30代ニートがニートを脱出して社会復帰するための3つの方法

私の友人にニートで30歳を迎えてちょっと危機感を覚え就職した友人が2人います。

彼らに就職した理由を聞いたところ、2人とも「漠然とした不安」が理由でした。

年老いていく親、働いている友人、親戚からの目。

今までやばいと思い目を背けていたものが牙をむき出したような感覚があり、それを無視できなくなった人から就職していくんだと思う、とのことでした。

しかしいざ就職と言っても何をしたらいいのかよく分かりませんよね?

最後まで読めばニートが就職するために今何をすべきなのかが明確に分かるようになります!

30代ニートの悩み

気がついたら30代になっていたあなた。

ニートという言葉は聞きたくも無いですよね。

ちなみにニートは34歳まで。

35歳からはニートではなく無職と呼ばれます。

そんな状態から抜け出したいからこの記事を読んでいるんですよね?

そんなあなたの悩みはこんなことじゃ無いですか?


①今の状態を続けたい

なんだかんだ言って自分の部屋が一番落ち着くし、この部屋とパソコンがあればそれで十分で他には何にもいらない。

この状態が続いて人生が終わればそれでいい。

でもこの状態はもうそろそろ続けられないことに気がついているんですよね。

②親が死んだらどうしようと考えたことがある

50半ばを超えた親。

定年を迎えるのは60歳なんだろうか。

正直なところできれば親には65歳まで働いてもらってこの状況を続けたい。

でももうあの父母が60歳を目前にしているなんてちょっと想像できない。

60歳って言ったら早い人だったら死ぬんじゃ無いか?

おじいちゃんが死んだのって何歳だっけ?

親が死んだら俺はどうなるんだろう?

遺産はいくら入るのかな?

③友達と差がついてしまって会いづらい

最後に友達に会ったのはいつだろう。

なんかみんな仕事帰りでスーツとか着てるし、会うたびに「今何してんの」って聞いてきたり、あえて何も聞いてこなかったりでどっちも嫌。

遊びに行くお金も無いし気がつけばあまり誘われなくもなっていた。

多分みんな会社でちょっとずつ偉くなっていい給料をもらっているんだろう。

ニートの状態ではますます会いづらい。

④社会人はつまらないと思う

正社員になったところで何が楽しいんだろう。

どうせ俺なんてろくな会社に就職できないだろうし、就職しても毎日怒鳴られたりヘコヘコしたりするんだったら今のままがいい。

だいたい好きでも無いことをしてまでお金をもらって何が面白いんだろうか。

みんなよくやると思う。

好きなことだったら仕事をしてやってもいい。

というか正直言って社会人は怖い。

だから今まで目を背け続けてきた。

⑤今さら就職なんてできないんじゃ無いかと思う

今働いている友達はどうやって就職したんだろうか?

ちょっと強がってはみたものの、30歳ニートの俺はどうやって就職したらいいんだろう?

アルバイトをしていたのもはるか昔のこと。

全くもって想像がつかない。

そもそも30歳ニートを正社員で雇う会社なんてあるんでろうか?

ところで正社員とアルバイトって何が違うんだろう?

保証とか年金とかよく分かんないや。

⑥出てくるお腹

30歳になるとデブとは言わないまでも明らかに下っ腹が出てきているのが分かります。

20歳の時に着れていたパンツ今でも入りますか?

人間の肉体のピークは25歳。

20代後半はほとんど感じなかった肉体の衰えが30代は視覚的に現れてきます。

30代になったのを嫌でも認識せざるを得ないですね。

40代になったらさらにお腹が出て白髪もちらほら目に付きます。

40代までニートをやっていたら正社員はまず無理でしょう。

30代ニートが就職する3つの方法

さてあなたの悩みはありましたか?

でも今すぐ就職する必要なんてありません。

ちょっとだけ正社員の世界を覗いてみて、ダメだと思ったらやめたらいいんです。

でもここに書いてある3つのことはやってみてください。

多分ちょっとだけ就職のイメージができるようにになります。

①段階を踏んで正社員になる

30代のニートが就職するためには、30代のニートが就職した前例を知る必要があります。

あなたと同じ状況のニートが就職できたんだったらあなたも就職できそうですよね?

多くのニートは段階を踏んで正社員になっています。

まずアルバイトで働いてそのままその職場で正社員になったり、就職活動をして別の会社で正社員になったりしています。

またハローワークの職業訓練を受けた上で就職する人もいます。

共通しているのはまず働くことに慣れてから正社員になっているということです。

②就職のプロの力を借りる

でもアルバイトにしろ就職にしろどうすればいいいのかよく分かりませんよね。

そこでお勧めしたいのは就職サービスへの登録です。

ハローワークの職業訓練でもいいのですが、ハローワークは企業の求人掲載費が無料のため末端社員を使い捨てにするタイプのブラック企業の求人が紛れている可能性があります。

よって企業が求人掲載する際に料金のかかる就職サービスをオススメしています。

就職サービスにネットから登録をすると担当者から電話がかかってきます。

電話があるってちょっとめんどくさいねすよね?

あとネットから登録してしまうともう転職活動しないといけない、後戻りできないような気もしますよね?

この次の段階まで、まだ後戻りができるので大丈夫です。

電話がかかってきたら、面談する日を決めることになります。

この面談ではあなたがどんな会社に就職できる可能性があるのかが分かります。

就職サービスにはあなたと同じような30代ニートで就職した人が過去にいます。

その実例とあなたの性格や希望などに応じて、あなたにふさわしい求人を紹介してくれるのです。

もしこの面談の結果、やっぱり就職活動はやめておこう、と思ったのであればここで終了したらいいのです。

ちょっと就職活動を始めてみようと思ったらそのまま進めていけばいいのです。

オススメの就職サービスを紹介しておきます。

就職サービス名 特徴
就職Shop 就職サービス大手のリクルートが運営するフリーター向け就職サービス
ハタラクティブ 20代30代のフリーターなど若者向け向け求人を専門に扱う
ウズキャリ 他の就職サービスの10倍の時間をかけてサポートしてくれる
ブラック企業の排除に力を入れている
JAIC ビジネスマナなどを教えてくれる研修が無料で受けられる
書類不要の求人も扱う
工場求人ナビ 工場向けの求人のみを扱う

入社祝い金15万円、寮費2万円、月収35万円以上など未経験でも好条件の求人を扱う

③今始める

これがこの記事で一番大切なことです。

今就職活動を始めましょう。

多分今始めなかったら次は数年後になると思いますよ。

でも今始めたら1ヶ月後には正社員として働いているかもしれません。

もし途中で就職活動を辞めてしまったとしても、また数年後に就職活動を再開した時に途中まで分かっているので楽に再スタートを切ることができます。

ゼロから始めるのとイチから始めるのではイチから始める方が圧倒的に楽です。

最後に

さて就職活動はじめられそうですか?

もし無理だったとしても、転職エージェントの登録だけは今すぐしておくことをオススメします。

それだけで少し就職に近づきますからね。

正社員として働くと毎月15万〜25万円くらいのお金が手に入ります。

お金があるということは選択肢があるということ。

自由を手に入れるということでもあります。

また働き出したら意外と楽しかったりもするものです。

冒頭で紹介した友人2人も働き出して数年した今では普通に社会人をしています。

本人たちは30歳まで好きに遊んで30歳から正社員の割にはお給料もさほど悪いわけではありません。

本人次第で周りの30歳と変わらないような就職は可能です。