グラフで解説!マイナビ転職エージェントサーチの口コミ・評判!求人の質や年収、特徴は?

The following two tabs change content below.

しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

『マイナビ転職エージェントサーチ』はマイナビグループが運営する転職サイトです。

『マイナビ転職エージェントサーチ』に登録しても担当者は付きませんが、企業に応募をする時点で担当者が付く転職サービスで、20代後半~40代で年収400~600万円の一般転職層がメインユーザーです。

『マイナビエージェントサーチ』のホームページの求人検索機能を利用したところ、総求人件数は90,771件。

年収別では「300万円代」が最も多く34.7%、「400万円代」が32.4%、「500万円代」が14.5%、「200万円代」が7.3%、「600万円代」が6.9%、「700万円代以上」が4.3%以上となっています。

雇用形態別では「正社員」が94.7%、「契約社員」が4.6%、「紹介予定社員」が0.7%、「役員」が0.01%です。

業界別では「メーカー」が32.3%で最も多く、「IT・通信・インターネット」が16.8%、「不動産・建設・設備」が16.1%、「サービス・レジャー」が12.2%で、この4業界で全体の77.4%を占め、他に8つの業界があります。

職種別では「営業」が17.3%、「管理・事務」が15.2%、「建築・土木」が13.6%、「電気・電子・機械・半導体」が11.6%で全体の半分以上を占め、他に12の職種を扱います。

転職の際にはリスクヘッジのため複数の転職サービスに登録を行うのが鉄則です。

求人件数20万件以上のリクルートエージェントにも登録をしておきましょう。

『マイナビ転職エージェントサーチ』の口コミ・評判


Tさん 27歳 男性 大手電機メーカー 営業職 → 中堅電機メーカー 営業職

新卒で大手の電機メーカーに就職できたのですが、あまりに自分のイメージしていた営業職と違い転職を検討し始めました。

大手なのでなんでもできるのかと思っていたのですが、営業職に権限が少なく営業力で仕事を取ってこれるケースが少ないのです。

大企業の名前があるから問い合わせが来て、問い合わせて来たお客さんに訪問して商品説明をしたら注文がくる。

正直、誰でもできると言うか、お客さんに情報収拾のリテラシーがあればネットで事足りるような説明をわざわざ訪問して説明するのが仕事です。

あと40年以上こんな営業を続けるのは嫌ですし、40年もこんな営業スタイルが通用するような気もしませんでした。

もっとお客さんや競合先と切った張ったして苦労をして注文を取るような世界に憧れたのに・・・。

そう思っていた年末に地元でまさに私が憧れていたような営業職を実践している同級生と再会しいろいろ話を聞いた結果、私の転職意欲が高まり、その日の帰りに転職サイトにいくつか登録をしました。

『マイナビ転職エージェントサーチ』をはじめいくつかの転職サイトでそこで全国や全世界を飛び回るような営業職の求人を見つけ、さらに私の転職への意欲はピークに達しました。

いくつか応募をしたのですが、『マイナビ転職エージェントサーチ』経由で応募した中堅メーカーの営業職に一番興味を持ち、書類選考、面接と順調に進み内定を得ることができました。

『マイナビ転職エージェントサーチ』経由で応募した求人は別の有名な転職エージェントの保有する求人だったのですが、その転職エージェントの担当の方には応募書類の書き方から面接の指導まで大変お世話になりました。


Eさん 24歳 女性 不動産 事務職 → 建設会社 事務職

新卒で入社した会社が不動産会社だったのですが、同窓生の話を聞いていると私の職場はとにかくダサく、あまりモチベーション高く仕事ができていませんでした。

社員のほとんどがおじさんで、女性は社長の奥さんの専務のみ。

事務員もおじさんという空間で、就活を真面目にしなかった自分を悔いていました。

そんなある日友人が転職したと言う話を聞いて、それまで自分とは無縁だと思っていた転職が身近なものに感じるようになりました。

その友人が利用した女性専用の転職エージェントを紹介してもらい、転職活動をはじめました。

その後、様々な転職サービスがあることを知り『マイナビ転職エージェントサーチ』にも登録。

その中で見つけた建設会社の求人に興味を持ち応募をしました。

面接に行った時にできたばかりの新社屋に圧倒されたのが印象的でした。

新社屋のビルの外壁には大きなディスプレイがあり、一回は全てガラス張りの応接室。

率直に、こんな会社で働けたらいいな、と思いました。

しかし『マイナビ転職エージェントサーチ』経由でコンタクトを取ることになった転職エージェントの担当者からは「会社の見栄えだけで勤務先を選んではいけませんよ。ブラック企業の求人を紹介するつもりは一切ありませんが、もしかしたら会社の見栄えは綺麗でもEさんに合わない会社である可能性もあるんですから。最終面接の時にはEさんも会社を見極めるつもりで行ってきてくださいね。」と言われ我に帰りました。

確かにまたおじさんだらけの会社でも嫌ですし、ブラック企業だったら最悪です。

しかし最終面接では職場も見せてもらい、若い人も多く、みなさんカッコよく仕事をされていたので、入社したいと言う意欲が高まりました。

その後内定をいただき、無事入社となりました。

『マイナビ転職エージェントサーチ』の求人の質と年収

『マイナビ転職エージェントサーチ』のホームページの求人検索機能を利用して集計した結果をグラフ化しました。※2019年7月22日調べ

【年収別求人件数】

【雇用形態別求人件数】

【職種別求人件数】

【業界別求人件数】

【募集ポジション別求人件数】

【こだわり条件別求人件数】

【特徴別求人件数①】

【特徴別求人件数②】

【待遇・職場環境別求人件数】

【学歴別求人件数】

【転職回数別求人件数】

【英語力別求人件数】

【マネジメント経験別求人件数】

『マイナビ転職エージェントサーチ』と一緒に使いたい転職エージェント

『マイナビ転職エージェントサーチ』は登録するだけでは担当者が付かず、応募をする段階で担当者が付きます。

その担当者は『マイナビ転職エージェントサーチ』の人間ではなく、『マイナビ転職エージェントサーチ』と提携しているJACリクルートメントやパソナキャリアなど人材紹介会社の担当者です。

いわば『マイナビ転職エージェントサーチ』は転職エージェントが求職者を獲得するための窓口となっているのです。

この章でご紹介するのは『マイナビ転職エージェントサーチ』のような転職サイトではなく、登録をした時点で担当者が付く転職エージェントです。

『マイナビ転職エージェントサーチ』のような転職サイトは、登録するだけでは担当者が付かないので、自分のペースで転職活動を進めることができるのが魅力ですが、裏を返せはいくらでもサボれてしまうということです。

転職エージェントに登録をすると担当者がつくのである程度の強制力が働きます。

全ての求職者が登録すべき理由がある!『リクルートエージェント』

求人件数20万件以上と日本最多であり、ありとあらゆる業界・職種・地域・年代の求人を扱う転職エージェントです。

2019年7月22日に調べたところ『マイナビ転職エージェントサーチ』の転職エージェント検索機能でリクルートエージェント((株)リクルートキャリア)は出てきませんでした。

28万件以上の突出した求人件数で転職エージェント業界のトップに君臨するリクルートエージェント。 ありとあらゆる業界・職種・地域・年代・年収...

メーカー業界(製造業)の高収入求人に強い『doda』

求人件数は10万件以上で業界第2位です。

メーカーの求人の割合が多いため『マイナビ転職エージェントサーチ』と利用者層が重複します。

2019年7月22日に調べたところ『マイナビ転職エージェントサーチ』の転職エージェント検索機能でdoda(パーソルキャリア(株))は出てきませんでした。

dodaは求人件数第2位の大手転職エージェントです。 転職エージェントにより得意とする業界や職種は異なります。 本記事ではdodaの...

20代にどこよりも手厚いサポート!『ウズキャリ』

入社して3年以内に退職した第二新卒と呼ばれる求職者がメインユーザーの転職エージェントです。

独自の基準でブラック企業の求人を徹底排除しており、手厚いサポートを公表しています。

2019年7月22日に調べたところ『マイナビ転職エージェントサーチ』の転職エージェント検索機能でウズキャリ(uzuz)は出てきませんでした。

ウズキャリは完全無料で就職サポートを行ってくれる転職エージェントで、対象者は20代の第二新卒、既卒、フリーター、ニートだという点が特徴的です。 ...

最後に

口を開けば仕事の愚痴、なんて日々はすぐに卒業しちゃいましょう!

何もかもが楽しい仕事なんてありませんが、やりがいのある仕事、年収がいい仕事、休みが多い仕事は存在します。

そしてそれらの求人にあなたが巡り合うためにはあなた自身の身を転職市場に置かなければなりません。

すなわち転職サービスを利用しないといけないということです。

『マイナビ転職エージェントサーチ』は登録するだけでは担当者も付きませんし、自分の市場活を知るために、またいざ転職したいと思った時に迅速に動くことができます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

「ぴよぴよ転職」サイト管理人 しんすけ