CATEGORY:リクルートエージェント

全ての人にオススメ!『リクルートエージェント』

本サイトでは『リクルートエージェント』を一番推奨しています。

その理由は、ただ一つ。

圧倒的な質と量の求人を保有しているからです。

どれだけキャリアアドバイザーが優秀でもサービス内容が充実していても、その転職エージェントに十分な数と質の求人が無ければ何の意味もありません。

リクルートエージェントの求人件数は常時21万件以上でダントツのトップです。

求人件数2位のdodaでも総求人件数は常時10万件以上とリクルートエージェントの半分以下、同率3位のマイナビエージェントとパソナキャリアですがどちらも常時3~5万件でいずれもリクルートエージェントの足元にも及びません。

つまりリクルートエージェントに登録するだけで業界2位〜3位の3社に登録するのと同じだけの数の求人件数にアクセスできるようになるのです。

しかもリクルートエージェントの求人を年収700万円以上に絞っても全体の約40%に当たる9万件以上がヒットします。

一般的にハイクラスに分類される年収700万円以上の求人だけで9万件以上の求人があるというのは、ハイクラス専門の転職エージェントにも全く引けを取らないどころか、圧倒的に多い数字です。

また転職エージェントの中には特定の業界や職種に特化した特化型転職エージェントがありますが、リクルートエージェントはの業界・職種で年収の高い求人を特化型転職エージェントよりも集めています。

※以下の業界・職種については求人件数が少ないため、特化型転職エージェントを併用した方が選択肢が多くなります。
医師・薬剤師・看護師・介護士・ブライダル・フリーター

これは、どの業界や職種の転職と決めていてもリクルートエージェントを利用すれば、特定の業界や職種に軸足を置きながら、条件次第では他の業界や職種の求人も検討できることを意味します。

特に営業や事務職、IT系エンジニアとものづくり系エンジニア、ハイクラスの求人の充実度は、他のどの転職エージェントにも優っています。

また各地域についてもそれぞれ地元企業の地域特化型転職エージェントがありますが、全ての地域で地元企業を圧倒的に上回る件数と条件の求人を保有しています。

そして圧倒的な質と量の求人件数を保有しておきながら、当サイトに集まるキャリアアドバイザー(担当者)の口コミ評判も圧倒的に良いものばかり。

無理に転職を推奨するキャンリアアドバイザーはおらず、徹底した求職者目線を貫いています。

さらには新型コロナウイルス感染拡大の対策も業界で最も早く適切でした。

緊急事態宣言が出る前から対面面談を電話面談に切り替えており、WEB面接を取り入れている求人を扱い、充実したアプリで遠隔での転職サポートが可能になっています。

一番早い対応をしたことで、リクルートエージェントはコロナ禍での転職サポートの経験が最もある転職エージェントにもなっています。

ただ求人が多いだけではなく、質も高く、優秀なキャリアアドバイザー(担当者)が集まっており、組織としての対応も迅速。

転職活動を始めるならまず最初に登録しておくべき転職エージェント、それがリクルートエージェントです。

本サイトではそんなリクルートエージェントについて26記事用意しており、他のどのサイトよりも口コミを集め、詳しく解説しています。

そしてこの記事ではその26記事について簡単に解説している目次的な記事であると同時に、リクルートエージェントの全体像について客観的に解説しています。

>>今すぐリクルートエージェントに優良求人を紹介してもらう

リクルートエージェントの口コミ評判、求人の質と年収

こちらの記事では、リクルートエージェントの全体的な口コミ評判を集め、ホームページの求人検索機能を利用して集計した結果をグラフ化し、リクルートエージェントのメリットとデメリットを3つずつにまとめました。

そのメリットは以下の通り。

  • 全ての業界・職種・年代・地域・の求人に強く、高年収の求人にも強い
  • 特化型転職エージェントよりも求人が充実している
  • 担当者(キャリアアドバイザー)が優秀

ほぼこの記事の冒頭で解説した通りです。

そしてデメリットは以下の通り。

  • リクナビ内定率販売の件(2019年8月発覚)で信用が下がっている
  • フリーターや入社間もなく退職した第二新卒には向いていない
  • RAとCAに別れていることで応募する企業の内情が分からない場合がある

こちらはまだ書いていませんので、少し解説します。

もはや忘れ去られていますが、リクルートエージェントの運営会社は、新卒向けの就職サービスである「リクナビ」も運営しています。

そしてこのサービスにおいて、学生の内定辞退率を予測して販売するサービスが職業安定法に違反したと判断され、行政指導を受けたのです。

企業のモラルが問われる事件となり、このことに良くない印象を受けた求職者の中にはリクルートエージェントの利用を控えた人がいます

またリクルートエージェントは社会経験のある社会人向けの転職サービスのため、社会経験が少ない、もしくは無い第二新卒やフリーター向けの求人は少なく、またサービスも充実しているとは言えません

ビジネスマナーを身についていないフリーターや第二新卒は、社会経験が少ない求職者向けの転職サービスを利用した方が、より納得のいく就職・転職活動となるでしょう。

そして最後のデメリットですが、リクルートエージェントの仕組みは、求人を出している企業を担当するRA(リクルーティングアドバイザー)と求職者を担当するCA(キャリアアドバイザー)に分かれています。

他の転職エージェントではRAとCAを一人が担当しているところもあり、この仕組みだと担当者が求職者に紹介する企業の内情をよく知っているため、こちらの方が良いという人もいます。

リクルートエージェントはRAとCAに分かれていても十分に情報をシェアできている仕組みがあるとは想像しますが、そもそも業界でも圧倒的No.1の求人件数を保有しているので、物理的にRAとCAを兼任できないというのが本当のところでしょう。

さらにはリクルートエージェントの求人検索機能を利用して集計した結果をグラフ化して掲載しています。

ただ求人件数が多いだけではなく、あらゆる業界・職種・地域・年代向けの求人を網羅し、年収が高いかお分かりいただけるかと思います。

グラフで解説!リクルートエージェントの口コミ評判|求人の質と年収アップ、特徴、悪評は?

16都市にあるリクルートエージェントの拠点の口コミ評判

リクルートエージェントが拠点を置く16都市で口コミ評判を集め、地域別に求人を集計してグラフ化しました。

あなたの近くのリクルートエージェントの口コミ評判と求人について確認してみてください。

リクルートエージェントは全国16都市に拠点があることにより、全国に拠点がある大手企業とのコネクションが密になり、地域特化型の転職エージェントでは獲得できない好条件の求人を獲得しています。

リクルートエージェントはほぼ全ての地域特化型の転職エージェントよりも求人件数が多く、条件も良いものが揃っています。

九州南部や四国、山陰や信越、北東北などはリクルートエージェントの拠点がありませんが、これらの地域においてもこの地域特化型転職エージェントよりも多くの好条件の求人を保有しているため、近くに拠点が無くても登録は必須です。

全国に拠点のある企業の求人だと転勤を心配する人もいますが、転勤なしの求人もその地域の20〜40%、転勤ない+年収700万円以上の求人も数百〜数万件あります。

転勤なしの高年収など、あなたが思う最高の条件をまずはリクルートエージェントにぶつけてみましょう。

拠点名
(個別記事リンク)
担当地区
東京本社 関東全域|東京23区
北海道支社 北海道
東北支社 東北全域|宮城県・福島県・岩手県・秋田県・青森県・山形県
宇都宮支社 関東全域|栃木県・茨城県
さいたま支社 関東全域|埼玉県・群馬県・茨城県
千葉支社 関東全域|東京都・千葉県
西東京支社 関東全域|東京都
横浜支社 関東全域|東京都・神奈川県
静岡支社 中部・東海全域|静岡県
名古屋支社 中部・東海全域|愛知県・岐阜県・三重県
京都支社 関西全域|京都府・滋賀県・福井県・石川県・富山県
大阪支社 関西全域|大阪府
神戸支社 関西全域|兵庫県・大阪府・京都府
中四国支社
岡山オフィス
中国・四国全域|岡山県・鳥取県・香川県・徳島県・高知県
中四国支社
広島オフィス
中国・四国全域|広島県・島根県・山口県・愛媛県
福岡支社 九州全域|福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

リクルートエージェントの利用方法

リクルートエージェントを利用する上で様々な不安や不明な点をまとめました。

面談の予約方法や面談のキャンセル方法、キャリアアドバイザー(担当者)の変更方法、退会方法を事前に知っていると安心してリクルートエージェントを利用することができます。

またあなたがリクルートエージェントを利用する場合は完全無料ですが、無料である仕組みを理解することで、さらに転職活動を有利に進めることができます。

職種年代別

リクルートエージェントのメインユーザーは20代後半〜40代のホワイトカラーが一番多くなります。

そのためフリーターやニートがニート向けの求人の割合は少ないため、登録をして断られた場合の対処法についてまとめました。

また事務職、40代の女性がリクルートエージェントを利用した際の口コミ評判や利用する際のポイントについてもまとめました。

海外

海外勤務の求人を常時400件以上取り扱っているリクルートエージェントを利用して転職する方法についてまとめました。

またすでに海外に住んでいる人がリクルートエージェントを利用する方法についてもまとめてあります。