ハイクラス・外資系

グラフで解説!ミドルの転職の口コミ評判|求人の質や年収、特徴は?

『ミドルの転職』はエン・ジャパン株式会社が運営するハイクラス向け転職サイトです。

管理職・マネージャーなどの求人件数92,085件(2019年5月18日現在)にものぼります。

『ミドルの転職』は30代40代がメインユーザーで、年収1,000万円以上の求人も9,000件以上、一般公開されていない非公開求人もあります。

求人検索機能の年収を選択する画面では「5,000万円以上」を選択することもでできます。

また意外と500万円〜700万円の求人も多いので、一般転職でも利用することができます。

「自分はハイクラスではないから・・・」と諦めるのではなく、一般転職もハイクラスも扱う『ミドルの転職』に登録をして、両方にアクセスできる状況を作ると転職活動を有利に進めることができます。

『ミドルの転職』は転職サイトなので、登録した段階では担当者は付きません。

登録をすると各求人の詳細を確認できるようになるのですが、同時に「この求人の取り扱い紹介会社」という欄も確認できるようになります。

求人を見るだけなら担当者は付かないのですが、求人に応募をしようと思うと「この求人の取り扱い紹介会社」を通して応募することになるので担当者が付くことになります。

「この求人の取り扱い紹介会社」とは『ミドルの転職』にハイクラスの求人を掲載している転職エージェントのこと。

『ミドルの転職』に求人を掲載している転職エージェントは、470社以上にものぼります。

つまり、『ミドルの転職』は転職サイトと転職エージェントの間の存在。

別の言い方をすれば、『ミドルの転職』に登録をすると様々な転職エージェントで扱っている求人を一斉に確認することができるのです。

『ミドルの転職』は登録をしただけだと担当者が付かないので、自分のペースで転職活動を進めることができます。

もしハイクラスに精通した担当者を今の時点で付けたいのであれば、『キャリアカーバー』など『ミドルの転職』と提携していないハイクラス専門の転職エージェントも同時に利用しましょう。

『ミドルの転職』登録者の口コミ・評判

Hさん 38歳
Hさん 38歳
機械商社 課長 →
機械メーカー 課長

この歳まで転職をしたことがなく、転職エージェントなどのサービスは限られた数の会社が行なっている業界だと思い込んでいたが、ハイクラス転職だけでも何百ものサービスがあるのには驚かされた。

様々な転職エージェントのハイクラス求人を見ることができるのはとても便利なサービスだと感じた。

他にも大手の転職エージェントを中心に登録をしていたが、『ミドルの転職』に興味を引く求人が一番多かった印象だ。

Uさん 44歳
Uさん 44歳
外資系化学品メーカー 部長代理 →
化学品商社 部長

新卒で外資系メーカーに入社以来勤務していましたが、部長代理のポジションに昇進してから社内の人間関係がうまくいかない日々が続いていました。

どうにか状況を打破しようとしていたところ体調が悪くなり、1週間の入院を余儀なくされました。

その間に転職した元同期が見舞いに来た時に転職を勧められました。

正確には見舞いを兼ねたヘッドハンティングです。

それを機に転職を考えるようになり、いくつかの転職サイトや転職エージェントに登録をしました。

元同期の在籍する会社は外資系だったので、転職するなら日系の会社、と考えていた私には合いませんでした。

その後、『ミドルの転職』に掲載されていた小さな日系の化学品商社の求人が目に入り、転職活動を本格化。

その会社は小さな会社ではありますが、営業力と商品力が強く、業界内で一目置かれる存在の会社で興味を持ったのです。

その会社の書類選考に通り、面接に行ってみると、営業担当者としては優秀な人が多いけれども管理職レベルの人材が全くおらず、今の業績は良いけれども将来を危ぶんでいる状況でした。

その状況は転職エージェントの担当者から聞いていたので、面接での受け答えは問題なく進みました。

転職エージェントの担当者にその会社の事情を聞いた時には、まさに私が外資系メーカーで培ったマネジメント経験を活かすことができると感じ、面接で確信に変わったという感じです。

その後、どうにか内定を得ることができました。

40代の転職にしては早めに転職が決まったと思います。

入社間もない今は、社内の信頼関係作りを最優先に、日々の仕事をしています。

『ミドルの転職』の求人の質と年収

『ミドルの求人』の求人検索機能を利用して集計したものをグラフ化しました。
※2019年5月19日調べ

業界は多岐にわたり、満遍なく取り揃えられています。

勤務場所は東京を中心とした関東が最も多く、全国各地の求人も扱っています。

肩書きは課長クラスから経営者や顧問まで様々ですが、会社規模によりその意味合いや重要度は変わってくるので参考程度にしておきましょう。

英語は必ずしもできる必要はありませんが、英語を含む外国語ができた方が選択肢は多くなります。

ハイクラスの転職をうたっているだけあり、求人検索機能の年収欄は「300万円以上」から「5000万円以上」まで様々な求人が揃っています。

比率からすると600万円台・700万円台の求人が最も多くなりますが、総求人数が多い為に1000万円以上の求人数が相対的に少なく見えます。

実際には他の転職エージェントのハイクラス求人を集めており、1000万円以上の求人は9,000件以上あるので、ハイクラスの求人数は割合は少なく見えますが、数は決して少なくありません。

『ミドルの転職』と一緒に使いたい転職サービス

転職の際にはリスクヘッジのため複数の転職サービスに登録をしておくのが鉄則です。

『ミドルの転職』は転職サイトなので登録するだけでは担当者は付きませんが、以下のご紹介する転職エージェントは登録をするとあなたに担当者が付きます。

困った時や疑問が出た時に直接聞く相手がいるというのは重要です。

また転職サイトに登録しただけで転職活動が進まないという人は、転職エージェントで担当者をつけて転職活動を加速させることもできるでしょう。

キャリアカーバー

キャリアカーバーは転職史上最大の会社である(株)リクルートキャリアが運営するハイクラス向け転職エージェントです。

2019年5月19日現在、『ミドルの転職』での提携は確認できていません。

つまり『ミドルの転職』に登録をしてもキャリアカーバーのハイクラス求人にアクセスすることはできないのです。

多くの転職エージェントにアクセスのできる『ミドルの転職』と、業界最大手のハイクラス転職エージェントであるキャリアカーバーに登録をすれば、日本のハイクラス求人の多くを網羅することができます。

リクルートのハイクラス!キャリアカーバーの口コミ評判|求人の質、年収、特徴は?(Career Caver)キャリアカーバーは日本最大の人材紹介会社である(株)リクルートキャリアが運営する、ハイクラス向け転職サービスです。 さてハイクラス...

JACリクルートメント

JACリクルートメントは『ミドルの転職』と提携しています。

しかし、『ミドルの転職』経由で求人に興味を持ったことを示さなければ担当者は付きません。

JACリクルートメントは1988年創業で30年以上もハイクラスや海外勤務の求人を扱っていおり、成長著しいアジアを中心とした海外にも拠点を多く持ち海外勤務の求人にも強い老舗ハイクラス向け転職エージェントです。

ハイクラスの老舗!JACリクルートメントの口コミ評判|求人の質、年収、特徴は?JACリクルートメントはミドル〜ハイクラスの高収入に求人に特化した転職エージェントです。 JACはJapan Agency&...