なでしこ介護士の口コミ・評判!求人の質や年収、特徴は?

The following two tabs change content below.

しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。


今回は、プライベートと仕事の両立で悩む女性介護職の方に利用してほしい「なでしこ介護士」を紹介します。

介護業界は女性職員のほうが多い環境とはいえ、仕事と家庭・育児を上手に両立できている女性は滅多にいないのではないでしょうか?

無理をして仕事を続けているママさん介護士は、なでしこ介護士に登録して「定時で帰れる職場」を紹介してもらってください。

「介護の仕事はこんなもんだから仕方ない…」なんて諦めなくていいんですよ。

なでしこ介護士にはワークライフバランスが図れる求人がたくさんあります。

地方在住の女性介護職の方も、全国全ての求人をカバーしているなでしこ介護士を使ってみてくださいね。

なでしこ介護士のコーディネーターは全員女性なので「同性同士で話やすい!」と女性から大人気の転職エージェントです。

介護業界で多いのが、利用者や上司からのセクハラ!

そんな話しにくい内容の悩みがある方は、なでしこ介護士の女性コーディネーターに相談しましょう。

完全無料でサービスを受けられるなでしこ介護士は、これからも介護職を続けていきたい女性全てにおすすめです。

『なでしこ介護士』の口コミ・評判

Aさん 20代

Aさん 20代
初任者研修 有料老人ホーム →
有料老人ホーム

残業が無い施設を紹介してくれると友人に聞いたので、半信半疑で登録したところ、本当に残業が無い施設を複数紹介してくれた。

施設見学もセッティングしてくれるので、見学後にここなら働けると思った施設と面接できる点も良かった。

また、女性アドバイザーしかいないので、安心して相談できた。

Bさん 30代

Bさん 30代
初任者研修 有料老人ホーム →
介護老人保健施設

私の今年の目標は「社会福祉士」を取得する事です!

転職する前は毎日残業続きで、勉強をする時間など取れませんでした。

このままでいいのかと悩んでいたときに「なでしこ介護士」を見つけました。

担当のコーディネーターの方が親身に相談に乗って頂き、残業のない職場に巡り会えました。

今は勤務終わったら、カフェに行って社会福祉士の勉強を1時間してから帰宅するのが日課になっています。

今年度チャレンジして頑張ってみたいと思います。

Cさん 30代

Cさん 30代
介護福祉士 特別養護老人ホーム →
有料老人ホーム

女性ならではの悩みに寄り添ったハートフルな対応が魅力です。

また、施設の「離職率」などのコアなデータや現職者からの口コミ・タレコミ情報も共有してくれます。

まだ出回っていない非公開の求人案件も見れるので大変有益ですよ。

この他にもたくさんのメリットがありますが、何と言っても素晴らしいのは紹介されている求人情報の質の高さです。

サクシードらしい、独自の選定基準により厳選された求人情報を基に就職することで、ホワイト企業に就職することができます。


初任者研修 有料老人ホーム →
グループホーム

他の紹介会社に比べて提案内容が具体的だった。

ヒアリング力と聞いたことに対する的確な質問や指摘が、話していてとても安心したし満足感を得られた。

とても親切で話しやすかったです。

最初から、こちらに伺えばよかったと感じました。

『なでしこ介護士』の求人の質と年収

なでしこ介護士が保有する求人の特徴は、ワークライフバランスが図れる職場が中心だということです。

「残業がない」「育児・介護休暇がとりやすい」など、女性が働きやすいと思える求人を紹介してくれるのがなでしこ介護士の一番のメリット。

「仕事だけの毎日は絶対イヤ!」と思っている女性に最適なのが残業なしの職場ですが、介護職で残業なしの施設を探すと簡単には見つからないのが現状です。

でも、なでしこ介護士にお願いすれば、何の苦労もなく残業なしの職場を教えてもらえますよ。

特に育児中の女性で子供のお迎え時間が決まっている人だと、残業なしの職場でないと働き続けるのが難しくなりますよね。

そんな悩みを持つ方は、なでしこ介護士を使ってみてください。

ただし、なでしこ介護士の求人は非公開となっていて、登録後に紹介された求人しか見られないのがデメリットです。

紹介された何件かの求人だけしか見ることができないと、人によっては「物足りない…」と感じてしまうかもしれません。

なでしこ介護士は転職を急がせることなく、丁寧に対応してくれるエージェントなので、紹介された求人だけで納得できない場合には、「比較したいので他の求人も見せてほしい」と要望を伝えてくださいね

数件だけの求人を見て転職先を決めて後悔してしまうといけないので、できるだけたくさんの求人を見て比較したほうが良いですよ。

完璧な職場はないので入職後にはひとつくらい不満点が出てくるものですが、少ししか求人を見ていないと「もしかして、もっといい職場があったのかも?」というモヤモヤした感情がでやすいんです。

たくさんの求人を見ていれば「あれだけ探したけど、ここ以上に良いところはなかったんだから、ここを選んで正解だった!」と自分を納得させることができ、働き続けるモチベーションを保つことができます。

年収に関しては求人が非公開なのではっきりとは分かりませんが、働きやすさを重視しているということで、大幅な年収アップは難しいかもしれません。

でも、なでしこ介護士を運営している株式会社サクシードは、ホワイト企業への就職支援を行っている「しろくま介護ナビ」も運営しているので、求人の質に関しては定評があります。

だから、なでしこ介護士の求人も相場程度の年収は期待できるでしょう。

『なでしこ介護士』の利用方法

なでしこ介護士の登録手続きは、ホームページの「無料登録フォーム」に必要事項を記入して送信するだけで完了です。

登録後1営業日以内になでしこ介護士のコーディネーターから電話がかかってくるので、転職先に希望する条件をまとめておいてください。

コーディネーターが全員女性のなでしこ介護士は、女同士で話がしやすいと利用者から好評です。

結婚や出産、育児に関することだけでなく、基本的に仕事に求めるものが男女間で違うことが多いので、同性に話を聞いてほしいと思っている人はなでしこ介護士が向いています。

それに、介護業界に多い悩みのひとつであるセクハラ系の話は同性のほうが話しやすいですよね。

あなたの希望を聞いたコーディネーターがマッチする求人を紹介してくれるので、その中から転職してもいいと思える職場を探しましょう。

最初から1つだけに絞らなくても、いいと思う施設があったらコーディネーターに職場見学をお願いしてみると良いですよ。

なでしこ介護士では面接前の職場見学も行っているので、現場を見て「ここならOK」と思えた施設の面接を受ける方法がおすすめです。

そして、面接を受けて内定をもらい、入職した後までなでしこ介護士のアフターフォローは続きます。

もし実際に働いてみて「聞いていた条件と違う!」というトラブルがあった時は、なでしこ介護士のコーディネーターに相談してくださいね。

『なでしこ介護士』が向いている人、向いていない人

なでしこ介護士が向いている人は、プライベートを充実させた働き方をしたいけれど自分で転職先を選ぶ時間がない人と職場に求める条件の優先順位がつけられない人です。

既に育児中の女性は仕事と育児で忙しく時間がいくらあっても足りないくらいでしょうから、自分で求人を探す時間的余裕がありませんよね。

そんな場合には、なでしこ介護士のコーディネーターにお願いして、育児と両立しやすい職場を探してもらいましょう。

また、「女性が働きやすい職場」と一口に言っても、残業が少ない職場、育休が取りやすい職場、夜勤免除される職場、土日休みの職場、子供の急病などでの突発的な休みを理解してくれる職場…など様々です。

全てを兼ね備えている職場はないので、あなたの中で優先順位をつけて、何を優先させて職場選びをするかを決めなくてはいけませんが、「優先順位がつけられない…」という人もいるのではないでしょうか?

優先順位の付け方が分からない方は、ライフプランも含めて、なでしこ介護士のコーディネーターに相談してみてください。

面談をすることで、自分が何を最優先させるかが分かってくるはずなので、まずはコーディネーターと話をしてみるのが一番です。

なでしこ介護士が向いていない人は、パートやアルバイトで働こうと思っている女性介護職の方です。

家庭や育児と仕事を両立させようと思った時に、勤務時間を減らしてパートやアルバイトにする方法がありますが、なでしこ介護士は最初から正社員として就業できる施設のみの紹介となっているので、非常勤の求人を扱っていません。

短時間勤務でワークライフバランスを図ろうと思っている女性は、パート求人のある別の転職エージェントを使いましょう。

最後に

70%以上が女性職員だと言われる介護業界ですが、勤務時間が不規則だったり、残業が多かったりして女性にとって働きやすい環境だとは言いにくいのが現実です。

だけど、なでしこ介護士を利用して転職活動を行えば、女性が長く働ける職場を紹介してもらえます。

特に、子供ができた時に正社員として働き続けることに挫折してしまう人が多いので、「独身時代はやっていけたけど、子持ちになったら無理…」と思っている女性介護職の方は、早めに転職を検討したほうが良いですよ。

仕事がキツイとしわ寄せが子供にいってしまいますよね。

「もう子供に我慢させたくない…」という悩みがある人は、時間や手間をかけずに転職活動ができるなでしこ介護士を活用しましょう。

忙しい毎日の隙間時間を使って転職活動を成功させられれば、子供との時間が楽しめる日々が手に入りますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。