エンエージェントの悪評まとめ|ブラック企業の求人ばかりで評判が悪いって本当!?

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

エンエージェントにしろ他の転職エージェントにしろいい評判だけがある転職エージェントは存在しません。

本記事ではあえて悪い評判のみを集めてみました。

またエンエージェントが扱う求人にブラック企業があるのかどうかについても考察したいと思います。

エンエージェントの悪評まとめ

Wさん 26歳 男性

Wさん 26歳 男性

とても良いキャリアパートナーに巡り会うことができましたが、希望した医薬関係の求人紹介が少なく転職エージェントとしての肝心要の部分が弱いと感じました。

結局アイデムスマートエージェント、リクルートエージェントの2サービスをメインで使い、最終的にアイデムスマートエージェント経由で転職が決まりました。

Oさん 24歳 女性

Oさん 24歳 女性

時期の問題もあるかもしれないのですが、新潟の求人は少ないようです。

そもそも甲信越地方の求人自体は少ないのはわかっているのですが、まさか紹介できる求人が1軒もないとは思いませんでした。

リクルートエージェントは流石に大手でいくつか求人を紹介してくれ内定を得ることができました。

Mさん 31歳 男性

Mさん 31歳 男性

ブラック企業からの転職だったのでアフターフォローのシステムに興味を持ちエンエージェントに登録をしました。

しかし求人件数が他の転職エージェントと比べると少なく、アフターフォローよりも選択肢が多い方が重要だと思い途中からリクルートエージェントをメインにしました。

エンエージェントの悪い評判を集めるのには1ヶ月半かかりました。

エンエージェントの悪い評判は少ないと感じます。

いずれの評判に共通するのは求人件数が少ないというものです。

エンエージェントは東京、大阪、名古屋付近の求人は多いですがそれ以外の地域は少ない傾向にあります。

都市部以外の求人件数が少ない傾向は他の転職エージェントでも言えることですが、総合型転職エージェントであるエンエージェントであるエンエージェントは総求人件数が他の総合型転職エージェントに比べると少ないので余計にこの傾向に拍車がかかるものと予想します。

エンエージェントは転職後3年間nの間に10回に及ぶアフターフォローがあるので、ブラック企業からの転職や人間関係が原因で転職を検討している人にとっては特に心強い転職エージェントであると言えます。

エンエージェントを利用する場合はリクルートエージェントやdodaなど求人件数の多い転職エージェントにも登録をして、求人件数をカバーすると良いでしょう。

エンエージェントにブラック企業の求人は存在するの?

エンエージェントに15,000件以上の非公開求人がありますが、この求人の中にはブラック企業は1社もないのでしょうか?

答えは”分からない”です。

ブラック企業には具体的な定義がなく、多くの人にとって何の問題の企業であったとしても特定の一人にとって著しい苦痛があるとすればある面から見るとブラック企業になってしまいます。

大企業であれば何千人、万人も従業員がおり、その全てがあなたに合うとは思えません。

相性が最悪の人が上司に付いたらもうそれはブラック企業かもしれません。

しかしそんなことなが無いようにマッチングをしてくれるのが、エンエージェントのような転職エージェントです。

またエンエージェントは万が一ミスマッチが起きないように転職後10回のフォローを公表しています。

このアフターフォローは転職社に対しても企業に対しても行われます。

またエンエージェントは成果報酬型の転職エージェントです。

あなたエンエージェントの紹介によりどこかの企業に入社すると企業からエンエージェントにあなたの年収の15~30%の報酬が支払われます。

この報酬は人一人雇うコストとしてか高い部類になります。

もっと求人掲載料が安い転職エージェントや転職サイト、求人掲載費が無料のハローワークもあります。

そして人を使い捨てにする部類のブラック企業は人を雇う場合転職エージェントを利用せずにハローワークや求人掲載費の安い転職サービスを利用します。

転職を行う以上ブラック企業に転職してしまう可能性はゼロにすることはできません。

しかし可能性を少しでも少なくするために転職エージェントを利用するのです。

まとめ

口コミだけで利用する転職エージェントを判断するのはなかなか難しいですよね?

口コミに書いてある転職エージェントが担当についてくれるわけでも無いし、何だか合わない担当者に当たってしまったら意味がありません。

実際に担当のキャリアアドバイザーとの相性は登録をして合ってみなければ分かりません。

しかし転職エージェントとの相性は事前にある程度分かります。

その転職エージェントが自分に合った業界や職種や地域の求人、サービスを提供しているか事前に調べて選ぶようにしましょう。

※エンエージェントの特徴などについては「『エンエージェント』の特徴、評判、口コミは?スカウト機能や求人の質、年収について聞いてみた」にまとめています。