転職の悩み

罪悪感は必要ない!在職中の転職活動は会社や取引先への裏切りや迷惑ではない3つの理由

私は今の会社で面接官をすることがありますが、会社に応募してくる人はほとんど在職中に転職活動をしています。

たまに20代半ばくらいの若い人で、先に退職して転職活動に集中している人が応募してくることはありますが、書類選考の時点でほとんどは在職中に転職活動をしている人です。

また私の会社から去る人も在職中に転職活動をしているようです。

でもたまにプライベートの知り合いで「転職を考えているけど、今の会社を裏切ることになるから・・・」「自分にしかできない仕事があるし会社や取引先に迷惑がかかるから・・・」とイマイチ転職に踏み切れない人に会うことがあります。

義理堅いことは仕事をする上でも人生を生きていく上でも大切なことですし、義理堅い人は私は大好きです。

しかしその義理にがんじがらめにされて、自分の人生を生きられないのであればそれはあなたにとっても会社にとっても不幸なことになり兼ねません。

会社への裏切り、迷惑、と考えて転職に踏み切れないのであれば是非この記事を読んでみてください。

もしかしたら、裏切り、迷惑という考え方自体が間違っているのかもしれません。

最後まで読めば、罪悪感にかられることなく、転職活動に集中できるようになりますよ!

在職中に転職活動をして裏切りや迷惑をかけると感じる3つのとき

今の会社に何らかの不満があって転職するとしても、すべての人や仕事が嫌いなわけではないですよね?

全部嫌いになれたら裏切りやら迷惑やら考えなくてもいいのに・・・。

あなたが裏切り、迷惑をかけているかもと思うような時はこんな時じゃないですか?

①仕事をしながら転職活動をしていると、裏切っている気がする

「おはようございます!」とあいさつして会社に到着。

打ち合わせをして、自分の仕事をして、昼食をみんなで外に食べに行って、昼過ぎの眠気と格闘しながら夕方までまた仕事。

仕事が終わり、会社から離れたところで転職活動を開始。

メールをチェックして転職エージェントの担当者に電話して興味を持った企業への書類応募と面接日の調整。

上司や同僚、事務員さんたちとあんなに普通に話をしているようで、実は裏で転職活動をしている。

転職活動中をしていることは会社に言ってははいけないと聞いたことがあるけれど、やっぱり後ろめたい。

②今まで育ててもらった上司や取引先の担当者に、迷惑がかかる

入社直後からお世話になっている上司、仕事の基礎を教えてもらった先輩、いつも受発注業務やアシスタントをしてくれる事務員さん。

せっかく自分の後継者として、チームを率いる次期リーダーを見据えて色々教えてもらったのに、自分が辞めるとなるとそれらの努力をすべて無駄にすることになってしまう。

今取引先と進めているプロジェクトもいくつかあるし、自分じゃないと立ち行かなくなるんじゃないだろうか。

会社を辞める気の自分が言うのも何だけど、後任者は責任を持って最後までやってもらえるんだろうか。

そう考えると仕事が一区切りするまではやめない方がいいのかな。

でも上司のことを考えると自分が上司のポジションになって、会社に一定の利益をもたらしてからじゃないと辞めることはできない

取引先とのプロジェクトが仮に1ヶ月後に終わったとしても、その頃にはまた次のプロジェクトが立ち上がってる。

そんなことを考えていると、いつまでも辞めることなんてできないじゃないか。

③入社の時の言葉に対しての裏切りじゃないのか

入社間もない頃は、仕事でやり取りすることの多い社内の人や取引先を紹介され、「よろしくお願いします!頑張ります!」

あの時は本当に頑張るつもりだったんだけど、どうしても自分の都合で転職したい。

そんな自分の言葉に責任はどれだけのものがあるんだろう。

別に自分が他人に「頑張ります!」と言われて辞めていってもさほど(頑張るって言ってたのに)とはならないとは思うけど、いざ自分が吐いた言葉に対して実行が伴わないと罪悪感が出てくる。

在職中の転職活動は、会社や取引先への裏切りや迷惑ではない3つの理由

さてあなたが悩んでいることはありましたか?

ここからは在職中の転職活動が、裏切りや迷惑ではない理由についてお伝えします。

①一旦退職してから転職活動を始めるのは、とてつもなくリスクが高い

転職は在職中に完結させる、言わないのが常識です。

様々な理由がありますが、一番大きな理由は、引き止めらて転職活動を止めざるを得なくなるからでしょう。

引き止めの結果、会社に残ったとしても一旦退職を検討したことがあると会社に認識されている人が昇進するのは難しいでしょう。

一旦退職してから転職活動を行うと引き止めに会うことはありませんし、転職だけに時間が使えると言うメリットはあります。

しかし転職活動中に景気が悪くなったり、思うように転職先が決まらなくて貯金が尽きてしまい、希望とはかけ離れた会社に転職せざるを得なくなってしまうことも予想されます。

こんな記事を書いていて申し訳ないのですが、私は退職してから転職活動に集中して転職できました。

前職は激務のブラック企業で在職中に転職活動する時間も気力もなかったのです。

でもむちゃくちゃ危なかったんです。

私が転職活動をしたのは2008年、100年に一度の経済危機のリーマンショックが発生した年の夏でした。

しかしリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが倒産したのは9月15日。

リーマンショックの影響が世界に波及しだしたのもその後です。

私は後数ヶ月内定が出るのが遅ければ、ろくな会社に転職できていなかったでしょう。

今の会社はとてもいい会社なのですが、転職できたのは運も大きな要素だったと思っています。

10年以上経った今、当時を思い出しながらこの記事を書いていますが、本当に危なかったとちょっと冷や汗が出ます。

景気の波は一昔前よりも、激しく動くようになっています。

100年に一度の経済危機はもう私が生きている間には来て欲しくありませんが、来ると思っておいた方がいいでしょう。

経済危機がいつ来るか、そのタイミングは誰にも分かりません。

また次を決めずに退社して、貯金は一方的に減っていくと、あなたの合わない会社に就職してしまう可能性もあります。

一旦退職してからだとリスクが高すぎるので、在職中に会社に黙って転職活動を行う必要があるのです。

②会社は法律上の人、法人である

会社は別名法人とも言いますよね?

法人とは”法律上人と認めますよ”と言う意味です。

会社の机や椅子、パソコンなど備品の所有者は社長や株主個人ではなく会社です。

もし人の持ち物になってしまうと、その個人が亡くなった時に相続が面倒ですからね。

法律上会社を人ということにして、所有権を会社にしてあるのです。

こう考えると、あなたが辞めることにより取引先に迷惑がかかることはあなた個人に責任があるのではなく、法人に責任があることが分かると思います。

確かにあなたが辞めることにより、一時的に忙しくなるでしょう。

あなたが辞めなければ引き継ぎや確認に時間を取られることもありません。

しかし会社とは社員の入社と退社を繰り返すものです。

会社は人が辞めた時のことも想定をして、取引先に迷惑がかからないような仕組みを構築しておくものなのです。

あなたが辞めた結果、取引先に迷惑がかかったとしたら、それは会社の問題。

③不本意な会社に残ることはあなた自身への裏切り。一度きりの人生は楽しむためにある

上司や先輩、事務員さんに毎日お世話になったから、入社した時に頑張ると宣言したから、と転職を一歩踏み出せない人は一定数いるようです。

しかし、もう仕事への情熱がない、やる気がない状態で仕事を続けるのはあなた自身への裏切りです。

流れ作業のように仕事を続けていても、いい成果につながることはなく、あなたにとっても会社にとってもいい状態にはならないでしょう。

誰でも入社したら最初は長く勤めて頑張るつもりですが、会社や業界の内情は入社してみないと分からないというのは当たり前のことです。

基本的に会社はチームワークが大切ですので上司が部下に教えたり、先輩や事務員さんと協業して仕事をしていくのは当たり前のことです。

また人の気持ちは変わるものというのも、当たり前のことです。

自分が人生を楽しめていないのに義理や迷惑を考えて会社にズルズルと残っている状態は、誰よりもあなたにとって良くありません。

今の会社では自分の人生を楽しめないのであれば、100%転職を選択するべきです。

最後に

会社や取引先への迷惑や裏切りを考えるあなたはとてもいい人です。

きっと後任者が働きやすいよう、引き継ぎもしっかりやるでしょう。

やるべきことをやったのであれば、あとは自分の人生を楽しむため最善の選択を続けていきましょう!