グラフで解説!e-製薬の口コミ・評判!その特徴、求人の質や年収は?

The following two tabs change content below.

しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

『e-製薬』は(株)ライフケアネットワークが展開する製薬業界向けの転職エージェントです。

『e-製薬』に登録をすると担当者から連絡があり、面談の日程を決めます。

面談ではあなたの希望や経験やスキルに応じて求人を紹介してもらい、あまたがその求人に興味を懐けば応募をすることとなります。

『e-製薬』のホームページの求人件数を検索したところ、総求人件数は263件であり、これら以外にも非公開求人を多数保有しています。

様々な職種の求人があり、「急募」「未経験可」や「女性が活躍」などのこだわり条件、「医師(MD)」「薬剤師」「MBA」などの資格、また「専門卒」「高専卒」「理系大卒」「不問」などの学歴で検索することも可能です。

地域別では東京を中心とした関東が58.0%と最も多く、ついで大阪を中心とした「関西」が24.5%で全体の8割以上を占めます。

年収別では「300万円未満」が1.9%、「300万円代」「400万円代」の求人は無く、「500万円代」が6.3%、「600万円代」が11.6%、「700万円代」が15.7%、「800万円代」が13.8%、「900万円代」が17.9%、「1000万円代」が9.7%、「1100万円〜1900万円代」が22.8%、「2000万円以上」が0.4%となります。※2019年6月20日調べ

転職の際には2つ以上の転職エージェントを利用してリスクヘッジをするのが原則です。

製薬関係の求人が3,000件以上と充実している『リクルートエージェント』にも登録をしておきましょう。

『e-製薬』の口コミ・評判


Iさん 28歳 男性 ライフサイエンス機器 営業 → 製薬会社 MR

理学部化学科を卒業し新卒でライフサイエンス機器を扱う会社に入社しました。

母校の研究室や他校の研究室などにお邪魔して教授にプレゼンし自社製品や仕入れた製品を買ってもらうのですが、入社3年ほどしてから仕事に面白みを感じなくなってきていました。

一応化学科を卒業した専門性を活かした就職ではあるのですが、4年間慣れ親しんだ馴染みの機器を売るだけのビジネスを一生続ける気にはなれなくなったのです。

化学科卒であることも含めて評価してもらい入社した会社ではありましたが、同僚の中には文学部卒もいれば高卒もいます。

そこまで専門知識がなくとも数ヶ月も真面目に勉強すれば商品知識と業界知識が付くのです。

なぜ就職活動の時にもっと真面目に仕事のことを考えなかったのかと悔やみましたが時間は戻りません。

研究室に1日こもるような仕事は性に合わないと営業の世界に就職したのですが、営業であれば専門的な仕事はできないか、と諦めていました。

そんな時に同じ研究室にいた友人が中古車を販売する大手企業から、化学品メーカーの研究開発に転職したと聞きました。

あまりの畑違いの転職に大変驚きましたが、彼に聞いたところ、限度はあるが20代のうちは未経験の転職はある程度OK、と教えてもらい転職活動を開始しました。

身近な友人が大転身を見せてくれたので、私にもなんだかできるような気がしたのを覚えています。

私は大手の転職エージェントと『e-製薬』に登録。

以前から高度な専門性と営業力を持ち合わせるMRという職業に憧れていたため、MRを第一志望としました。

大手の転職エージェントからはMRに加え、化学品メーカーや化学品商社の営業職を紹介され、私の経歴であれば化学品関係の方が内定は出やすいとアドバイスをいただきました。

『e-製薬』からはMRの求人のみを紹介してもらいました。

その中でも私の住む大阪でたった1名未経験OKの募集を出している外資系企業があり、その求人を第一志望としました。

とはいえ薬学の知識がほぼ無いので「勉強してます感」を出すため、何を勉強したらいいか『e-製薬』の担当者に教えてもらいました。

この辺りは製薬業界専門の『e-製薬』が他社よりも一歩上手だと感じました。

その後、書類選考、面接と無事突破し、第一志望から内定を得ることができました。


Kさん 31歳 男性 外資系医薬品メーカー 品質管理 → 日系製薬会社 品質管理

外資系医薬品メーカーの工場で品質管理として働いていましたが、工場が老朽化しており、品質管理というよりかは老朽化した設備や工場を危ういバランスで保つ職人のような職務をしていました。

本来の品質管理業務がしたいと思ったのと、外資系の殺伐とした雰囲気(私の前職だけかもしれませんが)を脱したいがためにて転職活動を開始しました。

私の望む条件は品質管理業務ができること、そして日系企業であることでした。

『e-製薬』に紹介してもらった求人件数は他社よりも少なかったのですが、まさに私の経験が活かせる求人を紹介してもらい大変満足しています。

現在入社1ヶ月ですが、早速製造移管や新製品立ち上げなどにも関わって仕事をしています。

『e-製薬』の求人の質と年収

『e-製薬』のホームページの求人検索機能で集計した結果をグラフ化しました。

【年収別求人件数】

【地域別求人件数】

【職種別求人件数】

【資格求人件数】

【学歴別求人件数】

【こだわり条件求人件数】

『e-製薬』の運営会社の会社概要

会社名 株式会社ライフケア・ネットワーク
住所 〒153-0051 東京都目黒区上目黒3-14-8 MFビル601
資本金 11,000,000円
創業 1991年
設立 1995年
紹介職種  エグゼクティブサーチ、人材紹介、コンサルティング業務
1.製薬企業、医療機器、医療サービス等への企業への紹介
2. その他

『e-製薬』と一緒に使いたい転職エージェント

『e-製薬』は製薬業界に特化した転職エージェントですが、転職の際には製薬業界も含めた全ての業界の求人を扱う総合型転職エージェントも利用しましょう。

『e-製薬』は製薬業界に特化しているため、担当者が業界について深く知っているというメリットがあります。

一方総合型エージェントは運営会社の規模が大きい場合が多く、全国に拠点があり、『e-製薬』にはない求人も保有しています。

また総合型転職エージェントでは製薬業界以外の求人を紹介してもらうことが可能なので、あなたが思いもしなかった業界や職種の求人を紹介してもらえるかもしれません。

各転職エージェントで検索できる製薬関係の求人件数を記載しますが、事務職など製薬に特化した専門性が必要無い求人も含まれますので、『e-製薬』と単純比較はでき無いことをご了承ください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは製薬業界はもとよりありとあらゆる業界・職種・年代・地域の求人を扱ってます。
製薬関係の求人は3,628件(公開求人:363件、非公開求人:3,265件)あり、『e-製薬』の公開求人件数をはるかに上回っています。※2019年7月3日

また主要都市を中心に16ヶ所の拠点を持ち全国の転職に対応しています。

28万件以上の突出した求人件数で転職エージェント業界のトップに君臨するリクルートエージェント。 ありとあらゆる業界・職種・地域・年代・年収...

パソナキャリア

パソナキャリアは製薬関係の求人は「医薬品」と分類されており499件の求人があります。※2019年7月3日

年収アップ率67.1%を公表しており、47都道府県すべてに1ヶ所以上の拠点を構えているのが特徴です。

転職を検討し始めるといろんな転職エージェントがあってどれを利用すべきか困りますよね? パソナキャリアは業界大手のリクルートエージェント、d...

最後に

日本の製薬会社のトップ3の売り上げを合計しても、世界第3位の製薬会社の外資企業にかないません。

製薬業界も他の業界と同じようにスケールメリットを求めて合併をしていますが、製薬業界の場合、新薬の開発や特許満了などの事情があるのが特徴的ですね。

『e-製薬』ではそのような事情にも精通した担当者があなたにアドバイスをしてくれるのではっきりとした根拠を持って転職活動を行うことができます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

「ぴよぴよ転職」サイト管理人 しんすけ