GMARCHと関関同立が対象!『digmee(ディグミー)』の口コミ評判|求人の質や特徴は?

The following two tabs change content below.

しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。


ディグミーはLINEひとつで希望する企業への応募までできるという、就活の流れを変える革命的なサービスを提供しています。

就活を始めたものの、膨大な企業の情報を前にして、「何から手をつけたらいいの…」と茫然としている就活生が多いのではないでしょうか?

学生が1人で自分に合った会社を見つけることは容易ではありません。

でも、ディグミーなら登録情報を元にしてあなたに合った企業を探し出し、おすすめ情報をLINEで教えてくれます。

わざわざたくさんの情報を集めて、ES(エントリーシート)を書いて、応募して…といった手間をかけることなく、ディグミーから送られてきた選考会にLINEで応募するだけ。

この方法なら就活に苦戦していた学生でも、最適な就職先を見つけることができますよね。

それに、ディグミーで行われている選考会には最大7社の企業の採用担当者が集まり、企業の人事と直接面談する機会が設けられているんです。

そこで認められれば選考パスがもらえますし、あなたがどう評価されたかを教えてもらえるので、就活に活かせます。

ディグミーの選考会ではGD(グループディスカッション)も行われており、人前で話をすることが苦手な人にとっても良い経験になりますよ。

また、ディグミーはWebサイトでの利用もできますが、最大の魅力はLINEで隙間時間にサクサク就活できることなので、ディグミーに登録する時は必ずLINEを使ってくださいね。

LINEで就活【digmee】
公式ホームページ

『digmee(ディグミー)』の口コミ・評判

これからディグミーについて詳しく説明をしていきます。

最初に口コミを紹介しますが、ディグミーの特徴である、「LINE利用による使いやすさ」と「合同選考会」に関する口コミが多いですね。


内向的な性格のため、グループディスカッションが嫌で嫌で仕方なかったのですが、練習会を設けてくださり、グループディスカッションのノウハウを知れた事で、以前よりも、緊張すること無く挑めるようになりました。

実際に選考会イベントに参加しましたが、その場で選考パスが貰えた事と、どんなところを評価してもらえたのかをきちんと説明されるので、自分の自信に繋がった。

ここしかない!という企業がなく、就活をしている時にdigmeeを使いましたが、 オススメしてくれる企業はどこも、自分が行きたいと思えるような企業ばかりでした。

そのオススメして貰った企業の1社に決め、非常に効率のいい就活をすることができました。


複数社の選考を一度に受けられるから、1社ずつ選考会ES(エントリーシート)を作成しなくて済んでめちゃくちゃ楽でした!。

それに、普段からLINEを使っている身としては、LINEで選考会情報が貰えるのは、選考会の日時を見落とさずに済むのでありがたい。


選考直結の面接やキャリア面談、模擬面談といったように、目的に合わせて面談が出来るから、スムーズに選考を進められた

『digmee(ディグミー)』の利用方法

ディグミーの利用方法は2つあり、①Webサイトを利用して就活を行うか、②LINEを利用するかのどちらかです。

ディグミーはLINEだけで公開されている限定情報があるので、特別なこだわりがない限り②LINEでの利用にしておきましょう。

登録方法は①の場合はサイトから情報入力、②の場合は公式ホームページの「友達追加」からLINE登録するだけです。

友達追加が終わるとディグミーからメッセージが届くので、手順に従って情報を入力すれば登録は完了。

後は待っているだけで様々な情報がLINEで送られてくるので、何となくLINEを開いた時に新着情報をチェックすればOK。

気になる選考やイベントがあったら、LINE画面から参加申し込みができますよ。

ES(エントリーシート)やGD(グループディスカッション)対策についての情報も流れてくるので、時間がある時に目を通しておくと、様々なノウハウを知る良いきっかけにもなりますね。

ディグミーは、LINEひとつで就活が行えるという画期的なサービスなんです。

今までは情報収集をして、さらに応募までにひと手間かけて…と、就活に手間暇と時間がかかっていたと思いますが、ディグミーならLINEだけで応募まで全てできるので、労力が圧倒的に少なくて済みます。

様々な場所に就活情報が散らばっていると、それだけで面倒ですよね。

だけど、全てがLINEに入っていれば、情報を再確認する時にはLINEを遡ればいいだけ。

ひとつの場所に全ての情報が集まっているのは、思っている以上に便利ですよ。

『digmee(ディグミー)』の求人の質

ディグミーの求人はベンチャーから大手まで揃っていますが、大手はどこも有名で人気がある企業だというのが特徴。

またメガベンチャーも含め、就職が難しいと言われている超人気ベンチャー企業の求人もあるので、ベンチャー志望の場合には、絶対に使っておきたいサービスだと言えるでしょう。

そもそもディグミーが対象としているのが関西では関関同立、関東ではGMARCH以上ということで、ハイレベルな人材向けのサービスなんです。

だから、扱っている求人も当然レベルが高いということ。

「そんな学歴ないから自分には無理…」と思う人もいるでしょうが、合同説明会に参加してレベルの高い就活生とGD(グループディスカッション)する機会を作るだけでも、ディグミーを使うメリットはありますよ。

GDは経験をすればするだけ上達しますから、実力をつけるためにも合同説明会を上手に利用してほしいですね。

合同説明会では最大7社の採用担当者が集まり話をする機会をもらえるので、効率的に就活を進めることができますし、あなたの実力を認めてもらえれば一次選考をパスしてもらえるかもしれないんです。

優秀な人だと認めてもらえれば、複数企業からいくつも選考パスがもらえることもあるので、チャレンジしてみてください。

早い段階で選考パスがもらえるということは、早期内定をもらって余裕を持って就活をしたいという学生にも最適ですね。

それに、選考パスをもらうとまではいかなくても、話をした企業からのフィードバックがあるのがディグミーだけの魅力です。

普通は面接を受けてどう評価をされたかを知ることができませんが、合同説明会では面接官からのフィードバックがあるので、次に活かすことができます。

こういった経験ができる場所は滅多にないので、ディグミーのターゲットになっている学生はもちろん、それ以外だとしても活用してみてください。

また、ディグミーは豊富なデータとノウハウで、あなたに合った企業を見つけ出して紹介してくれます。

たくさんある企業の中から自分に合った場所を探すのって、すごく大変ですよね。

探しているだけで気が遠くなるほどの時間が必要になるので、「手っ取り早く自分に最適な会社を教えてほしい!」という人もディグミーが向いています。

逆に、すでに希望する企業があらかた決まっているという場合には、無駄な情報が流れてくると感じるかもしれませんが、あなたが希望する仕事が本当に合っているのかどうかをチェックする機会にはなるでしょう。

『digmee(ディグミー)』の拠点

ディグミーが利用できるのは東京と大阪の2拠点です。

一定レベル以上の学生を対象としているので、都市部での利用が前提となっています。

ただし、合同選考会では最大7社が揃うので、一度の上京で効率的に就活を行えるという点はメリットですよね。

東京や大阪まで少し距離がある場所に住んでいたとしても、一度の合同選考会で7社とコンタクトがとれるなら使ってみてもいいのでは?

東京と大阪に住んでいる就活生は迷う必要はありませんから、ディグミーに登録しましょう。

ディグミーのサービスは全て無料で受けられますからね。

LINEで様々な情報を見たり、就活お役立ち記事を読むだけでもディグミーは利用価値がありますよ。

最後に

就活は、時間をかければ上手くいく…というものでもないんですよね。

余計な労力をかけても、結果的にはただの無駄な時間だった、というケースがよくあります。

その点、ディグミーは無駄を一切省いているので、非常に効率よく就活を行えるのが魅力。

LINEだけで就活ができる経験をしたら、今までの就活って何だったの?と思えますよ。

それに、LINE登録するだけであなたに必要な情報を全て教えてもらえます。

「就活で何をしたらいいか分からない…」と思っている学生はディグミーを使って悩みを解消しましょう。

ディグミーの合同選考会は出席するだけでも価値があるので、あなたも上手に利用して就活を成功させてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

LINEで就活【digmee】
公式ホームページ