より徒歩5分
  • 堂島地下道(C-92番出口)より徒歩1分

【地図】

『タイズ(Ties)』の特徴(求人の質と年収、拠点)

タイズのホームページの求人検索機能を利用して、求人を集計しグラフ化しました。

ホームページで公開されている総求人件数は3,777件です。

※2019年12月28日調べ

地域別求人件数

大阪を中心とする関西が50.6%、東京を中心とする関東が24.7%で勤務地は関西に限らないことが分かります。

2019年5月に調査した時よりも関西勤務の求人が10%ほど減っています。

 

ヒヨやん

ヒヨやん
なんで勤務地は関西以外が半以上あるの?
サイト管理人

サイト管理人
関西には日本全国はおろか世界の市場で戦っている製造業が多いからだよ!

ちなみに3777件のうち転勤無しの求人は690件だ!

職種別求人件数

特に製造業の技術職が細分化されており、この分野に特に強いことが伺えます。

またIT業界や化学品メーカー、建設系の技術職も扱っています。

次いで事務/管理となり、営業職はさほど多くありません。

ヒヨやん

ヒヨやん
営業や事務の場合は他の転職エージェントを利用した方がいいのかな?
サイト管理人

サイト管理人
どうしても関西の製造メーカーで転職したいんだったら事務や営業でもタイズを利用するといいよ。

特に業界のこだわりがないんだったらリクルートエージェントなどの総合型転職エージェントがおすすめだ!

ちなみにリクルートエージェントにも条件の良い製造業の求人はたくさんあるから興味があれば登録してみると良いよ!

業界別求人件数

「電気/電子/半導体」「自動車」「機械」などの製造業が最も充実しています。

ヒヨやん

ヒヨやん
その他が結構あるけれど、どんな業界があるんだろう?
サイト管理人

サイト管理人
コンクリート製品メーカー、自治体向け防災システムのメンテナンス、電動自転車メーカー、シーケンサーメーカーなどどの業界に入れた良いのか分からないものから、機械に入るんじゃないかと思うようなものまで様々だ!

従業員数別求人件数

従業員1,000名以上の求人が66.7%を占めており、大企業の求人に強いことが分かります。

ヒヨやん

ヒヨやん
やっぱ中小企業の方が年収が低いの?
サイト管理人

サイト管理人
一概にそうは言えないけれど、大企業に比べたら低いところが多いかな。

でもたまに中小企業でこっそり儲かっている会社なんかもあるから、最初から除外するのはちょっともったいないよ!

たまに上場企業並みの年収で中小企業の権限の広さって会社もあるからね。

年収別求人件数

高度な専門性が求められる技術職の求人が多いため年収は他の転職エージェントと比べて高めで、500万円以上が半数以上を占めています。

ヒヨやん

ヒヨやん
これはなんか年収が高い気がする!
サイト管理人

サイト管理人
技術職は平均年収よりも高めだからね。

製造業の技術職だったら「まあこんなものか」という感じだよ。

こだわり条件別求人件数

「転勤なし」の求人は690件と少なく、関西勤務であっても将来は転勤する求人が多くあります。

ヒヨやん

ヒヨやん
製造業で学歴不問ってどういう求人?
サイト管理人

サイト管理人
学歴不問といっても経験が必要な開発職やシステムエンジニアや施工管理系なんかが多いよ。

経験がなくても良いのは、工場での管理業務や製造オペレーターや梱包作業なんかかな。

資格別求人件数

資格を保有しているに越したことはありませんが、資格に関する記載がある求人は515件と全体の1/7以下ですので、資格を持っていなくともタイズを利用した転職は可能です。

ヒヨやん

ヒヨやん
やっぱり資格があった方が転職は有利なんだ。
サイト管理人

サイト管理人
資格があった方が有利なのは間違いない。

でも採用担当者が見ているのは資格よりも経験だよ!

例えば簿記3級を持っている事務経験のない人と、簿記は持っていないけれど事務経験3年の人だったら後者が採用されるケースが多いよ!

タイズ公式サイト

関西以外のメーカーに興味がある人はメイテックネクスト

製造業大国である日本には関西以外の地域にも製造メーカーがたくさんあります。

そんな関西以外の製造メーカーの求人もチェックしたいという方はメイテックネクストも利用してみてください。

メイテックネクスト3つの特徴

  • エンジニアの求人に特化
  • 常時10,000件以上の求人件数
  • 大阪の他にも東京、名古屋、福岡に拠点

タイズは大阪本社の製造メーカーに特化していますが、メイテックネクストは日本全国の製造メーカーに特化しています。

大阪に本社を置く製造メーカーの求人はタイズの方が充実していますが、それ以外の地域の求人であればメイテックネクストの方がお薦めです。

全国の製造業の求人を扱っているためか、求人件数は常時タイズの倍以上の10,000件以上を保有しています。

東京に本社を置き、大阪・名古屋・福岡にも拠点があり、日本全国の製造業者とコミュニケーションも密に取れています。

タイズでいい求人が見つからなかったのであれば、メイテックネクストをお薦めします。

ヒヨやん

ヒヨやん
メイテックネクストは関西の製造メーカーの求人も持っているの?
サイト管理人

サイト管理人
もちろん持っているよ!

でも関西の製造メーカーに関してはタイズの方が一枚上手だね。

製造系技術職の転職ならこの2つをうまく使い分けると良い転職ができるよ!

メイテックネクスト
公式サイト