グラフで解説!MSジャパンの口コミ評判|求人の質、年収、特徴は?(MS-Japan)

The following two tabs change content below.

しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

『MSジャパン』は経理・財務・人事・総務・法務・会計事務所・弁護士・公認会計士・税理士の転職に特化した転職エージェントです。

『MSジャパン』のホームページの求人を集計したところ総求人件数は4,463件。

東京を中心とした関東の求人が68.6%、大阪を中心とした関西の求人が16.2%、名古屋を中心とした東海の求人が11.3%と都市部で96.1%を占めます。

年収300万円・400万円台は10%未満、500万円台が15.9%、600万円台が23.1%ともっとも多く、700万円台が18.0%、900万円台が5.3%、1000万円台が10.7%、2000万円台が0.7%の29件、年収最高額は5000万円以上となります。※2019年5月31日集計

【ここがポイント!】

転職は2つ以上の転職エージェントに登録をするのが鉄則。

『リクルートエージェント』や『パソナキャリア』など大手の転職エージェントにも登録をしてリスクヘッジをしておきましょう。

『MSジャパン』の口コミ・評判

Aさん 34歳

Aさん 34歳
繊維メーカー 経理職 → 中堅商社 経理職

新卒で入社して以来10年弱前職に勤めていましたが、色々と不満が溜まっていました。

改善案を出しても面倒な仕事を増やすな解いた顔をする上司、その割に業績は良くなくボーナスも1ヶ月分です。

入社当時は気づいていませんでしたが、上が詰まっており、私が昇進できる可能性も少なくなります。

昇進している人は能力のある人よりも処世術が上手な人という感じでした。

大手の電機メーカーに入社したのは安定があると思ったのですが、肝心の仕事が面白くなかったのです。

私はステップアップのため34歳の誕生日を迎えたその日に『MS Japan』を含む2つの転職エージェントに登録をして転職活動を開始しました。

転職エージェントから紹介された求人は大手の電機メーカーで私のポジションが抜けている企業、経理を強化したいベンチャー企業など、私の経験とスキルが活かせそうな求人がたくさんありました。

その中でも『MS Japan』に紹介された東証2部上場したばかりの企業の求人に興味を持ちました。

上場をすると経理もさらに強化しなければ維持できないので、私の年代の実務家を欲していたのです。

他の求人も滑り止めのため応募をしましたが、無事第一志望に内定をいただくことができ、転職活動を開始した2ヶ月後に入社していました。

成長している会社のスピード感は凄まじく、今まで大手の会社にいた私にとっては新鮮な毎日です。

Iさん 45歳

Iさん 45歳
電機メーカー 総務課長 → 専門商社 総務部長代理

前職で私が所属していた部門が業績不振により部門ごと海外メーカーに身売りされるとのことで、転職する道を選び『MS Japan』に登録をしました。

私は前職で最新のクラウドコンピューティングサービスの導入実績があったので、これを武器に社内システムの整っていない会社に転職しようと思っていました。

クラウドコンピューティングシステムはただ導入するだけではなく、様々な年代・考え方の社員たちにどうしたら使いこなしてくれるように浸透させることができるのか、というところまで熟知していると自負していたのです。

『MS japan』によると案の定、社内システムの導入に二の足を踏んでいる企業はたくさんいるとのことで、様々な求人を紹介してもらいました。

その中でも、非常に業績は良いものの、社内システムの一元化ができていないために非効率担っており、その改善を急務としている企業に興味を持ち、内定をいただくことができました。

面接の段階で社長に聞いていたのですが、社内システムの導入も急務なのですが、総務部の人間の意識改革がもっとも重要であると感じています。

本来であれば生え抜きの社員が総務部の部長になるのが好ましいのですが、適切な人物がおらず外部から取らざるを得ない状況なのです。

しかし総務部員は外部からやってきた私にいい印象を持っていません。

まずはこの壁を乗り越えることが第一関門です。

『MSジャパン』の求人の質と年収

『MS Japan』のホームページの求人検索機能で集計した結果をグラフ化しました。
※2019年5月29日調べ

【年収別求人件数】

【地域別求人件数】

【資格別求人件数】

【業界別求人件数】

【職種別求人件数】

『MS-Japan』の会社概要

会社名 MS-Japan(エムエス ジャパン)
設立 1990年
資本金 580百万円
本社所在地 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム4F
拠点  東京 横浜 名古屋 大阪 香港

各拠点の概要

東京本社
【所在地】
〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム4F
【電話番号】
03-3239-7373
【アクセス】
JR飯田橋駅西口より徒歩2分
地下鉄B2a出口より徒歩2分

横浜支社
【所在地】
〒 220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル1F
【電話番号】
045-287-8080
【アクセス】
JR他各線横浜駅西口より徒歩4分

名古屋支社
【所在地】
〒450-6312 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋 12F
【電話番号】
052-551-1125
【アクセス】
JR名古屋駅直結 徒歩1分
地下鉄東山線・桜通線名古屋駅 徒歩1分

大阪支社
【所在地】
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB 24F
【電話番号】
06-6292-5838
【アクセス】
JR大阪駅 徒歩4分
地下鉄御堂筋線梅田駅 徒歩5分

『MSジャパン』と一緒に使いたい転職エージェント

『MSジャパン』は管理部門専門の転職エージェントですが、管理部門の求人は総合型転職エージェントにも集まります。

ここでは『MS Japan』と併用して相乗効果のある総合型転職エージェントをご紹介します。

2つ以上の転職エージェントに登録をして、より多くの求人に接触し、よりあなたに合った担当者に巡り会い、転職エージェントを競合させて切磋琢磨してもらいましょう。

リクルートエージェント

日本最大の求人件数を誇る転職エージェントです。

全ての業界・職種・年代向けの求人を扱っています。

事務管理系の求人件数は14,514件(公開求人:3,618件、非公開求人:10,896件)と『MS Japan』の3倍以上の求人件数を確認できます。
※2019年5月31日集計

28万件以上の突出した求人件数で転職エージェント業界のトップに君臨するリクルートエージェント。 ありとあらゆる業界・職種・地域・年代・年収...

パソナキャリア

パソナキャリアは47都道府県すべてに1箇所以上の拠点を持っています。

また転職後年収アップ率67.1%を公表しており、年収アップしたい人にとっては登録必須の転職エージェントです。

転職を検討し始めるといろんな転職エージェントがあってどれを利用すべきか困りますよね? パソナキャリアは業界大手のリクルートエージェント、d...

最後に

転職は勇気のいる行動ですが、転職エージェントに登録をしてしまったら案外内定まですんなり行ってしまったりもするものです。

それでもなかなか最初の一歩が出ないですよね。

転職エージェントに登録をしたからといって必ず転職しないといけないわけではありません。

興味を持てる求人がなければ、他の転職エージェントを利用したり、いい求人が出てくるまでまったり、転職活動自体をやめてしまえばいいのです。

『MS Japan』に登録をするとまずは面談をすることになりますが、面談は自分の市場価値を調べるだけ、くらいの気持ちでいけばいいのです。

転職するか否かはその後に決めましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

「天職×転職」サイト管理人 しんすけ