新卒入社5ヶ月で辞めたい!新入社員が9月に退職する前に知るべき5つのこと

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

これからどんな仕事ができるんだろう!という期待に満ち溢れて新社会人になった4月。

でもこの記事を読んでいるということは入社5ヶ月目にして、辞めたい、と悩んでいるんじゃないでしょうか?

特に新卒で初めての会社だと、期待と現実のギャップに悩むことがあると思います。

入社してみたら思ったのと違った…というパターンになっても、半年も経たずに辞めるのには抵抗が出てくるものです。

そんな悩みを抱える方のために、新卒が入社5ヶ月で会社を辞めたくなった時に知っておくべきことを5つにまとめました。

くれぐれも次の職場を決めずに勢いだけで辞めてしまわないようにしてくださいね。

ポイントは今の会社に残ることも選択肢に入れつつ、まずは第二新卒専門の転職エージェントに相談だけをすることです。

一度きりの人生、焦らず臆さず大胆に慎重に、自分の意思に従って楽しみましょう!


第二新卒向けおすすめ転職エージェントはこちら!

※表を右にスクロールすると全文が読めます。

ウズキャリ 他社の10倍時間をかけてサポート
個別サポートと集団サポートを選択可能
自社基準でブラック企業を徹底排除
JAIC ビジネスマナーを習得可能な「就職カレッジ」を無料で受講
離職率の高い業界の求人は扱わない
すべての求人に訪問取材
就職Shop 人材紹介会社大手の(株)リクルートキャリアが運営
紹介された求人はすべて面接に進める
すべての求人に訪問取材
マイナビジョブ20’s 人材紹介会社大手の(株)マイナビが運営
信頼性の高い適性診断
東京・大阪・名古屋で頻繁にセミナーを開催
GEEK JOB 未経験からプログラマー・システムエンジニアになれる求人を扱う
無料でプログラミング学習が可能
参加者の71.6%がパソコン初心者

仕事が楽しいかどうかは超重要

あなたが会社を辞めたいと思っているのは、どんな理由があるからですか?

業務内容がきつ過ぎるという理由以外に、仕事が楽しくないという理由で退職を検討している人もいるでしょう。

長時間労働などに比べると、仕事がつまらないという理由は緊急性が低く、人によっては「仕事が楽しくないのは当たり前だ」などと言われることがあると思います。

だから、仕事が楽しくないという理由以外に明確な理由がないと、転職したいと思いつつもそのまま働き続けてしまう人が多いんですよね。

だけど、仕事が楽しいと感じる瞬間があるかどうかは超重要だということは忘れないでください。

新入社員のうちはルーチンや面倒な雑用ばかりで仕事を辞めたいと感じることが多いのですが、目標が達成できた時や自分が満足できる仕事ができた時は、これ以上ないほどの達成感が味わえます。

その一瞬があるから、つまらない毎日の仕事も頑張れてしまうんです。

一つの会社に5ヶ月もいて仕事の楽しい瞬間を一度も味わったことがなかったり、先輩社員を見ていて「自分もこうなりたい!」「あの仕事を達成した後の達成感を知りたい!」などと思えていないのであれば要注意です。

仕事の達成感は人によって異なります。

お客さんの笑顔だったり、インセンティブやボーナスでたくさんのお給料をもらった時だったり、チームで一つのプロジェクトを成功させた時だったり、昇進した時だったり、新しい商品を世に送り出して市場に受け入れられた時だったり、様々です。

先輩や上司や会社に押し付けられた仕事の喜びではなく「本当にこの仕事をしていて良かった」と思う瞬間が実際にあるのです。

私の現在の仕事は、自動車メーカーや家電メーカーに化学品を販売する専門商社の営業職ですが、自分が提案した化学品の性能と価格が技術者に認められ、その化学品が搭載された商品が世に出た瞬間は、日本経済や世界経済の中で戦っているビジネスマンとしての誇りを感じます。

特に街中で私の提案した化学品が搭載された自動車が走っていたり、家電量販店に並んでいたり、テレビCMなんかを見たりすると、一つの仕事が形になって世に出たという喜びがあります。

その過程でお客さんから、この性能が足りない、価格が高い、納期問題をどうにかしろ、といろいろ注文を受け、お客さんとサプライヤー両方を満足させつつ自分の会社もちゃっかり儲ける。

そんな絶妙な着地点を見つけた時もむちゃくちゃ気持ちがいいのです。

また競合に負けた時ほど悔しいものはありません。

そんな営業職人生はとても充実しています。

あなたが今の仕事で達成感や楽しさを一瞬も感じられないのであれば、今後もそんなつまらない日々が何十年も続くのかもしれません。

あなたが今何歳かはわかりませんが、仮に25歳だとすると社会人人生は約40年続きます。

あなたの今の仕事は後40年を捧げる価値がありますか?

私はあります。

入社5ヶ月でも次の会社はある

会社を辞められない理由が「入社してから5ヶ月しか経っていないから」というものだったら、それは心配しなくても大丈夫です。

入社数か月で辞めたら、次の仕事が見つからないのではないか?という不安があるんですよね。

今は新卒者の30%が入社1~3年以内に辞めると言われている時代です。

これだけたくさんの人が仕事を辞めていますが、ほとんどが第二新卒として次の仕事を見つけてますし、1社目で失敗している分、2社目は失敗しまいと、より自分に合った会社に入社できているケースも多々あります。

ましてや2019年9月現在の日本は労働者不足で圧倒的に売り手市場で転職者優位です。

第二新卒の採用に積極的な企業は、実践力ではなくポテンシャルを求めているので、20代でやる気のある人を探しています。

だから、入社5ヶ月で辞めても次の職場を見つけることは、そこまで難しくはありません。

第二新卒で転職して給料が急激にアップすることは少ないかもしれませんが、あなたが「楽しい!」と感じられる会社に入ることができる可能性は十分に期待できます。

期末・期初を経験しておく

これぞ入社5ヶ月で転職をする人の強み。

入社5ヶ月で退職をする時には、退職する時期も重要です。

もし、あなたが期末を一度も経験していない状態で退職を考えているのなら、一度は期末を経験しておくことをお勧めします。

会社によって多少の前後はありますが、日本の会社の多くは4月から9月末までを上期、10月から3月末までを下期と1年を二つに分けて、この間にいくら儲かったかを集計します。

会社によっては3月から8月末が上期、9月から2月末が下期だったり、1年を3期に分けていたり様々です。

期の途中で中途半端な感じで終わるのと、一通り経験してから終わるのでは、日数的には大きな違いがなくても、経験としては大きな違いがあるんです。

半期でも最後まで経験することができれば、なんとなくでも全体像を見ることができますよね。

こんな感じで会社の仕事が成り立っているのだということが分かれば、今後の仕事に活かすことができるでしょうし、転職活動をする時にも採用側の企業に良いイメージを与えることができます。

まさに今転職活動を始めたら、9月末の期末、10月頭の期初を経験して次の職場に移ることができます。

意外と「期」の概念を理解している新入社員は少ないものです。

自分の会社の期と照らし合わせて会計の本やビジネス書を読むと、理解が早まると思います。

仕事が嫌だと思うとすぐに辞めたくなるかもしれませんが、いつ退職するかは慎重に決めてくださいね。

9月は転職する人が増え出す時期

求人数は1年の中で変動があります。

9月は8月のボーナスをもらってから転職活動を本格化させる人が多く、また下期始まりの10月入社に向けて企業もまとまった求人を出す時期でもあります。

20代の転職にかかる期間は一般的に早くて2ヶ月、遅くて6ヶ月といった感じですが、期の終わりの9月と3月は早めに内定が出る傾向にあります。

時期を逃すと、良い求人になかなか巡り合えないことがあるので、転職活動には時期も重要だということを覚えておいてくださいね。

転職活動を始めるなら、9月は大きなチャンスなのです。

9月に退職はせずに転職活動を始めて期末を経験しつつ、10月以降に転職するのが理想でしょう。

20代向け転職エージェントを利用する

入社5ヶ月で退職をした場合、転職をする場合には、第二新卒として転職活動をすることになりますが、その時に大切なことは20代の第二新卒向けの求人が集まっている転職エージェントを利用することです。

転職エージェントとは、登録をすると求職者一人につき一人の担当者が付き、転職に必要な全てのサービスを提供してくれるサービスです。

あなたが転職エージェントを利用する際は無料ですが、企業が転職エージェントを利用する際は有料です。

ちなみにハローワークを利用すると企業は無料で求人を出すことができるのですが、優秀な人材を欲しがる企業はお金を払ってでも転職エージェントを利用します。

お金を払ってでも転職エージェントを利用する理由はただ一つ。

転職エージェントの方が優秀で自社が求める人材が集まっていると企業は知っているのです。

つまりはあなたも転職エージェントに登録をしておけば優秀な人材の仲間入りができます。

転職の際には2つ以上の転職エージェントへの登録は鉄則です。

より多くの求人にアクセスするため、よりあなたに合った担当者に巡り合うため、また転職エージェント同士に切磋琢磨してもらうためにも2つ以上登録することをお勧めします。

【転職エージェントの主なサービス】

  • カウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類の書き方の指導
  • 面接日の調整
  • 面接の指導
  • 入社日の調整
  • 給与の交渉

転職エージェントにはすべての業界・職種・地域・年代の求人を持つ総合型転職エージェントと特定の業界・職種・地域・年代の求人に特化した特化型転職エージェントがあります。

そして入社5ヶ月で退職・転職しようとしているあなたがまず登録すべきは、20代特化型の転職エージェントです。

20代特化型の転職エージェントにも様々な特徴を持つものがあり、可能な限り自分に合った転職エージェントを選ぶ必要があります。

ご参考までに20代特化型転職エージェントをご紹介しておきます。

どれがいいか分からないという場合は、とりあえずウズキャリに登録をしておきましょう。

※表を右にスクロールすると全文が読めます。

ウズキャリ 他社の10倍時間をかけてサポート
個別サポートと集団サポートを選択可能
自社基準でブラック企業を徹底排除
JAIC ビジネスマナーを習得可能な「就職カレッジ」を無料で受講
離職率の高い業界の求人は扱わない
すべての求人に訪問取材
就職Shop 人材紹介会社大手の(株)リクルートキャリアが運営
紹介された求人はすべて面接に進める
すべての求人に訪問取材
マイナビジョブ20’s 人材紹介会社大手の(株)マイナビが運営
信頼性の高い適性診断
東京・大阪・名古屋で頻繁にセミナーを開催
GEEK JOB 未経験からプログラマー・システムエンジニアになれる求人を扱う
無料でプログラミング学習が可能
参加者の71.6%がパソコン初心者