ホワイトな職場!リッチマン介護の口コミ・評判|求人の質や年収、特徴は?

サイト管理人

サイト管理人
リッチマン介護は今の給与に不満のある介護職の方に利用してほしい転職エージェントです。

本記事はリッチマン介護の口コミ評判を紹介し、特徴や求人の質について解説します。

\ホワイトな職場がいいなら!/

「お給料が高いに越したことはないけれど、一番優先したいのはホワイトな職場!」というあなたは「しろくま介護ナビ」で求人を見つけましょう。

人材不足で定着率が低い大きな理由は「時間外労働」と「有給取得率」。

しろくま介護ナビは労働環境の改善に取り組んでいる求人だけを紹介しています。

しろくま介護ナビのような転職サービスがあるということは、しろくま介護サービス以外を利用すると労働環境が悪い企業に入社してしまう可能性があるということ。

絶対にホワイトな職場に転職するためにもしろくま介護ナビには一番最初に登録をしておきましょう!

>>今すぐしろくま介護ナビに登録する

『リッチマン介護』の口コミ・評判

リッチマン介護について詳しく説明する前に口コミを紹介します。

転職して良かった!という感想がたくさん集まりました。

Hさん 33歳

Hさん 33歳
社会福祉士
訪問介護 → 有料老人ホーム

特に大した経験がないのでハイクラスの転職なんて視野に入れてもいませんでしたが、リッチマン介護の担当者には「介護業界で真面目に約10年働いたんだったらハイクラスへの転職は十分可能」と自信をつけてもらいました

実際に年収を上げることができ、綺麗な施設で働けているので転職には満足しています。

サイト管理人

サイト管理人
「真面目に10年働いた」とリッチマン介護に評価してもらったのがポイントですね。

高年収の職場に紹介するのであればそれなりの経験と知識が求められます。

Oさん 29歳

Oさん 29歳
介護福祉士
特別養護老人ホーム → 介護事業所

大手の転職エージェントも利用しましたが、介護系で年収の高めの求人を数多く持っているところはありませんでした。

介護以外の業界で年収が良いところへ転職するのであれば大手の転職エージェントが良いと思いますが、介護での年収アップであればリッチマン介護が良いという印象です。

サイト管理人

サイト管理人
大手の転職エージェントが高年収の求人を確保しようと思えば、介護ではなくIT系や商社の求人を確保するでしょう。

また介護業界の平均年収は他の業界と比べて低い傾向があるので、介護業界の中で高年収であったとしても他の業界では普通の年収だったりもします。

介護で高年収の求人を探すのであればリッチマン介護を利用した方が効率的に見つけられそうですね!

Mさん 25歳

Mさん 25歳
介護福祉士
介護施設 → 病院

前の職場は小さな介護施設であまり福利厚生などがしっかりしていなかったことに気づきリッチマン介護としろくま介護ナビに登録をしました。

リッチマン介護に紹介してもらった職場は前職よりも年収が良かったのですが面接の時に前の職場と同じような印象を受けたのでお断りしました。

しろくま介護ナビに紹介してもらった職場は福利厚生がしっかりしていて人手も十分とは言えないまでも前職よりかは多かったので、その職場を第一志望にしました。

しろくま介護ナビの担当者の助言もあり無事転職できて良かったです。

サイト管理人

サイト管理人

実際に職場がブラックかどうかは働いてみないと分かりませんが、面接官の雰囲気や面接後に職場を見せてもらうなりして自分なりに見極めるのは大切な作業です。

しろくま介護ナビにはその名の通りホワイトな職場を紹介してもらったようで何よりです!

しろくま介護ナビ
公式サイト

Hさん 40歳

Hさん 40歳
ホームヘルパー1級
グループホーム 管理職 →
有料老人ホーム 管理職

40歳の転職で年収アップは望めないと思い込んでいましたが、思いの外自分の経験を評価してくださる企業がいくつかあり、転職活動は自己肯定できる良い機会となりました。

20代の頃の転職でハローワークを利用し散々な目に会って、今回はリッチマン介護で成功しました。

転職活動の際はどの転職サービスを利用するかによって未来が大きく変わると認識しました。

サイト管理人

サイト管理人
ハローワークの求人は玉石混合なので求職者自身が職場をよくよく見極める必要があります。

介護職を長く続けて管理職までたどり着き転職を検討する人は少ないでしょうが、リッチマン介護を選択したのはベストチョイスだと思います!

Sさん 36歳

Sさん 36歳
ホームヘルパー2級
病院 → 訪問介護

前職は女性の派閥があり、人間関係に疲れてリッチマン介護に登録して転職することにしました。

今の会社は小さな会社のため、仕事ひとつひとつが売上利益に直結している意識を全員が持っており、無駄な争いが無く心地よい忙しさの中仕事ができています

転職直後は直行直帰も多いなど効率よく仕事ができている感じがしていましたが、本来仕事とはこうあるべきだと思うようになってきました。

サイト管理人

サイト管理人
介護職の離職の理由に多いのが人間関係の悩み。

人間関係の悩みが少ない職場に転職できたようで何よりです!

『リッチマン介護』の特徴

リッチマン介護は給料に不満がある介護職の人にぜひ使ってほしい転職エージェントです。

リッチマン介護はサービス利用満足度が98.5%、2018年ベスト転職アワード介護部門1位とたくさんの介護職の人から高い評価を得ています。

リッチマン介護の1番のメリットは、月給40万円以上の高給与ハイクラス求人がたくさんあること。

お給料に満足している介護職の人は少ないのではないでしょうか?

リッチマン介護には「介護職なのに、こんなに給料が良いの!?」と思える求人があるので、ぜひ非公開求人を見てみてください。

リッチマン介護の求人は全てが非公開ですが、ホームページからエントリーすればすぐに非公開求人を紹介してもらえます。

それに、希望条件に合った求人探し、履歴書の代筆、面接日程の調整、給与などの条件交渉、面接同行…これら全部をリッチマン介護の担当者がやってくれるから、面倒なことは全てお任せできます。

リッチマン介護は完全無料で使えるので費用の心配はありません。

その上、転職に成功のお祝い金は最大20万円、面接毎に交通費が2000円支給されます。

転職活動をするならお祝い金が欲しい!という人は、リッチマン介護を利用しましょう。

リッチマンは完全無料で全てのサポート受けられますし、転職するかどうか決まっていない人は担当者が相談に乗ってくれます。

\リッチよりもホワイトなら!/

リッチな職場は年収が高い分激務である可能性が考えられます。

「年収も捨てがたいけれど、第一条件はホワイトな職場!」という人にオススメなのはしろくま介護ナビです。

しろくま介護ナビは扱っている求人全てに訪問取材をして、時間外労働が少ないことや有給休暇が取得しやすい求人かどうかを確認しています。

しろくま介護ナビならとにかく安心。

人材不足が問題となっている介護業界の中で、労働環境の改善に取り組む求人のみを紹介しているので、ホワイトな職場を求めるのであれば登録をしておきましょう!

>>しろくま介護ナビでホワイトな職場を見つける

『リッチマン介護』の求人の質と年収

リッチマン介護は高給与求人が多いと言われていますが、求人は全て非公開です。

全てが非公開なので、登録をしないとどんな求人があるか全く分からないのはデメリットですね。

しかし、リッチマン介護は月給40万円以上の求人を数多く保有しているので、ハイクラス求人を狙っている介護職の人におすすめです。

介護福祉士やケアマネの資格があったり、サービス提供責任者を経験している人は、リッチマン介護で月給40万円以上の求人を見つけられるでしょう。

他には、ブランクがあり介護の仕事を再開させたいと思っている人向けの求人もあるので、ブランクがあって仕事を探している人もリッチマン介護を使ってみてください。

リッチマン介護を使って年収が100万円もアップした利用者がいるので、給料面ではかなり期待できますね。

給料アップ目的でリッチマン介護を使う人が多いので、リッチマン介護の担当者は交渉力に長けています。

リッチマン介護の担当者が施設側と上手く話しをつけてくれれば、相場よりも良い条件で入職できますよ。

また、リッチマン介護は転職できた時のお祝い金が最大20万円ももらえるのもメリット。

ただし、求人によってもらえるお祝い金の額が違い、全員が20万円もらえるわけではないので注意してください。

お祝い金目的でリッチマン介護を使う場合には、事前にいくらのお祝い金がもらえるかを確認しておきましょう。

『リッチマン介護』の利用方法

登録しないことには求人を見れないので、ホームページからエントリーしましょう。

エントリーにかかる時間は1分ほどなので簡単ですよ。

エントリー手続きで記入する項目は、保有資格、希望就業形態、住所、氏名、生年、電話番号、退職意向となっています。

エントリーを済ませたら、リッチマン介護から電話がかかってくるので、担当者にどういった職場で働きたいと思っているかや、今の職場で困っていることを伝えましょう。

遠慮して言いたいことを言わなかったがために、良い転職先を見つけることができなかった…なんてことになったら本末転倒ですよね。

ここでの情報を元にして求人を紹介してくれるので、言いたいことは全て伝えてくださいね。

求人を紹介してもらったら、担当者と相談しながら応募する求人を決めましょう。

ハイクラス求人は施設によって待遇にかなり差があるので、納得できる求人がない場合には良い求人が出るまで少し待つことをおすすめします。

応募する求人が見つかったら、履歴書の代筆や面接の日程調整はリッチマン介護の担当者がしてくれます。

また、リッチマン介護は面接時に担当者の同行サービスがあるだけでなく、交通費として面接1回ごとに2000円が支給されます。

多くの人が転職活動の中で一番嫌だと感じているのが面接ですよね。

でも、リッチマン介護なら担当者が付いて来てくれて、あなたの代わりに言いにくいことを施設側に伝えてくれますし、交通費まで支給されるので、面接が苦手だと思っている人でもなんとか頑張れますよ。

面接を受けて内定が出た後も、心配なことがあればリッチマン介護の担当者が相談に乗ってくれます。

給料交渉や入職日の調整なども担当者が行ってくれるので、必要があれば担当者に依頼してくださいね。

\複数登録は鉄則!/

転職活動の際にはリスクヘッジのために2つ以上の転職エージェントを利用するのは鉄則です。

転職エージェントを2つ以上利用するメリットは具体的に以下の3つです。

  • より多くの求人にアクセスする
  • より自分に合った担当者に巡り合う
  • 転職サイト同士を競合させる

年収重視のリッチマン介護、ホワイトな職場重視のしろくま介護ナビでリスクヘッジをしましょう!

>>しろくま介護ナビにホワイトな職場を紹介してもらう

『リッチマン介護』が向いている人、向いていない人

リッチマン介護が向いている人は、転職する時にはお祝い金が欲しい!という人です。

お祝い金が20万円もらえる!と思えば、転職活動へのやる気が出てきますよね。

リッチマン介護の利用は完全無料で、お祝い金あり、面接1回ごとに2,000円が支給されるというサービスまで付いてきますから、無料で転職活動できてお小遣いまでもらえるということです。

「転職したい!でも、なかなか行動に移せない…」という人もいるかと思いますが、もう少ししてから転職すればいいや…と思ってると、転職するタイミングを失ってしまう危険があります。

そうすると今の職場から離れられなくなるので、転職したいという気持ちがあるのなら、お祝い金をもらうことを目標にして転職活動を始めるのもひとつです。

リッチマン介護が向いていない人は「介護系の資格がなく介護職としての経験もない」という人です。

無資格でもリッチマン介護を利用できますが、無資格無経験で最初から高収入を目的にすると、夜勤が多かったり、難しい利用者が多い職場に当たってしまう恐れがあるので、無資格経験なしの人は給与よりも資格取得や研修制度に力を入れている職場を探すようにしましょう。

無資格無経験で収入アップを目指している人は、とにかく資格取得が優先です。

だけど、リッチマン介護には資格取得のためのサービスがなく、無資格無経験の人向けの求人もほとんどありません。

資格取得のための制度が整っている転職エージェントもあるので、無資格無経験の方は介護職初心者向けのサービスが整っている転職エージェントを使ってくださいね。

ホワイトな介護の職場に転職するために!

介護職の転職は一つ間違えればブラックな職場に転職してしまいます。

しかし転職活動をしているときにブラックな職場を見分けることができれば、あなたがブラックな職場に転職してしまう可能性を低くすることができます。

しろくま介護ナビはホワイトな介護の職場に特化した転職エージェントです。

時間も労力も使う転職活動はそう何回もしたいものではありません。

できれば長く勤めることのできる職場をこの転職活動で手にしたいもの。

そのためには、紹介してくれる求人が全てホワイトな職場というのは大きな安心材料です。

しろくま介護ナビにも必ず登録をして転職活動を進めましょう!

>>しろくま介護ナビでホワイトな職場を見つける