グラフで解説!転職ナビの口コミ・評判|求人の質や特徴は!?

The following two tabs change content below.

しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

転職ナビは転職会議や就職会議、転職DRAFTなど斬新な転職・就職関係のサービスを展開する(株)リブセンスの運営する転職サイトです。

無料の電話サポートサービスの「転職ナコウド」では仕事探し・キャリア相談・履歴書や職務経歴書の書き方・面接対策など、転職に関する悩みを担当者が一緒に考え、内定獲得までサポートしてくれます。

また転職ナビ経由で転職が成功したら「祝い金」がプレゼントされ新たな生活に弾みもつきます。

リブセンスのホームページの求人検索機能を利用したところ、総求人件数は8,210件。※2019年7月29日調べ

雇用形態別では「正社員」が.92.7%、「契約社員/準社員」が7.3%です。

地域別では「関東」が38.7%、「東海」15.5%、「関西」が14.7%、「九州・沖縄」が9.0%、「中国・四国」が8.0%、「北陸・甲信越」が7.1%、「北海道・東北」7.0%です。

職種別では「営業系」が15.3%、「技術系(IT・通信)」が13.9%、「建築・土木系」が11.7%、「医療・福祉・保育系」が9.2%、「販売・サービス系」が9.2%、「飲食・フード系」が9.1%でこの6職種で全体の68.3%を占め、他にも9種の職種を扱います。

転職の際にはリスクヘッジのため複数の転職サービスを利用するのが鉄則です。

求人件数No.1の転職エージェントであるリクルートエージェントにも登録をして万全を期すことをお勧めします。

『転職ナビ』の口コミ・評判

Tさん 24歳

Tさん 24歳
機械商社 営業 → 運送会社 営業

新卒で機械商社に入社しましたが、思い描いた営業職生活とあまりにかけ離れており、また恐らくはブラック企業であったと思います。

私の担当はほとんどが個人客で、わがままな人が多く、完全に上司が担当を嫌がっている顧客を私に回していました。

外回りでお客さんに怒鳴られ会社に帰って上司に怒鳴られる日々でした。

上司はややこしい顧客を新入社員に回して簡単な顧客を担当し、インセンティブをもらっていると知った時に上司と会社に愛想が尽き、転職活動を始めました。

転職エージェントも登録をして利用していましたが、結果的に『転職ナビ』で見つけた運送会社に営業として転職することになりました。

「転職ナコウド」というサービスが転職サイトと転職エージェントの中間のようなサービスで私には合っていたのかもしれません。

私が入った会社は固定客が多くほとんどがルート営業で接待もそんなに必要なく、平和に仕事ができています。

Gさん 27歳

Gさん 27歳
派遣 SE → 建築会社 社内SE

専門学校を卒業してから派遣として働いてきました。

特定の人間と仕事で長期の関係を持つのが嫌だったため派遣を選んだのですが、仕事が一区切りするたびに現場が変わるのがしんどくなってきて、正社員のSEを目指して転職活動を始めました。

『転職ナビ』以外にもエンジニア専門の転職エージェントなども使いましたが、私のスキルを活かせて希望を満たす建設会社の車内SEの求人が『転職ナビ』にあったため、その求人を第一志望としました。

結果的にてエンジニア専門の転職エージェントから転職に関するノウハウと現在の転職市場の動向などの動向をいただいて、『転職ナビ』で転職が決まったような形になり、転職エージェントの担当者には申し訳ないと思っています。

しかし自分ににあっている求人が『転職ナビ』にあったので仕方ないと思っています。

Aさん 31歳

Aさん 31歳
個人飲食店 ホールスタッフ → 飲食チェーン 店長候補

飲食業界で3回転職を繰り返しましたが、前職がそれまでの職場の中で一番劣悪な環境でした。

この業界で何度も転職を繰り返すとどんどん環境が悪くなってくるものかと思い、半ば諦めていたのですが、お客さんから転職サイトの存在を教えてもらい、転職に希望が見えるようになってきました。

それまでは街中で見た求人募集、知り合いの伝手などで転職していて、転職サイトを使うのは今回が初めてでした。

飲食専門の求人サイトや『転職ナビ』にも登録をして転職活動を進めたところ、思いの外良い労働条件の求人が多く、最初は「どうせ釣りの求人だろ」と半信半疑でした。

しかし転職活動を進めていくうちに、その求人の多くは釣りではなく、実在するものだと分かり転職活動を本格化します。

どの求人も今の職場よりかは状況が良くなることは目に見えていたのですが、一番重視したのはバランスでした。

最初はとことん年収が高い求人ばかりを探していたのですが、年収を下げると福利厚生が手厚いところがあったり、労働時間が短いところがあったりと、「世の中うまいことできてるな〜」と思いました。

転職回数が多いことは面接で聞かれましたが、根本の理由は自分自身にありつつも、今までの仕事探しの方法があまり良くなかったたことも一因にあると答え、次こそは長く勤めたいという意思を伝えました。

その後内定をいただいたのは4社中1社でしたが、『転職ナビ』絵見つけた第一志望だった大手の飲食チェーンからの内定だったので、転職はとりあえずは成功しました。

本当の成功にするかどうかは自分次第なのでこれから頑張ります。

『転職ナビ』の求人の質

『転職ナビ』のホームページの求人検索機能で集計した結果をグラフ化しました。※2019年7月29日調べ

【雇用形態別求人件数】

【職種別求人件数】

【地域別求人件数】

『転職ナビ』と一緒に使いたい転職エージェント

『転職ナビ』は担当者のつかない転職サイトと呼ばれるサービスです。

転職サービスの中には登録をした時点で担当者がつく転職エージェントと呼ばれるサービスがあります。

転職の際には担当者のつかない転職サイトと担当者のつく転職エージェントをうまく使いこなすのがコツ。

『転職ナビ』と併用して相乗効果飲み込める転職エージェントをご紹介しますので、自分に合っているものがあれば利用することを検討してみてください。

リクルートエージェント

求人件数20万件以上と『転職ナビ』の求人件数を大きく上回ります。

それもそのはず。

リククルートエージェントの求人件数は転職エージェントNo.1なのです。

全ての業界・職種・地域・年代向けの求人を扱っており、まだ転職の方向性が決まっていない人や、まだ転職そのものを実行するかどうかを悩んでいる人、などにもおすすめです。

28万件以上の突出した求人件数で転職エージェント業界のトップに君臨するリクルートエージェント。 ありとあらゆる業界・職種・地域・年代・年収...

レバテックキャリア

エンジニアの転職に特化した転職エージェントです。

エンジニアの世界は常に最新情報を把握しておかなければすぐに置いていかれます。

しかしレバテックキャリアの業界に精通した担当者は、常に最新情報を把握し、求職者に適切な情報を提供し続けます。

IT・Web業界での転職を考えている方にぜひ使ってみてほしいのが、レバテックキャリアです。 レバテックキャリアの良さはキャリアアドバイザー...

ウズキャリ

新卒入社3年以内の第二新卒の転職に特化しています。

担当者は全員元既卒か第二新卒で求職者の気持ちが分かります。

また独自の基準でブラック企業の求人を徹底排除しているほか、個別サポートと集団サポートを選べるのも大きな特徴です。

ウズキャリは完全無料で就職サポートを行ってくれる転職エージェントで、対象者は20代の第二新卒、既卒、フリーター、ニートだという点が特徴的です。 ...

最後に

『転職ナビ』の運営会社の(株)リブセンスは次から次へと新しい転職サービスを世に送り出しています。

実際に求職者のためになるサービスかどうか見極めるのはもう少し時間はかかるでしょう。

しかし他者が既存のサービスのマイナーチェンジのようなサービスをリリースし続ける中、常に新しいサービスをリリースし続けるその姿勢には感服します。

転職サービスは複数利用して問題ないので、自分に合うと思えばどんどん利用し、合わないと思えばすぐに退会したらいいのです。

(株)リブセンスのサービスは転職するのであれば、少しは触ってみないともったいないと思います。

何はともあれ、一番大事なのは最新の情報に触れることではなく、あなたにあった会社に転職すること。

『転職ナビ』があなたに合う会社を紹介してくれると思うのであれば是非登録をしてみてください。

あなたの転職が成功することを祈っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

「ぴよぴよ転職」サイト管理人 しんすけ