両方とも書類選考なしの求人を扱う!DYMとJAICを比較!その違いは?

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

第二新卒やフリーターで就職活動をしようと思うと、何から始めたらいいか分からなくて困りますよね。

そんな方のために、20代の第二新卒やフリーターに特化した就職支援サービスを行っている、DYMとJAICというエージェントを紹介します。

DYMとJAICは、どちらも書類審査無しで企業の面接を受けられることが特徴のエージェントです。

DYMは全国5か所の拠点があり、提携している企業数が2000社以上と求人の数が多いのが魅力。

利用者の特徴は高卒以上の20代が中心で、第二新卒、既卒、フリーターなど、今までに正社員経験がほとんどない人でも利用できます。

また、手厚いサポートが受けられるのもDYMの良さで、就職に成功するまで担当者が相談に乗ったりアドバイスをくれたりして、二人三脚で就職成功への支援をしてくれるんです。

JAICは、全国各地に拠点がある以外にも不定期開催の出張所を設けているので、地方に住んでいても支援を受けることが可能です。

そして、JAICの特徴的な一面は合同面接会があること。

担当者の面談を受けた後に、無料就職講座を受けて、20社と会える面接会に参加します。

そこで、内定をもらえたら正社員として入社することができるので、上手くいけば時間をかけずに内定がもらえる可能性もあります。

それに、JAICは入社後のサポートも充実していると定評があるエージェントなんですよ。

これから、DYMとJAICの特徴をまとめ、比較しながらどれぞれのメリットについて説明していきます。

第二新卒やフリーターで、「就職活動を成功させたい!」と思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

比較表で見る『DYM』と『JAIC』

DYM

JAIC

運営組織

株式会社DYM

株式会社ジェイック

拠点

東京・札幌・名古屋・大阪・福岡

神保町・新宿・池袋・横浜・大阪・梅田・名古屋・福岡
(その他不定期開催の拠点11か所)

求人件数

提携先優良企業2000社以上

優良企業20社との面接会あり

メインユーザー

既卒・第二新卒・フリーター

第二新卒・大学中退・高卒

『DYM』と『JAIC』の比較と考察

これからDYMとJAICを比較しながら、エージェントごとの違いについて考えていきます。

よく似ているエージェントでも、項目ごとに特徴を見ていくと、実は違いがあるということが分かると思います。

運営組織

株式会社DYMは2003年創業で、タイやシンガポールにも支店がある会社です。

DYM設立当初の社員は1名のみでしたが、現在は200名以上の従業員を抱えるまでに成長しています。

株式会社ジェイックは1991年設立、2005年から人材紹介事業を始め、今までに正社員就職に成功した人の数は14000名以上ということで、就職支援に関するノウハウが十分にあることが分かります。

株式会社ジェイックは、人材事業以外にも10年以上教育研修事業を続けており、就職カレッジというビジネスマナーなどを学ぶ場を提供しています。

就職活動を開始する前に、社会人としてのビジネスマナーや、どういった職業に向いているかを見極めるための自己分析講座を受けることができれば、就職活動の成功率が上がりますよね。

JAICを使って就職に成功した人の割合は80.3%以上となっているので、フリーターや既卒の平均である48%よりもかなり高い成功率になっています。

就職活動をするのが初めて、以前の就職活動ではたいした対策をせずに終わってしまった、という方はJAICを利用すれば、就職成功率を上げられますよ。

拠点

DYMとJAICの拠点を比べて分かることは、DYMが全国各地5か所の拠点であるのに対し、JAICは8か所の拠点を持っています。

ただし、比較すると分かるように、北海道に拠点があるのはDYMだけなので、北海道に住んでいる人はDYMを利用してくださいね。

また、JAIC には、交通費の一部(約5~8万円)をジェイックが支給する「状況就職支援制度」というものがあります。

東京と福岡での就職を支援するサービスなので、首都圏や福岡周辺での就職を予定している人は使ってみてください。

他には、地方在住者の就職を支援するためにJAICは各地で不定期開催の拠点を持っています。

地方での就職を考えている人は、住んでいる地域でJAICの出張所がないかどうかをチェックしてみてください。

期間限定にはなりますが、自宅近くでサポートを受けられる数少ないチャンスです。

このように、拠点に関してはJAIC のほうが数が多いので、どこに住んでいてもサービスが受けやすいというメリットがあります。

ただ、東京と大阪周辺に住んでいる人であればDYMのサービスも問題なく受けられるでしょう。

求人件数

求人数をDYMとJAICで比べてみると、DYMは提携している優良企業の数が2000社以上と大変多いのが特徴。

数が多いだけでなく、様々な分野の業種や職種を取り揃えているのが強みです。

希望する職種がまだ決まっていないという場合には、DYMを使って求人を探せば、様々な選択肢の中から求人を選ぶことができます。

一部上場企業やトップベンチャー企業の求人も扱っており、IT、不動産、システム、メーカーなどたくさんの業界の求人があるのが良さです。

これに対して、JAICの場合には個別面談を行った後に、無料就職講座を受けて、それから20社と同時に面接を行うという流れになります。

求人件数は公開されていません。

そのため、合同面接会に来ている企業の中から選択するという形で就職先を決めることになるでしょう。

JAICは長く働き続けられるようなサポートを目指しているので、離職率が高い求人は最初から除外しているんです。

だから、JAICの合同面接会に来ている企業は、その時点で選別された会社ばかりだということです。

JAICでは、安定のメーカーや商社、人気のITや広告関連などの求人を取り扱っていますが、営業職が多いという特徴があります。

就職活動をする時に、「営業をやりたい!」と決意が固まっている人はJAICを使ってみると、希望する求人に出会えるでしょう。

逆に、「営業は避けたい…」と思っている人は、JAICよりもDYMのほうが合っていると思いますよ。

就職活動をする人の多くは、できるだけ求人数の多いエージェントを使いたいと思っているのでは?

でも、求人は数が多ければ良いというものではないので、数だけでなく求人の質や、自分に適した求人が揃っているかどうかを重視してエージェントを選んでくださいね。

メインユーザー

DYMとJAICのメインユーザーは、どちらも20代が中心で、既卒、第二新卒、フリーターなどがほとんどです。

利用できる人の年齢はDYMが18歳~34歳、JAICが17歳~34歳とほぼ同じなので、同じ境遇の人が使うエージェントだということが分かります。

JAICを使う人の中で社会人経験がある人は3割のみで、7割はアルバイト経験しかない人です。

学歴や経歴に自信がない方でも、同じような背景を持つ人が使うエージェントなら安心して利用することができますよね。

スタッフは、あなたと似た経歴を持つ人への対応に慣れているので、何でも質問できる関係になってくれるでしょう。

その他

DYMとJAICのどちらにも共通した特徴が、書類審査無しで面接が受けられることです。

第二新卒やフリーターの場合には、就職活動を頑張っても、書類審査で落とされてしまうことが多いんです。

今までに何度も書類審査で落とされた…という経験をした人もいるかもしれません。

書類審査で落とされるのは嫌だ!という人は、確実に面接が受けられるDYMやJAICを使ってみてください。

面接が受けられれば、あなたのやる気をアピールすることができますよね。

面接で頑張った結果、思っていたよりも条件の良い企業に入社できる…そんなラッキーな出来事があるかもしれません。

また、DYMは就職率96%と、大多数の利用者が就職に成功しています。

JAICは就職率80.3%以上、さらに就職後の定着率94.3%と、長く働き続けている利用者が多いことが分かりますね。

DYMとJAIC、どちらを利用しても、十分にあなたの可能性を生かすことができますよ。

それ以外には、DYMもJAICも入社後のサポート支援があるのが魅力。

特にJAICは、長く働き続けることを目標にしているので、入社後に問題を抱えた時にはいつでも相談できるというサポート体制が整っています。

初めての正社員経験で、入社後に色々な悩みがでてこないか心配ですよね。

でも、一緒に就職活動をしてくれた担当者に相談できると分かっていれば、入社後も心強いと思いますよ。

最後に

DYMとJAICは利用者の特徴が似ているとはいえ、エージェントごとに雰囲気がかなり違うので、あなたが相性が良いと感じたほうを使うようにするとストレスなく就職活動を行えるでしょう。

DYMは、エージェントが二人三脚で就職支援のサポートを行っているのも良さなんです。

JAICでは自己分析の講座を受けることができるので、あなたが気付いていない自分の魅力を発見するチャンス。

どちらのエージェントにも、それぞれの良さがあります。

あなたに合ったエージェントを使って、就職活動を成功させてくださいね。

DYMは新卒入社数日や数週間・数ヶ月で退職してしまった第二新卒やフリーター、ニートなど社会経験が少ない20代向けの就職・転職エージェントです。 ...
首都圏・関西・東海地方の年で働きたい20代の求職者は登録必須の転職エージェントJAIC。 JAICは新卒・既卒・第二新卒・中退・フリーター...