葬儀

グラフで解説!葬祭ジョブの口コミ評判|求人の質、特徴、年収は?

8月は毎年20代30代向けの優良求人が増える時期です。

なぜなら10月前後の下期スタートに新プロジェクトが立ち上がるのに合わせて、若手人材を募集している企業が増えるためです。

来月以降になってしまうと採用枠が埋まってしまう可能性が高く、就職・転職活動を開始するのであれば今がまさにベストタイミング!

しかしあなたに合った適切な転職エージェントを選ばないと、また転職を繰り返してしまうことになりかねません。

あなたの状況に合った転職エージェントを利用することで、より詳しい情報を集めることができるので、転職活動を有利に進めていくことができますよ!

就職Shop
正社員経験無しの20代向け。首都圏・関西圏に強い。紹介された求人は全て書類選考無しで面接に進める。
マイナビジョブ20’s
正社員経験3年以下の20代向け。首都圏・東海圏・関西圏に強い。入社後数ヶ月の利用者も多い。
リクルートエージェント
正社員経験3年以上の社会人向け。日本全国に強い。求人件数業界最多。

※どのサービスもリモートカウンセリングを実施しているため、家にいながら短時間で転職活動の第一歩を踏み出すことができます!

サイト管理人
サイト管理人
こんにちは!サラリーマン時代に転職と採用担当者の経験を持ち、現在は独立。700以上の転職サービスの口コミや求人情報を収集・比較・分析しているしんすけです!

葬祭ジョブは葬儀業界に特化しており特に葬祭ディレクターの求人が充実している転職エージェント

  • 葬儀業界での転職しか考えていない!
  • 葬儀業界の知識と経験を活かしてキャリアアップ転職を実現したい!
  • 未経験だけど葬儀業界に転職したい!

という方は葬祭ジョブに登録しておくことをオススメします!

本記事では葬祭ジョブについて口コミ評判・求人を収集し、メリットやデメリット、料金などについて詳しく解説していきます!

\まずは結論!/

葬祭ジョブは都市部で葬祭ディレクターに転職したいという方にはオススメなのですが、葬儀業界以外の求人がないのがデメリット

  • 葬儀業界以外の求人も一緒に検討したい!
  • 葬儀業界の経験と知識が活かせる他の業界の求人も見てみたい!
  • 全くの未経験でも挑戦できる葬儀業界以外の求人を見てみたい!

という方であればリクルートエージェントにも登録しておくことをオススメします!

\公式サイト/

葬祭ジョブの基本情報

サービス名 葬祭ジョブ
特徴 ここに説明文を入力してください。
公開求人件数 418件
主な取扱地域 全国
主な取扱職種 ここに説明文を入力してください。
利用料金 無料
運営会社 ここに説明文を入力してください。

葬祭ジョブの口コミ評判

当サイト独自のアンケートを実施しましたが、葬祭ジョブを利用したという方の回答は得られませんでした

新たに回答を得られ次第掲載予定です。

葬祭ジョブのメリット・特徴

葬儀ジョブのメリット・特徴はなんといっても葬儀業界に特化していることです。

日本全国の葬儀業界の求人を扱っており、特に都市部の葬祭ディレクター、納棺師・湯濯師、営業職が特に充実しており、全体の9割以上がこれらの職種です。

葬儀業界に特化している転職エージェントは他にもいくつかありますが、葬祭ジョブは葬祭ディレクターの求人件数が最も充実しています。

また求人検索でお環境面や待遇面、会社の雰囲気など他の葬儀業界の転職エージェントでは見かけない検索項目があり、かなり詳しい条件で検索することができます。

葬祭ジョブのデメリット・利用時に気をつけたいこと

葬祭ジョブは葬儀業界専門の転職エージェントなので当たり前ですが、葬儀業界以外の求人がありません

葬儀業界での知識と経験は、冠婚葬祭をはじめ、接客や営業など非常に幅広い業界や職種に需要があります。

葬祭ジョブだけで転職活動をすると、他の業界や職種であればもっと好条件であったり、将来的に年収がよくなる求人を見逃してしまう可能性があります。

葬祭ジョブの料金と利用方法

葬祭ジョブは完全無料で利用することができます。

葬祭ジョブの利用方法は以下の通りです。

  1. ホームページから登録
  2. 電話または対面でカウンセリング
  3. 求人紹介
  4. 面接準備(履歴書添削・模擬面談)
  5. 面接(必要に応じて同行)
  6. 内定
  7. 入社

葬祭ジョブの求人の質

総求人件数

葬祭ジョブのホームページの求人検索機能を利用して集計したところ418件でした。※2021年7月11日

当サイトの調査によると、葬儀業界専門の転職エージェントとして2番目の多さです。

初回調査時よりも100件近く増えており、検索項目も増えているため、今後さらに求人内容が充実してくることが期待できます。

地域別求人件数

関東、中部・東海、関西と都市部の求人が多く、地方の求人は少なくなっています。

地方の道府県でさらに地域・職種・その他条件を絞るとほんの数件もしくは0件しか残らない可能性があります。

職種別求人件数

「葬祭ディレクター」「納棺師、湯濯師」「営業」で全体の90%を占めています。

葬儀業界専門の転職エージェントはいくつかありますが、葬祭ディレクターの求人件数が最も多いは葬祭ジョブです。

おすすめポイント別求人件数

おすすめポイント別に詳しく検索できるのが葬祭ジョブの大きな特徴の一つです。

経験や学歴の有無、年代や勤務体系、さらには会社の雰囲気まで検索までできます。

年収別求人件数

葬祭ジョブは年収別で求人検索ができないため、年収の傾向が分かりません

目視で確認する限りは、月収20〜30万円台+賞与というところが多いように見受けられるため、年収200〜400万円台がほとんどを占めるものと思われます。

また求人によっては「年収500万円も可能!」と記載されている求人おあるため、年収500万円(月収42万円)が葬祭ジョブにおける高年収であることが分かります。

まとめ(葬祭ジョブが向いている方・向いていない方)

【葬祭ジョブが向いている方】
関東・東海・関西で葬祭ディレクターに転職したい方

【葬祭ジョブ向いていない方】
葬儀業界でも葬祭ディレクター以外に転職したい方
葬儀業界とそれ以外の業界の求人も比較検討したい方
関東・東海・関西以外で転職したい方

葬祭ジョブは都市部の葬祭ディレクターに転職したいと考えているからであれば登録必須。

しかし葬祭業界でも葬祭ディレクター以外の転職を考えているのであれば、他の転職エージェントも併用した方が良いでしょう。

葬祭ジョブと併用にオススメの転職エージェントはリクルートエージェントです。

葬儀業界の方は場の空気が読めて気遣いができて相手の気持ちに寄り添うことができます。

これはどの仕事をするにおいても重要な能力。

しかしながら葬儀業界の年収は決して高くはなく、正当に評価されているとは思えません。

「葬儀業界での知識と経験があるから葬儀業界の転職」と思うかもしれませんが、ぜひあなたの能力を一番高く評価してくれる企業に巡り合うためにもリクルートエージェントに登録をしてみてください。

視野を広げれば「こんなに自分を求めてくれる業界があるのか!」と転職活動が楽しくなりますよ!

\公式サイト/

\公式サイト/
有効求人倍率が急上昇中!業界最大手リクルートエージェントへの登録はお済みですか?
無料登録はこちら!
\業界最大手!/
リクルートエージェントに無料登録