グラフで解説!Spring転職エージェントの口コミ・評判!求人の質や年収、特徴は?

The following two tabs change content below.

しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

『Spring転職エージェント』はアデコ株式会社が展開する転職エージェントです。

アデコ株式会社はスイスに本社を構える世界最大の総合人材サービス企業で世界60カ国と地域に展開しており、日本においても30年を超える事業実績があります。

日系企業でグローバル展開している企業や日本に進出している外資系企業への転職を検討しているのであれば登録しておいて損はありません。

『Spring転職エージェント』の求人検索機能を利用したところ総求人件数は18,726件。

地域別では「北海道・東北」が7.5%、「関東」が47.5%、「甲信越・北陸・東海」が22.2%、「関西」が16%、「中国・四国・九州」が6.3%、「海外」が0.6%です。

年収別では「300万円代」が41.0%、「400万円代」が37.5%、「500万円代」が13.4%、「600万円代」が4.5%、「700万円代」が1.7%、「800万円代」が1.1%、「900万円代」が0.4%、「1000万円以上」が0.4%です。

職種別では「IT系」が15.1%、「エンジニア(電気・電子・機械)」が15.0%、「営業系」が14.1%、「建築・不動産系」が6.7%、「経理・財務系」が5.1%でこれら5つで半分以上をしめ、他にも17種の職種の求人があります。

業界別では「メーカー系」が34.6%、「IT・通信系」が17.1%、「不動産・建築系」が10.9%、「サービス系」が10.3%で、これら4つで全体の7割を占め、他にも7つの業界の求人があります。

転職の際にはリスクヘッジのために2つ以上の転職エージェントを利用するのが鉄則。

求人件数20万件以上で全ての業界・職種・地域・年代向けの求人を扱うリクルートエージェントにも登録をしておきましょう。

『Spring転職エージェント』の口コミ・評判

Kさん 27歳 男性 中堅電機メーカー 開発部 → 大手電機メーカー 開発部
Kさん 27歳

Kさん 27歳
電機メーカーに入社して4年経ちましたが、入社してから主力製品の市場シェアが少ないことを知りました。

製品の機能はさることながら製造のスケールメリットの問題でコストでも決して敵うことがないことがほぼ確定したのに加えて、海外メーカーの勢いも凄まじく、完全に市場の中での立ち位置が危うくなっている状態でした。

本来であれば就職活動の時に調べておくべきことですが、市場シェアを意識したことすらなかったので、当時の私にはどう考えてもできなかったと思います。

そう言っても入社してしまったものは仕方がないので、転職することにしました。

「Spring転職エージェント」と他の大手の転職エージェントにも登録。

可能であれば大手メーカーに転職したかったので、最大手の転職エージェントをメインで考えていましたが、意外と「Spring転職エージェント」に紹介してもらった求人が良くて第一志望はその求人になりました。

これも転職活動の途中で知ったのですが、「Spring転職エージェント」の運営会社は世界中で手広く事業をしている大手でした。

つくづく自分の調査不足を認識しましたが、ここからは転職エージェントの担当者に紹介された求人を徹底的に自分なりに調査をしました。

第一志望にしていた求人は意外な製品でなんと世界シェアがNo.1であたらめて第一志望となりました。

その企業に入社するためのポイントをいくつか「Spring転職エージェント」の担当者から教えてもらい、その作戦もある程度効果があったと思います。

やはり大手の企業に長年勤めている人は中小企業に勤めている人とは傾向が違うんですね。

今は誰もが知っている財閥系の大手電機メーカーの開発部で働いています。

Oさん 24歳 男性 IT企業 SE → IT企業 SE
Oさん 24歳

Oさん 24歳
新卒で入社した企業がブラック企業であったため転職を検討しました。

入社間もない頃は特に気にしていなかったのですが、研修期間が終わりいざ配属されると、終業時間の概念なんて全く無い先輩に驚かされました。

配属された初日の仕事終わりは20時。

先輩曰く「新人がいるから早く終わった」という時間でした。

その後だいたい20〜22時に帰る生活が続き、納期前には会社に泊まることもありました(1度だけですが)。

最初の2~3ヶ月はSEってこんなものなのかなと思っていましたが、お盆に地元に帰省した時に同窓生と仕事について話をした時に明らかに自分の会社はおかしいと思いました。

それでもすぐに転職する気にはなれなかったのですが、少しづつ転職に関する情報を集めていきました。
最初のうちは転職サイトに全て登録し、私のプライベートのメールアドレスには各転職サイトからの案内や企業からのスカウトでびっしりになりました。(今も解除していないので同じ状態です。)

しかし転職サイトだけではいまいち転職に本気になれず、担当者の付く転職エージェントに登録をすることを決意。

「Spring転職エージェント」と大手の転職エージェント2つ、エンジニア専門の転職エージェント一つで合計4つの転職エージェントに登録をしました。

今思うのは4つは多すぎたということ。

面談に行った3つ目と4つ目なんてどっちがどっちだったか思てません。

転職の希望は今よりも勤務時間が短いこと。

それを「Spring転職エージェント」の担当者に伝えたところ、今Oさんの勤めている会社の労働時間が長すぎるためどの会社に転職しても労働時間は短縮される、というようなことを言われました。

嬉しい反面、ちょっと今まで損していたなという気もしました。

その後「Spring転職エージェント」に紹介してもらったフレックス制度を取り入れており、年収もアップする求人を紹介してもらいその会社に内定をいただくことができました。

『Spring転職エージェント』の求人の質と年収

『Spring転職エージェント』のホームページの求人検索機能で集計した結果をグラフ化しました。

【地域別求人件数】

【年収別求人件数】

【こだわり条件別求人件数】

【職種別求人件数】

【業界別求人件数】

『Spring転職エージェント』の運営会社の会社概要

会社名 アデコ株式会社
代表者 代表取締役社長 川崎健一郎
設立 1985年7月29日
本社所在地 東京都千代田区霞が関3-7-1 霞が関東急ビル
資本金 55億6,000万円
社員数 3,000名
国内ネットワーク  北海道から沖縄までをカバー

『Spring転職エージェント』と一緒に使いたい転職エージェント

『Spring転職エージェント』は60カ国にも及ぶグローバルネットワークを持っていることが最大の強みです。

転職エージェントはそれぞれ強みを持っています。

転職の際には複数の転職エージェントを利用することは鉄則ですが、闇雲に選んではいけません。

こちらでは「Spring転職エージェント」と一緒に利用して相乗効果が見込める転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

求人件数は20万件以上と「Spring転職エージェント」の10倍以上。

グローバル企業から外資系企業はもとより、全ての業界・職種・年代・海外を含めた地域の求人を保有しています。

まだ転職するかどうか分からない、という場合でも登録をして面談をすることをお勧めします。

日本の転職市場に関して一番多くのデータを保有しており、あなたの市場価値を高精度で教えてくれるでしょう。

28万件以上の突出した求人件数で転職エージェント業界のトップに君臨するリクルートエージェント。 ありとあらゆる業界・職種・地域・年代・年収...

パソナキャリア

年収アップ率67.1%を公表しており、年収アップしたいのであれば登録しておきたい転職エージェントです。

また47都道府県すべてに拠点があり「Spring転職エージェント」に負けず劣らずの国内ネットワークがあります。

転職を検討し始めるといろんな転職エージェントがあってどれを利用すべきか困りますよね? パソナキャリアは業界大手のリクルートエージェント、d...

最後に

転職エージェントを選ぶポイントは様々なものがありますが、自分に合った求人がたくさんあるか、と、担当者と合うか、という2点が極めて重要です。

あなたの転職をより有利に進めるために、より良い転職エージェントを探してください。

あなたの転職活動が成功することを祈っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

「天職×転職」サイト管理人 しんすけ