ワークポート

ワークポートを退会したい!退会・個人情報削除・再登録方法/を解説!

ワークポートを退会するには担当者(転職コンシェルジュ)に電話かメールで直接退会する旨を連絡します。

違約金はかかりません。

本記事ではワークポートの退会方法・再登録の際の注意点などについて解説します。

>>退会方法が分かったのでワークポートに登録する

\転職活動を続けるなら!/

ワークポートを退会した後も転職活動を継続するのであれば、リクルートエージェントに登録をしておきましょう。

求人件数はワークポートの2万件代を大きく上回る20万件以上、年収700万円以上に絞っても9万件以上の求人件数、さらには担当者のレベルも高いと評判です。

退会の際には担当者に直接連絡する必要はなく、退会専用フォームから申請をします。

リクルートエージェントであれば確実に好条件の求人に辿り着けるでしょう!

>>リクルートエージェントに優良求人を紹介してもらう

ワークポートの退会方法

ワークポートを退会する方法は電話で担当者に退会する旨を伝えます

退会専用のフォームなどはありません。

退会の際に伝えることは以下の3点です。

  • 退会の意思
  • 退会の理由
  • 個人情報削除の依頼

また担当者にお世話になったのであれば、感謝の気持ちも伝えるようにしましょう。

担当者が合わない、他の転職エージェントをメインで利用することに決めたなど、ワークポートにとってネガティブな退会理由であればストレートに伝えるのに抵抗があるかもしれません。

そのような場合は、他社に紹介してもらった会社から内定が出たと言っておきましょう。

社名を伝える必要はありません。

ネットで見る限りは退会後も担当者からメール連絡が来るという情報もありますので、万が一退会後も不必要な連絡が来るようであれば、以下の対応をしましょう。

  • 以後連絡しないよう要望する旨を返信する
  • ハタラクティブからのメールを迷惑メールに分類するか受信拒否設定にする

参考までにメールで退会したい旨を担当者に連絡する際の例文を記載しておきます。

【件名】

ワークポート退会と個人情報削除のお願い

【内容】

株式会社ワークポート
(担当者名)様

お世話になります。

(あなたの名前)でございます。

大変恐縮ではありますが、他転職エージェント経由にて内定をいただき転職することを決めました。

つきましてはワークポートを退会させていただきたく存じますので、退会手続きを行っていただけますようお願いいたします。

また個人情報の削除も併せてお願いいたします。

今回は御社経由での転職に至らなかったこと、誠に申し訳ございません。

(担当者名)様のますますのご活躍をお祈り申し上げております。

よろしくお願いいたします。

(あなたの名前)

>>退会方法が分かったのでワークポートに登録する

ワークポートの再登録方法

退会した後に今一度ワークポートを利用したいのであれば、最初にワークポートに登録したのと同じくネット上から必要な情報を書き込んで登録をします。

登録は数分で終わるとはいえ再登録は二度手間になってしまうので、退会するのであれば以後ワークポートを利用することがないかどうかをよくよく考えて退会するようにしましょう。

ワークポートを退会した後も転職活動を継続するのであれば!

残念ながらワークポートではいい求人を見つけることができなかった・・・、という場合はワークポートと利用者層、求人が似通った転職エージェントを利用して転職活動を継続しましょう。

多くの求職者は『リクルートエージェント』を主軸にして、リスクヘッジのため他の転職エージェントにも登録をしておくという使い方をしています。

なぜならリクルートエージェントには業界最多の求人があり、全ての業界・職種・地域・年代の求人を網羅しており、年収700万円以上の高年収の求人の割合も30%以上です。

利用者の多くが20代後半から40代と、転職する世代のど真ん中です。

また退会する際は、ワークポートと違い、直接担当者に伝える必要は無く、退会専用の申請フォームから申請します。

直接担当者に伝える必要がないのは気が楽ですね。

>>リクルートエージェントに優良求人を紹介してもらう

\公式サイト/
有効求人倍率が急上昇中!業界最大手リクルートエージェントへの登録はお済みですか?
無料登録はこちら!
\業界最大手!/
リクルートエージェントに無料登録