ハイクラス戦略!iX転職の口コミ評判|求人の質や年収、特徴は?

コロナショックで活動自粛が促されていますが、このようなときだからこそ爪を研ぎ、情報収拾に徹しておくことが重要です。

本記事でご紹介する『iX転職』も『キャリアカーバー』も登録するだけでは担当者は付かずスマホ1台で転職活動を進めることができます。

コロナが去ったときに万全の体制で動き出せるよう、準備を進めておきましょう!

サイト管理人

サイト管理人
こんにちは!採用担当者として15年以上数々の転職エージェントと打ち合わせを行い、1,500人以上を面接、100人以上を採用してきたサイト管理人のしんすけです!

iX転職は2019年3月にサービスが開始されたハイクラス専門のスカウト型転職サイトです。

スカウト型転職サイトとは、人材紹介会社と求職者をつなぐプラットフォーム。

iX転職と提携している人材紹介会社がiX転職を通じて登録者をスカウトし自社の保有する求人を紹介します。

本記事ではiX転職の口コミ評判を、実際にiX転職に登録して利用してみた感想とともにお伝えします!

ヒヨやん

ヒヨやん
よりコンサルティングの評判の高い人材紹介会社に出会うために!

いくつかのハイクラス専用のスカウト型転職サイトを利用した結果、キャリアカーバーが最も良い労働条件で、内定をもらえる可能性も高いと思える求人に多く出会うことができました

「ヘッドハンター検索」「求人検索」「一求入魂スカウトメール」など攻めと受け両方の機能が最も充実しており、業界最大手のリクルートキャリアが2016年から運営しているため蓄積されたノウハウと実績があります。

>>今すぐキャリアカーバーでコンサルティング力の高い人材紹介会社を見つける

『iX転職』の口コミ・評判

口コミ評判は集まり次第、追加予定です。

とにかくレジュメを書き込むことがポイントのようですね。

iX転職はヘッドハンターが日々登録者の登録情報に目を通して良い求職者がいないか探しています。

ヘッドハンターの目に止まる職務経歴、特に自由記述の部分をとにかく書き込んでPRすることがiX転職を利用した転職で重要であることが分かります。

Iさん 35歳

Iさん 35歳
繊維メーカー 営業 年収:600万円 →
繊維商社 営業 年収:750万円(150万円アップ

一般の転職エージェントから紹介された求人の中には年収が100万円以上上がるものもいくつかあり、「もしかしたら自分でもハイクラスの転職ができるかもしれない」と思うようになり『iX転職』に登録をしました。

そんな中『iX転職』からスカウトメールが届き、まさに私の知識と経験を活かすことができる求人を紹介してもらい、その会社に転職することになりました。

サイト管理人

サイト管理人
ハイクラスの転職と言うとお高くとまっている感じがしないこともないんですが、真面目にサラリーマンを10年20年やってきた人はハイクラスの転職ができる可能性は十分にあることが分かりますね。

 

Gさん 38歳

Gさん 38歳
化学品メーカー 営業部 課長 年収:950万円 →
化学品商社 営業部 課長代理 年収:800万円(150万円ダウン

外資系の化学品メーカーに勤めていましたが、人員整理が少ない日系の会社に転職したいと思い転職活動をはじめました。

同期が転職した会社などからも声をかけてもらったりもしましたが、しがらみを避けるため民間の転職サービスを利用して転職をすることにしました。

『iX転職』はレジュメの書き込みが面倒だと思いましたが、書き込めば書き込むだけ反応があり、結果的に私の希望する会社に転職できたので満足しています。

サイト管理人

サイト管理人
私もiX転職に登録していますが、入力項目が少ないとほとんどスカウトが来ませんでした。

ヘッドハンターの立場で考えると、より詳しい情報が記載されている人の方が、スカウトする気になりますね

 

Yさん 52歳

Yさん 52歳
大手電機メーカー 購買部 課長 年収:800万円 →
中堅電機メーカー 購買 部長代理 年収:900万円(100万円アップ

iX転職経由の転職エージェントは失礼ながら私の勉強不足で全く知らない転職エージェントでしたが、担当の方は電機業界のことをよくご存知で確かな実績をお持ちの信頼の置ける人物でした。

私が書き込んだことに反応があるのは、今までの実績を認められたようで嬉しいものです。

転職エージェントの担当者からは、私の大手電機メーカーでの経験は中堅の電機メーカーの部長クラスで十分に通用する、と背中を押してもらい応募をして無事に内定を得ることができました。

サイト管理人

サイト管理人
iX転職と提携しているのは大手から中小の人材紹介会社まで様々です。

人材紹介会社によって得意分野が違うので、iX転職は数ある人材紹介会社に中から自分に合った会社を選ぶのに適したシステムになっています。

 

Aさん 32歳

Aさん 32歳
化学品メーカー 課長 年収:600万円 →
化学品商社 課長代理 年収:850万円(250万円アップ

キャリアカーバーと同時期に利用したのですが、キャリアカーバーの方が圧倒的に良かったです。

iX転職は登録後と登録前でリーチできる情報がほとんど一緒なのに対して、キャリアカーバーはいろんな情報に触れられるようになります。

気がつけばキャリアカーバーばかり触っていました。

サイト管理人

サイト管理人
確かにiX転職は登録しても見れる情報が少ない!

スカウト型転職サイトは結局は登録者がどれだけレジュメを書き込んで、優秀なヘッドハンターにスカウトしてもらうかというところが肝ではあるのですが、個人情報を出すのであれば求人検索くらいさせてほしいものです。

その点『キャリアカーバー』は求人検索に加えて人材紹介会社の求人もできるので良いですね!

 

Eさん 38歳

Eさん 38歳
電機メーカー 営業課長 年収:650万円 →
自動車部品メーカー セールスマーケティング 年収:700万円(50万円アップ

大手電機メーカーで代理店政策に尽力していたのでそのことについて細かく書き込んだところ、大手メーカーの知見を欲しがる中小企業向けの求人の紹介をいくつかもらうことができました。

自動車業界に移りましたが、前職でも付き合いがあった業界なので、特に問題なく働けています。

サイト管理人

サイト管理人
代理店政策を理解して実践できる30代で課長クラス、さらに大手企業に勤めていたということであれば大手企業はもとより急成長中の中小企業などから引く手数多でしょう。

だからこそせっかくのスキルを高く評価してくれる企業に転職したいもの。

企業から「この人が欲しい!」と思われるポイントをうまく強調して転職に成功したようですね。

『iX転職』の特徴

転職サービスは大きく分けて以下の3つに分かれ、iX転職は3番目に該当します。

  1. 転職エージェント:登録した直後から専任の担当者が付く
  2. 転職サイト:登録してから転職完了まで担当者の付かない
  3. スカウト型転職サイト:登録をしても担当者は付かないが、スカウトに応じた段階で担当者が付く

大手の人材紹介会社は一般的にハイクラス向けスカウト型転職サイトを運営しているのですが、業界第2位の求人件数を誇るdodaを運営するパーソルキャリアは運営していませんでした。

この市場に満を持してパーソルキャリア(株)が2019年に開始したサービスがiX転職です。

つまり大手の中では、後発でハイクラス向けの転職サービスを出したことになります。

iX転職は後発であるからこそコンセプトは政府方針を考慮した最新のものになっています。厚生労働省「働き方の未来」

ヒヨやん

ヒヨやん
でもなんで後発でパーソルキャリアはハイクラスのスカウト型転職サイトを始めたんだろう?
サイト管理人

サイト管理人
真意は分からないが、おそらくはパーソルキャリアの一番の強豪であるリクルートキャリアがスカウト型転職サイトで実績を出しているからじゃないかな。

リクルートキャリアの運営する『キャリアカーバー』はiX転職よりも5年前からサービスを開始しいて、スカウト型転職サイトの中でも特に優秀なヘッドハンターと求人が揃っていると評判だよ!

『iX転職』の求人の質と年収

iX転職のホームページ上で公開されている数少ない求人は年収700万円以上であることが確認できます。

iX転職に登録をしても求人の検索はできず、総求人件数や業界・職種・年収の傾向は不明です。

登録せずとも確認できる求人実績では、以下の業界や職種での実績が紹介されています。

「CxO・事業責任者」「事業企画・経営企画」「営業」「IT・Webエンジニア」「経理・財務・人事・法務」「マーケティング・販促・商品開発」「技術職(機械・電気)」「コンサルタント」「金融系専門職」「医療専門職」

求人実績では具体的な社名は記載されておらず、おおよその年収と150文字程度の仕事内容が記載されています。

他社と比べると、保有する求人に関する情報は少ないと言わざるを得ません。

ヒヨやん

ヒヨやん
なんで求人に関する情報が少ないんだろう?
サイト管理人

サイト管理人
求人件数は転職サイトの登録するかどうかを決める際の重要なパラメータだ。

もしかしたら、単純に求人件数が他社よりも少ないから公開していないのかもしれないね。

※iX転職ホームページに記載されている求人の例

確実にハイクラス転職を成功させるために!

iX転職も良いのですが、ハイクラスのスカウト型転職サイトであれば『キャリアカーバー』の方がコンサルティング力の高い担当者に出会うことができます。

【キャリアカーバーの方が優れている点】

  1. 業界最大手が2014年6月から運営している
  2. 求人検索とヘッドハンター検索がiX転職よりも詳細にできる
  3. レジュメを書き込むとより自分に合っている「一求入魂」スカウトが届く

①業界最大手が2014年6月から運営している

キャリアカーバーの方が約5年長く運営していることからスカウト型転職サイトとしてのノウハウと実績が溜まっています。

キャリアカーバーの運営会社は人材紹介業界最大手のリクルートキャリアで運営開始は2014年の6月です。

一方iX転職の運営会社は業界第2位のパーソルキャリアで運営開始は2019年3月です。

②求人検索とヘッドハンター検索がiX転職よりも詳細にできる

iX転職とキャリアカーバー同じスカウト型転職サイトですが、登録をするとキャリアカーバーの方がメニュー数が多く、機能が充実していることが分かります。

特に登録者にとって嬉しいキャリアカーバーの機能は、求人とヘッドハンターの詳細な検索ができること。

iX転職の総求人件数は不明でホームページ上で193件の求人を閲覧できるのみですが、キャリアカーバーは5万件を超える求人を閲覧可能です。

ヘッドハンターに関しては、iX転職はホームページで8件を公開しているのに対して、キャリアカーバーは1,908件の検索が可能です。※2019年12月8日調べ

気になった求人への応募が依頼できたり、ヘッドハンターに相談を行うことができるのはキャリアカーバーの大きなメリットです。

【iX転職とキャリアカーバーのメニュー数の違い】
※iX転職にしか無い「お問い合わせ」はキャリアカーバーでは「ヘルプ」の中に入っている。

③レジュメを書き込むと、より自分に合っている「一求入魂」スカウトが届く

 

キャリアカーバーの方がより自分に合った求人が送られてくる機能が付いています。

キャリアカーバーではログインした時に「一求入魂」と表示が出る場合があります。

※パソコンでログインしたキャリアカーバーの画面

ヘッドハンターが「特にこの人は自社の保有する求人に合致しそうだ!」と思った人に対して送られます。

私の場合も、まさに自分の経験とスキルが合致する企業の求人が提示され、ちょっとびっくりしました。

そしてこの一求入魂はレジュメを詳細に書き込んだ後に届きました。

キャリアカーバーへ登録の際には、プロジェクトの概要や実績に関する定量的なデータ(人数・期間・金額等)を書き込むことをお奨めします。

レジュメを書き込むことによりヘッドハンターがあなたの経験やスキルが、自分の担当する求人と合致するかイメージしやすくなる、スカウトが届きやすくなります。

キャリアカーバー
公式サイト