嫌なら辞めろ!上司にパワハラされて本当に辞めたいと思った時に取るべき3つの行動


こんにちは!パワハラ上司の元で3年働き、限界がきて転職した経験を持つサイト管理人しんすけです!

その後はまともな会社で営業課長の傍、採用担当者も経験しました。

私は新卒で入った会社がブラック企業で、朝礼や会議で「嫌なら辞めろ!」と事あるごとにパワハラを受けてきました。

言っている上司はそんなちょっと感情が高ぶっているくらいなんですが、言われた方は結構きついんですよね。

転職して本当に良かったと思います。

欲を言えば、もうちょっと早く転職したかったですが・・・。

本記事では「嫌なら辞めろ!」と言ってくる上司を持つあなたの悩みに寄り添い、言われた時にどう対処すべきなについてお伝えします。

この記事を読めば2ヶ月後にはパワハラのない職場で活き活きと仕事をしているかもしれませんよ!

\今辞めなければあと1年同じ上司!/

パワハラがあなたの人生を豊かにすることは決してありません。

こうしている間にも、あなたは何の身にもならない無駄な時間を過ごしストレスを蓄積しているのです。

今転職活動を開始したら1〜2ヶ月後には新しい職場、何もしなければ今の状況が続きます。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントはコンプライアンス重視の優良企業の求人が集まっているだけでなく、あなたに合った企業を紹介してくれます。

秋・冬になるとコロナが流行して身動きが取れなくなるかもしれません。

そうなると転職活動どころではなく、暖かくなる来年の春以降まで転職がおあずけになってしまう可能性が高くなります。

活動できる今のうちにリクルートエージェントで転職活動を完結させてしまいましょう!

>>リクルートエージェントの口コミ評判・詳細

リクルートエージェント公式サイト

※リクルートエージェントは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全ての拠点で電話面談を実施しています。


「嫌なら辞めろ!」と言ってくる上司を持つ人の悩み

私がホワイト企業に転職してからは「嫌なら辞めろ!」なんて言われることはなくなりました。

ホワイト企業の上司は論理的に問題点を指摘し改善策を教えてくれます。

「嫌なら辞めろ!」なんて本来部下に言うべき言葉ではありません。

この章では「嫌なら辞めろ!」と言ってくる上司を持つ人の悩みに加えて、私がホワイト企業に転職した今だからこそ思うことをちょっとだけ先輩の立場からアドバイスさせていただきます。



感情論が多く肝心の仕事を教えてもらえない

上司が理屈ではなく感情で怒ってくるのは困ったものです。

理屈で怒られるのであればまだ分かるのですが、感情で怒られると納得がいきません。

しかし上司に逆らうわけにもいかず、こちらも怒りと不満を溜め込むしかありません。

私の上司は売上の報告、見込み案件の報告と事あるごとに私を呼び出し、上司のデスクの前に私を立たせ怒鳴っていました。

最初はただ報告をしているだけなのですが、上司は気がつけば怒っています。

「どこに怒るポイントがあったんだ…」と言う言葉を飲み込み嵐が過ぎるのを待ちます。

特に朝礼の時に私の上司が所長に全営業職の前で吊し上げられて怒鳴られた日は特に長くなります。

おそらく所長はその前日にでも本部長に怒鳴られていたのでしょう。

つまり、私の前の会社で部下を怒鳴り散らすのは社風だったと言っても差し支えないと思います。

やっと部下を持つ立場になったから満を辞して怒鳴っていたのかもしれません。

さてホワイト企業に転職した私ですが、理不尽に怒鳴られたことは一度もありません。

報告は基本メールで大切な案件は必要に応じて口頭で報告を行います。

前職では売り上げが低い結果に対して怒鳴られていたのですが、転職してからはまずは原因と対策を講じて報告するように指示を受けます。

その原因分析と対策が上司のお眼鏡に敵えば、その対策を実行するように指示を受けます。

原因分析と対策が甘ければどこに問題があってどう改善したらいいのかを教えてくれます。

上司とはかくあるべきです。

ただただ怒鳴るだけでは部下は育ちません。

まずは自分で考えさせ、必要に応じて修正を行い、部下の成長を最大化するのが上司の役目です。

私は今の会社に転職をしてビジネスマンとして成長していることが実感できました。

そして今は部下を持つ身として決して怒鳴ったりせずに、部下の成長を最大限伸ばせるよう指導をしているつもりです。

ブラック企業でも努力と根性で成長することは可能かもしれません。

しかし罵倒されまともな指導も無しに仕事を進めていけば、いびつな形に成長してしまう可能性が高く、自分がされたことを今度は自分が部下にしてしまうかもしれません。

まともな指導を受けられる環境に自分の身を置くことは極めて重要です。

⇩関連記事⇩

就職や転職、今の仕事に不満を持っている人の口癖で「自分に合った会社がない」「今の仕事は自分に向いていない」というものがあります。 その仕事...


仕事のモチベーションが上がらない

私が前職で上司に怒鳴られているときは、「まあそういう人だし、そういう会社だから」と特に気にしていませんでした。

平然とした顔はしていますが、怒鳴られて気分がいいわけありません。

しかも週に何度も怒鳴られるんですから慢性的に気分はよくありません。

気分が良くないままお客さんに訪問をしては売れるものも売れません。

上司は本来チームの士気を高め業績を上げていかなければなりません。

別にお互いご機嫌を取る必要はありませんが、上司が立場を利用して部下のモチベーションを下げるなんてもってのほかです。

慢性的に怒鳴られた後の気持ちで仕事を続けていくのは、仮に業績が上がったとしても怒鳴られている人にとってはたまったものではありません。

長く仕事を続けるためにはポジティブな気持ちが欠かせないのです。

会議が非効率

私の前職での会議とは名ばかりのもので、上司の独演会のようなものでした。

思いつきで急に招集をかけ、どうやったら売上が上がるか、と漠然としたテーマで話し出します。

「こうすれば売れる!お前ら明日からこれをやれ!」

と意気揚々と机上の空論を語り出し、途中からなぜかまた怒っていました。

ホワイト企業に転職してからの会議は、会議の数日前に出席者全員にレジュメがメールで送られてきて、会議で決めるべきことを確認します。

そして会議の場では、出席者それぞれがすでに回答や案をいくつか持って来ていて、擦り合わせて結論を導きます。

会議は短ければ10分程度で終わりますし、長くても1時間以内には終わります。

何について具体的に話をするか決めていない状況でいきなり始まった会議は、時間の無駄でしかありません。

\とにかく成長したいなら!/

パワハラが浸透している会社では状況が変わることはまずあり得ません。

少なくとも入社歴の浅いあなたに社風を変えることはほぼ不可能ですし、社風を変えるよりも転職する方があなたと会社お互いのためです。

今会社にいる人は今の状況が心地いいんですから、それを新参者が変えることに意味はありません。

しかしあなたが今のままではいけないと思うのであれば絶対に転職です。

効率的で公平な会社での成長率は、ただの根性論で回っている会社とは桁違いです。

ただ理不尽は少ないかもしれませんが、ある意味での完全実力社会で努力がそのまま結果に反映されます。

リクルートエージェントにはそのような会社の求人が数多く集まっています。

努力がモノを言う会社では、早く働き始めた方が有利なのは明白。

今すぐ転職活動を始めましょう!

>>今すぐ効率的な経営をしている会社に転職する


「嫌なら辞めろ!」と言われた時に考えるべき3つのこと

「嫌なら辞めろ!」と言われた時にはまずはグッとこらえて、冷静にその後の行動を選択しましょう。

もし上司に感情的に返しそうになってしまった時には以下の3つを思い出してください。

特に3つ目が重要です。

自分が悪いなら素直に反省し改善しよう

感情で怒る人はブラック企業でもホワイト企業でも存在します。

ホワイト企業の上司も人間ですので、虫の居所が悪い日もあるでしょう。

明らかに自分のミスが原因なのであれば素直に反省し、二度と同じことを繰り返さないように改善をしましょう。

例えばむちゃくちゃ感情で怒られているが、自分がなんども同じミスを繰り返して迷惑をかけているのであれば感情的に怒られるのも分かる気がします。

ちなみに感情的に怒られるのも辛いものがありますが、一見怒っていなくても理詰めで追い詰められるのもなかなか辛いものがあります。

私はホワイト企業に転職してから感情的に怒られたことはありませんが、ぐうの音が出ないほど理詰めで攻められて「それ以上言わないでくれ!どうせなら怒鳴り散らして終わってくれ!」と思ったこともあります。


会社に残って戦うなら記録を取ろう

理不尽に怒ってくる人は部下が悪かろうが良かろうが感情的に怒ってきます。

業績で見返してやる!と思って業績が出たら手柄を全部上司に持っていかれることも十分にあり得ます。

上司はあなたよりも社歴が長く権力があります。

あなたが受けた理不尽を会社に訴えても、指導という言葉にすり替えられてしまうかもしれません。

会社に残って上司と戦うのであれば記録を取ることをお勧めします。

毎日自分に裏日報メールのようなものを送るのも良いでしょう。

手書きで残すのであれば日時も忘れずに記録するようにしましょう。

録音はいざバレた時に一気に信頼を失うので、よほどのことがない限りお勧めはできません。

いざ上司を追い詰めようと思っても、何も武器がなければ権力の前にひれ伏すしか無くなります。

立場の弱い人間は物的証拠を示すしかありません。

記録をしていることが会社に認識されると、あなたを要注意人物と認識される可能性があります。

そうなるとその会社での昇進が難しくなる可能性があるので注意が必要です。

⇩おすすめ記事⇩

本記事は転職エージェントを利用して転職したい人、その中でも特に「今すぐ転職したい!」と考えている人にオススメの転職エージェントをランキング形式で...


勢いで辞めるのは絶対にダメ

「嫌なら辞めろ!」と言われて本当に辞める人は少数派でしょうが、一定数存在します。

でもあなたは辞めてはいけませんよ。

勢いで会社を辞めて損をするのはあなたです。

仕事を辞めると収入がなくなるのですから。

次の仕事を決めずに感情に任せて辞めると一瞬はスッキリすることもあるかもしれませんが、その後襲ってくるのは凄まじい不安感です。

無収入でただただ貯金が減っていくのは不安以外の何でもありません。

ただでさえ良く思っていない上司だったのに、そんな上司のためにあなたが苦しむなんて悔しすぎます。

必ず次の職場を見つけてから辞めること。

万が一、次が見つかっていない状態で辞めざるを得ないのであれば3ヶ月、できれば6ヶ月無収入でやっていけるだけの貯蓄や環境を整えておきましょう。

また今のところ辞める気は無いけれども、もしかしたら次「嫌なら辞めろ!」と言われたらその場で辞めてしまうかもしれないというのであれば転職活動を少しでも始めておくことがお勧めです。

転職活動はゼロから始めるのとイチから始めるのでは、会社を辞めた後に次の職場が決まるまでのスピードが違います。

とりあえず転職エージェントに登録をしておいて、カウンセリングだけ済ませておけば、だいたいどんな感じの労働条件の会社に転職できるものなのか、感触がつかめます。

どの転職エージェントがいいのか分からないのであれば、業界No.1のリクルートエージェントであれば間違いありません。

夏のうちであればコロナが大流行する可能性も低いでしょう。

しかし秋・冬になると確実に感染者数が増えます。

転職活動ができる今のうちに一気に進めてしまいましょう!

>>今すぐリクルートエージェントに登録する