初めての転職で成約した人70%!マイナビ会計士の口コミ・評判!その特徴、求人の質や年収は?

The following two tabs change content below.

しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

今回は、若手会計士が使いたいサイトNo.1に選ばれた「マイナビ会計士」を紹介します。

マイナビ会計士の登録者の60%は20代~30代前半となっており、転職先は監査法人、会計事務所だけでなく40%の人が事業会社、30%がコンサルティングファームです。

マイナビグループのひとつですから取引社数は15,000社以上、業界トップクラスの求人数があるのが魅力です。

また、マイナビ会計士の面談満足度は95%とかなり高い評価を得ていますが、初めての転職で成約した人が70%もいるということは、転職希望者にぴったりマッチした求人紹介ができている証拠ですね。

マイナビ会計士は会計士・試験合格者・USCPAだけに特化した転職エージェントで、業界に詳しい専任アドバイザーがいるからこそ、これだけの結果を出せているのでしょう。

転職支援サービスは完全無料で受けられますし、平日に時間がとれない方向けに土曜日相談会も開催されています。

支援サービスは土日や平日の夜も対応可能と、多忙な会計士に最適なサポート体制が整っていますよ。

マイナビ会計士は、転職を考えている会計士が使っておくべき転職エージェントのひとつですね。

『マイナビ会計士』の口コミ・評判

最初にマイナビ会計士の口コミをいくつか見ていきましょう。

細かな希望まで汲み取ってもらえたという感想が多く、こだわって職場を選びたい公認会計士の方におすすめです。


元の職場の役職者が若く、昇格が期待できなかったので他の公認会計士事務所で働きたいと思い、マイナビ会計士を使いました。

マイナビ会計士は会計士事務所だけでなく、企業の会計士の求人を紹介してもらえたので、かなり年収が上がって驚いています。

マイナビ会計士のキャリアアドバイザーは、年収を上げることだけでなく、実力に見合った職場を紹介してくれて感謝しています。

元々海外に住んでいた経験があり、英語を活かすことが出来る企業を紹介してもらえました。

また、紹介してもらえる企業に関しても10社近く提案してもらえたので、色々な選択肢の中から自分が満足出来る転職先を見つけられて良かったです。


会計士事務所に転職したくていろいろ探している中、マイナビ会計士に出会いました。

会計士事務所が働きやすいかどうかは、クライアントがどんな会社であるかによります。

コーポレート・ガバナンスがしっかりしていると業界で定評がある会社がクライアントなら、仕事が10倍もしやくなります。

マイナビ会計士のコンサルタントはそのあたりの事情に詳しく、良質な企業と付き合っている会計士事務所の非公開求人を紹介してくれました。


科目合格の状態で利用したので求人を紹介されるか不安でしたが、同時に利用していた転職エージェントの中で最も多くの求人を紹介してもらうことができました(全部で5件)。

将来は独立を考えているのですが、目先の条件ではなく仕事内容もしっかりと考えた上で求人を紹介してくれたので、満足のいく転職ができました。

科目合格でも満足の求人を紹介してもらうことができ、これから公認会計士を目指す人にもオススメの転職エージェントです。


公認会計士の資格を持っていて、それを生かした求人を効率的に見つけたいという人にはオススメです。

普通、一般の転職サイトでは経理や事務の求人からそういった資格が生かせそうな仕事を地道に探していく必要がありますが、このマイナビ会計士だとそのような求人が集まっているためそのような手間がかなり軽減されると思います。

公認会計士の資格って会計事務所や監査法人で働くというのが一般的だと思っていたんですけど、一般企業でも企業内会計士という形で勤めることができるというのをこのサイトで知ることができて応募の幅もかなり広がったように感じました。

公認会計士の資格を持っているけど、どういった場所で働けばいいのか分からないという方にも良いかもしれません。

またキャリアについてアドバイスをもらえるのもメリットに感じています。

『マイナビ会計士』の求人の質と年収

マイナビ会計士で公開されている求人は800件程度ですが、非公開求人が8割ということと、扱っている求人は全て会計士向けということを考慮すると、十分な求人が揃っている言っても良いでしょう。

公認会計士は監査法人で働くのが一般的というイメージがありますよね。

でも、マイナビ会計士には監査法人以外に事業会社やコンサルの求人も多いんです。

実際にマイナビ会計士を利用する会計士の50%は監査法人経験者です。

マイナビ会計士を使って転職した後は40%が事業会社、30%がコンサルティングファームに決定しているということで、監査法人よりも良い条件で働ける職場の求人が多いということでしょう。

それに加えて、グローバル領域や経営パートナー、ベンチャー企業の株式公開など、様々な領域をカバーしているのもマイナビ会計士の魅力ですね。

取引社数が15,000社以上とマイナビグループのネットワークの広さを活かした求人内容になっているので、意外な場所で活躍できる求人が見つかりますよ。

また、マイナビ会計士は会計士だけに特化している転職エージェントということで、単に公認会計士向けの仕事というだけでなく、業務内容の細かな要望もしっかり踏まえた上で求人紹介をしてもらえます。

せっかく公認会計士になったのなら、希望するキャリアプランに合わせて働ける職場を見つけたいですよね。

マイナビ会計士なら、「事業会社で働きたい」という要望以外にも、「ベンチャー企業のIPO業務に関わりたい」「専門性を高めてキャリアアップしたい」「残業時間を減らしワークライフバランスを実現させたい」など、会計士のよくある悩み全てに対応してくれます。

もちろん「具体的な転職プランが決まっていない」という会計士でもOK。

会計士業界に詳しいキャリアアドバイザーが、徹底的にヒアリングしてくれるので話をしているうちにあなたのやりたいことが明確になってくるはずです。

マイナビ会計士の求人を見ると、監査法人で年収600万円~700万円、一般事業会社だと年収700万円台後半~800万円、会計事務所やコンサルティングファームは年収600万円~800万円といった感じですが、年収1,000万円以上の求人も多数あります。

公認会計士だと個人の専門性やスキルによって稼げる額に大きな違いが出てきますから、あなたの今の実力を最大限活かせる職場、かつ将来のことまで考えて転職先選びをしてくださいね。

『マイナビ会計士』の利用方法

マイナビ会計士を利用する際は、公式サイトから登録手続きをしてください。

マイナビ会計士は求人企業からのコンサルティング料金でサービスが成り立っているので、利用は完全無料、費用がかかる心配はありません。

入力内容は転職希望者のプロフィールや経歴などで、入力にかかる時間は5~10分程度です。

登録手続きを済ませれば電話かメールで連絡が来るので、そこで個別転職相談の日程を決めましょう。

面談は約60~90分ですが、面談でどこまで細かく要望を伝えられるかが大切なので、初対面でも遠慮なくあなたが希望することを伝えてくださいね。

マイナビ会計士のキャリアアドバイザーは求人票の情報だけでなく、配属先の体制や評価基準、活躍している社員の様子、労働環境、経営の人柄など、ありとあらゆることに精通しています。

さらに、企業がどうしてその求人を出しているのかなど、企業側の背景にも詳しいので、選考を有利に進めるための手助けをしてくれるんです。

だから、ちょっと無理めなことでも言ってみると意外と希望が叶います。

公認会計士なら予想よりも好条件で働ける職場が見つかる可能性が高いので、積極的に話してみてくださいね。

また、繁忙期だと転職活動に時間をさけない公認会計士が多いと思いますが、キャリアアドバイザーが書類の手続き日程調整などを代行してくれますから、無駄な時間をかけずに転職活動ができるのも良さですね。

内定・入社後も長期的に転職希望者をフォローしてくれるので、キャリアアドバイザーがいてくれると何かと助かりますよ。

『マイナビ会計士』の拠点

マイナビ会計士の拠点は東京のみで、対面で面談を受ける場合にはマイナビ会計士のオフィスまで出向く必要があります。

ただ、土日でも面談可能ですし、土曜日や平日は20時まで対応してもらえます。

どうしても時間がとれない、遠方に住んでいて出向けない、という人は電話での面談にしましょう。

公認会計士という仕事の特殊性から、条件の良い求人はどうしても関東圏や大都市に集中してしまいますが、マイナビ会計士では日本全国の求人を扱っているので、面談場所まで行けない遠方の人は電話面談という方法でマイナビ会計士を利用してくださいね。

最後に

企業の会計基準が高度になってきていることを肌で感じている会計士が多いと思いますが、そんな時代だからこそ職場選びが非常に重要です。

公認会計士は個々の能力によって将来が大きく変わってくるので、今後のことを考えたら、より良いキャリアが築ける職場を選んでおかないと、可能性を狭めてしまう恐れがありますよね。

IPO支援、事業継承、M&Aアドバイザー、投資銀行業務、事業再生・企業再編、税務業務、内部監査、経営企画、ストラクチャードファイナンス、公開引受・審査、ファイナンシャルアドバイザーなど、会計士が活躍できる場所はたくさんあります。

こういった数多くの選択肢の中からあなたに合った仕事を紹介してくれるのが、マイナビ会計士を使うメリットです。

転職を考えている会計士の方は、公認会計士としての可能性を広げてくれるマイナビ会計士を使ってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。