30代の転職

36歳が未経験の業界・職種に転職するために知っておくべき3つのポイントと悩み

サイト管理人
サイト管理人
こんにちは!私は化学品商社で採用担当をしており、全くの異業界や異職種から30代半ばの人を採用することがあります。

先月採用した人は36歳だったことから、本記事では36歳が未経験の業界や職種に転職する際の悩みに共感し、また転職するときに知っておくべきことについてまとめました。

\まずは結論!/

36歳でも未経験の業界や職種への転職は可能です。

しかしなんらかの経験やスキルを活かした方がより条件の良い転職ができます。

「転職しない」という選択肢を残しつつ、まずは転職エージェントを利用してどんな条件の企業に転職できるのか確認しましょう。

求人件数No.1のリクルートエージェントは電話面談をいち早く取り入れ、WEB面接を採用している企業の求人も多数扱っています。

今面談を行えば、3日以内にあなたがどんな条件の企業に転職できるのかが分かりますよ!

>>今すぐリクルートエージェントに登録する

※リクルートエージェントは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、電話面談を実施しています。

36歳が未経験の業界・職種に転職するときの3つの悩み

一般的に転職は若いうちにするもの、というイメージが根強く残っています。

なぜ、36歳で転職をしようと思うと不安が強くなるのかについて考えていきましょう。

35歳限界説は本当!?

転職と35歳は密接な関係があり、企業も転職希望者も35歳を境に転職にまつわる条件が大きく変わるという共通認識があります。

35歳までは経験による違いが目立ちにくく、35歳までに入職すれば、それから成長できる可能性が大きいと考えられているからです。

若者の転職が有利だと言われるのは、既に備えている実力に関係なく、年齢だけで可能性があると見てもらえるからですよね。

それに対して、35歳以上では年齢で勝負できないので実力が全てです。

35歳以下の求人が多いのはこういった理由からですが、最近は35歳以上の求人も増えてきています

社会の変化により、企業が求める人材が変わってきたという理由もあるのでしょう。

また、定年まで同じ会社で働き続けることが美徳という精神も失われつつあります。

そういった理由で、35歳オーバーでも転職をする人が増えており、35歳限界説も過去にものになりつつあるのかな…という印象を受けます。

年収は下がるの?

35歳まで経験を積んでいる場合には、新卒時よりもかなり年収がアップしてますよね。

そういった場合には転職することで、年収が下がる危険があります。

今持っている技術を生かす事ができなければ、一からのスタートになるので年収は未経験の人と同じ最低レベルからの出発になる可能性も。

しかし、今までの経験を生かせる転職をして、転職前の会社よりも高く評価してもらえれば年収アップが狙えます。

マネジメント経験が無いけど転職できるの?

35歳を超えるとマネジメント業務に就く人が増え、転職後にもマネジメント能力を求められることが多いでしょう。

マネジメント経験がなくて不安な場合には、マネジメント能力以外に売りになるものがあるかどうかを考えてください。

もちろんマネジメント経験があったほうが転職には有利ですが、それに代わる経験があれば十分にカバーできます。

例えば、長い現場経験があり高度な知識や技術を持っているなど、マネジメント能力以上に価値が高い経験が存在します。

そういった場合にはマネジメント経験がなくても、今よりも良い条件でのハイクラス転職が実現する可能性があります。

技術系や特殊な専門分野などの職種の場合には、必ずしもマネジメント経験が必要というわけではないので、心配する必要はないでしょう。

>>リクルートエージェントで転職する


36歳が未経験の業界・職種に転職するために知っておくべき3つのポイント

それでは、36歳で未経験の業界・職種に転職したくなった時に知っておくべきことについて話を進めていきます。

36歳での転職は勢いだけでなく、慎重に物事を進めることが大切。

事前にいくつもの選択肢を比較検討しておいてください。

「転職しない」という選択肢を残しておく

36歳で転職をしたくなった時には、計画的に転職活動をすることをおすすめします。

感情的に転職を決めてしまい、うまく転職できない場合には無職の期間が長くなってしまうリスクがあるからです。

無職期間が長引くと、養わなくてはいけない家族がいる場合には、経済的な心配がかなり大きくなるでしょう。

家族がいなかったとしても、転職が上手くいかなければ今後の不安が強くなってしまいますよね。

そのため、今の会社に残る選択肢は最後まで必ず取っておいてください。

転職が上手くいかなかった時に無職になってしまうよりは、不満を持ちながらでも仕事があるほうがマシですよね。


狙うべきは異業種同職種

36歳で転職を成功させたい人におすすめしたいのが、異業種同職種の転職です。

同業種だと、同じような仕事内容になってしまい、今と同じ不満が再び生じてしまう危険があります。

36歳でわざわざ転職したいと思うような方は、今の業種に嫌気がさしていることが多いですよね。

だから、これから楽しく働くためには、思い切って業種を変えましょう。

でも、全く経験のない場所で36歳からのリスタートではキツ過ぎるので、職種だけは同じものにしておいてください。

それなら、今までの経験を生かすことができますし、やりがいといった意味でも自分自身を満足させて働けるようになります。

例えば、「電機メーカーの営業職⇒不動産会社の営業職」「IT企業のエンジニア⇒製薬会社のSE」など、組み合わせは無限にあります。

でも、転職したいと言っていた友人は「36歳まで他の会社のことを考えたことがないので、今勤めている社内のことだけしか詳しく知らない」とのこと。

このように他の業界のことがよく分からないという場合には、転職エージェントを使えば、他の業種について教えてもらえます。

できるだけたくさんの求人数がある所を選んだほうが選択肢が広がるので、人材業界最大手のリクルートグループが運営するリクルートエージェントが良いでしょう。

リクルートエージェントなら案件数も採用数もトップクラスなのでおすすめです。

>>リクルートエージェントに36歳向け優良求人を紹介してもらう

※リクルートエージェントは新型コロナウイルス感染拡大防止のため電話面談を実施しています。

ハイクラス転職も視野に入れる

実力に自信がある人におすすめなのは、ハイクラス転職です。

今よりも良い条件で転職できたら、これほど嬉しいことはありませんよね。

でも、どれだけ素晴らしい実力があっても、それを求める企業を見つけられなくては宝の持ち腐れです。

また、一般的な仕事に比べて求人数が少ないのもハイクラス転職の特徴。

自分に合った条件の求人を見つけるのが難しいという理由で、ハイクラス転職を諦める人も多いです。

その問題点を解決するために、ハイクラス転職を取り扱っているJACリクルートメントを上手に活用してみてください。

ハイクラス転職を自分1人で成功させられるのは、特別なコネや人脈がある人だけ。

従来は、ハイクラス転職をするためにコツコツと人脈作りをする必要がありました。

しかし、今の時代はそういった努力をしてこなかった人でも、転職エージェントを使えば、ハイクラス転職が実現します!

でも、ハイクラスの求人が少ない普通の転職エージェントではダメですよ。

必ず、JACリクルートメントのようなハイクラス転職を数多く取り扱っているところを選んでくださいね。

>>JACリクルートメントにハイクラス求人を紹介してもらう

最後に

36歳で転職を検討する時には、

  • 若い人より大変
  • 年収が下がる可能性がある
  • 未経験でも勝負できるのは同職種
  • 半年以上の期間がかかるかもしれない

これらを納得しておいてください。

その上で、転職エージェントを利用すれば、転職できる可能性は十分にあります。

36歳で転職をしたい人が覚えておかないといけないことは、35歳を超えてからの転職は大変だけれど、これ以上時間が経つと、余計に転職できるチャンスが狭まっていくということです。

今すぐに転職をする気はないとしても、転職の2文字が頭をよぎったのであれば、とりあえずリクルートエージェントの面談だけでも済ませておいてください。

そうすれば、将来転職活動を本格的に始める時に、「あの時少しだけでも準備しておいたから、転職活動が楽になって良かった」と思えるでしょう。

それに、転職活動を始めたら、今までの経験が思っていたよりも高く評価してもらえるかもしれませんよね。

意外と自分の良さには気付けないものなので、転職活動を始めてから「自分にこんな価値があったなんて初めて知った!」という人が多いんですよ。

新しく知った自分の価値を高めることができれば、転職により年収は今よりも高くなり、新しい仕事を覚える楽しみも増えて…仕事に前向きに取り組めるようになりますよね。

あなたも自分の魅力を最大限に生かした働き方をしてみたいと思いませんか?

今の会社ではそれができないのであれば、転職を検討する意味があると思います。

36歳でも十分に可能性が残っているので、諦めずに頑張ってくださいね!

※リクルートエージェントは新型コロナウイルス感染拡大防止のため電話面談を実施しています。

>>リクルートエージェントに36歳向け優良求人を紹介してもらう