DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)の口コミ評判!転職先、料金、場所について解説!

DIVE INTO CODEは高品質な授業内容だと評判になっているプログラミングスクールです。

本記事では、DIVE INTO CODEの口コミ評判、料金体系や場所について解説します。

ヒヨやん

ヒヨやん
1都3県の20代が未経験からエンジニアを目指すなら!

東京・神奈川・千葉・埼玉の20代であればGEEK JOBを利用すれば【受講料が無料で、大手IT系企業の正社員求人も紹介】してもらえます。

GEEK JOBはプログラミングスクールで即戦力化した20代を優良企業に紹介し入社したら手数料をもらう事業を行なっているため、あなたは受講料を払う必要がありません。

東京に通える場所に住んでいて20代なのであればGEEK JOBでスキルを身につけ自らのJOBをスタートさせましょう!

>>GEEK JOBで新しい人生をスタートさせる

DIVE INTO CODEの口コミ評判、転職先

まずは、DIVE INTO CODEを利用して転職に成功した人の口コミを紹介しますが、DIVE INTO CODEで転職できる企業の一例も挙げておきます。

  • 企業取引に関するプラットフォームを作る会社「アラームボックス」
  • 業務システムの職人集団「デジタル・ヒュージ・テクノロジー」
  • 企業のお悩みを解決するITお助け隊「アールラーニング」
  • 情報科学でビジネスを前に進める「スマートアルゴリズム」
  • 家計簿アプリ利用No.1の実績がある「マネーフォワード」

他にも、楽天やトレンダーズなどへの就職実績もあり、全員が有名企業に入れるわけではないとはいえ、DIVE INTO CODEを使えば個人で転職活動をするよりも有利な条件で転職できますね。

Aさん 27歳

Aさん 27歳
食品会社 営業 →
システムソリューション会社 システムエンジニア

スパルタカリキュラムだと聞いていましたが、本当にハードでした。

DIVE INTO CODEには「総合学習時間750時間で初めてエンジニアとしてのスタートラインに立てる」という考えがあるのですが、それは正しいと思います。

ただ、理想と現実は違っていて、DIVE INTO CODEの理想に到達するまではめちゃくちゃしんどいです。

その努力の甲斐あって転職できたので感謝してますし、あの時に頑張って良かったなとは思います。

エンジニアは一生勉強が必要な職種なので、最初にしっかり学ぶ習慣がつけられたのは良かったんじゃないでしょうか。

今も仕事で分からないことがたくさんあるので、勉強に勤しむ毎日です。

Bさん 24歳

Bさん 24歳
フリーター →
ネットワーク機器メーカー ネットワークエンジニア

DIVE INTO CODEに無料カウンセリングも行ってエンジニア転職を考えていたのですが、授業料60万円は無理でした…。

一般的なプログラミングスクールの料金が1ヶ月24,000円くらいだと聞いていたので、それに比べるとちょっと高すぎるかなーという印象を受けました。

調べているうちに無料で利用できる『GEEK JOB』を発見し、DIVE INTO CODEと同じように就職支援もついていたので、GEEK JOBでエンジニア転職が果たせました。

プログラミング初心者だったのに、3ヶ月でエンジニアデビューできるなんて夢みたいです。

転職後は勉強しながらですがなんとかやって行けてるので、お金をかけずに転職できたのは本当にラッキーだったと思ってます。

Cさん 30歳

Cさん 30歳
住宅販売会社 事務 →
ITコンサルティング会社 ITエンジニア

DIVE INTO CODEを使って、未経験からエンジニアになりました。

仕事をしながらの勉強は想像以上に大変でしたね。

恐らくDIVE INTO CODEは良いレッスンをしてくれる優秀なスクールなんでしょうけど、途中でついていけなくなりかけて辞めたくなってしまいました。

だけど高額なレッスン費用を支払った以上辞めるに辞められず…これって結構なストレスです。

仕事でヘトヘトなのに強制的に勉強させられる毎日は二度と思い出したくない日々です。

もう少し余裕を持って学べるスクールのほうが良かったのかもしれません。

Dさん 30歳

Dさん 30歳
図書館司書 →
ソフトウエア開発会社 WEBエンジニア

DIVE INTO CODEは仲間もできるプログラミングスクールです。

本気度が高い人が集まっていたので、刺激的な時間を過ごせました。

みんな「本気でエンジニアになりたい!」って熱意がすごくて、励まし合いながら勉強してましたね。

卒業後も集まるような仲間ができて、今も仕事の愚痴とか聞いてもらってます。

Eさん 29歳

Eさん 29歳
運送会社 総務 →
金融業界向けシステム開発会社 開発エンジニア

支払った料金分の価値があるのがDIVE INTO CODEだと思います。

卒業した後も自習室が使えて、オンラインで質問できるスクールは滅多にないですよね。

転職後は会社の先輩に聞けばいいとはいえ、転職してすぐの時期は質問するのさえ気が引けるんですよね…。

DIVE INTO CODEで聞けるという安心感がありがたかったです。

過去に独学で勉強して挫折した僕でも頑張り続けられたので、興味のある人はDIVE INTO CODEを試して欲しいですね。

DIVE INTO CODE
公式サイト

DIVE INTO CODEの料金

DIVE INTO CODEの料金をコースごとに紹介します。

DIVE INTO CODEのコースはゴール設定が決まっているのが特徴で、何を目的にするかでコースを選びます。

エンジニアとして就職することを目標としている人向けなのが、就職達成プログラム。

就職達成プログラムは「実践の研修課題」「コードレビュー」「チーム開発」が強みで、基礎的な知識の習得から現場で使われるツールや開発の経験まで幅広い学習内容になっています。

新規事業創造プログラムはWebサービスのリリースをゴールとするコースですが、プログラミングの基礎も学びます。

開発スキルだけでなく、企画、検証、フィードバックを元にアイデアを改善する経験もできて盛沢山な内容です。

期間 入学金(税抜) 受講料(税抜)
就職達成
プログラム
フルタイム:4ヶ月
パートタイム:10ヶ月
90,910 円 498,000 円
新規事業創造
プログラム
パートタイム : 10ヶ月 90,910 円 498,000 円
ベーシック
プログラム
パートタイム : 6ヶ月 90,910 円 298,000 円
機械学習
エンジニアコース
フルタイム: 4ヶ月 181,819 円 798,000 円
Python道場 1ヶ月全4回 99,800 円
チーム開発講座 1ヶ月全4回 128,800 円

アプリ開発に関する知識をつけることを目標にしているのが、ベーシックプログラムで、自分でエラーログを確認し、プロのWEBエンジニアと対等に交渉できるスキルが身に付きます。

機械学習エンジニアコースは知識の習得だけでなく、機械学習エンジニアとして就職するのがゴール設定。

一般的なエンジニアではなく、AI開発に特化したシステムエンジニアになりたい人は機械学習エンジニアコースを選択してください。

実務から逆算した本当に必要なスキルが学べるのが特徴で、無駄なく学習できるコースとなっています。

これら4つのコースは通学コースとなりますが、DIVE INTO CODEにはオンラインコースもあります。

オンラインで受講可能なのは、「新規事業創造プログラム」のパートタイムと「就職達成プログラム」のパートタイムのみで、学習内容や料金は通学コースと同じです。

単科コースはPython道場とチーム開発講の2つで、学びたい教科だけにフォーカスした内容です。

ヒヨやん

ヒヨやん
どれが自分に合っているのか分かんないよ・・・。

あとお金ない・・・・・

サイト管理人

サイト管理人
受講者のほとんどは入学前に自分にどのコースが合っているのか分かっていないものだよ!

そのために無料カウンセリングや無料体験があるんだ!

あとヒヨやんは、さいたま市の大宮に住んでいる20代だよね?

東京に通える20代であればGEEK JOBを利用すれば受講料は無料で優良企業の求人も紹介してもらえるよ!

DIVE INTO CODE
公式サイト

DIVE INTO CODEの場所

DIVE INTO CODEは通学型のスクールなので、自宅から通えるかどうかも確認しておいてください。

DIVE INTO CODE東京校は渋谷駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

DIVE INTO CODE 東京校
〒150-0044 東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館
TEL:03-5459-1808

就職達成プログラムでフルタイムを選んだ場合の1日のスケジュールを紹介すると、10時の朝礼に始まり、13時間までが自習時間、1時間の休憩を挟んで14時~18時までプログラミング・ワークショップ、18時~終礼、22時まで自習時間(自宅学習可)という感じです。

パートタイムの場合には、木曜日を除く平日19時~22時と土日祝日の10時~22時が自習室開放・対面質問時間となっています。

パートタイムは平日夜と土日祝日に学ぶスタイルで、仕事をしながら学習したい人に最適です。

オンラインコースを選択すると、一度も東京校を訪れる必要なくオンラインだけでカリキュラムをマスターできるので、渋谷まで通うのが難しい遠方の方は、オンライン授業を選択してください。

ヒヨやん

ヒヨやん
渋谷か〜。人多くて通学するの嫌だからオンラインの方がいいな〜。
サイト管理人

サイト管理人
学校に行った方がいいと思う人は学校で、一人でも勉強できる人や渋谷に通えない人はオンラインを利用しよう!

DIVE INTO CODE
公式サイト

1都3県でのプログラミングならGEEKJOB

プログラミングを学んでエンジニアになろうと思っている人は、どのスクールに通えばいいか迷いますよね。

あなたにぴったりなプログラミングスクールを見つけるために、DIVE INTO CODEの就職達成プログラムと同じようなコースがあるGEEK JOBを比較してみましょう。

DIVE INTO CODEとGEEK JOBの共通点は初心者でもエンジニア転職できることですが、それまでの過程が大きく違います。

まず入学する時にかかる金額。

DIVE INTO CODEの就職達成プログラムは60万円かかるのに対し、GEEK JOBは0円です。

60万円の違いは大きいですよね。

学習内容・期間に関しては、現場ですぐに使える内容という意味では同じですが、DIVE INTO CODEでは最短でも4ヶ月かかります。

GEEK JOBは最短就職だと22日です。

これは、学習の深さにおけるゴール設定が違うからで、エンジニアとしての知識を十分につけてから転職するのがDIVE INTO CODEで、転職するために最低限の知識だけを習得して働きながら学ぶのがGEEK JOBだと考えると分かりやすいでしょう。

高い金額を払ってDIVE INTO CODEで学んだことは無駄にはなりませんし、仕事をする上でも十分な知識があったほうがキャリア形成しやすいのは事実です。

でも、DIVE INTO CODEは厳しいことでも有名で、課題がクリアーできずに予定通りに卒業できない人が結構います。

入学時には4ヶ月で終了する予定だったとしても、全ての課題を終えていないと卒業させてもらえません。

課題によっては何度もやり直しさせられることもあるようです。

GEEK JOBも同じように必要最低限の知識を習得しないといけないので、誰でも22日で最短就職できるというわけではありませんが、DIVE INTO CODEに比べると卒業のハードルが低いのが違い。

「スピード感ではGEEK JOBが一番!」と言われている通り、GEEK JOBなら短期間で就職できる可能性が高いです。

「就職までに時間がかかると困る…」という人は、DIVE INTO CODEよりもGEEK JOBのほうが良いですよ。

「早く正社員就職しないと生活していけない…」という金銭的な面はもちろん、「転職までに時間がかかる=挫折するリスクが高まる」という精神的な部分のデメリットも忘れてはいけません。

とりあえず就職できてしまえば、お給料をもらって勉強を続けられるので「仕事だから頑張ろう!」と思えますが、自らお金を払ってDIVE INTO CODEで苦しい勉強を何ヶ月も続けるのは大変です。

「途中で挫折してしまうかも?」「高いお金を出してまで嫌な勉強はしたくない!」と思う人は無料で利用できるGEEK JOBを使ってエンジニアデビューするのが正解です。

東京、神奈川、千葉、埼玉でプログラミングスクールに通うのであれば、GEEK JOBがおすすめですよ。

ヒヨやん

ヒヨやん
無料ってすごいね。

なんか裏があるんじゃないの!?

サイト管理人

サイト管理人
裏というか、無料の理由だよね?

GEEK JOBはGEEK JOBで育成した受講生を企業に紹介して、受講生が就職したら企業からお金をもらうことで成り立っているんだ。

だから無料なんだけど、原則としてGEEK JOBに紹介してもらった企業に就職しないといけないという規約があるよ!

詳しくはGEEK JOBの無料体験・説明会で確認しよう!

>>GEEK JOBの無料体験・説明会に申し込んでみる