スクショで解説!マイナビ転職エージェントサーチの退会方法、再登録について解説!

The following two tabs change content below.

しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

退会方法を知った上でマイナビ転職エージェントサーチに登録をしたい!

マイナビ転職エージェントサーチをこれ以上使いたくない!

マイナビ転職エージェントサーチ以外の転職サービスで転職が決まった!

そんなユーザーの声に応えて実際に『マイナビ転職エージェントサーチ』を退会してみましたのでその様子を公開します!

スマホでひと動作ごとにスクリーンショットを撮って退会作業を行なったのですが、1分程度で退会が完了しました。

この記事を見てからであれば30秒ほどで退会が完了すると思います。

記事の最後には『マイナビ転職エージェントサーチ』を退会した後に利用することをお勧めする、また『マイナビ転職エージェントサーチ』と一緒に利用すると相乗効果が期待できる転職エージェントをご紹介します!

『マイナビ転職エージェントサーチ』の退会方法

『マイナビ転職エージェントサーチ』を実際にスマホで退会した様子を公開します。

メニューボタンを押して下にスクロールをして退会ボタンを見つけてしまえばこちらのものです。

『マイナビ転職エージェントサーチ』を退会した様子を見る

1.マイナビ転職絵ジェントサーチにログインします。

2.右上の「メニュー」を選択します。

3.下にスクロールします。

4.「退会」を選択します。

5.下にスクロールします。

6.退会理由を記入し、「退会」を選択します。

7.内容を確認し「完了」を選択します。

8.マイナビ転職エージェントサーチの退会が完了します。

9.メールでもマイナビ転職エージェントサーチを退会した旨の連絡が届きます。

『マイナビ転職エージェントサーチ』の再登録

『マイナビ転職エージェントサーチ』を退会した後であれば、最初に『マイナビ転職エージェントサーチ』に登録した時と同じ手順で登録をすれば、再登録が可能です。

『マイナビ転職エージェントサーチ』の再登録は数分で済むとはいえ、二度手間に変わりはないので、退会する際には二度と『マイナビ転職エージェントサーチ』を使うことがないのかよくよく確認した上で退会をするようにしましょう。

『マイナビ転職エージェントサーチ』を退会してから利用すべき転職サービス、『マイナビ転職エージェントサーチ』と一緒に利用すべき転職サービス

マイナビ転職エージェントサーチは登録するだけでは担当者が付かず、応募をする際に担当者が付くサービスです。

一方これからご紹介するサービスは、登録をした時点で担当者が付く転職エージェントと呼ばれるサービスです。

転職エージェントのいいところは転職のプロである担当者がカウンセリングで聞き出したあなたの希望や経験・スキルをもとにあなたに合っている求人を紹介してくれ、さらに応募書類の添削、面接日の調整、面接内容の指導、入社日の調整、労働条件の交渉など転職のに関わる全てのサービスを提供してくれることにあります。

デメリットは特にありませんが、あえて言うのであればあなたに合わない担当者、いないと思いますが悪意を持った担当者に当たってしまった場合に転職が良くない方向に進んでしまう可能性があります。

各転職エージェントは担当者の変更が可能ですし、複数の転職エージェントを利用するのとで担当者の問題を容易に回避することが可能です。

また登録の直後から担当者が付くとなるとちょっとプレっちゃーを感じませんか?

転職エージェントを利用すると何が何でも転職しないといけないんじゃないだろうか!?

そんなことを考える必要はありません。

転職エージェントに登録をする時点で、あなたの転職に対する熱意の度合いを伝えておけばOKです。


すぐに転職するつもりはないけれどもそんな求人があるのか知りたい

自分の市場価値を知りたい
半年〜1年後をめどに転職をしたいと考えている

そう思うのであればそのままそれを担当者に伝えてください。

そうすることであなたに必要な情報を伝えてくれ、無理に転職を勧めてくることはないでしょう。

無理に転職を勧めてくるようであればその担当者はあまり良くないので、他の担当者か他の転職エージェントを利用しましょう。

圧倒的No.1!「リクルートエージェント」

全ての求職者が登録すべき求人件数No.1の転職エージェントです。

「マイナビエージェントサーチ」には様々な転職エージェントの求人がありますが、2019年7月22日に調べたところリクルートエージェントの求人は確認できませんでした。

ライバル会社だから当然かもしれませんね。

よってマイナビエージェントサーチでは巡り合うことのできない求人にアクセスすることもできます。

28万件以上の突出した求人件数で転職エージェント業界のトップに君臨するリクルートエージェント。 ありとあらゆる業界・職種・地域・年代・年収...

メーカー系ならお任せ!「doda」

リクルートエージェントの次に求人件数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントもdodaもお互いを最大のライバルとして認めているため、お互いに両方に登録していることを伝えると切磋琢磨してくれることでしょう。

特にメーカー系の求人を得意としており、製造業の営業やエンジニア、製造業に関わる商社などの転職に強みを持っています。

マイナビエージェントサーチでdodaやその運営会社のパソナキャリアを検索したところヒットしませんでしたので、dodaに登録をするとマイナビエージェントサーチでは他取り付くことのできない求人にたどり着くことができます。※2019年7月22日調べ

ちなみにサイト管理人はdodaを利用してブラック企業からホワイト企業への転職に成功しました。

dodaは求人件数第2位の大手転職エージェントです。 転職エージェントにより得意とする業界や職種は異なります。 本記事ではdodaの...

年収アップならここ!「パソナキャリア」

業界No.3の求人件数の転職エージェントです。

転職後年収アップ率67.1%を公表しており年収アップを狙うのであれば登録をしておきましょう。

また47都道府県に1ヶ所以上の営業所を構えており、地方の転職でも手厚いサポートを受けることができます。

パソナキャリアの運営会社である(株)パソナはマイナビエージェントサーチに求人を出しています。

転職を検討し始めるといろんな転職エージェントがあってどれを利用すべきか困りますよね? パソナキャリアは業界大手のリクルートエージェント、d...

若手集まれ!「ウズキャリ」

ウズキャリはフリーターや第二新卒など社会経験が少ない20代がメインユーザーの転職エージェントです。

独自の基準でブラック企業を排除しており、他社の10倍時間をかけてサポートすることを公表しています。

また個別サポートと集団サポートを選択できるのも強みです。

マイナビ転職エージェントサーチの転職エージェント検索機能ではウズキャリやその運営会社の(株)uzuzはヒットしませんでした。※2019年7月22日調べ

ウズキャリは完全無料で就職サポートを行ってくれる転職エージェントで、対象者は20代の第二新卒、既卒、フリーター、ニートだという点が特徴的です。 ...

最後に

石の上にも3年。

そんなことはありません。

長く勤めるのがいいことなんて昭和の産物。

今は令和です。

しかし転職が当たり前の時代だから転職するのではなく、あなたの人生に転職が必要なのであれば転職をしましょう。

でもあなたの人生に転職が必要かどうかは次の職場がどんなところかある程度分かってからでないと、判断できませんよね?

その判断を下すためには複数の転職サイトや転職エージェントに登録をして多くの求人に触れるしかありません。

多くの求人に触れた結果、転職をしない、という結論でもいいのです。

調べた結果、今がベストだと判断したのですから。

しかし何も知らずに満足していない職場に居続けることはお勧めできません。

大切なのは知ることです。

あなたの転職が成功することを祈っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

「天職×転職」サイト管理人 しんすけ