工場に若い女がいない!作業員が若い女と出会うための3つの方法

工場って人と話ししなくてもいいし、単調作業なんで楽ではありますよね?

でも問題はいくつかある。

いちばんの問題は出会いがないこと。

工場にいいおばちゃんはいるけど、年齢的にはオカンだし。

他にいるのは寡黙な10年選手のおっちゃんと自分と同じような作業員。

私は工場で作業員として長期間働いたことはありませんが、仕事柄工場によく出入りしており喫煙所で作業員のにーちゃんと良く話していました。


どうやったら彼女が作れるんだ!

いや、話相手だけでもいい!

コンパしてくれ←出会って1分

など彼らの悩みは切実でした。

本記事では工場作業員の悩みと若い女の子に出会うための方法をそれぞれ3つお伝えします!

工場作業員3つの悩み

いつの間にか工場で働くようになったあなた。

いつまでもここで働いていてはいけないと思いつつも、月日は流れていく。

そんな日々の中こんなことで悩んでいませんか?

①おばちゃんには大人気

悩みと言ったら失礼になちゃうかもしれませんが、おばちゃんに人気があってもしょうがないんです。

まあないよりかはあったほうがいいですけど。

いつも明るく挨拶してくれるおばちゃん、たまに差し入れをくれるおばちゃん、自分と同じ年のいるおばちゃん、明るく接してくれるならまだしもいつも暗い話ばかりのおばちゃん。

そのうちその中でいちばん若いおばちゃんに女を感じてくる・・・

(末期症状だ)

重ね重ね失礼ですが、さすがにおばちゃんに手を出すのはまだ早い。

ある日若い女の子が入ってこないかな・・・なんて妄想しながら今日も仕事。

②いつも同じ仕事と毎日

朝工場に行って作業服に着替えて朝礼を終えて自分の持ち場にスタンバイ。

仕事内容は定期的に変わるもののほぼほぼ一緒。

どれだけ無心で同じ作業をコツコツ繰り返すことができるかが勝負です。

ラインを止めてしまうようなことがあれば、ものすごく悪いことをしてしまったような気がする。
別に他の誰かがラインを止めてもそんなこと思わないんですけどね。

2時間に一回の休憩時間の一服とコーヒーがたまらない。

そんな時にふと(この誰でもできる仕事は一体何になるんだろう?)とたまに不安に思うもののチャイムが鳴ってまた作業場に戻る。

昼食がいちばんの楽しみ、と言いたいところだが工場のメシはうまくはない。

安いのはありがたいけど。

午後の仕事が終わり17時30分には帰路につく。

これをいつまでも続けたらあの寡黙な10年選手のおっちゃんと同じ未来が待っている。

③年収は良くはなく上がる見込みはない

接客業でバイトするよりかは年収は良いけれど、そんなに劇的に上がることは期待できない。

そりゃ誰でもできる仕事だから劇的に上がることなんてないわな、と理解はしている。

3ヶ月経った時に気持ち上がったけれど、それは技術が上がったとかではなく、仕事に慣れた作業員には長く勤めて欲しいから。

そりゃ俺が辞めたらまた誰か雇ってゼロから教育しなきゃいけないから、ちょっとずつ給料を上げて繋ぎとめようとする。

こっちとしては最初からガッと上げてくれよ・・・って感じなんだけど。

まあ確かに給料上がったらちょっと嬉しいけどね。

あの寡黙な10年選手のおっちゃんはいくらもらってるんだろう。

多分俺の良くて俺の1.5倍。

2倍もあるんだったら、あのおっちゃんよりも2人雇った方が効率がいいから。

それだけ10年やったことがあまり意味をなさない工場作業員。

このままではいかん!と分かってはいるもののまた同じ日々の繰り返し。

工場の作業員が若い女と出会うための3つの方法

あなたが悩んでいたことはありましたか?

全部当てはまっていたらもう仕事を辞めたいと思っているのかもしれませんね。

あとで解説しますが、転職するのも若い女の子と出会う一つの手段です。

さて若い女の子でしたよね。

どうしたら工場勤務のあなたが若い女のkと出会うことができるのか。

お手軽な方法からちょっとハードの高い方法まで3つご紹介します。

①行きつけのお店を作る

工場勤務のいいところの一つ。

それは定時に帰れることです。

定時に帰れるといろんなお店に寄れますよね?

常連さんが集うバーや飲食店ってありますか?

もしないのであれば一つ行きつけのお店を作ることをお勧めします。

もしめんどくさく鳴ったらいかなくていいんですからお気軽なものです。

お勧めなのはバー。

もしお酒が飲めないのであればダーツバーもお勧めです。

ダーツは男も女も同じフィールドで遊ぶことができるのでお勧めです。

ダーツが置いてあるお店の店員さんは素人よりかは上手なのでまずは店員さんに教えてもらって女の子に教えられるくらいになりましょう。

一般的には飲み物とダーツ代で1,000〜3,000円くらいで遊べますし、ダーツセットも10,000もあれば一緒前のセットが揃います。

女の子と遊ぶ時にはゲーム代やお酒代くらいをかけて、女の子が勝つようなハンデを振って遊ぶと盛り上がりますよ!

②マッチングアプリを使う

休憩時間にネットサーフィンするんじゃなくてマッチングアプリを使ってみてください。

今時のマッチングアプリってSNSみたいで楽しいんです。

意外とどんな地域でも何人かはいますし、ちょっと繁華街のグループを見れば数十人〜何百人といる場合もあります。

顔出ししている女の子も多いですし、ちょっと会ってご飯だけ、なんてこともできます。

今や海外ではマッチングアプリは一般的ですし、日本でマッチングアプリを使っている外国人女性もいるので、外国人女性とも出会うこともそんなに難しいものではありません。

マッチングアプリによってはサクラやお金目当ての女の子もいるので見極めが必要ですが、サクラやお金目当ては感覚的にすぐ分かります。

まあとりあえずは暇つぶしにアプリを使ってみて興味がわけば会ってみるという程度から始めたらいいと思います。

相手がリアルな女の子なので、スマホゲームよりもよっぽど面白いと思います。

③転職する

ちょっとハードルは高くなりますが、職場に女の子がいたらそれはそれでいいですよね?

でも工場に勤めている限り若い女の子と出会える可能性は低いでしょう。

まあ可能性はゼロではありませんが、極めて可能性は低いですよね。

でもどうやって女の子がいる職場を選んだらいいのか。

転職のプロにお願いしてみましょう。

怒られることなんてありません。

女の子と出会いたくて工場から転職したいというのは立派な転職の動機です。

転職のプロというのは転職エージェントのことです。

転職エージェントは求職者と求人を出している企業をマッチングしてくれるサービス。

マッチングアプリが男女を出会わせてくれるサービスなら転職サービスは求職者と企業を出会わせてくれるのです。

転職エージェントは求職者一人一人に担当者が付きます。

転職エージェントに登録をするとまず担当者と面談することになるのですが、その際にあなたがどんな企業に転職したいのかを話しするので、その際に言ってしまいましょう。

あまりダイレクトに「女の子と出会いたい!」と言うのではなく、いろんな希望がある中であまりに女っ気のない職場に嫌気がさしていることを伝えれば担当者は(この人は職場に若い女性がいることを伝えれば転職するかもしれないな)と考えるかもしれません。

女性第一に考えた求人ばかりを紹介してくる担当者であればあまり良くないかもしれませんが、あなたの将来を考えた上で一つの要素として女性もいる職場を紹介してくれたのであればありです。

求人件数がもっとも多いリクルートエージェントについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

最後に

女性と出会うために転職というのはちょっと突拍子もないように聞こえるかもしれませんが、冒頭で紹介した出会って1分で「コンパしてください」と頼んできた彼は、転職した職場で彼女を見つけて結婚までしたと、彼の元同僚から聞きました。

行動力がある人がいい仕事もいいパートナーも見つけられるのでしょう。

あなたにもいいパートナーが見つかるように祈っています。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
「天職×転職」サイト管理人 しんすけ