アイデムスマートエージェントのキャリアアドバイザーは使えない!?担当変更の方法を解説!〜しつこい、うざい担当者には代わってもらおう!〜

The following two tabs change content below.

サイト管理人しんすけ

ブラック企業からホワイト企業に転職した経験を持ち、今は面接官も務めています。 求職者と採用担当者の両方の目線で求職者の悩みを解決し、転職サービスを客観的目線で評価します。

アイデムスマートエージェントは2011年にスタートした転職エージェントであり、他の数十年の歴史のある転職エージェントに比べると歴史が浅く、求人にも偏りがあります。

転職エージェントとして後発なこともあってか他サービスとの差別化を図るためにアイデムスマートエージェントが強調しているのがキャリアアドバイザーの質。

登録用のサイトでは「他サービスでこんな対応されませんでしたか?アイデムスマートエージェントなら大丈夫ですよ!!」という感じでPRしています。

しかしキャリアアドバイザーもあなたも人間。

どれだけ親身な至れり尽くせりな対応で接しても合う合わないはあり得ます。

転職活動はあなたの人生の分岐点。

合わないとなれば担当者は変更しましょう。

本記事ではアイデムスマートエージェントの担当のキャリアアドバイザーを変更する方法、また変更する際の注意点についてお伝えします。

これからアイデムスマートエージェントに登録する人にも知っておいて欲しい情報です。

アイデムスマートエージェントの担当者を変更する方法

アイデムスマートエージェントの担当者を変更するためには、あなたの担当者に直接伝える必要があります。

電話で伝えるのが気が進まないのであればメールで伝えるようにしましょう。

変更を検討した方がいいキャリアアドバイザーとは!?

合う合わないはフィーリングというか、求職者の主観による部分が多くなります。

しかし中には明らかに変更をした方がいいケースもあります。

ここでは変更を検討した方が良いキャリアアドバイザーについてお伝えします。

レスポンスが遅い

メールや電話のレスポンスは半営業日以内がビジネスマナーです。

メールを送ったのに丸一日以上連絡がなかったり、電話して「折り返す」と言われたので待っていたが電話がないなどは論外。

転職すると決めたらスピードの重要です。

キャリアアドバイザーがモタモタしている間に目に見えないあなたのライバルがいい会社から内定を得ているかもしれません。

連絡が多すぎる

上記とは逆に連絡が多すぎるのも困ったものです。

要点をまとめて最低限の頻度で連絡をするのがビジネスマナーです。

転職活動は多くの場合、在職しながら行います。

就業時間に電話をしてくるキャリアアドバイザーは流石にいないと思いますが、可能性はゼロではありません。

熱心であっても、結果に繋がらなければ意味がないのです。

どこかの会社に早く転職させようとする

アイデムスマートエージェントの紹介で転職が決まると、企業からアイデムスマートエージェントに報酬が支払われます。

よってアイデムスマートエージェントとしてはなるべく早く多くの人に転職したもらった方が業績が上がるのです。

しかしアイデムスマートエージェントは希望を最大限に尊重した求人を紹介する転職エージェント。

無理な転職を勧めるキャリアアドバイザーはいない・・・はずです。

しかし可能性としてはゼロではないことを考えておきましょう。

もし担当のキャリアアドバイザー自身が退職間近であり退職するまでになるべく多くの求職者を転職させようとしている、期末が迫っておりあとわずかの人数を転職させれば過去最高益になるので月末までに転職させようとしている、などです。

まとめ

担当者の変更なんて滅多にありませんが、ごくたまにはあることです。

いざとなれば担当者を変更することができる、ということを知っているのと知らないのとでは大きな違いです。

またより良い担当者に巡り会うために複数の転職エージェントに登録をしておきましょう。

※アイデムスマートエージェントの特徴などについては「首都圏・関西圏で正社員を目指せ!『Aidem Smart Agent』を解説!特徴、口コミ、評判は?」にまとめています。