ブラック企業からの転職

経験談|人を使い捨てする会社の行末と今すぐ辞めるべき5つの理由

つい先月来たばかりの中途入社の人がもう居ない。この会社大丈夫かな?
辞める人が多いけど、俺もそのうちやめるんだろうか?
あんまり従業員を大事にしていないように感じるけど、このまま居続けてもいいものだろうか?

人を使い捨てにする会社に留まり続けると、あなた自身も人を使い捨てにするような人になり、最終的にあなたが使い捨てにされてしまうかもしれません。

平均離職率約15%といわれている中、私は離職率30%を大きく上回る会社で3年勤め、その後離職率10%以下の会社に転職をしました。

そこでこの記事では、あなたが人を使い捨てにする会社に留まると何がいけなくて、人を使い捨てにしない会社に勤めると何がいいのかについて、体験談をもとにお伝えします。

最後まで読むと、今まで無駄に感じていた時間をどうしたら輝かせることができるのかが分かり、未来に希望が持てるようになりますよ!

\まずは結論!/

「先輩や上司のようになりたくない!」

そう思っているであればすぐにでも『リクルートエージェント』で転職活動を始めましょう。

何もしなければあなたの未来はあなたの先輩や上司そのまま。

しかし今転職活動を始めれば、無限の未来があなたを待っています!

\公式サイト/

人を使い捨てする会社にいると、給料は伸びない

いきなりですが、あなたの手取りはいくらですか?

私が人を使い捨てする会社にいたときは、入社した時の額面は19万円程度。

それから毎年増えていきました。1,000円ずつ…。

休日出勤や前業は当たり前、上司には怒鳴り散らされ…、なんて不幸自慢したら誰にも負けません。

さて、人を使い捨てする会社は末端社員の給料を大幅に上げることは絶対にありません。

なぜなら、末端社員のほとんどがいずれ辞めるからです。

どうせ辞めると分かっている人に、たくさんのお給料をあげたいと思う会社はありません。

仮にあなたが3年5年10年辞めないと決めていても会社に辞めないと公言していても、あなたの周りの人が辞めていけば、会社からするとあなたもいつ辞めるか分からない人材に入ってしまいます。

会社が末端社員を信用できない状態になっているのです。

ということは、あなたが末端社員である限り大きくお給料が上がることはないのです。

そのような状況で仕事を頑張る価値があるでしょうか?

人を使い捨てする会社にいると、成長できない

これもお給料が伸びない理由と一緒ですが、辞める可能性が高い社員に対して一体誰が教育をするでしょうか。

一生懸命仕事を教えて、1年で退職するんだったら教える意味がありません。

会社の誰もがそう思えば、会社全体で教育をする人が少なくなり、自己流で仕事を覚えていく人が多くなり、それは社風となります。

教育を受けた人とそうでない人は社会人5年生10年生になったときに、お給料や転職できる会社の幅など社会人として大きな差が出てきます。

自己流では限界があります。

どんな仕事でもまずは基礎を身につけなければなりません。

基礎を身につける一番効率の良い方法は、教わること。

人を使い捨てにしない会社は教育・研修システムが出来上がっています。

あなたの会社はどうですか?

人を使い捨てする会社にいると、あなたも人を使い捨てする人間になる

どんな会社でも長いこと在籍していると、その会社に染まっていきます。

「私は絶対にあんな先輩・上司にはならない!」と誓っていても、一緒に仕事をしている以上、言葉も思考も共通する部分が出てきます。

そうしないと仕事が回らないですからね。

仮にあなたが今の会社に長く勤めたとしても、あなたの周りの人はどんどん入れ替わります。

後輩ができても、今までもどんどん辞めていったのでまともに教育する気になれません。

後輩もそんな状態に嫌気が刺して辞めていきます。

ますますその後に後輩ができても教育する気になりません。

その姿は、あなたがかつて「私は絶対にあんな先輩・上司にはならない!」と思っていた先輩の姿そのものかもしれません。

後輩から見るとあなたは会社に染まりきっている人でしょう。

そうなる前に、環境を変えなければなりません。

人を使い捨てする会社にいると、リストラか心身を病んで退職する

この記事を検索してここまで読んでいるあなたには、「人を使い捨てする会社」は合っていません。

そんなあなたが人を使い捨てする会社に居続けると、業績が悪くなったタイミングでリストラに遭ったり、心身を病んで退職することになるでしょう。

社員を大切にできない会社が仕入れ先やお客さんを大切にできるわけもなく、社会で信用を失っていきます。

しかし私が勤めていた人を使い捨てする会社がそうであったように、人を使い捨てする会社は新しいお客さんを見つけては売り逃げをして業績を維持したり、会社規模を縮小して生き延びる方法を見つけ出します。

その度に、人を使い捨てする会社は取引先や社員を失っているのですが、もうそれがシステムになってしまっているので、どうしようもありません。

道徳的に問題があっても、社員は仕事として割り切り、会社も一度味を占めると余程の違法性がない限り繰り返します。

あなたは人を使い捨てする会社に居て、少なからず心を痛めているんですよね?

そんな人は社員を切る方ではなく切られる方です。

そして社員を切るようなタイミングがなくても、そのうち心身を病んでしまう可能性が高くなってしまいます。

心身を病んでしまっては転職活動どころではありません。

切羽詰ってからではなく、余裕のあるうちに転職の相談くらいは済ませておきましょう。

転職エージェントに求人を紹介してもらうと「自分には次がある!」と思うことができるため、人を使い捨てする会社に居ても比較的気持ちを前向きに保つことができます。

>>今すぐリクルートエージェントに登録する

人を使い捨てにしない会社にいると、楽しい!!

「どの会社も似たようなものなんじゃないだろうか?」

そう思っていませんか?

結論からいうと、会社によって社風は全く違います。

人の性格が人の数だけあるように、会社の数だけ社風があります。

日本にある会社の数は400万社以上。

その中には人を使い捨てにしない会社、あなたに合う会社が必ずあります。

人を使い捨てにしない会社とはどんな会社かイメージがつきませんよね?

私の経験からすると、人を使い捨てする会社は頻繁に私に向かって「幹部候補生」とか言ってきたのに対して、人を使い捨てにしない会社は言葉よりも行動というか「育てられている」のが実感できました。

会社が確実に私を大切にしている。

将来、課長・部長になるために、今経験するべき仕事を任せてくれ、本当に無理になったら上司が全面バックアップしてくれる。

人を使い捨てする会社では幻だと思っていた先輩や上司との信頼関係があり「この会社で長くやっていくんだろうな」と確信できる、辞めるなんて露にも思わない状況なので、仕事に100%コミットできます。

結果だけではなくプロセスも評価してくれ、お給料に反映されます。

仕事は楽しいことばかりではありませんが、社会人として成長していると確信できる。

トータルで見ると、人を使い捨てする会社に比べると楽しくてしょうがありません。

あなたもそんな会社で働きたいと思いませんか?

最後に

人を使い捨てにしない会社は人材獲得にコストをかけます。

つまり民間の転職エージェントを利用するのです。

企業が募集をかける際にコストのかからないハローワークやコストの安い中小の転職エージェントなんかにも人を使い捨てにしない会社の求人はあります。

しかし一方でハローワークやコストの安い中小の転職エージェントには、人材獲得にコストをかけない人を使い捨てする会社の求人も混在します。

確実に人を使い捨てにしない会社にたどり着くために、大手の転職エージェントを利用しましょう。

それだけで人を使い捨てする会社に転職してしまう可能性は、格段に下がります。

>>今すぐリクルートエージェントに登録する

\公式サイト/
有効求人倍率が急上昇中!業界最大手リクルートエージェントへの登録はお済みですか?
無料登録はこちら!
\業界最大手!/
リクルートエージェントに無料登録