職種

メーカーから商社に転職したい!商社の営業職に転職したい人が知っておくべき5つのこと

サイト管理人
サイト管理人
私は現在商社で働いていますが、年に何人かメーカーから転職してくる人がいます。

ヘッドハンティングをしてくる場合もあれば、転職エージェントを利用して転職してくる人もいます。

特定の経験や能力を求めるとどうしても同じ業界の人になってしまうんですね。

概ね皆さん転職には満足をしているようですが、やはり外から見るのと実際に中に入ってみるのとでは違うことがあるようです。

本記事はメーカーに勤めながら商社に勤めたいと思っている人に向けて書いています。

最後まで読めばメーカーの営業職が商社の営業職に転職するにあたって、何が大切かがよくわかります!

◆一刻も早く商社の営業に転職したい人は!◆

すぐにでも商社に転職したい人は、商社の求人が最も多いリクルートエージェントを利用しましょう。

商社の価値は得意としている業界の顧客の口座をどれだけ保有しているかということにあります。

リクルートエージェントには総合商社から各業界の専門商社、地元密着の地域型商社まで各専門分野の主要プレーヤーの口座を多く持つ商社の求人が揃っています

コロナで外出自粛が促されていますが、少数精鋭でビジネスのスピードが早い商社はWEB面談にいち早く対応しています。

経済が停滞しているこの時期に人材補強などできることをやっているのです。

コロナが去ったときにいち早く動き出せるよう、あなたも今できることを全てやっておきましょう!

>>リクルートエージェントに優良商社の求人を紹介してもらう

※リクルートエージェントはコロナウイルス感染拡大防止のためWEB面談を実施しています。

意外と縛りはある!商社だからといってなんでも扱えるわけではない

元メーカーの営業職の人が驚く一つの事に、思ったほど多くの商品を扱えないということです。

これは会社のスタンスにもよるのですが、最近はコンプライアンスと言う言葉もだいぶ浸透してきましたが同時に商道徳という言葉も浸透してきました 。

商道徳とは商売をする上での道徳、商人として守るべきことです。

と言ってもあなたはメーカーに勤めていたんですから、お分かりですよね。

同じジャンルの商品を3社も4社も扱う商社は、メーカーとしてはあまり好ましくないですよね。

メーカーとしてはどの商社に対しても、うちの商品だけを扱って欲しいというのが本音。

あれもこれも扱っている商社は、結果的にメーカーからの信頼を失い市場での競争力を失います。

よってこのジャンルの商品はこのメーカー、あのジャンルの商品はこのメーカー、とある程度決めている商社が多くなってきています。

しかし道徳の捉え方が人によって違うように、商道徳の捉え方も会社によって異なります。

お客様が求めるものを何でも扱う、というスタンスでどのメーカーの商品でも並列に扱うという商社もあります。

しかしそのような場合、メーカーの方から敬遠される場合もあるので、商圏を確保できないという可能性もあります。

ありとあらゆるメーカーの商品を並列に扱う商社は、メーカーからは節操のない会社と言われることが多くあります。

あまりにメーカーよりの商品のラインナップだとお客さんのことを考えていないのか、という考え方もありますが、今のところ少しずつ商道徳を重んじる商社が増えてきている印象です。

あなたはメーカー出身なので、商道徳を重んじる会社の方が性に合う可能性は高いと思います。

しかしメーカーの商品のラインナップの少なさに不満を感じているのであれば、どんなメーカーでも扱う商社の方が向いているかもしれません。

商社の面接に行く際は、商道徳に関する考え方を聞いておいた方がよりあなたにあった商社に入社することができるでしょう。

面接をする商社からしても、自社の商道徳を理解できる人に入社してもらう方が好ましくなります。

知見を活かせ!元メーカーの強みを活かせる業界の商社がオススメ!

あなたはメーカーで専門的な知識と経験を蓄積してきたのですから、商社の営業に転職するのだったらその専門的な知識と経験を活かすべきです。

機械メーカーから機械商社に転職するのであれば、機械商社の中で叩き上げの営業職よりも、より専門的な知見のある、そして時にはメンテナンスもできる商社の営業職になれるでしょう。

化学品メーカーから化学品商社に転職するのであれば、化学品商社の中で叩き上げの商社マンより化学的な知見で商品の説明ができるでしょう。

それがメーカー出身の商社マンの強みです。

ただ同じ業界内で転職することになるので、前職であるメーカーには不義理の無いように退職をするようにしましょう。

これが商社の命!重要顧客の口座の数

「この商売をうちにやらせてください!」と商社がお客さんやメーカーにお願いをする場合の大前提はお客さんとの直接口座を持っていることです。

商社としての強みは重要顧客との口座の数です。

口座がないことには商売ができません。

しかしこれは面接で聞いて答えてくれるようなことではありません。

おそらくは転職エージェントも把握はできていないでしょう。

もう転職したい商社が決まっており、その商社との人脈があるのであれば、ある程度聞き出すことができるかもしれません。

同じ業界内の商社に転職をするのであれば、メーカーの立場を利用して口座の有無はある程度知ることができるでしょう。

右から左の商社は淘汰される!商社営業はビジネスにおいての付加価値をつけてなんぼ

商社のビジネスにおいて右から左に商品を流すだけのビジネスはほぼ価値がありません。

袖の下はさすがにもう日本ではほとんどなくなったと思いますが、今でも接待などで右から左へのビジネスを繋ぎ止めている商社はたまに見かけます。

接待でつなぎとめるのも商社マンとしての器量の一つなのかもしれませんが、ビジネスの本質はいかに付加価値を付けるかです。

そしてこの付加価値こそが担当の商社マンとしての腕の見せ所。

お客さんが困っている時にどれだけ助けることができるのか、自分がミスを犯した時にどれだけ迅速に対応をしたのか、トラブルが発生しないように細心の注意を払い続けているなど、日々の仕事の積み重ねがお客さんに付加価値を感じさせることができます。

接待はあくまでプラスアルファ。

ビジネスを取りに行くときはあくまでビジネス上でのメリットがあるから選んでもらうというのが基本です。

ヨーイドン!元メーカーの営業なら転職エージェントを競合させよう!

今や転職する際に転職エージェントを使うのは一般的なことです。

転職エージェント利用する際は2〜3つに登録をして、転職エージェント投資を競合させましょう。

どれだけ仲の良い商社でも、競合がいない状態でビジネスを渡すと、好き放題値段をつけてビジネスを取りに行きます。

しかしもう1社の商社にも同じ条件でビジネスを渡していることを伝えると、お客さんに出される見積もり価格は抑えられお客さんに対するサービスも向上します。

メーカーの営業をしていたのであれば、このような経験があるのではないでしょうか。

転職エージェントも競合がいることがわかればサービスが向上します。

例えばリクルートエージェントは転職エージェント業界最多の求人件数を誇りますが、日本全国にリクルートエージェント以外の転職エージェントの拠点は17,000以上あります。

自分に合った転職エージェントを見定めて利用するということも大切ですが、複数の転職エージェントに登録をして競合させるということもとても大切です。

また複数の転職エージェントに登録するということは、よりあなたに合った担当者に巡り会う可能性が高まり、より多くの求人にアクセスできることになります。

まずはリクルートエージェントに登録をしておき、他にも1〜2つ自分に合った転職エージェントを見つけてみましょう。

※リクルートエージェントはコロナウイルス感染拡大防止のためWEB面談を実施しています。

>>リクルートエージェントに商社の優良求人を紹介してもらう