グラフで解説!昼職コレクションの口コミ評判|求人の質や特徴は?

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

昼職コレクションは夜職から昼職に転職したい女性向けの転職サービスです。

本記事は昼職コレクションの口コミ評判、ホームページで集計した求人の結果をグラフ化してご紹介します!

ヒヨやん

ヒヨやん
絶対に昼職に転職するために!

希望の職を見つけるためには昼職コレクションよりもリブズキャリアの方がおすすめです!

以下の3つの点でリブズキャリアの方が優れています。

  1. 求人件数が昼職コレクションの4倍以上
  2. 昼職から昼職に転職する女性用の優良求人にアクセスできる
  3. 「面談確約」のスカウトを受けることができる

リブズキャリア
公式サイト

『昼職コレクション』の口コミ・評判

Gさん 26歳

Gさん 26歳
ガールズバー バーテンダー →
自動車修理工場 事務・受付

20代後半になり夜職一本はまずいと思っていたので、転職活動を始め、昼職コレクションに登録をしました。

ガールズバーの前には事務職も少しやっていたので、その経験を活かした事務職の求人をたくさん紹介してくれました。

実家の近くの工場あら内定をいただき、現在入社1ヶ月ですが特に何の問題もなく仕事ができています。

Sさん 33歳

Sさん 33歳
スナック ホステス →
バー オープニングスタッフ

職を転々としていたのですが、仕事が決まらず30を超えてスナックで働きました。

さすがに長く勤める気にはなれなかったので、昼職コレクションに登録をして転職活動を本格化

今まで飲食系の経験も多かったことから飲食を中心に紹介してもらい、バーのオープニングスタッフ(正社員)として採用されました。

一からお店を作れるのが楽しく、今までの経験を詰め込むつもりでやっています。

Hさん 29歳

Hさん 29歳
キャバクラ ホステス →
動画制作会社 営業

30歳を前に昼職に転職しようと思い昼職コレクションに登録しました。

昼職コレクションに紹介されたのはキャバクラ経験を活かすことができる営業職や販売職。

その中でも動画制作会社の求人に興味を持ち応募をして採用されました。

昼ショッコレクションの担当者には履歴書の書き方や面接の注意点を指導してもらったのがとても良かったです。

Tさん 29歳

Tさん 29歳
風俗 →
保育士

保育士から風俗に入り、30を前に風俗以外にできる仕事は保育士以外ないと思っていました。

昼職コレクションには保育士の求人も結構あり、保育士以外の求人も紹介してもらいましたが、子供は好きなので保育士を選びました。

給料は逆戻りですが、将来の不安感や、周りの目のことを考えると「あのまま30歳を迎えるよりかは今の状況の方が良かったはず」と自分に言い聞かせて納得しています。

Hさん 29歳

Hさん 29歳
キャバクラ → 事務職

昼職コレクションとリブズキャリアを利用したのですが、正直リブズキャリアの方が条件の良い求人が揃っているように感じました。

結局リブズキャリアを利用し、朝遅めの事務の仕事が見つかって満足しています。

Aさん 27歳

Aさん 27歳
風俗 →
教材メーカー 法人営業

風俗で2年働き、これ以上この世界にいると抜けられなくなるという恐怖感に襲われて、昼職コレクションに登録をしました。

風俗の仕事ではキモ客も多かったですが接客自体は嫌いではなかったので、営業や販売の仕事を中心に紹介をしてもらいました。

その中でも法人営業は個人客営業に比べると癖のあるお客さんが少ないと教えてもらい、法人営業一択で転職活動を進めていき、教材メーカーから内定を得ることができました。

実際に法人営業は風俗客に比べたら本当に楽です。

【その他口コミ】

Sさん 29歳
キャバクラ → 営業職
Sさん 29歳

Sさん 29歳
キャバクラ → 営業職

20代前半の頃からショップ店員や飲食など仕事を転々としており、いつの間にかその中でも一番居心地がよく楽だったキャバクラ一本になっていました。

気がつけばそこそこ長いこと働いており、30歳手前になっていました。

結婚の予定があるわけでもなく、若い娘もどんどん入ってくるし、昼夜逆転で、お酒も毎日飲んでいる今の状況を考えると、すごい不安が襲ってくるようになりました。

そんな時に見つけたのが『昼職コレクション』で今の私にぴっただと思い、すぐに登録。

面談が終わるといくつかの求人を紹介してもらい、その中で私が興味を持ったのは営業職でした。

人と話をするのは大好きですし、キャバクラでおじさん心理は分かっているつもりなので、営業職で私の経験が活かせると思ったのです。

しかし最初は履歴書一つ書くにも書く前から嫌な気持ちしかありませんでしたが、『昼職コレクション』の担当者が手取り足取り教えてくれました。

面接の時も同じような感じでした。

しかし気がつけば採用決定のお知らせが担当者から届き、ものすごく嬉しかったです。

就職は始めたら意外とやれば簡単にできるものだと思います。

もし私が30歳手前ということに危機感を覚えなければ、まだ数年キャがクラで働いていた可能性があると思います。

夜職であろうが昼職であろうが、転職職は最初の一歩を踏み出さなければそこから数ヶ月、数年状況が変わらないということが良くあります。

Sさんの場合は、昼職コレクションへの登録が最初の一歩になったようですね。

Tさん 27歳
風俗 → 繊維商社 事務職
Tさん 27歳

Tさん 27歳
風俗 →
繊維商社 事務職

気がついたら4年ほど風俗で働いていて、もうベテランの域だな〜、と感じていました。

働き出した頃に比べると稼ぎが少なくなってきているのは認識しており、決定的な危機感を抱いたのは先輩風俗嬢Oさんを見たときのことです。

私よりもだいぶ年上で私よりも昔からお店にいる人だったのですが、精神的に不安定になっていく様が明らかに分かり、仲のいいマネージャーからは私にOさんにあまり深く関わらないよう注意を促されていました。

彼女を見ていると、まるで将来の自分を見ているような感覚になり、危機感が高まってきました。

スマホで色々調べて『昼職コレクション』を見つけ、早速登録。

登録の翌々日には面談をしてもらったところ、意外と私でも昼職に転職できるものなのかもしれない、と思うようになってきました。

夜職を続けながら働ける求人もありましたが、ダメな私の未来と決別するためにも風俗を辞めて昼職に転職すると決めました。

その中で、私が転職したのは事務職。

パソコンとかもほぼ分からない私でしたが、なんと会社が一から教えてくれるとのこと。

さらに資格を取ると昇給もあるとのことで、こんな至れり尽くせりの職場があるものかと驚きました。

お給料の低さにも正直ちょっと驚いてしまいましたが、今考えてもよくあの私がお金よりも将来を取れたものだと思います。

確かに給料は20万円前後で少ないと感じているのですが、昼職をしているという精神安定は何物にも代え難いものです。

ほとんどの会社の事務職が日常的に行なっている受発注などのパソコンスキルは入社1ヶ月もすれば身に付けることができます。

パソコン初心者でも一から教えてくれる会社は意外と存在し、中にはプログラマーやシステムエンジニアなどのパソコン技術者になるためのスキルをお給料をもらいながら学べる職場もあります。

今日本は空前の人手不足で、外国人労働者の受け入れの枠を広げているほどです。

日本人で、ある程度の若さとチャレンジ精神があれば就職口はいくらでもあるものです。

Tさん 33歳
風俗 → レストラン
Tさん 33歳

Tさん 33歳
風俗 →
レストラン

風俗歴が長く、あまり現実を見ないように日々を過ごしていました。

しかしある日3日連続お茶を引いてしまって、いよいよ危機感を抱くようになりました。

今までもお茶を引く日はたまにあったのですが、3日連続はさすがに応えて、こんな日がずっと続いたらどうしようとその日の夜はよく眠れませんでした。

それからも成績は振るわずお給料は下降する一方でどうしていいのか分からなくなっていました。

待合室ではスマホでゲームをしているだけだったのですが、その日から転職に関することばかりを検索するようになり、『昼職コレクション』を見つけました。

以前にもこのサイトか似たようなサイトを見たことがあったのですが、その時は(私が今更昼職になれるわけがない)と思っていたのを覚えています。

しかし今回は登録をしました。

今更私が昼職になれるわけがない、という思いは変わらないのですが、無料で相談に乗ってくれる、というところに惹かれたためです。

担当の方に色々相談をしたところ、厳しい現実も教えてもらえましたし、一方で私が思い込んでいたことも多かったと感じました。

思い込んでいたことは、昼職への転職はハードルが高いということです。

転職できるている人は結構いて、できる人が転職できているのではなく転職活動を始めることができる人が転職できる、という話が印象的でした。

そして私は相談に行っている時点で転職活動を始めているので、きっと転職できる、という言葉に強く励まされました。

その後、私は家の近くのリラクゼーションサロンのオープニングスタッフとして採用されセラピストの仕事をしています。

転職活動を通じて、一人目のSさんと同じような体験をしておられますね。

確かに転職のハードルは実際に動いてみれば、そんなに高くないことがほとんどです。

オープニングスタッフでセラピストになったということはオープン前にお給料をもらいながら研修を受けていたのでしょう。

セラピストは資格は必須ではなく、手に職も付けられるので安定して仕事ができそうですね。

Uさん 27歳
ガールズバー → IT企業 営業職
Uさん 27歳

Uさん 27歳
ガールズバー →
IT企業 営業職

化学品メーカーの営業として新卒で入社したのですが、給料が安くガールズバーで副業をしていました。

その後いつの間にかダブルワークがしんどくなり、友人の制止も聞かず、まさかの夜職一本の道を選びました。

しかしお酒を飲む毎日が辛くなってきたのと将来の不安が増していき、昼に戻ろうと昼職コレクションとリブズキャリアに登録をして転職活動をはじめました。

両社ともに女性の担当者が良くしてくださったのですが、リブズキャリアの担当者の提案と紹介してくれた求人が見事にはまりすぐに転職が決まりました。

私がガールズバーの前に営業として働いた期間はほんのわずかなものでしたが、営業経験とアルバイトの接客の経験を前面に推すことを勧められたのです。

今はスマホなどで使うアプリを開発したりメンテナンスをする会社で営業として働いています。

ITは良くわからないと思っていたのですが、スマホは良く使うので、意外と私でもできてしまっています。

昼職コレクションにもいい求人はたくさんあるでしょうが、転職活動の際には複数の転職エージェントに登録をした方が選択肢も多くなります。

Uさんの場合は複数社利用する作戦が見事に当たりましたね。

『昼職コレクション』の利用方法

実際に『昼職コレクション』を利用する方法を解説します。

最大の特徴は「LINE」を使って相談ができるということです。

「すぐに転職するか分からない」「とりあえず話を聞いてみたい」

そんな場合はLINEで【相談希望】と送信すれば相談に乗ってくれます。

ヒヨやん

ヒヨやん
どんな相談をしたらいいのかもよく分かんないよ!
サイト管理人

サイト管理人
正直に「何が分からないけど転職はしたいんです!」と言う意思を伝えたらいいよ!

向こうは転職のプロ。

転職に必要なステップをゼロから教えてくれるよ!

  1. 『昼職コレクション』の求人サイトを見て、気になるお仕事があれば求人情報画面の「問い合わせフォーム」、もしくは「LINE」で連絡します。自分に合った仕事が見つからない・・・という場合は、LINEから登録を【相談希望】と連絡しましょう。
  2. 後日、昼職コレクションの担当者と面談し、アドバイスをもらったり、よりあなたに合った求人を紹介してくれます。
  3. 気になる求人があれば応募をすることを担当者に伝えます。
  4. 応募の際に必要な履歴書や職務経歴書の書き方、面接の時の注意点などについても教えてくれます。書類審査に通った企業で面接となります。
  5. 面接後最短で1日、最長で2週間程度で内定となります。
  6. 晴れて新しい職場での新生活がスタートします。昼職コレクションの担当者は転職後もフォローしてくれます。

『昼職コレクション』の求人の質

昼職コレクションのホームページの求人検索機能で、求人を集計しグラフ化しました。
※2019年10月23日調べ

総求人件数は375件です。
※昼職コレクションと同じく女性専用の転職サイト『リブズキャリアは1,716件の求人を保有しているためよりオススメです。

『昼職コレクション』が扱っている求人はナイトワークに理解のある会社ばかりで、前職を隠す必要はありません。

ナイトワークとの掛け持ちOKの求人もあるので、まずは掛け持ちをして少しずつ昼職に慣れていくというのも一つの方法です。

『昼職コレクション』は特に関東と中国地方でのナイトワークから昼職に強いというのが特徴ですね。

しかも全てのサービスを無料で利用することができます。

ではそれぞれをグラフで見ていきましょう。

雇用形態別求人件数

正社員が71.4%、契約社員が9.3%、アルバイトが6.9%、派遣社員が5.1%です。

ヒヨやん

ヒヨやん
正直、正社員とそれ以外の雇用形態の違いが分からないよ!
サイト管理人

サイト管理人
分からないことは昼職コレクションの担当者に聞いて行こう!

地域別求人件数

東京を中心とした関東の求人が突出して多く、関東以外の求人は多くはありません。

東京が71.3%、神奈川と千葉が4.0%ずつ、埼玉が3.2%と関東で全体の82%を占めつつ、岡山県で30件と全体の12.0%の求人があるのが特徴です。

関東以外での転職の場合は全国の女性の転職に強いリクルートエージェントなどを利用することをお勧めします。

ヒヨやん

ヒヨやん
関東と中国・四国に多いんだね。

関西や福岡は少ないのに・・・

サイト管理人

サイト管理人
中国・四国に求人が多い理由は岡山県に昼職コレクションの代理店があるからなんだ。

東京に一番求人が多く集まっているけど、それはどの転職サイトも同じ。

リブズキャリアも東京にはたくさん求人があるから要チェックだ!

詳細条件別求人件数

「目立ちたい」「稼ぎたい」「安定したい」「ママ歓迎」など様々な状況の女性の要望に応じた条件の求人が揃っています。

ヒヨやん

ヒヨやん
「目立ちたい」って具体的にどんなお仕事なの?
サイト管理人

サイト管理人
接客などのサービス業、営業職、動画アプリを使ったインフルエンサーなんかだね

絶対に昼職に転職するために!

絶対に夜職から昼職に転職したいあなたにおすすめしたいが『リブズキャリア

その理由は以下の3つ!

  1. 求人件数が昼職コレクションの4倍以上
  2. 昼職から昼職に転職する女性用の優良求人にアクセスできる
  3. 2014年に運営開始しており、女性の転職に関するノウハウや実績が蓄積されている

①求人件数が昼職コレクションの4倍以上

昼職コレクションの求人件数375件に対してリブズキャリアの求人件数は1,716件と約4.5倍です。

より求人件数が多い方がいろんな可能性が広がるもの。

求人件数は求職者の選択肢に直結します。

②昼職から昼職に転職する女性用の優良求人にアクセスできる

リブズキャリアには昼職から昼職に転職する女性向けのハイキャリア求人も数多く取り揃えられています。

そのハイキャリア求人の中には営業職やコンサルタントなど、夜職で培ったコミュニケーション能力が活かせるものもたくさんあります。

もちろん「未経験OK」「フレックス」「時短」「副業OK」「育休の復職支援」など昼職コレクションと同じような条件の求人も充実しています。

③「面談確約」のスカウトを受けることができる

リブズキャリアでは自分のプロフィールを書き込むことにより、企業からのスカウトメールを受けることができます。

その際に「面談確約」のスカウトを受けることがあります。

「面談確約」はその名の通り書類選考が無く、いきなり面接ということ。

書類選考には自信がなくても、持ち前のコミュニケーション力で面接を突破できる自信があるのであれば「面談確約」を利用しましょう。

ナイトワークでのお客さんとのコミュニケーションスキル、ナイトワーク以外の経験があるのであれば、それらを具体的にプロフィールに書き込めばスカウトを受けることができるでしょう。

一度書き込んでも、後日書き直すこともできます。

ポイントは下手な文章でも熱意を持って書き込むこと。

企業は求職者が能力と経験があること以上に、働くことへの熱意を求めています。

その熱意はプロフィールへの書き込み量である程度示すことができます。

まずは300文字を目安に書いてみましょう。

ヒヨやん

ヒヨやん
でも夜職で働いていたって言ったら嫌な顔されないかな?
サイト管理人

サイト管理人
人を採用する会社にとって大切なのは利益に貢献してくれるかだよ!

実際に夜職のコミュニケーションスキルは昼職でも十分すぎるほど通用するんだ!

自信を持って行こう!

リブズキャリア
公式サイト