グラフで解説!施工管理ジョブの口コミ評判|求人の質、特徴は?(施工管理job)

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

『施工管理job』は現場監督や施工管理者などの専門求人サイトです。

本記事では施工管理ジョブの口コミ評判、特徴や求人の質などに関してお伝えします!

ヒヨやん

ヒヨやん
絶対に施工管理の転職を成功させるために!

結論から言うと施工管理の転職はこれから紹介しる施工管理ジョブよりも『リクルートエージェント』の方がおすすめです。

リクルートエージェントの方が以下の点で優れています。

  1. 登録直後から担当者が二人三脚でサポートしてくれる
  2. 施工管理系で高年収の求人が多い
  3. 施工管理の転職に軸足を置きながら、条件次第では他の業界や職種の転職も検討できる

リクルートエージェント
公式サイト

『施工管理ジョブ』の口コミ・評判

『施工管理ジョブ』を実際に利用した人の口コミ・評判です。

口コミ・評判は集まり次第随時更新します。

Sさん 26歳

Sさん 26歳
工務店 職人 →
中堅ゼネコン 施工管理

地元の人脈で勤めた工務店でしたが、先輩社員を見ていると自分の給料はあまり上がらなさそうだと思って転職を決意しました。

施工管理ジョブに登録をして求人検索したのですが、求人が多すぎで電話サポートを利用したのですが、そこそこいい会社に入社することができたと思います。

サイト管理人

サイト管理人
確かに施工管理ジョブは約7万件の求人があり、この中から自分に合った求人を探すのはかなり難しいと思います。

電話サポートは無料なので登録したら絶対に利用したいサービスですね。

特に初めての転職であれば電話サポートは必須です。

 

Tさん 27歳

Tさん 27歳
投資用不動産 営業職 →
大手ゼネコン 施工管理

不動産関係で働いていたことから施工管理系の仕事にも興味を持っていたため、施工管理ジョブに登録。

近い業界とはいえ異職種の転職のため、時間がかかると思っていたのですが、施工管理ジョブで見つけた大手ゼネコンからすぐに内定が出ました。

サイト管理人

サイト管理人
転職には経験やスキル、自己分析や企業分析なども必要ですが、もしかしたら一番大事なのはタイミングかもしれませんね。

求人を出している企業もコストをかけて応募を出している以上、早くいい人材に入社してほしいと考えています。

チャンスを逃さないためにも多くの求人にアクセスできる環境を整えておくのは大切なことです。

 

Kさん 30歳

Kさん 30歳
工務店 営業職 →
中堅ゼネコン 営業職

最初は施工管理ジョブを利用していたのですが、でいまいち転職活動が進みませんでした。

リクルートエージェントに登録したところ翌々日には面談になり2週間後に内定を得ることができました

条件が良い求人もリクルートエージェントの方が多かったと思います。

サイト管理人

サイト管理人
施工管理ジョブは電話サポートなのに対して、『リクルートエージェント』は担当者が付き、実際に会ってカウンセリングを行うところから始めます。

Kさんは転職のプロと2人3脚で転職活動を進めていく方が合っていたようですね!

 

Mさん 34歳

Mさん 34歳
飲食店経営 → 地場工務店

独立してバーを経営していてたのですが、4年で潰れてしまいました。

独立前は工務店で働いていたことから、工務店関係の求人を探していると施工管理ジョブにたどり着き登録しました。

地元の工務店の求人も結構あり、その中から条件が良い順に応募をしました。

施工管理ジョブの担当者からのアドバイスも功を奏し、2社から内定をいただき、無事転職が決まりました。

サイト管理人

サイト管理人
電話サポートを利用している人が一定数いるようですね。

施工管理ジョブには「未経験歓迎」「ブランクOK」の求人も多数ありますので、経験やスキルに自信がなくても大丈夫です。

【その他口コミ】

Fさん 23歳
工務店 職人 → 大手ゼネコン 施工管理
Fさん 23歳

Fさん 23歳
工務店 職人→
大手ゼネコン 施工管理

高校を卒業してからしばらくフリーターをしていましたが、知り合いに紹介してもらった工務店に就職をして主に道に石を並べる仕事をしていました。

アスファルトの道が綺麗なブロックが並んでいる道に変わったりしているのを見たことがあるかと思いますが、そういう石を並べていた仕事です。

その工務店の親方には大変お世話になったのですが、その工務店が給料も手渡しで会社なのか何なのかもよく分からずに働いていました。

そんな私にも結婚を意識する彼女ができ、自分の将来を考えた時に、今の職場に居続けていいものか悩みました。

紆余曲折あったのですが、親方にも相談をして理解をしてもらい、転職をすることになりました。

普段よく飲みに行くお店で誰彼構わず転職の相談をした時に、ある人から教えてもらったのが転職サイトというものです。

「美容業界とか飲食業界とかに特化した転職サイトがあるから、きっとFさんの業界に特化した転職サイトもあるんじゃない?」と言われ、その場でスマホで調べて出てきたのが「施工管理job」でした。

今までスマホは仕事とゲームくらいしか使ったことがなかったので、スマホでいろんなことができるんだな〜と思いました。

その場で「施工管理job」に登録をすると翌日には担当者から電話連絡があり、自分の状況や悩みを相談し、いろんな求人を紹介してもらいました。

私は結婚を視野に入れてもっと給料のいい会社と思っていましたが、私のお世話になっていた工務店はそこまで給料が悪くない、ということがこの時に分かりました。

しかし福利厚生というものが全くありません。

手取りがそんなに変わらないんだったら、今のままでもいいのかな、とも思いましたが、福利厚生や将来的な安定も考慮すると大きな会社の方が圧倒的に有利だと思い、転職することにしました。

業界に若手が少ないのは現場を見れば一目瞭然でしたが、だからこそ私のような20代前半は重宝されるらしく、転職活動自体はそこまで苦労しませんでした。

Kさん 37歳
工務店 → 施工管理
Kさん 37歳

Kさん 37歳
工務店 → 施工管理

業界には喧嘩っ早い人も多く現場ではたまに喧嘩が起こるのですが、私もどちらかというと短気な方で会社の上司と喧嘩をして退職してしまいました。

狭い業界なので辞めた会社の周りでは私が喧嘩で辞めたことは広まっているのではないか、業界内で転職したとしてもまたどこかで前の会社と顔を合わせることがあるのではないかと思い、知人の誘いは断っていました。

そんな時にスマホで色々調べて出てきたのが『施工管理job』です。

なんでもいろんなサイトがあるもんだと思いました。

登録をするとその日のうちに担当者から電話があり、喧嘩のことも含めて話をしました。

『施工管理job』は私が就職する会社ではないので、話ししても問題ないと思ったのです。

それが原因で紹介してもらえないのであれば、それ以降利用しなければいいとも思いました。

しかし担当者は親身に私の転職先を探してくれ、今までの経験を活かしつつ前の職場との関連が少ない求人を紹介してくれました。

Sさん 26歳
工務店 職人 → 建設会社 営業職
Sさん 26歳

Sさん 26歳
工務店 職人 →
建設会社 営業職

施工管理ジョブと大手の転職エージェントの2つを利用して転職活動をしました。

施工管理ジョブは施工管理の業界のことはよくご存知でしたが、大手転職エージェントの話を聞くと、施工管理の業界は他の業界と比べて勤務時間が長く危険が伴う割には給料が良くないという印象を持ちました。

その後、大手転職エージェントに紹介してもらった建設会社に営業職として転職が決まりました。

取引先にへこへこするイメージのあった営業職は最初は全く興味がなかったのですが、仕事内容を教えてもらううちにやってみたいと思いようになり、いろんな業界の営業職を紹介してもらいました。

その結果私が応募をして内定をいただいたのは建設会社、工務店、電機メーカーの3つで、前職の経験を活かせる建設会社か工務店か悩んだ結果、より給料の良い建設会社にしました。

営業職になっても勤務時間はほとんど変わらなかったり、日によっては職人時代よりも遅くなったりすることもありますが、体を壊したら失業するかもしれないという不安が少なくなりました。

現場を理解している元職人の営業職ということでお客さん受けもいいように思い、いい転職ができたと思っています。

Yさん 36歳
転職せず
Yさん 36歳

Yさん 36歳
建築会社 電気施工管理 → 転職せず

建築会社で電気施工管理を主にやっています。

正月に地元の友達と飲んでいるときに、友人の一人が転職で年収が100万円近く上がったという話を聞き転職に興味を持ち始めました。

施工管理ジョブに登録をして、担当者の方から色々求人を紹介していただき、年収が上がるものいくつか確認できたのですが、福利厚生に関しては私の会社の方が良いというケースが多いことが確認できました。

会社もそこそこ大きく、転職のリスクも考えると、転職をしない、という結論に至りました。

転職活動は少しの期間で終わりましたが、あの転職活動を通じて「自分の会社は給料はよくないが福利厚生がしっかりしていて安定している」ということが確認できました。

転職活動もせずにいたら、ずっとモヤモヤしたままだったと思います。

『施工管理ジョブ』の特徴

施工管理系の求人件数が66,561件というのは施工管理専門の求人サイトの中でも、大手の総合転職エージェントの中でも最大級です。※2019年10月14日調べ

登録をすると『施工管理job』のコンサルタントから電話かメールで連絡があり、あなたの経験・スキル、希望の勤務時間・給与・勤務地を確認し、あなたに合った求人を紹介してくれます。

『施工管理job』はただ求人を紹介するだけではなく、職場の雰囲気や実際に入職した人の情報も伝えてくれるところにも定評があります。

紹介された求人にあなたが応募をしてみたいと思えば、コンサルタントが企業にあなたを推薦し、書類選考や面接を行うことになります。

面接日の調整や条件交渉などもコンサルタントが全て代行してくれるので、あなたは求人選びと面接に集中することができます。

ヒヨやん

ヒヨやん
気になるお値段の方は・・・
サイト管理人

サイト管理人
もちろん無料です!

『施工管理ジョブ』の求人の質

『施工管理ジョブ』のホームページの求人検索機能の集計結果をグラフ化しました。
※2019年10月14日調べ

最新情報は施工管理ジョブのホームページで確認するようにしてください。

公開・非公開別求人数

総求人件数が66,561件でそのうち「公開求人」が77.3%、「非公開求人」が22.7%です。

登録しないとアクセスができない求人が約1.5万件あることとなります。

ヒヨやん

ヒヨやん
なんで非公開求人なんてあるの?
サイト管理人

サイト管理人
いろんな事情があるけど代表的な理由は、求人を出していることが他の会社にバレると会社の戦略もバレる可能性があることかな。

非公開求人の中には重要なポジションの求人もあるよ!

地域別求人件数

「関東」が28.6%、「中部・東海」が22.9%、「関西」が14.1%、「九州・沖縄」が11.4%、「東北」が10.5%、「北海道」が3.5%です。

総求人件数が多いため3.5%の北海道でも約2,000件の求人があります。

ヒヨやん

ヒヨやん
どの地域でも求人がまんべんなくあるね。
サイト管理人

サイト管理人
そうだね!全国各地の求人があるのは施工管理ジョブの強みだね!

職種別求人件数

「建築施工管理」が38.7%、「土木施工管理」が29.9%、「設備施工管理」が15.8%、「電気施工管理」が15.2%、「施工図・設計」が0.4%、「CADオペレーター」が0.4%「プラント施工管理」が2.3%となっています。

ヒヨやん

ヒヨやん
施工管理の職種って7種類しかないの?
サイト管理人

サイト管理人
いやもっとあるよ!

リクルートエージェントでは施工管理系の求人は16種に分けられているね!

ちなみに施工管理ジョブでは少ないCADオペレーターの求人なんかも豊富にあるよ!

リクルートエージェント
公式サイト

資格別求人件数

土木施工管理技士」が24.5%、「建築施工管理技士」が18.3%、「建築士」が16.8%、「消防設備士」が14.9%、「電気工事士」が12.0%、「施工事施工管理技士」が8.8%、「電気工事施工管理技士」が3.3%、「測量士」が0.7%、「建設機械施工技士」が0.4%、「造園施工管理技士」が0.3%となっています。

ヒヨやん

ヒヨやん
施工管理業界ってやっぱり資格が大切なのかな・・・
サイト管理人

サイト管理人
いや、最も重要なのは経験。

資格はあるに越したことはないけれど、施工管理業界は実務経験が一番重要なんだ。

資格がないからといって良い条件の転職をあきらめる必要はないよ!

確実に条件の良い転職をするために!

施工管理の転職であれば総合型転職エージェントである『リクルートエージェントがおすすめです。

【リクルートエージェントの方がオススメな3つの理由!】

  1. 登録直後から担当者が二人三脚でサポートしてくれる
  2. 施工管理の高年収の求人が多い
  3. 施工管理の転職に軸足を置きながら、条件次第では他の業界や職種の転職も検討できる

①登録直後から担当者が二人三脚でサポートしてくれる

『施工管理ジョブ』のサポートは電話とメールがメインなのに対して、リクルートエージェントは登録直後から担当者と実際に会ってサポートを受けることができます。

施工管理ジョブの電話サポートは一見便利なサービスに見えます。

しかし登録後に自分から電話をかけるという段階を踏むのにハードルを感じたり、「また明日でいいや」と後回しにした結果、転職活動期間が長くなってしまうという可能性があります。

その点リクルートエージェントは登録を行うとすぐに面談の日程が組まれて、転職活動に拍車がかかります。

②施工管理の高年収の求人が多い

リクルートエージェントが扱う全国の建築・土木・設備関係(施工管理関係含む)の求人は29,382件、そのうち年収700万円を超える高額求人は9,000件を超えます。※2019年12月9日調べ

一方、施工管理ジョブの求人件数は6万件以上と、リクルートエージェント求人件数を上回るのですが、高年収の求人に関しては3,500件とリクルートエージェント の半分以下になります。

【リクルートエージェントの求人検索画面】
※施工管理系で年収700万円以上の求人が9,338件確認できる

【施工管理ジョブの求人検索画面】
※施工管理ジョブにも高額年収特集が組まれているが、高額年収求人の割合は総求人件数の5~6%に当たる3,800件。
※「高額年収」と記載があり給与が35万〜55万であることから、施工管理ジョブの高額年収は420万円〜660万円を含むことが分かる。(給与とは別にボーナスがある可能性有り)

③施工管理の転職に軸足を置きながら、条件次第では他の業界や職種の転職も検討できる

さらに施工管理ジョブは施工管理の求人に関しては熟知していますが、リクルートエージェントは全ての業界・職種・地域・年代の求人について熟知しています。

リクルートエージェントを利用すれば施工管理の求人を紹介を受けながら、他の業界であなたが転職可能な求人の紹介も同時に探すことができるので、世界が広がるかもしれません。

施工管理の転職に軸足を置きながら、条件次第では他の業界や職種の転職も検討したい場合にもおすすめできます。

ヒヨやん

ヒヨやん
僕は他の業界に転職するつもりはないよ!
サイト管理人

サイト管理人
それでも年収が高い施工管理の求人がたくさんあったり、直接会って話せる担当者がいたり、施工管理の求人を他の業界と比べることができたりとメリットがたくさんあるからやっぱりリクルートエージェントはおすすめだよ!

リクルートエージェント
公式サイト