同期や先輩・新人など若手がどんどん辞めていく会社は今すぐ辞めるべき3つの理由とタイミング

サイト管理人

サイト管理人
こんにちは!若手社員の入れ替わりが激しいブラック企業から、ホワイト企業への転職に成功したサイト管理人のしんすけです!

私は新卒入社3年目に「このままではいけない!」と凄まじい不安感が襲ってきて退職しました。

多分あの時辞めていなければあと2年くらい同じ環境にいたのかもしれません。

この記事を読んでいるあなたも辞めるべきか辞めないべきか、辞めるんだったらいつなのかを悩んでいるんじゃ無いでしょうか。

本記事では同期や先輩・新人が辞めていく会社はすぐ辞めるべき3つの理由と、退職する3つのタイミングについてお伝えします!

\「いずれは自分も辞める!」と思っているのであれば!/

私は正直「もっと早く転職活動を開始したらよかった」と思っています。

転職後に、やる気を持って安定した会社で仕事をすると、経験もスキルも凄まじいスピードで身についていくことを知ったからです。

あなたが「いずれは自分も辞める」と思っているのであれば、今から身につく経験やスキルはたかが知れています。

もしあなたが経験やスキルの獲得なり安定なり目的が達成できる会社に居ないのであれば、すぐにでも転職エージェントに相談をして離職率の低い業界や職種の求人を紹介してもらいましょう。

>>リクルートエージェントの口コミ評判&詳細

リクルートエージェント公式サイト

※コロナウイルス感染拡大防止のためリクルートエージェントでは電話面談を実施しています。


同期や先輩、新人が辞めていく会社を辞めるべき3つの理由

あなたと同じ世代の人が次々と辞めていく。

同じ世代なんですからなんで辞めているのかは大体想像がついていたり、直接聞いたりしてほぼ理解していますよね?

仕事にやりがいを感じないから、将来性がないから、お給料が少ないからとそれぞれの事情があると思います。

どんな理由であれ、若手社員がどんどん辞めていく会社はすぐに辞めるべきです。


新卒が入社3年で30%以上が離職する会社は明らかに何かがおかしい

新卒が入社3年で離職する平均値は約30%です。

新卒の3年以内の離職率が30%を大きく超える会社は要注意です。

離職率が平均値よりも大きいということはその会社の何かが一般的な会社とかけ離れているのです。

入社1年後2年後など3年以内の早い段階で同期の30%以上がいなくなったのであれば、その会社は要注意です。

私の在籍していたブラック企業では私と同じ新卒の同期は30人いました。

入社間もない頃に3人辞め、1年経った頃には合計10人ほどが辞めており、3年目に入ると半分の15人を切っていました。

私が退職したのは入社丸3年が経った頃で、同期の数は10人を切っていました。

入社1年目ですでに30%以上辞めていたので、この時点で会社を辞める判断材料はあったことになります。

しかし当時の私は平均的に入社3年以内に30%が辞めるということはおろか、社内で同期が何人辞めているかリアルタイムで知りませんでした。

退職する寸前になり、同期といろいろ話をしている中で入社1年目ですでに10人辞めていたことに気づいたのです。

 


人材獲得にお金をかけておらず、人を使い捨てるのはブラック企業

会社によって人材獲得の方法は違います。

就職活動や転職活動をしているとなかなか気がつきませんが、企業が新しく社員を雇うにはコストがかかります。

新卒を雇う場合であればリクナビやマイナビを利用するのに、中途採用をするのであればリクルートエージェントやマイナビエージェントを利用するのにお金と時間がそれなりにかかります。

なんとかこの費用を抑えたいとは考えていますが、民間の転職エージェントには優秀で長く勤める気でいる人材がいるので費用対効果を考えれば使わざるを得ません。

しかし末端社員を使い捨てるブラック企業はどうでしょうか。

新たに入社してくる社員のほとんどは数カ月から数年で辞めるのですから、人材獲得のコストを限りなくゼロにしたいと考え実行します。

人材獲得にコストのかからない方法とはハローワーク、規模の小さい民間の転職サービスなどです。

ハローワークは企業が求人を掲載する際の費用が無料です。

規模の小さい民間の転職サービスはリクナビなど大手民間サービスに比べて求人掲載費が安くなります。

人材獲得をハローワークや利用料の安い転職サービスに頼っている企業は要注意です。

しかし求職者であるあなたが転職サービスを利用する場合は無料です。

人を使い捨てにする企業は求人掲載費が高い民間の転職サービスを利用しない傾向にあるので、あなたが利用する転職サービスもよくよく選ばなければなりません。

>>企業が利用する際は料金が高いリクルートエージェントを利用して転職する

※コロナウイルス感染拡大防止のためリクルートエージェントでは電話面談を実施しています。


あなたもいずれは切られるかもしれない

人がよく入れ替わる会社は当然新たな人が入社することにも退職することにも慣れています。

人の出入りが激しい会社は業績が悪くなると末端社員をクビにします。

正社員は法律上守られている部分もありますが、あの手この手で退職に追い込みます。

数年の付き合いがある上司でも、自分の給料が減るのであれば人を退職させることに抵抗のない人は即座に実行します。

私がいたブラック企業は私が退職した後に業績は急激に悪くなり、大量の人がクビになりました。

証拠はないが会社がやったであろうことは想像できる、闇社会の脅し方のような嫌がらせが横行したそうです。

人の出入りが多い会社はお互いが、どうせ辞めるんだろう、どうせ業績が悪くなったら切るんだろうと疑心暗鬼になっています。

⇩おすすめ記事⇩

本記事は転職エージェントを利用して転職したい人、その中でも特に「今すぐ転職したい!」と考えている人にオススメの転職エージェントをランキング形式で...


同期や先輩、新人が辞めていく会社をやめるべき3つのタイミング

今の会社をいずれは辞めると思っていても退職のタイミングって難しかったりしますよね?

どんそん若手が辞めている会社を辞めるべき3つのタイミングをお伝えします。


一番いいのは次の職場が決まったタイミング

退職したら翌日からすぐ仕事というのがタイミングが最も好ましい転職のタイミングです。

(いつかはこの会社を辞めるんだろうな)と思っているのであれば、リクルートエージェントなど大手の転職エージェントに登録をしてプチ転職活動をしておくことをお勧めします。

なぜ大手がいいかというと企業が求人掲載する場合の費用が高いからです。

まずは今転職したらどんな条件の企業に転職できるのかを調査して、良い条件の求人があれば転職活動を本格化させ、内定が出たら今の会社に退職を申し出る。

これができれば理想です。

>>リクルートエージェントに条件の良い次の会社を紹介してもらう

※コロナウイルス感染拡大防止のためリクルートエージェントでは電話面談を実施しています。


ブラック企業と断定できたのであればすぐにでも辞めたほうがいい

次の職場を決めずに退職するのはちょっとリスキーです。

前述の通りベストは次の職場を見つけてから退職すること。

しかし労働時間が長く土日も仕事であれば転職活動そのものができません。

どうしても退職してからでなければ転職活動ができないというのであれば、まず退職をするしかありません。

しかし退職した途端に景気が悪くなり、ろくな転職先が見つからない状況になってしまうことも考えられます。

私は運良くリーマンショックの1ヶ月前に転職が完了しました。

もし後1ヶ月遊び呆けていたらろくな会社には転職できなかったでしょう。

タイミングが見つからないのであれば入社1年、2年、3年、誕生日などの節目に考えよう

どうしても退職や転職のタイミングが見つからないのであれば入社後1年、2年、3年、誕生日などの節目に考えてみてください。

何か退職を決意させるような事件さえ起こればすぐに辞めるのに、と思っていても何も起きません。

タイミングが見つからなければまた数ヶ月、気がつけば数年その会社にい続けることになります。

退職のタイミングは自分で作りましょう。

今思えば私は入社1年以内に退職しても全然良かったと思います。

しかしなんだかんだ言って新卒の切符をブラック企業で使ってしまい、ろくな経験を積んでいないと思い込んでいた私は、転職に臆病になっており「資格を取ってから、もっと営業として実績を出してから転職」と考えて、気がついたら入社から3年経っていました。

しかし資格も取れなければ、やる気のない営業活動で実績が出るはずもありません。

私が辞めたきっかけは入社後丸3年経ったからです。

この会社にこれ以上いてはいけない、その不安感が私を退職に追いやりました。

もしこのタイミングを逃していたら後2年はブラック企業に勤めていたんじゃないかと思います。


最後に

同世代がどんどん辞めていくと、(私も辞めた方がいいんじゃないかな?)という雰囲気に流されてしまうことがあります。

あなたが今の会社にい続ける、と決めたのであれば誰が辞めようが仕事を続ければ良いのです。

でもあまりに同世代の辞める数が多すぎるのであればその理由くらいは調べてもいいかもしれませんね。

>>今すぐリクルートエージェントに相談をする