元ブラック企業社員が語るブラック企業の辞め方3ステップ

辞めるときにはそれまでぼ鬱憤を全部ぶちまけてやろう!と思っていた時期もありました。

辞める会社は過去のものになります。

過去にこだわっていても何も生み出されません。

未来志向で行きましょう。

本記事ではブラック企業を辞めると決めてから退職届を出すまでを3つのステップに分けて解説します!

ブラック企業の辞め方3ステップ

会社を辞めるとその会社との縁は切れます。

しかし人と人の縁はどこで繋がっているかわからないもの。

会社と会社もどこで繋がっているか分かりません。

どうおりょうが将来の取引先担当者なんてこともあり得るのです。

円満に退職することが望ましいのは言うまでもありません。

また会社に対する今までの鬱憤を晴らすかのように言いたいことを退職直前に言う人がごく稀にいます。

既に退職届けを出し安全地帯にいる人の意見は聞く耳を持たれません。

不平不満を言うのであれば会社の残って戦うべきです。

残った人にも迷惑がかかる可能性があります。可能な限り円満退社をするようにしましょう。

退職理由を考える

ブラック企業に伝える用の退職理由を考えます。

退職願いには「一身上の都合により退職」と記載するのが一般的であり具体的理由は書面では残しませんが退職願を出す際には必ず退職の理由を聞かれます。

  • 給与が安いから
  • 休みがないから

などの本当の理由を退職理由として告げると給与を上げる、以後は定時帰宅で良いなど条件を出され辞めにくくなる可能性もあります。

引き止めを避けるためにもブラック企業側ではどうしようもない理由を考えておきましょう。

次の職場が決まっている、親の介護で地元に戻らざるを得ない、どうしてもやりたい仕事があり今の会社ではどう考えても実現できない

親の介護など住む場所を理由にする場合は会社の事業所が今後済むべき場所の近くにない場合に限ります。

私は退職願には「一身上の都合により退職」と記載しましたが、退職願いを提出する際に本当の理由を聞かれるので自分のやりたいことがこの会社では実現できない。

本当はブラック企業の安月給と激務、将来性の無さが退職理由でした。

退職を決めた大きな理由の一つに上司や先輩のようになりたくないからと言うものもありましたが、流石に本人を目の前にして言うわけにはいきませんでした。

退職する人が不平不満を言うのであればその不平不満を解消することで退職を思いとどまらせようとします。しかし希望に燃えて辞める人は止めようがないのです。

退職願を提出する

退職届を出すまでは仕事関係の人には誰にも退職のことを打ち明けてはいけません。

退職願は退職を希望する1ヶ月前に提出します。

退職届を出した後もいつのタイミングで会社のみんなに公表するかは会社の指示に従いますのですぐに言いふらしてはいけません。

人によっては本当に仲の良い人に相談していた、報告を指定置きたいと言うことがあるかと思いますが原則は先述の通りです。

退職届を出すのは多くの方が初めてかと思います。

緊張しますよね。

なるべく人の少ない時間に上司に会議室などに来てもらい二人きりの時に退職願を提出しましょう。

私が転職願いを出したのは仕事終わりの遅い時間でした。

上司もいつも通り遅くまで会社に残っており、いつも私の方が遅く帰るので上司が帰宅のため席を立つタイミングで捕まえて「お話があるのでお時間をいただけますでしょうか」と切り出し会議室に入りました。

会議室に入室し上司と机を挟んで対面すると「急で恐縮ですが、退職させていただきます。」と言い退職願を手渡しました。

上司はさほど驚いた顔をせずにそれを受け取りました。

ブラック企業なので人の出入りには慣れているのでしょう。

退職願には「一身上の都合により退職」としか書いていません。

形式的になぜ辞めるのかを聞かれ、将来どうしてもやりたい仕事がありそれは今の会社とは業界が違うためどう考えても実現できない。

よって退職を決意するに至った。と伝えました。

上司からは特に何も聞かれることもなく「そうか。」と言い、しばらくして「退職日までのスケジュールは後日決めよう。」ということになりました。

上司が何も聞かなかったのは、本当の退職理由を察しているためか、去る者を追わない性格なのか、そのうち辞めるだろうと思っていたのかはわかりません。

仕事の整理を始める

立つ鳥跡を濁さず。

退職を決めたら新しい仕事を作らず、引き継ぎやすいように仕事をコンパクトにしておきましょう。

退職することが決まっているのであれば新しい仕事をやる気にはならないでしょうが、もちろん通常業務はこなしていかなければなりません。

各業務の引き継ぎ書の作成に取り掛かります。

取引先に退職を伝え引き継ぎを行うのも会社の指示のタイミングです。

取引先、特にお客さんには新担当者とともに訪問し今進めている案件の進め方や今後のことを新担当者に間違いなく伝えている旨を説明し不安を与えないように引き継ぐようにしましょう。

パソコンや携帯など会社からの支給品があれば退職とともに返品することとなりますので不必要な写真や動画、書類、連絡先などのデータを消去します。

以外といらない写真や動画、連絡先が携帯電話に残っといたりしますし、パソコンにもついつい保存してしまった仕事以外のデータがあったりもします。

スマホもパソコンもインターネットブラウザのお気に入りや閲覧履歴も消しておきましょう。デスク周りや社有車の中のものも全て整理します。

捨てるか迷ったら迷わず捨てましょう。

会社のものを持ち帰ってもいけません。

悪意がなくとも対処後に会社の情報を漏らしてしまうと最悪の場合訴えられ兼ねません。

最後に

退職の日はあっけないものです。

私が退職することは社内で大々的には公表されず最後の週末に上司に「お世話になりました。」といい会社を去りました。

私が退職することを知っている人がでささやかな壮行会を開いてくれました。

もうこの人たちと会うこともありません。

私も退職するので特に同期など年の近い社員とは同期によって年収が違うのか、実は◯◯さんも近々退職する、今会社は訴訟を◯◯件抱えているなど色々ぶっちゃけトークをしました。

給与に関しては低い水準で微妙に違いました。

その飲み会の後私は固定費削減のため実家に帰り、以前から登録していた転職エージェントdodaと打ち合わせを行い転職活動を本格化します。

本来であれば次の職場を在職中に見つけたかったのですが、在職中は休みがほぼなかったので転職活動を本格的に始めることができずにいたのです。

退職してからは時間だけはいくらでもあるのでひたすら転職活動でした。

しかし希望に萌えていたので切羽詰まったような気分は一切ありませんでした。

在職中から認識はしていましたが、転職エージェントや面接先では「大変な会社に勤めていましたね」と同情されることもしばしば。

同情されるからといって内定が出ることはありませんが、企業によってはちょっとは根性があるのかな!?と思ってくれた企業もあったようです。

ブラック企業に入社してしまったのは自分の就職活動が甘かった結果ではありましたが、そこで先輩社員のように半ば人を騙して売るような真似はしませんでしたし精一杯仕事をしてきました。

その自負があるからこそ転職活動も自信を持って行うことができました。

転職活動は開始するのがすごく勇気がいります。

でも今の状況を変えられるのは自分だけです。

あなたが本当にブラック企業に勤めているのであれば勇気を持って転職活動の扉を開いてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「天職×転職」サイト管理人 しんすけ