面接官が厳選!20代の女性にオススメの転職サイトランキングまとめ

私は面接官として女性の事務員や営業職を面接する機会があります。

基本的に能力と経験重視で経験則的にこの人は自社の社風に合う人か、協調性がある人かというところを見ます。

ここまでは男性と同じですね。

しかし私は男性なので女性の気持ちが分かりません。

もしかしたら女性に対して失礼に当たるような表現があるかもしれませんが、面接官の多くは男性。

男性面接官が何を考えているのかを分かった上で転職活動を行えば、あなたがより良い転職ができるのではと思い筆をとりました。

記事前半では語弊を恐れずに男性の面接官が女性の求職者に対して何を考えて採用の合否を考えているのかをお伝えし、記事後半では20代の女性にオススメの転職サイトをランキング形式でご紹介します。


20代女性が転職する際の3つのポイント

私が内定を出すときに最も重視するポイントそれは男性でも女性でも長く勤める気があるかということです。

しかし男性と女性では長く勤める気があるのかということを確認する場合に聞くことが異なります。

①結婚・出産に関する予定や考えをまとめておく

賛否両論あるかと思いますが、このような考えの企業も一定数いますので、あえてお伝えします。

結婚して子供が欲しいと考えている女性の場合、出産の時に長期休暇、出産の後には育児休暇が必要になります。

結婚や出産を機に退職する女性社員は一定数いるので、事前に教えておいて欲しいと考える企業があります。

正直にいうと結婚・出産で退職するのであれば営業職として雇うには社内体制が十分に整っておらず採用は難しいと考えています。

急な退職はまた新しく人を雇う必要があり、時間と費用を含むコストがかかります。

入社当時は結婚や出産を機に退職する気はなくても、実際に結婚や出産のタイミングで辞めざるを得ない場合もあります。

環境は常に変わっていくものですし人の気持ちは変わるものなので、それは致し方ないことです。

日本の会社はまだまだ社内体制が整っておらず、女性が働きやすい環境を整える努力はしていますが、実情はまだまだ男性を前提としている部分が多く改善を続けていっています。


②長く勤める意思を示す

企業が正社員を雇う場合には向上心を持って長期にわたって勤めてくれる人を求めます。

そのためにはあなたのキャリアプランを示すことが重要ですし、そのまま「私は御社で長く務めたいと考えています。」と伝えることも重要です。

事務職であれば、入社半年以内に与えられた仕事はこなせるようになり、事務職の業務の効率化の改善を実践し、さらには営業職のサポートして負担を減らすことも実践して会社の利益に貢献30代になることには事務職のリーダー的存在になる。

営業職であれば30代前半で課長職になり30代後半には部長職など具体的に期限と目標を示すと良いでしょう。


③誰かが長期休暇を取得した場合に業務量が増えることに協力できるか

優秀な社員が長期休暇を取得することはサポート体制が整っていない会社からすると新たに人を雇わなければなりません。

しかし人件費は会社にとってもっとも高いコスト。

可能な限り少ない人員で事業を回していきたいのです。

そのためには長期休暇を取得した社員がいた場合に、新たに人を雇うのではなく今いる社員でお互いをフォローできる仕組みが不可欠になります。

雇用と一定の給与を保つために簡単に人を雇う選択をしないことが経営視点からすると重要なのです。


20代女性にオススメの転職サイトランキング

さてここからが女性が登録をしておくべき転職サイトをご紹介します。

まだ転職するかどうかわからないということであれば1位のリクルートエージェント飲みに登録をしておけば良いでしょう。

しかし転職活動を本格化するのであれば2つ以上に登録をしましょう。

担当者との相性もありますし、なるべく多くの求人にアクセスできる状況を作ること、また転職サイト同士を競合させることも転職活動において鉄則です。

ここでご紹介する転職サイトは全て無料で利用することができます。

リクルートエージェント・doda・マイナビエージェント・女性のtype転職エージェントは担当者が付いて転職に関する全てのサービスを提供してくれる転職エージェント、とらばーゆは担当者がつかずに専用サイトで自分で求人を探す転職サイトです。

転職エージェントも転職サイトもあなたがどこかの企業に転職することにより、企業から転職エージェントや転職サイトに報酬が支払われます。


1位:リクルートエージェント

求人件数業界No.1のリクルートエージェント。

約27万件の求人の中には女性向けの求人も豊富にあり、転職を検討するのであればまずは登録をしておきたい転職サイトです。

転職する気はあるけれども面接が苦手!という方にはリクルートエージェントの独自サービスである面接力向上セミナーを受講することをお勧めします。

今すぐ転職する気がないけれどもまずは情報収集をしたいという場合にもリクルートエージェントはオススメです。

登録をしたらまず担当者から電話連絡があり面談(カウンセリング)の日程を決めることとなります。

まだ転職するか決めていなかったり転職する時期が決まっていないのであれば、その電話があった際にその旨を伝えておくと情報提供に徹してくれます。

※コロナウイルス感染拡大防止のためリクルートエージェントでは対面面談を電話面談に切り替えています。 転職エージェント業界最多の...


2位:doda

女性専用のサイトを設けたり、”いつかは結婚・出産”を考えている女性のための「仕事とプライベートの両立不安」解消セミナーを開催するなど女性の転職に力を入れています

求人件数はリクルートエージェントに次ぐ10万件。

フルタイムではないフレキシブルな働き方ができる求人、結婚を機に勤務地を変更したいなどの要望にも答えられる求人もたくさんあります。

◆dodaの口コミ評判や求人の分析から分かった、dodaが向いている人、dodaが向いていない人!◆ dodaが向いているのは「警備・...

3位:マイナビエージェント

マイナビエージェントは本来20代と30代の転職に特化していますが、女性に限っては特に20代に特化しています。

女性に特化したチームを編成しているのも特徴です。

またマイナビグループは求職者の属性により様々な転職サービスを展開しており、マイナビエージェントに登録をすれば自分の属性にあったサービスを提供してくれます。

マイナビ看護師・マイナビ介護士・マイナビ薬剤師・マイナビ保育士などのサービスをグループで展開しています。

「出産後もキャリアを積みたい!」そんな女性におすすめの転職エージェントがWomanWillです。 男性に比べると結婚や出産の影響を強く受け...


4位:女性のtype転職エージェント

女性向けの求人を専門に扱っており、担当者の多くが女性です。

全国の求人を扱ってはいますが、拠点は東京にしかなく、首都圏の女性の転職であれば登録しておきたい転職サイトです。

女性向けの求人は販売・サービス・事務が多くなりますが、希望をすればIT業界や営業職の求人も紹介してくれます。

一般的な転職エージェントではいまひとつ納得できなかった女性は、今回紹介するtype女性の転職エージェントを使ってみてください。 全てが女性...


5位:とらばーゆ

1980年に創刊号が発売された求人雑誌のとらばーゆが元になっておりリクルートエージェントと同じ運営会社が運営する女性専用の転職サイトです。

「とらばーゆ」という言葉自体が女性の転職をさすほどの代名詞になり、「とらばーゆする」という言葉が流行語にもなったことがあります。

とらばーゆは担当者が付かず、登録をしたら専用サイトで求人を探して自分で応募するスタイルです。

自分のペースで転職をしたい場合や情報収集で使いたい転職サイトです。


最後に

働く女性が多くなってきましたが、一昔前には女性の仕事はコピーにお茶汲み、結婚したら退職するのが一般常識でした。

今考えたら差別のオンパレードで笑えてくるくらいですが、1960年生まれで社会で働いていた女性は大変な時代に戦っていたんですね。

先輩たちの努力のおかげで女性の地位が少しずつ向上した結果が今の状態です。

まだまだ男性社会の名残がある日本社会ですが、これからはさらに女性の社会進出が進むでしょう。