転職の悩み

コロナで仕事を辞めたい!転職したい!と考えている人に知ってほしい4つのこと

こんにちは!私はリモートワークができていますが、医療や物流、サービス業など出勤しないといけないお仕事をされている方には本当に感謝をしています。

あなたがいなければ私はご飯を食べれませんし、必要なものが手に入りませんし、万が一体調を崩した時に病院で手当てを受けることもできません。

ステイホーム以外に、私があなたに何かできることはないのか。

そう考えてできたのがこの記事です。

この記事では新型コロナウイルスの感染のリスクを負いながら「仕事を辞めたい」「転職したい!」と考えているあなたに知ってほしいことを4つにまとめました。

\すぐにでも転職したいのであれば!/

「コロナで景気が停滞しているのに転職なんてできるんだろうか!?」

その答えは転職エージェントの無料カウンセリングにあります。

転職エージェント業界最大手のリクルートエージェントは緊急事態宣言が出る前から対面カウンセリングを電話カウンセリングに切り替えており、WEB面接を取り入れている企業の求人を取り扱い、アプリが充実しているので、遠隔で転職サポートを受けることができます

今すぐ登録をすれば1~3日以内に電話で30分〜1時間程度のカウンセリングを行い、あなたが転職できる可能性がある求人がどんな条件なのかがある程度分かります。

もし今すぐ転職する気が無くても、情報収集は大切です。

いざという時にすぐに動き出せるようリクルートエージェントの無料電話カウンセリングを終わらせておきましょう!

>>リクルートエージェントの電話カウンセリングを申し込む

みんなあなたに感謝している

テレビやネットニュースを見ていると、医療関係者が家族にいる人が差別されたとか、ルール内で営業しているのに怒鳴り込まれたとか、自粛警察に張り紙を貼られたとか心無いニュースを見聞きしますが、これだけは知っておいてください。

大半の人は自粛をしていて、その人たちはあなたに感謝しています。

外で働いていると、外に出ている人にしか会わないので分かりにくいかもしれませんが、ほとんどの人が自粛しています。

家にいると確かにストレスは溜まるのですが、外で働いている人の不安とストレスに比べたら、たかがしれています。

あなたが普段会うことのない、STAY HOMEしている人はみんなあなたに感謝している。

目の前の無神経な人なんかに心を削られず、この事実を知っておいてください。

本当にありがとうございます。

必ずしもあなたがその仕事を続ける必要はない

感染が怖い、本当に限界が近い、家族のことを考えると辞めざるを得ない。

あなたやあなたの家族を守るために、今スグ退職することが必要だと思うのであれば退職をして問題ありません。

人であれば当然の感情ですし、仕方のないことだと思います。

もし1〜2ヶ月仕事をしなくてもやっていける状況や貯蓄があるのであれば、それはあなたの力。

一度きりの人生、何があなたにとって大切かを考えて出した答えは否定しないでおきましょう。

一方で「会社に迷惑をかける」という感情も湧き上がってくると思います。

その感情も人として当然のものではありますが、その感情はコロナで無くとも退職する際には少なからず湧き上がってくるものです。

あなたが辞めると実際に会社に迷惑はかかりますが、原則としてあなたが辞めて会社が立ち行かなくなるのは会社の責任です。

ましてやこんなときにあからさまに利益優先して、従業員やお客さんのことを全く考えていないのであれば、あまりいい会社ではないかもしれません。

辞めて生活が困窮してしまうのであれば、できる限りの対策を考えて仕事に立ち向かう。

万全の準備をしておいて感染したらしようがありません。

自分の将来や家族のことを考えると、今は退職する。

一度きりの人生です。

辞めるにせよ辞めないにせよ、あなたが後悔をしない方を選択してください。

社会は変わっていく。その準備が必要。

今後の社会はアフターコロナとかウィズコロナとか言われていますが、集団免疫を獲得するにもワクチンを開発するにも2020年内は難しいと言われています。

仮に集団免疫を獲得できてもワクチンが早々にできても、コロナウイルスが変異する可能性は捨てきれません。

仮にワクチンができたり完全にコロナが消滅したとしても、感染症への恐怖心はしばらく残るでしょう。

またウイルス感染やその他の感染症がやってくるかもしれない。

手洗いの頻度は増し、マスクはさらに日常に溶け込み、サービス店内に関わらず人との物理的距離が遠くなります。

そんな日常になったときにあなたは今の仕事を続けているべきなのか。

今一度考えてみてください。

もともとこ宅でできるリモートワークは増えてきており、コロナショックでその動きは促進されました。

自宅でスマホさえあればできる仕事、パソコンがあればできる仕事は増えてきています。

もし今の仕事を続けるにせよ、勤務時間が短くなってお給料が減ってしまう場合もあります。

そんなときにリモートワークのお仕事をすぐに始められることを知っていれば助けになることでしょう。

リモートワークに興味はあっても、どうやて始めたらいいかわからない人って結構いると思います。

参考までにリモートワークで稼ぐことのできる仕事を仲介している業者のリンクを貼っておきます。

>>リモートワークの仕事を専門に扱うママワークスを利用する

次の仕事が有るか無いか、今スグに確認できる

こんな状況で次の仕事が見つかるのだろうか。という疑問はスグに解決することができます。

その方法は転職エージェントに無料相談することです。

転職エージェントとは転職したい人と人を採用したい企業を仲介するサービス。

中でも業界最多の求人件数を保有する『リクルートエージェント』は転職エージェントの中でも特に早くコロナへの対策を実施しました。

他の転職エージェントよりも格段に早く適切な対応でした。

緊急事態宣言が出る前から対面面談を電話面談に切り替え、WEB面接を取り入れている企業の求人を取り扱い、高機能のアプリもあるので、遠隔でのサポートが他社よりも充実しているのです。

電話面談を実施していることから、リクルートエージェントに登録をすると家で面談を受けられます。

WEB面談も徐々に増えてきており、最終面談以外は全てWEBで完結する転職活動の方はうがリクルートエージェントには溜まってきています

すぐに転職する気が無くても、登録するときに「今すぐ転職する気はないが、もし転職するとしたらどんな企業に転職できるものなのかを知っておきたい」と伝えておけば、転職を強引に進められることはありません。

リクルートエージェントに相談をしておけば、万が一会社が倒産したときやリストラされたときにの初動が早くなります。

ゼロからイチと、イチから二は違います。

コロナウイルスでリスクヘッジを考えるよになったと思いますが、仕事についても今の仕事が万全とは考えず、次の一手を常に懐に入れておくようにしましょう。

もし今登録をしたら、3日以内に電話面談、1週間以内に応募する企業が決まり、2週間以内にWEBで一次面接、3週間後には最終面接、1ヶ月後には内定が出ているかもしれません。

でも今動きだだなければ今日と同じ明日、半年後1年後がやってきます。

そうならないためにも今すぐ登録して相談だけでも済ましてしまいましょう!

>>今すぐリクルートエージェントに相談してみる