コラム

仕事で成長できない、つまらないと思って転職するときの5つの悩みと3つの対策

The following two tabs change content below.

監修・執筆 しんすけ|人材採用コンサルタント

新卒でブラック企業に入社し3年後に東証一部上場の専門商社(人事部)に転職。入社後15年間で主に22〜35歳の若手人材1,000名以上を面接、100名以上を採用。2017年に独立し200社以上の採用支援、転職サイト運営など採用のプロフェッショナルとして活動中。

9月は1年の中で最も転職に適したチャンスの月です。

なぜなら下半期が開始する10月に入社する人材を確保するために積極的に採用活動を行う企業が多いから。

チャンスを逃さないためにも最大手のリクルートエージェントに求人を紹介してもらいましょう。

今年の9月は特に20代〜35歳向けの優良求人が多くなっています。

来月になれば求人が少なくなりチャンスを逃してしまうかもしれません。

転職を考えているのであれば、最大手のリクルートエージェントに求人を紹介してもらいましょう!

\公式サイト/

※10分で簡単登録!

今の仕事で成長できるのか。

20代のビジネスマンにとっては由々しき問題です。

20代はまだまだ発展途上。

もしかしたら勉強不足ですごくいい環境にいながら甘い戯言を言っている可能性があります。

しかし同時に本当に劣悪な環境で働いていており、成長が見込めない可能性もあります。

成長できない・つまらない仕事とはどのようなものなのか、本当に仕事で成長できない・つまらないと思ったのであればどのように対策をすれば成長できるようになるのかをお伝えします!

仕事で成長できない、つまらないと思って転職するときの5つの悩み

20代での過ちはいくらでも取り返しがつきます。

まずは何に悩んでいるのか、何を持って成長席ないのか、何がつまらないと思っているのか原因を正確に掴みましょう。

この章では仕事で成長できない・つまらないと思う原因について一例を記載しますが、あなたが仕事で成長できない・つまらないと考えているのであればあなた特有の原因があると思います。

ぜひその根本の原因を突き詰めてください。

そもそも興味がある会社・仕事ではなかった

就職活動を真面目にやらなくて今の会社に入社したのであれば、自分の会社や仕事に興味が持てないことがあります。

そりゃそうですよね。

就職活動を真面目にやらなかったと言うことは仕事内容を見ていなかったり、企業研究をしていなかったり、条件面だけで入社しているからです。

そしてそんな程度の就職活動や転職活動で入社できる会社は以外とあります。

しかしそんなレベルで入社できる程度の会社ですからあまりレベルが高くありません。

またテクニックを駆使してそこそこいい会社に入社することも可能です。

しかし仕事内容を重視した就職・転職活動ではなく、今も仕事に興味を持っていないのであれば今後も今の仕事に興味を持つことは難しいでしょう。

今日も明日も1年後も一生今日と同じことの繰り返しになることが決まっている

単純作業が好きで今の会社に入社した人もいるでしょう。

その状況に納得がいっているのであればそのままでいいと思います。

しかし最初は良かったその状況に嫌気がさしてきたのであれば転職を考えても良いかもしれません。

同じことの繰り返しの仕事は募集要項に年齢性別不問と記載されている場合が多くなります。

これは言い換えれば、変えの人材はいくらでもいるという事。

同じ給料なのであれば動きの良い若者に仕事を奪われるでしょう。

更に日本政府はビザの緩和などで外国人労働者を増やしていく方針です。

常に同じ作業を繰り返すような年齢性別不問の求人には今後国籍不問の条件まで追加されるかもしれません。

今後賃金の安い単純労働は外国人に奪われていくでしょう。

安い外国人労働力が入ってくるまでに単純労働ではない仕事を見つけて置くことが重要です。

今の仕事が会社のためであって自分とお客さんのためとは思えない

会社がなくなれば従業員は解雇され、取引先も不便をしてしまいます。

しかしだからと言って自社の利益を何においても優先すると言うのは間違いです。

会社がなくなればもっと迷惑をかける。

だから既存顧客のフォローではなく新規顧客開拓に時間を割く。

これが私の勤めていたブラック企業の理論でした。

しかし自分の給料はギリギリ生きていける程度でいいように使われているだけ。

もし自分が何かを販売したらそのお客さんとフォローをしないブラック企業を結びつけてしまうことになり不幸な人を増やしてしまう。

お客さんの利益を考えれな利益がついてくる、と言う状態は綺麗事ではありません。

実際にこれは体感しなければ納得はできないでしょうが、実施に顧客や従業員のことは考えず自社の利益のみを求めることを実践している企業は世の中にごまんといます。

今の会社にいても上司みたいになるだけと思うと頑張れない

今の会社に勤めていて理想とは言わないまでも魅力的な上司や先輩はいますか?

会社にお手本となるような人がいなければその下の人は育ちません。

魅力的な上司の下についたときに部下は能力を最大限に発揮します。

あまりよくない上司の下でも努力と根性で頑張る人もいますが、上司が正しく導くことで部下は最短ルートで成長することができます。

どれだけやっても結局給料が少ない

お金が全てではありませんが、ある程度の年収がなければ仕事を頑張ることはできません。

なんか長時間働いているけれど結局給料はこれっぽっちかと思えばいつか頑張らなくなるときがきます。

人間見返りがなければ頑張ることはできません。

ある程度の年収、とは人によって定義は異なりますが、20代であれば300万円代、30代であれば400万円代でしょう。

社会人経験があるのであれば20代300万円代、30代で400万円代の転職は可能でしょう。

仕事で成長できない、つまらないと思って転職するときの3つの対策

どんな仕事でも成長はできることを知る

家庭の事情などで諸事情で転職ができない人もいるでしょう。

本来であれば今より良い環境に身を置くことで成長したいところですが、転職できないのであれば仕方がありません。

どれだけやりがいが少ない環境でも少しでも作業効率を良くすることで仕事での成長を感じることはできます。

今の環境に居続けるしかないのであれば仕事の効率を上げることに集中することが仕事にやりがいや面白み感じたりすることができる近道です。

比較対象を持つ

あなたのいる環境は本当に環境が悪いのか、それを確認しておきましょう。

もしかしたら本当はあなたが世間知らずでただ現状に甘えを言っているだけの可能性もあります。

逆に思っている以上あなたはやりがいのない、つまらない仕事をしている可能性もあります。

あなたが本当に成長のできない・つまらない仕事をしているのかを確認するためには比較対象を持つことです。

同年代の友人は日々どのような仕事をしているのか身近な人に聞くのは一つの方法です。

しかしこの方法は主観的になってしまいがちですので、あくまで一つの事実として認識をしておきましょう。

客観的に比較をするのであれば転職エージェントに登録して転職のプロであるキャリアアドバイザーに今の会社の条件が良いのか悪いのか客観的意見をもらうことが有効です。

環境を変えれば人は頑張れる

つまらない、面白くないと思っている仕事では頑張れない人がほとんどです。

中にはどんな状況でも頑張れる人はいますがごく少数です。

なぜ仕事がつまらない、面白くないと仕事を頑張れなくなる人が多いのか。

それは未来が見えないからです。

いつまでも成長できない、つまらない仕事をやり続けるのかと思うとやる気は湧いてきません。

人は楽しい未来が見える時、仕事そのもので成長できたり楽しかったりすると仕事を頑張れます。

今の仕事と会社で楽しい未来が見えず、楽しくないのであればもうその会社であなたが成長できることはないでしょう。

そうであればあなたが力を発揮できる環境に転職するしか道は残されていません。

最後に

仕事で成長できない。

それをあまりに周りのせいにしてしまってはまた転職を繰り返してしまい兼ねません。

あなたはほうんとうに環境を変えるだけで仕事を頑張れるのか。

最後に自問自答してください。

その上でなぜ転職に至ったのか全て正直に転職エージェントのキャリアアドバイザーに話をしたらいまの会社に止まるべきとの選択肢も含めて親身に相談に乗ってくれることでしょう。

ABOUT ME
監修・執筆 しんすけ|人材採用コンサルタント
新卒でブラック企業に入社し3年後に東証一部上場の専門商社(人事部)に転職。入社後15年間で主に22〜35歳の若手人材1,000名以上を面接、100名以上を採用。2017年に独立し200社以上の採用支援、転職サイト運営など採用のプロフェッショナルとして活動中。
9月は下期開始に向けて人材獲得に積極的な企業が多くなる!!
リクルートエージェント
リクルートエージェント優良求人増加中!
無料登録!