ニート歴1年が今すぐ就職するために知っておくべき5つのこと

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

正社員として就職したいという希望があっても、「そろそろ就職活動しないとな~」と思いながら、なかなか行動に移せないってことがあると思います。

特に今まで一度も就職活動をしたことがない方は、「就活」という文字を見るだけで、なんか難しそう…という不安を感じるのかもしれません。

動き始めたらすぐにやる気になるのでしょうが、とにかく最初の一歩が大変ですよね。

だから、今回は就職活動の最初の一歩を踏み出すのが難しいと感じている方に向けて、どうしたら気軽に就職活動ができるかについて考えてみました。

あなたが就職活動をズルズルと先延ばしにしている状況だとしても、この記事を読めば少しは就職活動へのやる気が出てくると思いますよ。

今までに働いた経験が少ないと、就職活動へのハードルが高く感じられますよね。

でも、それは就職活動を少し誤解しているからなんです。

これから、就職活動をするために知っておくべきことについて説明するので、ぜひ誤解を解いて就職活動の本当の姿を知ってくださいね。

就職活動とは大学生の特権ではなく、誰でもいつでもできる

「就活」という言葉のイメージは大学生が同じようなスーツを着て、企業を渡り歩くようなイメージがありますよね。

もしかして、あなたは大学生ではないから就職活動をしてはいけないと思っていませんか?

だとしたら、ものすごくもったいないことですよ。

大学生が行っている就活は、就職活動全体から見たら一部に過ぎないんです。

つまり、大学生以外にもたくさんの人々が就職活動を行っているということ。

一昔前は就職活動をする人の大半が大学生だったかもしれませんが、今は違います。

大学に通っていても就職活動をしないという人もいますし、中退してフリーター生活を何年かしてから就職活動をする人もいます。

「そろそろ正社員として就職したいな~」と思ったタイミングで就職活動を始めるニート歴1年の人がいたり、学校を卒業してから就職活動を始める人など、背景は様々。

就職活動は誰でもいつでもできるのが特徴で、世の中には大学生以外で就職活動をしている人が結構いるんですよ。

ただ、大学生の就職活動のようにマスコミで取り上げられないので、知らない人が多いだけなんです。

だから、「大学生じゃないから就職活動できない…」なんて思い込みがあったら、今すぐに捨てましょう。

あなたも堂々と就職活動していいんですよ。

中退も東大も一緒!社会に出たらみんな同じスタートラインに立つ

「学歴に自信がないから就職活動に積極的になれない…」という方も多いと思います。

学歴が高いほうが就職に有利なのは本当です。

でも、有利なだけで、学歴があるからと言って、社会人として成功できる保証はないんです。

東大に入るためには相当の努力をしているのでしょうが、打たれ弱くて社会に出たら役に立たなかった…という東大出の人の話をよく聞きます。

逆に、学歴はないけれど今までに苦労をしてきたハングリー精神のある人が、入社したら一気に売り上げトップ!とかもよくありますね。

勉強と仕事は別なんです。

就職活動では、学歴を重視する傾向の企業もありますが、あなたが学歴で判断されたくないと思ったら、学歴重視の会社の求人に応募しなければ良いだけです。

探せば学歴関係なしで募集している求人があります。

そういった企業は、学歴だけで選ぶと使い物にならない人にあたってしまう可能性があることを知っているのでしょう。

だから、あなたが学歴に自信がなくても大丈夫です。

「学歴関係なし=社会に出たらみんな同じスタートラインに立つ」ということを知っている企業の求人を探しましょう。


そんなに心配しなくてもいい。就職先は探せばある

今までに働いた経験が少ないと、「自分なんてどこも雇ってくれないのではないか?」と思うのも分かります。

自信がないと就職活動をしても無理なんじゃないかと思ってしまいますよね。

でも、そんなに心配しなくてもあなたを求めている就職先が必ずあります。

実は、今の日本社会では20代の人を欲しがっている企業が山のようにあるんです。

20代なら実績より将来性が期待を期待して、働いた経験が少なくても問題視しない企業はたくさんあります。

自分に価値があることに気付いていない20代の人が多いようですが、ぜひ20代の可能性を生かしてほしいと思います。

それに、頑張って求人に応募しても、落とされることを恐れている人もいるでしょう。

運がよければ一社目で内定がもらえることもありますが、就職活動をしているほとんどの人が応募してもダメだったという経験を一度くらいはしているので、落とされることはそこまで気にしなくてもいいと思います。

輝かしい学歴があっても、不採用だったなんてことはよくあることですからね。

20代という貴重な財産があるのであれば、チャレンジしてみてくださいね。

スーツを買う手前までのお気軽就活をやってみる

就職活動と言えばスーツですよね。

スーツがないから就職活動できないと思っている方もいるかもしれませんね。

もしそうだったら、スーツを買う手前までのお気軽就職にしたらどうですか?

スーツなんて1時間もあれば買いに行けますから、スーツなしで就職活動を始めてしまえばいいのです。

とりあえず転職エージェントに登録をしてみると、就職活動の雰囲気を味わうことができますよ。

転職エージェントは無料で利用できますし、面談を受けて自分がどんな仕事に向いているか発見したという人もたくさんいます。

転職エージェントを利用する時にスーツの必要はありませんから、登録をしたら普段着で面談を受けに行けばいいだけです。

ネットで簡単に登録できるので、登録してみると就職活動の第一歩が踏み出せるでしょう。

転職エージェントを使った時の流れとしては、まず登録をし、それから担当者と面談をしてあなたに向いている仕事を検討します。

その後、担当者と一緒に求人を探す感じですが、求人を見て興味がでなかったら、すぐに就職活動をやめればいいと思います。

転職エージェントが、無理やり就職しろと言ってくることはありませんからね。

参考までにおすすめの転職エージェントを紹介すると、第二新卒、既卒、フリーターなら、同じ境遇を経験している担当者がいるウズキャリがおすすめです。

ウズキャリは面談時間が長いので、アルバイトが忙しい人は時間の調整が難しいかもしれませんが、手厚いサポートを受けられますよ。

後は、求人がIT系に偏っているので、IT系希望の人はウズキャリを使ってみてください。

書類審査で学歴や経歴で落とされたくないという希望がある場合には、書類審査無しで面接が受けられるDYMが向いています。

DYMは、体育会系のノリの担当者が多いようなので、苦手な場合には別のエージェントがいいかもしれません。

未経験OKの求人が多く、中卒以上の学歴があれば利用できるハタラクティブは、働いた経験が少ないニートの方に最適です。

でも、ハタラクティブの利用者は20代が90%なので、30代以降は希望するような求人が無い可能性があるということを覚えておいてください。


転職でのステップアップを検討する

就職活動をしてみると、あなたの希望にマッチするような求人が見つからないということもあると思います。

もし、就職活動をしてみて「これなら正社員にならなくても…」と感じた時には、とりあえず就職をして正社員経験を積み、それから転職してステップアップするという方法を検討してみてください。

なぜなら、このまま社会人経験がないままで年齢を重ねると、正社員として就職すること自体が難しくなってしまうからなんです。

だから、今すぐに希望する会社に入ろうと思うのではなく、まずは正社員として就職することを目標にしてもいいと思います。

もちろんどこでもいいから就職したほうがいいという意味ではないですよ。

あなたが「ここで働きたい!」と思えることが一番大切です。

最後に

就職活動に少しでも興味を持ってもらえたでしょうか。

就職活動では、年齢が若いことが重視されることが多いので、一日でも早く就職活動を始めてしまえば、それだけ条件の良い会社に入れる可能性が高まります。

特に学歴や経歴に自信がない場合には、年齢が若いうちのほうがいいと思いますよ。

就職活動は、始めるのもやめるのも全てあなたが自由に決めることができます。

周りに振り回されることのないよう、あなたのペースで就職活動に取り組んでみてくださいね。