奥義伝授!ウズキャリの面談の予約・キャンセル ・土日・服装・持ち物・流れは?カウンセリングは相談だけでもいいの?

サイト管理人

サイト管理人
こんにちは!15年以上数々の転職エージェントと打ち合わせを行い、1.500人以上を面談し100人以上を採用してきたサイト管理人のしんすけです!

ウズキャリはフリーターや第二新卒専門の転職エージェント。

本記事ではウズキャリの面談をより有意義にするためのポイントを詰め込みました。

◆この記事の要約◆

【面談の予約方法】
公式サイトの登録フォームに必要事項を入力して登録。
その後、ウズキャリから電話かメールで連絡があるので、面談の日程を確定。

【土日対応】
土日対応なし

【キャンセル】
面談の予約を確定させた際に連絡のあった電話番号もしくはメールに連絡。
※当日キャンセルの場合は即電話連絡

【面談場所】
東京(東京都新宿区西新宿3丁目11-20 オフィススクエアビル新宿 3階)
横浜(神奈川県横浜市西区南幸2丁目21)
大阪(神奈川県横浜市西区南幸2-21-5 ヤナガワビル 8-3)

【服装】
私服でもスーツでも良いがスーツを推奨

【持ち物】
カバン・ノート・ペン

【準備しておく情報】
アルバイト・職務経験・譲れない条件・興味のある仕事・やりたいこと・やりたくないことなど仕事に関する情報全て

【面談の流れ】
自己紹介→カウンセリング→求人紹介

ウズキャリ
公式サイト


ウズキャリの面談の予約の方法と土日対応

ウズキャリの面談を受けるためには、まず最初に公式サイトから会員登録をしましょう。

登録フォームに最終学歴、就職希望時期(選択式)、名前、生まれた年、電話番号、メールアドレス、電話がつながりやすい時間帯(選択式)を記入し登録すると、ウズキャリから電話がかかってきます。

記入にかかるのは1分ほどなので、時間がなくてもすぐにできます。

登録フォームの最後に備考欄があるので、何か質問やお願いをしたい場合には、備考欄に記入しておきましょう。

平日の9~18時は営業時間内なので、登録をしてすぐに電話がかかってくることもあります。

電話が苦手な方は心の準備をしておいてくださいね。

営業時間外に登録をした場合には、翌営業日には電話がかかってくると思います。

電話でのヒアリングは10分ほど。

その電話で、既卒になった理由などの質問を受けるかもしれませんが、就職の面接ではないので、自分のペースで答えればOK。

ここでの受け答えが悪いという理由でウズキャリが使えなくなるといったことはないので、リラックスして話をしてください。

話しにくいことがあれば、それをそのままキャリアカウンセラーに言えば大丈夫です。

キャリアカウンセラーはあなたの味方なので、必要以上に頑張らなくても良いですよ。

そして、この電話であなたの予定とキャリアカウンセラーの予定を調整して面談の日にちを決定し面談の予約が完了します。

ウズキャリは土日はお休みですので注意が必要です。

面接当日の1時間前までに簡単な履歴書を送ってほしいと言われることもあるので、用意する履歴書について分からないことがある人は、電話で聞いておきましょう。

電話での質問が間に合わなかった時には、後日メールなどでも確認できますよ。

>>予約方法が分かったのでウズキャリに登録する

ウズキャリの面談のキャンセル

もしウズキャリの面談を予約した後にキャンセルをしたい場合は、面談を予約した際に把握したウズキャリの電話番号かメールアドレスに連絡をしましょう。

面談の前日以前であればメールの連絡でも構いませんが、当日キャンセルの場合はキャンセルが確定した時点でウズキャリに電話で連絡をしましょう。

万が一のキャンセル、面談の時間への遅刻に備えて、面談を予約した際に把握したウズキャリの電話番号はスマホに登録をしておき、メールアドレスはフラグをつけておくことをお勧めします。

>>キャンセル方法が分かったのでウズキャリに登録する

ウズキャリの面談の場所

ウズキャリの面談はホームページ場で公表されていませんが、運営会社である(株)UZUZの拠点のいずれかで行われるものと予想します。

以下が(株)UZUZの拠点一覧となります。

株式会社UZUZ
〒160-0023
東京都新宿区西新宿3丁目11-20オフィススクエアビル新宿4 階
TEL:03-5333-0802

UZUZ横浜オフィス
神奈川県横浜市西区南幸2丁目21

UZUZ大阪オフィス
〒550-0011
大阪府大阪市西区阿波座1-3-18エッグビル本町 2F 201号

>>最寄りのウズキャリの拠点でカウンセリングを受ける

ウズキャリの面談の服装

ウズキャリの面談に行く際の服装の正解は「リラックスできる服装」です。

つまり私服でもスーツでもOKです。

面談はあなたを採用するかもしれない企業との面接ではありません。

面談の目的は、担当者にあなたのことを理解してもらうことにより、あなたに合った求人を紹介してもらい、その後必要なサポートを受けることです。

まずはあなたのことをウズキャリの担当者に理解してもらわなければ、あなたに合った求人を紹介してもらえませんし必要なサポートを受けることもできません。

あなたがリラックスして就職や転職に対する思いを担当者に伝えるために、いつも通りの服装のほうがリラックスできるというのであれば、私服がベスト。

就職するかどうか決めていなくて相談だけしたい、就職する気はあるけれどもスーツを持っていない、という場合も私服でOKです。

スーツの方が気が引き締まって良い、スーツに慣れていないから練習をしておきたい、というのであればスーツがベストです。

実際に就職・転職の面接ではスーツ着用になる場合がほとんどなので、せっかくの機会を活かしたいのであればスーツで面談に行ってください。

転職の面接時の服装に不安がある方も、面談時にスーツを着ていけば、その場でキャリアカウンセラーに身だしなみチェックをしてもらえます。

足りないものがあったら買い物しておかないといけないことになるので、早めに身だしなみチェックをしておいて損はありません。

>>リラックスできる服装でウズキャリの面談に行く

ウズキャリの面談の持ち物

面談に必要なものはノートとペン、またウズキャリから履歴書を持ってくるように言われたのであればこれらの書類も用意しましょう。

履歴書や職務経歴書の書き方が分からなければ「履歴書 書き方」などでググれば丁寧に解説しているサイトを見つけることができます。

ウズキャリの面談で準備しておく情報

さて持ち物はそんなに多くないのですが、一番大切なのはあなた自身の就職・転職に関する情報をまとめておくことです。

面談本番ではウズキャリの担当者が丁寧に順序よく質問を投げかけてきます。

それに応えることであなたが合っている業界や職種を提案してくれることになるのですが、事前に以下のことを面談に持っていくノートにまとめて書いておくと面談がよりスムーズに進みます。

「何が分からないかが分からない」という状態を脱している状態が理想です。

  • 学校で学んだこと
  • どんなアルバイトをしたことがあるか
  • 好きなことや趣味
  • 就職・転職したい理由
  • どんな仕事をしたいか
  • どんな仕事をしたくないか
  • 就職・転職先に求める労働条件
  • 就職・転職に関して分からないこと
  • 就職・転職に関して不安なこと
  • 質問事項

【ここがポイント!】

ウズキャリの担当者はどの求職者に対しても差をつけずフラットに対応しサービスを提供してくれます。

しかしどの転職エージェントの担当者も一人の人間。

自分を頼ってくれる人、転職に一生懸命の人に対してはついつい協力的になってしまうものなのです。

ウズキャリを利用した転職活動でのポイントは、あなたがウズキャリの担当者から見て「ついつい協力的になってしまう人」になることです。

そのために一番必要なことはすでに解説しました。

それはあなたの就職・転職に関する情報をノートにまとめておくということです。

ウズキャリの担当者は、事前にまとめた情報が書いてあるノートを広げながら面談に臨む求職者を目の前にすると、「就職・転職を真面目に考えているんだな。この求職者の力になりたい!」と思ってくれることでしょう。

これに加えてあと二つ「ついつい協力したくなってしまう人」になるポイントをお伝えします。

それは

  • 面談前にウズキャリとウズキャリの運営会社のホームページを読んでおく
  • 面談後の電話やメールのレスポンスを迅速に行う

この二つは一人前の営業職であれば日常的に行なっていることです。

ウズキャリに応募する人は比較的社会経験の少ない20代の人が多くなります。

ウズキャリとの面談の時点でここまでできていると、「この人は優秀な人だな。」という印象を持ち、いい求人を紹介してくれる確率が高まります。

>>面談のポイントが分かったのでウズキャリに登録する

ウズキャリの面談の流れ

登録をすませて、面談の予約をしたら、当日は時間に遅れないように面談場所に着くようにしましょう。

初回カウンセリングは2時間とのことなので、時間には余裕を持って面談に行ってください。

万が一遅刻するときは、遅刻することが確定した時点でウズキャリに電話をして、遅刻する旨と何時何分に到着する予定かを伝えましょう。

面談では、事前に送ったあなたの履歴書を見ながら話しを進めることになると思いますが、どんな経歴だったとしても、正直に話すのが大事。

ふとした会話がきっかけで、あなたに合った求人が見つかることがあるので、気持ちをありのままに話して、自分の希望ややりたいことなどを素直に伝えましょう

いきなりぶっつけ本番では、あとで「あれも言っておけば良かった!」となる可能性もあるので、先ほどお伝えしたようにあなたの就職・転職に関する情報はノートにまとめておきましょう。

最初の面談では、自分の希望する職種ややりたいことが100%決まっていない人がほとんどです。

だから、聞かれても何を答えたら良いか分からない…という方は、それをそのまま言えばいいです。

そこから、キャリアカウンセラーが質問をして、答えを元にあなたが何に向いているのかを探してくれます。

それがキャリアカウンセラーの仕事なので、分からないことは分からないと遠慮なく伝えてくださいね。

年齢が近き元既卒や元第二新卒キャリアカウンセラーが多いので、上から目線で話をされることはないと思いますよ。

それにウズキャリの一番の魅力は、時間をかけて面談をしてくれること、手厚いサポートが受けられることなんです。

面談にかける時間は、同じような転職エージェントに比べて10倍。

最初の面談だけでなく、今後の求人探し、面接対策など全てで約2時間の面談時間を確保しています。

就職活動では登録者の精神状態を良い状態に保つのが大切という理由で、ウズキャリでは精神的なサポートにも力を入れているとのこと。

そのため、就職にまつわること以外も相談に乗ってくれます。

例えば、家族の体調が悪くて介護が必要な場合には、介護状況が就職活動に関わってきますよね。

そういったプライベートなこともキャリアカウンセラーに話して、あなたの今の状態に一番マッチする求人を探してもらってください。

それ以外にも、こんなこと知らないの恥ずかしいのかな?と思うことでも、思い切って質問してみると親身になって聞いてもらえ流でしょう。

>>面談の流れが分かったのでウズキャリに登録する

ウズキャリの面談の口コミ評判

Hさん 24歳

Hさん 24歳
大型書店 アルバイト販売員 年収:約180万円 →
組込み系ソフト開発会社 保守メンテナンス業務 年収:300万円(120万円アップ)

ウズキャリの面談では最初に履歴書を見ながら、経歴について質問されました。

履歴書は面談予定日の1週間前までに送ってくださいと言われて、メールに添付して提出したものです。

正社員経験がないから履歴書の内容について話すのは気が重かったのですが、ウズキャリの担当さんが世間話をしてくれたので徐々に緊張がとれていきました。

経歴に関して批判的なことを言われなかったので安心しました。

Wさん 26歳

Wさん 26歳
アパレルショップ アルバイト販売員 年収:280万円 →
業務管理システム開発会社 営業 年収:270万円(10万円ダウン)

ウズキャリで役立ったのは面接対策です。

とにかくみっちりと練習するから、本番では答えが口からスラスラと出てくるようになります。

面接を受け終わった後はフィードバックがあって、内定がもらえなかったら反省点を出してさらに面接対策をする…そんな感じで、凄い熱量でした。

ウズキャリのアドバイザーは既卒者の転職活動に強いので、既卒者向けの面接対策をしてもらえたのが一番のメリットです。

普通の中途採用の人とは聞かれることが違うから、既卒者は既卒専門のエージェントを使ったほうが良いですよ。

Uさん 25歳

Uさん 25歳
IT系中小企業 システムエンジニア 年収:310万円 →
制御プログラム開発会社 システム設計技術職 年収:310万円(同額)

就職してわずか数年で転職することに罪悪感がありましたが、ウズキャリのコンサルタントは第二新卒経験者だと聞いて、ウズキャリなら僕の気持ちを分かってくれるかもしれないと思って登録しました。

面談で一番びっくりしたのは、コンサルタントがフレンドリーだったこと。

転職エージェントって固いイメージでしたが、コンサルタントというよりも友達同士のノリに近い感じでした。

上から目線な感じがなくてこちらの気持ちに寄り添ってくれたんで、カウンセラーとの会話でイライラしたことはなかったです。

だから、転職先への希望も贅沢なくらい条件を出させてもらいました。

第二新卒を歓迎してくれて、条件もほとんど満たしている職場に転職できました。

Iさん 26歳

Iさん 26歳
半導体メーカー 一般事務 年収:280万円 →
エンジニアリングソリューション事業会社 エンジニア 年収:310万円(30万円アップ)

ウズキャリは求人数が少ないと聞いていたので、面談でどれくらい求人があるか聞いたら50社くらいだと言ってました。

それを聞いて、求人には期待できないと感じました。

ただ使ってみて分かったのは、ウズキャリは内定が取れるエージェントです。

数は少ないものの徹底的にサポートしてくれるから、成功率が高い気がします。

面接の反復練習にここまで力を入れているのはウズキャリくらいじゃないでしょうか。

何度も繰り返すことで本番に強くなるからすごく実用的な方法です。

大手は求人数は多いけどここまでのサポートをしてくれないんで…そのせいか、落とされる率も高くて内定が取りにくいんですよね。

Oさん 24歳

Oさん 24歳
建築施工会社 工事監理者 年収270万円 →
アプリケーション開発会社 提案営業 年収:300万円(30万円アップ)

ウズキャリで地方から都心部への転職を叶えました。

面談に時間をかけるとHPに書いてあったので現地まで何回くらい行くか聞いたら「Skypeでも大丈夫ですよ」と教えてくれて助かりました。

求人もSkypeでの紹介だったけど、丁寧に説明してくれたので不安はなかったです。

ほとんどの面談をSkypeで行い、面接直前にある模擬面接だけウズキャリまで出向きました。

地方から東京に転職したい人はウズキャリと使えば交通費が節約できますよ。

Yさん 25歳

Yさん 25歳
分譲住宅建築販売会社 営業 年収:290万円 →
運転支援システム開発会社 システム開発担当 年収:290万円(同額)

ウズキャリの初回面談は1時間半ほどでした。

他のエージェントに比べるとかなり手厚い内容だと思います。

求人紹介以外にも、私が詳しく知らない職種の説明までしてくれたので、新しい分野にも挑戦したくなってきました。

あとは、今の悩みだとか今後への不安を聞いてもらえたのも大きかったです。

そこで本音をさらけ出せたので、転職先を選ぶ時に「そこだと今と同じ悩みが出るかもしれません」と教えてもらったりして。

担当さんにここまで何でも言えたのはウズキャリだけです。

Fさん 29歳

Fさん 29歳
幼児教育運営会社 アルバイト講師 年収:約200万円 →
アプリ研究開発事業会社 システムエンジニア 年収:300万円(100万円アップ)

ウズキャリで紹介してもらった求人は年収250万円~300万円くらいだった。

物凄い待遇が良いというわけではないけど、フリーターから正社員になる人にとってはまあまあの条件だと思う。

自分は未経験でSE職に就いて、頑張ればこれから年収を上げられそうだし。

バイト時代は先のこと考えると暗くなってたけど、今は将来が少し楽しみ。

正社員になるだけでこんなに気分が違うのかと驚いてる。

Mさん 23歳

Mさん 23歳
人材会社 人事 年収:320万円 →
メディアマネタイズ支援事業 経理・IR担当 年収:300万円(20万円ダウン)

ウズキャリで転職したけど、かかった期間は1ヶ月くらい。

面談で求人を紹介してもらってすぐに応募って感じじゃなくて、私の場合は決めるまでに1~2週間かかりました。

書類選考、面接を終えて内定が出たのが、面談の日から1ヶ月後でした。

求人紹介、書類作成、面接対策、模擬面接とかでウズキャリに行く回数は思ったより多かったですね。

仕事が忙しかったりで面談の時間が取れない人は時間調整が大変かもしれません。

私は最初に応募した企業で内定がもらえたので、スムーズに進んだほうだと思います。

Nさん 24歳

Nさん 24歳
飲食店経営会社 店舗運営担当 年収:270万円 →
人材広告企業 代理店営業 年収:280万円(10万円アップ)

ウズキャリで見つけた求人で3社の面接を受けました。

最初はしたい仕事がないボンヤリした状態でのスタートでしたが、ウズキャリのコンサルタントさんのアドバイスに従って転職活動を進めました。

面談を繰り返すうちに感触が良くなってきて、最後は「この仕事がしたい!」と自信をもって思える企業を見つけられました。

こんな中途半端な気持ちで転職先を決めたら後悔する…?と心配してましたが、コンサルタントさんに助けてもらえて良かったです。

時間をかけて話を聞いてくれたので、緊張しいの自分でも要望を伝えやすかったです。

自分で決めた会社に入り、今はやりがいのある毎日を送っています。

Aさん 24歳

Aさん 24歳
食品加工会社 アルバイトスタッフ 年収:約200万円 →
システム構築・運営会社 システムエンジニア 年収:290万円(90万円アップ)

IT系に偏ってると言われてるけど、逆に言えばエンジニア希望の既卒、第二新卒はウズキャリを使うべきってことだと思う。

フリーターから正社員になろうと思うと結構大変で、舐めてると痛い目に遭う。

でも、ウズキャリを使えば未経験でもエンジニアになれる会社を探してくれる。

自分にとってこれほど良いサービスはないと感じた。

過去にウズキャリ経由で小さい会社にエンジニア就職した人が、そこで経験を積んでから大企業に転職してキャリアを積んでるってアドバイザーが言ってた。

自分もそのコースで行くつもり。

エンジニアなら転職は難しくないから、いずれは大きいとこで働きたい。

Sさん 25歳

Sさん 25歳
ソーシャルゲーム開発会社 営業 年収:270万円 →
ビジネス系研修提案企業 営業 年収:310万円(40万円アップ)

留学経験があるので語学力を活かせる仕事に就こうと思ってましたが、新卒でやっと内定をもらえたのは英語とは全く関係のない企業。

その時の不満がずっと引っかかっててモヤモヤしてたので、ウズキャリで語学力を活かせて第二新卒でもとってもらえるところはないか聞いてみたんです。

そうしたら今の会社を教えてくれて、すぐに応募しました。

1ヶ月もかからずに内定をもらえて…予想外の展開でした。

あそこで思い切ってウズキャリに来て良かったと心の底から思います。

Eさん 26歳

Eさん 26歳
設備工事会社 アルバイト事務 年収:約200万円 →
アウトソーシング事業会社 エンジニア 年収:310万円(110万円アップ)

ウズキャリの担当さんに言われたことが今でも頭に残ってます。

「今は何もスキルがなくても良いじゃないですか。これから専門性を身に付ければ問題ありませんよ」と、アルバイト経験しかない私に言ってくださいました。

しかも「エンジニアの仕事は今後さらに需要が高まるから、期待できますよ!」と励ましてくれたから、前向きに転職活動に取り組めました。

何度か不採用になったのに頑張り続けられたのは担当さんのお陰です。

それに自分にはIT系は無理と思ってたけど、やってみると意外と向いてると思いました。

Aさん 23歳

Aさん 23歳
お好み焼き屋 アルバイトスタッフ 年収:約150万円 →
情報通信事業会社 カスタマーサポート担当 年収:290万円(140万円アップ)

どんな仕事が世の中にあるのかよく知らない状態での転職活動でしたが、担当の方はホワイトボードを使って丁寧に説明してくれました。

その時に各職種ごとの特徴やどんな人に向いているかを教えてもらったので非常に参考になりました。

フリーターでなんのスキルもない私が就職できるか心配だったのですが、「うちではフリーターから正社員が普通ですよ。未経験で就職して長く働き続けている人がたくさんいるので心配いりません。」と言ってもらえたのも嬉しかったです。

それまでは正社員就職なんて夢物語だと思ってたのが一気に現実味を帯びてきました。

こんな私でも正社員になれたんだから、迷ってる人はウズキャリに登録したら良いと思います。

Tさん 29歳

Tさん 29歳
コンビニ アルバイト店員 年収:約190万円 →
IT系ベンチャー企業 開発エンジニア 年収:270万円(80万円アップ)

ウズキャリ行ったら「30歳を超えると求人はほとんどないです」と言われた。

ギリで間に合ったけど危なかった・・・

転職するなら早いほうが良いって言われてるのは本当だと実感した。

面談で「ここは年齢的に厳しいかもです。」と言われて諦めたとこがいくつかあるから、それが今でも心残り。

もっと早くウズキャリ行ってたらな~とか考えても仕方のないこと思ってる。

Kさん 25歳

Kさん 25歳
IT系ベンチャー企業 エンジニア 年収:270万円 →
高周波機器製造・販売会社 商品開発SE職 年収:290万円(20万円アップ)

ウズキャリだと企業の面接を受ける前に面接の練習を2時間くらいするから、面接本番と合わせて半日が潰れます。

その時間を捻出するのがちょっと大変でした。

でもウズキャリは平日だけでなく週末も対応してくれるのがすごく良いですね。

あと電話やSkypeでもOKなので時間が取れない時にはそれらを利用しました。

面接対策もSkypeでしてもらえますよ。

それに転職相談の時間さえ確保できれば、後は全てお任せできます。

求人探しをする時間が省略できたのはありがたかったです。

たくさんの求人を検索して見比べて…この作業ってすごく時間を食うから、希望を伝えるだけでいいのは時間の節約につながります。

Hさん 23歳

Hさん 23歳
美容系サービス提案会社 提案営業 年収300万円 →
計測機器メーカー 事務 年収:320万円(20万円アップ)

ウズキャリは事務職希望だとタイミングによっては求人がないと言われるかもしれません。

最初に「事務職も見たい」と言ったら「今は事務系のスキルがないとダメな求人しかない」と言われてIT系の仕事を勧められました。

タイミングさえ良ければ条件の良い事務もあるみたいなんですけどね。結局他社を利用しました。

Oさん 22歳

Oさん 22歳
イタリアンレストラン アルバイトスタッフ 年収:180万円 →
IT系ベンチャー企業 プログラマー 年収:280万円(100万円アップ)

ウズキャリのサポートの手厚さは他とはレベルが違う。

面談には「学生マインドの払拭をする」っていう目的もあるみたいで、単に就職させるだけでなく仕事を続けるための働きかけまでしてくれる。

かと言ってスパルタってわけではなくて、担当者が手取り足取り社会人として働く方法を教えてくれる感じ。

だから、ここだったら「これを聞いたら恥ずかしい?」とか気にする必要がない。

小学生レベルの質問でもバカにせずに答えてくれるから、正社員経験のない人でも安心して就職活動できるんじゃないかな。

Uさん 25歳

Uさん 25歳
健康食品会社 ショップアテンダント 年収:330万円 →
システム設計開発会社 システムエンジニア 年収:350万円(20万円アップ)

私は文系出身ですが、ウズキャリを使ってエンジニアデビューしました。

IT系に憧れてたけど知識がないから無理だと思って候補にも入れてませんでした。

でも、ウズキャリの方に「文系で経験がなくても転職できます」と教えてもらって。

しかもホワイト企業に入れたので、長く働けそうな予感がします。

他のエージェントよりも求人数が少ないし、若い担当者だったし、正直どうかな?と思ったこともありましたが、結果的にはウズキャリにして良かったです。

Oさん 27歳

Oさん 27歳
データマーケティング会社 派遣社員 年収:250万円 →
金融系IT会社 ITエンジニア 年収:250万円(同額)

ウズキャリは内定が出るまで求職者を見捨てずにサポートしてくれる温かいエージェントです。

これまで書類でほとんど落とされてたのに、ウズキャリで添削してもらったら書類で落ちる回数が激減しました。

それでも超あがり症で面接では失敗ばかり。

やっぱり無理なのかも…と落ち込んでましたが、そんな私に寄り添ってくれたのはコンサルタントさんです。

何度も模擬面接を行ってくれてこちらが申し訳なく思うほどでした。

やっとに1社から内定がもらえて、本命は別だったのですが、コンサルタントさんが交渉して本命の選考を早めてくださいました。

お陰で無事に第一希望の企業の内定を確保しました。

感謝しきれないほどの気持ちです。

Iさん 25歳

Iさん 25歳
総合建設会社 社内SE 年収:350万円 →
システム開発・運用会社 エンジニア 年収:310万円(40万円ダウン)

大手のエージェントを使ってましたが「早くエントリーしろ!」というプレッシャーに耐え切れませんでした。

ウズキャリはそういう強制感がないので最後までお世話になりました。

1人当たりの受け持ちも少ないのか他の人にかかりきりになって放置されることもなく、常に時間をたっぷりかけて面談を行ってもらえました。

面接対策では応募する企業ごとに模擬面接をしてくれるのが効果的だったと思います。

企業によって質問内容が違うので、それが事前に分かるのは大きい収穫でした。

私の担当者は同い年でちょっと頼りなかったですけど、それでも説教くさい年上のアドバイザーよりもずっと良かったです。

Tさん 23歳

Tさん 23歳
ファーストフード店 アルバイトスタッフ 年収:約180万円 →
IT系アウトソーシング事業会社 インフラエンジニア 年収:270万円(90万円アップ)

ウズキャリはLINEでやり取りできるのが楽でした。

LINEだと親近感が持てるので。

でも私は大手企業を希望していたので、中小やベンチャーが多いウズキャリとは合いませんでした。

しかも2時間も面談に時間を使うのに紹介してくれる求人が少ないのも不満でした。

できるだけたくさんの求人を見て決めたい人は、ウズキャリだと数の少なさにガッカリすると思います。

Gさん 26歳

Gさん 26歳
金属加工メーカー 社内SE 年収:300万円 →
ITインフラ基盤サービス事業会社 SE 年収310万円(10万円アップ)

前の就職活動ではベンチャーを避けて大手を中心に企業を探してました。

でもウズキャリの面談で「ベンチャーでも働きやすいところがあるし、うちで紹介してるベンチャーはブラックではない」と断言されて意識が変わりました。

ウズキャリは定着率が高いと聞いていたので説得力があったからです。

最終的にはウズキャリを利用してベンチャーに入りましたが、ブラックどころかホワイト企業でしたね。

大企業だから良い、ベンチャーだからダメって決めつけるのは良くないですね。

Wさん 27歳

Wさん 27歳
電機メーカー 営業 →300万円
社内システム開発・運用会社 法人営業 年収:320万円(110万円アップ)

ウズキャリのコンサルタントはフランク過ぎます。

人生を変えるかもしれない転職活動だから、真面目な態度で仕事して欲しいですね。

口調もカジュアルだし、まるで友達に接しているような話し方。

年齢的にも若すぎて人生経験の少ない人に任せるのは不安を感じたので、真面目な担当者がいるリクルートエージェントで転職しました。

Kさん 28歳

Kさん 28歳
飲食系総合企業 派遣社員 年収:290万円 →
建物解体工事会社 営業 年収300万円(同額)

ハタラクティブなど同じようなサービスをいくつか使いましたけど、一番良かったのはウズキャリです。

登録したらすぐに連絡が来たので、やる気があるうちに面談を受けられました。

そして、コンサルタントが付きっきりでサポートしてくれるのがすごく心強くて。

既卒経験のある人だったから、「面接ではこんな感じで経歴をアピールすると通りやすい」と実演してくれました。

派遣社員でしか働いた経験がなかったから、そのアドバイスがすごく役立って…ウズキャリと出会えたことで、諦めかけていた正社員就職という夢が叶いました。

最後に

ウズキャリは、スタッフが一生懸命サポートしてくれるのが一番の良さです。

就職・転職活動は色々な点で大変な思いをすることが多いものですが、第二新卒、既卒、フリーターなどは就職市場では弱い立場になるので、より深刻な状態になることも。

でも、その苦労を一番理解しているのは、第二新卒、既卒、フリーター経験のあるキャリアカウンセラー自身なんです。

だから、ここまで親身になって登録者のサポートをしてくれるのでしょう。

そのサポートのお陰か、ウズキャリ利用者の内定率は83%以上とかなり高くなっています。

それに、就職後の定着率も92%です。

条件があまり良いとは言えない中で、これだけの成果が出ていると聞くと、悩んでいる人はウズキャリを使ってみて!という気持ちになります。

あと、まだ就職・転職活動を本格的に始めるかどうか分からないという方にもおすすめです。

ウズキャリは、とりあえず相談だけ、という使い方をすることもできるので、気になったら面談を受けてみたらどうでしょう?

面談を受けて、やっぱり辞めよう…と思ったら、それをキャリアカウンセラーに言うか、後日メールで伝えればいいだけです。

迷っている方はこの機会にウズキャリの面談を受けてみてください。

思ったよりもいい感じに就職・転職活動が進んで、気付いたら正社員に!なんてことがあるかもしれませんしね!

ウズキャリ
公式サイト